YouTube

Youtubeアフィリエイト2019 収益化審査の全容と突破の方法を具体的に解説【完全保存版】

 

こんにちは、のりあきです。

2019年からYoutubeを始めようと
考えている方はどれほどおられるでしょうか?

2018年の春頃にYoutubeが収益化の新基準を
設定してからYoutubeは稼ぎにくくなったと
ブログなどで紹介している方がおられますが
本当にそうなのでしょうか?

そういった方達は
多分コピー動画などの
グレーゾーンばかり攻めていて
元々Youtubeのポリシーに
反していた方達なのかもしれません。

何故そう思うのかというと
僕や僕の周りの方達は
今の規制になったからと言って
収益化されないといったことが
起こっていないからです。

それは正攻法でずっとYoutubeと
向き合ってきたからだと思います。

むしろ今の方が
広告単価のアップなど
様々な恩恵が出てきて
益々Youtubeでは稼ぎやすくなってきています。

今回はそんなYoutubeを始める上で
最初の第一歩で躓かないように
2019年度版としてどのようにしたら
Youtubeの収益化の審査が通るのかを
解説していきたいと思います。

この記事を読んだあなたは
2019年にきっとYoutubeで
稼いでいると思います。

目次

2019年の収益化審査に合格しているチャンネルの特徴まとめ

後の紹介でどんなジャンルのチャンネルが
これからの収益化の審査が通りやすいかを
ご紹介していきますが
その前に、審査が通りやすいチャンネルの特徴を
ご紹介していきたいと思います。

Youtubeが最重要視しているものは
実は『ハイクオリティ&オリジナリティ』です。

これはガイドラインやポリシーを見ても
一目瞭然なのですが
それ以外にもそれを証明するものが
いくつもあります。

一つ目はまずはYoutubeクリエイター育成ページの存在です。

https://creatoracademy.youtube.com/page/home

上記のURLはYoutubeが独自で行っている
Youtubeクリエイターのためのものです。

これらを見る限り
Youtubeはオリジナリティを求めていることが分かり
これからYoutubeで稼いでいこうと考えている方は
是非一度は全て目を通しておけば
スムーズに収益化に辿り着けると思います。

2つ目は2018年問題です。

再三に渡り記事でご紹介してきましたが
Youtubeが収益化を行う為に規制をしました。

チャンネル登録者数1000人
総再生時間4000時間/年

これらはYoutube上での
動画の重複やコピー動画やラジオ動画などの
程度の低い動画を除して動いた結果だと思います。

また、読者の中には
情報リテラシーが高く
あるスジからチャンネル登録者数を購入出来ることを
ご存知かと思いますがそれは絶対辞めた方がよいでしょう。

なぜならばグーグルのポリシーに著しく違反しており
悪くすれば一生Youtubeで収益化出来なくなってしまいます。

そして三つめは
僕の運営するクローズドコミュニティ『写楽』
の経験則によるものです。

これまで数十人クラスでYoutubeの審査を
通らせている結果からすべて完全オリジナルハイクオリティ動画で
審査を通っているからです。

では、どのような動画なのかと言うと
下記の記事を参照して頂けたらと思います。
あくまで一例ですのでアイディアをフル活用することを忘れないで下さい。

あわせて読みたい
フェルミ研究所や電撃ランキングみたいなナレーション動画の作り方と外注先は!?ハイクオリティ動画作成のメリットを具体的に解説こんにちは、のりあきです。 2018年ももうすぐ終わり 来年には長かった平成が終わりを迎えます。 そんな節目を迎えた2018年です...

実は収益化の基準は細かく見れば不可能ではない

読者の中にはYoutubeの収益化の規制が変わり
参入を断念した方もおられるかもしれませんが
単純に計算してみれば実はハードルが高い訳ではなかったのです。

まずは総再生時間4000時間を見てみましょう。

4000時間は分に直すと4000×60=240000分です。

大体一回の視聴で5~6分程度と仮定します。
(動画が増えればその分一日の再生時間は上がります)

240000÷5=408000回

約41万回再生されるだけでクリアされてしまうのです。

これを一つの動画と捉えるのではなく
一日に動画の作成を0.5としましょう。

365÷2=182.5本動画が一年で出来上がります。

そしてこれを先ほどの41万で割ると

410000÷182=2252
端数は切り捨てますが
一本で約2300回です。

仮に動画一つが万再生したら
平均値は下がりますので
182本で充分にクリア出来ます。

もし182本でこれが出来なかった場合
方向性が間違っている可能性が非常に高いので
他のサイトを参照するかコミュニティに入って
稼いでいる方に聞いた方が断然早くなります。

次にチャンネル登録者数ですが
現状難しくない理由がYoutubeを利用する方にあります。

それは情報リテラシーが昔に比べて非常に高くなってきており
わざわざチャンネル登録する方法を明記したり
誘導するようにしなくても簡単にチャンネル登録出来るように
なってきているからです。

なのでしっかりと誘導しているチャンネルに関しては
前より格段に登録率は跳ね上がっていて
以前は大体1000人に1人だったのが
今では200人から500人の内1人という割合でされています。

仮に500人だとすると
50万再生で達成することになり
先ほどの時間の達成条件とほぼほぼ変わりません。

なのでどちらか一方を達成すれば
自ずともう一方も出来てしまうのです。

チャンネル収益化が出来ない原因はズバリこれです!

まずYoutubeで稼ごうと思ったら
第一段階に収益化というものを
しないといけません。

これをしないといくら動画の再生数が
上がろうと一銭にもなりません。

ではチャンネル収益化を
Youtubeに審査依頼をしたら
すべてのチャンネルが
合格するのかと言えば
そうではありません。

通らない方はそれなりの理由が
存在します。

次にご紹介するのはYoutubeに存在するチャンネルの
ジャンルを細かくしていき審査に通りやすいジャンルを
まとめていきたいと思います。

2019年収益化がしやすいジャンルまとめ

ナレーションと雑学テキスト

雑学系は結構前からYoutubeではわんさかありますが
今なおその人気は絶大です。

リサーチしても分かるのですが
ネタ自体はかなり重複しているものが
結構溢れかえっています。

では、何故それらが重複コンテンツとみなされないのかと言うと
ナレーションや動画の構成が全く別ものだからです。

テレビ番組と同じ原理ですね。
先日違う番組で見たものが
違う局の番組内で堂々と放送されていると思いますが
それはゲストが違っていたりMCが違っていて
番組としては別物だからです。

Youtube上の例としては
ブライトサイドや電撃ランキングなんかが
それに当たるかと思います。

ブライトサイドはフラッシュアニメーションとナレーションで
電撃ランキングはテキストとナレーションでそれぞれオリジナリティを
出していると思います。

また、雑学系のもう一つの利点は
雑学には著作権がないということ。

なので世に溢れている雑学系の本を買えば
いくらでもネタに困ることがありません。
初心者が入りやすく尚且つ収益化に通りやすいので
かなりオススメ出来るかと思います。

しかしいくら雑学に著作権がないからと言って
他のチャンネルの丸パクりをしてしまえば
電撃ランキングのように異議申し立てられて
チャンネルをBANされてしまうので
注意してください。

下記の記事はそれについてご紹介した
過去記事になりますので参考にして下さい。

あわせて読みたい
電撃ランキングが動画非公開!ブライトサイトのパクリで通報される?生き残る動画の作り方公開【永久保存版】こんにちはノリアキです。 2018年に入りコピペ動画が審査を通過しずらくなり、更には動画の質を求められるようになってきました。 その...

ナレーションと画像・イラスト

これはナレーションに合わせて
次々と画像を切り替えていくものですが
一番初めは海外のYoutubeチャンネルで
行われていて再生数を見ていると
普通に100万再生などがあり
かなり人気のジャンルになります。

上記のジャンルと被る面も多数ありますが
視点を切り替えるとまだまだ狙えるものです。

現在では単純なイラストだと弾かれる傾向にあるので
アニメーションや3D、アフターエフェクトなど
いろいろな効果を施して視聴者を飽きさせないような
工夫があるチャンネルならば十分に戦えます。

また、画像も工夫して
フリー画像や有料画像でも
GIMPなどを活用して全ての画像に
ひと手間を加えることにより
一掃オリジナリティが出せるでしょう。

顔出しなし!撮影系

これは顔を一切出さずに
手元のみを撮影して行う形になります。

撮影系の中でも
他人にバレずに出来
尚且つ自分で撮影するので
他とは違うオリジナル動画を作れるので
誰でも簡単に参入出来るジャンルだと思います。

例を出していうと
キッズラインやアニメMammyたまごですね。
アンパンマンやトーマスなどの人形を
自分の声で遊ばせストーリーを作り
それを子供向けにしているものですね。

子ども向けなので
子育て中のお母さんに結構重宝されているみたいです。

再生数もかなりあり
一つ作成出来れば安定した収益を
確保出来るジャンルなので
おもちゃを買う余裕のある方や
人形遊びが得意の方なんかは
参入障壁が低く運営しやすいのかと思います。

その他にも調理をしているものや
ハウツー関係など手元を撮影しているものは
すべてこのジャンルになります。

多分自分のしていることを
紹介するだけなので
工夫次第では誰でも簡単に実行できるはずです。

さらに完全にオリジナルなので
BANされる心配や収益化失敗がほとんどなく
かなり伸ばしやすいのではないでしょうか?

ゲーム実況

これはもはや有名すぎて
説明不要かと思いますが
ドラクエやFFなどゲームを
実況しながら行っているのを
撮影するだけのものです。

また、アバターを画面端に固定して
されに実況させるものもこれに含みますが
最近はアバター実況は結構審査に弾かれる傾向にあるので
自分の視点を入れてオリジナリティを出したり
突っ込みを入れて面白くしていけば
収益化の審査がぐっと通りやすくなると思います。

ゲームはハードだけでも
PS・スイッチ・XBOX・PCなど
かなりの数があり普通全てのハードを
持っている方はそうそういないでしょう。

なのでやったゲームでも興味を持ってくれる
視聴者はかなりいて実際海外のゲーム実況のチャンネルは
再生数がすごいことになっているのが分かります。

また、ソフトにしても
PCゲームをしている方は
結構限定されていて
興味があるけどやるのは面倒くさい方を
ターゲットに出来るので
PCを持っている方はやってみる価値は
あるのかと思います。

演者系

これはラファエルさんやHIKAKINさんなど
普通のYoutuber動画になります。

Youtubeの王道的なものですね。

これはほとんどがオリジナル動画なので
審査にはかなり通りやすい反面
顔を出さないといけないのと
面白いことを自分でやらなければいけない
デメリットがありますので
かなり上級者向けだと思います。

また、最近逮捕者も出ていてかなり
印象が悪くなってしまっているので
下記のようなものは絶対に撮影してはいけません。

・アダルト行為
最近女性が自分のヌードを撮影して
収益化していたことが問題になり
普通に逮捕されました。

・誹謗中傷
これはヘイトスピーチなど
他人を傷つける立派な犯罪です。

・グロテスクな表現
少し前にひよこをミキサーに入れて
回す異常な動画がアップされ問題になりました。
普通に考えてあり得ません。

・危険行為や他人に迷惑をかける行為
交差点の真ん中で布団で寝るという
非常識な行為がアップされニュースになったので
絶対に危険なのでやめましょう。
下手をすればケガだけでは済みません。

とここまでが審査に通りやすく
一部を除いて比較的初心者でも
参入しやすいジャンルになります。

人気沸騰中の漫画系動画

フェルミ研究所というチャンネルをご存知でしょうか?

漫画を使用して人間のナレーションを
付けて流していく動画になります。

再生数を見て頂けら分かるのですが
需要がものすごくあるのです。

漫画やアニメは昔とは違い
結構番人に日本のサブカルチャーとして
受け入れられているので
是非チャレンジしてください。

下記は以前僕が書いた
漫画系動画の作成方法です。
参考にして下さい。

あわせて読みたい
フェルミ研究所やセカイノフシギから学ぶイラスト系動画作成方法【完全保存版】こんにちは、のりあきです。 2019年に入り、早くも2ヶ月が経過しましたが Youtubeの収益化も徐々に進んできましたね。 ...

Vチューバーについて

のじゃロリというVチューバ-をご存知でしょうか?
可愛い狐娘のアニメーションに合わせて出てくる声が
本人そのままのおじさんといった
かなり変わった動画になります。

しかし需要は大きかったみたいで
人気爆発中です。

これも完全オリジナルと言えるので
審査は問題なく通るでしょうが
先ほどにも書いた
撮影系デメリットと同じで
かなりの時間と機材の費用が掛かってしまい
素人がうかつに手を出すと
大惨事になりかねません。

あまりオススメ出来ないですね。

ますます増えてきているパチンコ・パチスロ実践動画

最近増えてきているのが
パチンコ・パチスロ動画ですね。

これも細分化すればいろいろとあるのですが
一つは演者を使ったチャンネルです。

スロパチステーションや日直島田さんなんかの
演者を使った方法です。

スロパチステーションは元々人気のあったものを
買収してさらに人気を出したものですが
日直島田さんはかなり順調に登録者数を増やしてきています。

そして次に演者なしでパチンコ・パチスロの
演出のみで動画を作成しているものです。

その時の感情をテロップで見せていて
視聴者を飽きさせないような工夫をされています。

参考になるのが同じジャンルにも関わらず
コメント欄に演者の有無によって
見る見ないを決めているユーザーも
いるという点です。

視点を切り替えればまだまだYoutubeには
沢山のブルーオーシャンが眠っていることを
如実に表しているのではないでしょうか?

先ほどの顔出しYoutuberのコンテンツを
手元系にしてみるなど組み合わせで
いろいろなオリジナル動画を作成出来るので
しっかりと頭をフル回転して動画作成を
してみてください。

試行錯誤することにより
新たな発見や自分だけのブルーオーシャンを
見つけることが出来るかもしれませんね。

では、どのようなジャンルが審査に通りにくいのかを
ご紹介していきましょう。

芸能トレンド動画(スライド動画)は著作権違反?

ひと昔に流行った
芸能人のスライド動画は
今では審査が通らない傾向にあります。

どのようなものかと言うと
芸能人の画像を数枚動画で
流しながら適当なフリー音源のBGMを
付け加えながらテキストを
下から上にスクロールしていくだけの
誰でも簡単に作成出来るようなものです。

しかしこれには重大なリスクがあります。

芸能人の画像などは
著作権が含まれていることが大半で
使用するとそれだけでグーグルのポリシーに
引っ掛かります。

そのような動画が審査に通るわけがなく
悪ければチャンネルそのものが凍結といった
惨事になってしまいます。

また芸能人ネタはどうしても
ゴシップネタになってしまうので
まともにYoutubeを楽しんでいる方にとって
有害でしかありません。

Youtubeもそれが分かっているので
忌み嫌っているのです。

反韓国系・政治のテキスト・ラジオ・その他付随する動画はリスクがヤバイ?

ひと昔でYoutubeで非常に流行っていた動画で
韓国をディスったようなテキスト動画や
政治評論家のラジオ番組をそのまま動画にしていたものですが
稼いでいた方で月に100万円程稼いでいて
Youtube動画と言えばこれといった風潮さえありました。

しかし、実際Youtube側としては
ヘイトスピーチを普通に自分たちのプラットフォームで
流されていてかなり嫌な思いをしていたと思います。

なのでそれを一掃するために規制を
厳しくしていきました。

また、政治系は非常に難しく
如何に表現の自由があると言っても
限度を超えてしまえば
運営者側は管理が非常に面倒なので
それに関するものはかなり慎重になるはずです。

これらを踏まえてこのジャンルは
かなり危険でリスクが高すぎると言えるのではないでしょうか?

もう一つのデメリットは
通報確率が非常に高いという点です。

特に韓国系のネタは
なんらディスっていないにも関わらず
考え方の認識でいくらでも
相手を不快にさせてしまいます。

文化の違いもありますので
作る方は自己責任でしましょう。

タイトル『閲覧注意』のグロテスク系は人を不快にさせるだけ

先ほどにもご紹介したひよこミキサー動画や
グロテスクな動画は見る人によっては
確かにかなりの需要がありますが
大多数の方は不快にしかなりません。

そのため、通報が後を絶たず
一時再生数が増えても
まず、収益化に通ることはないでしょう。

そもそもYoutubeはそのようなプラットフォームでは
ない為戦う場所を間違えています。

もしこのような動画で戦いたいのであれば
ブログ運営で動画もYoutubeを使用せずに
直接ウェブ上でアップロードしなければ
いけません。

個人的にはいくら需要があっても
自分のポリシーに反してしまえば
それはビジネスとしてどうなのかと思います。

やはり正攻法で他人に言えるようなものを
作成して堂々と収益を上げることをオススメします。

ヌードや性的表現を含むアダルト系や下ネタ戦場違い

先ほどにも上げましたが
今年Youtubeで女性が自分のヌード動画を上げて
逮捕されており収益化はおろか自分の人生を
棒に振ることになるかもしれません。

これも先ほどのグロテスク動画と同じで
戦場を間違えています。

確かにエロ系は世の男性の永遠のテーマです。
女性も公にしませんが需要が計り知れません。

しかし、Youtubeというプラットフォームで
戦う以上はそれのハウスルールに従う必要があります。

老若男女問わず利用されるものが
18歳未満禁止のアダルトなものを
普通に閲覧出来たらもはや無法状態です。

絶対にしないようにしましょう。

過激なドッキリ企画ものは他人に迷惑の掛けないようにしよう

人間ドッキリ系やハラハラするものは
怖いもの見たさでかなり興味をそそられます。

しかしYoutubeとしては他人に迷惑をかける行為を
みすみす見逃すという事はありません。

なのでこれらは収益化はかなり難しいようです。

現在のYoutubeはエンターテインメントとして
かなりテレビ色が濃くなってきている感じがします。

テレビの変革とYoutubeの変革を見れば
思うのですが昔のテレビは完全に裸ではなければOKで
普通に乳をテレビで放送出来ていましたし
水着も全然大丈夫でしたが
現在では少し露出が多いくらいで
BPOなどから注意をされてしまいます。

また、たばこなど子どもが真似をしてはいけないようなものは
かなり制限されていて血の色の表現や未成年がたばこを
吸っているような表現もかなり制限されています。

Youtubeも徐々にプラットフォームを
それに近いものにしてきており
テレビで言うBPO的な存在なのかもしれません。

何はともあれ過激もほどほどにしなければいけないということですね。

○○歌ってみた・弾いてみたは著作権に引っ掛かる?

これはひと昔Youtube上でわんさかあったものですが
今ではかなり数が限定されてしまっています。

それは歌詞や楽曲に著作権が存在しているので
如何に自分が歌っていてもそれらが付き纏い
収益化は非常に難しいと思います。

その他にも音源がカラオケのものを使用していたり
カバーする許可を取っていないものを歌ったり
公式の音源から曲を引っ張ってきていたりと
かなり制限に引っ掛かっているのです。

音楽関係は著作権が非常に複雑に絡んでいて
難易度は最上位と言っても過言ではありません。

もしやるのなら
自分で作詞・作曲を行い
レコーディングを済ませて
Youtubeにアップロードしなければいけません。
それかご自身ですべての関係者に許可を得ましょう。

手間暇を考えてもハイリスクローリターンですね。

目的としては
令和初日のゴールデンボンバーみたいに
宣伝目的で使用すると言ったところでしょうか?

令和に関する曲を出してニュースにもなってましたね。

のんびり実況(アバター含む)は費用対効果が合わない?

これは東方プロジェクトというコンテンツの
アバターを使用してゆっくり機械音声で
作るジャンルですね。

東方プロジェクト自体は2次創作をOKしているので
著作権的には問題はありませんが
内容がどこも似たり寄ったりなので
収益化の審査に通るにはかなりセンスが
必要なのかと思います。

それこそ面白いストーリーを考えて
文章化し機会音声作成の際に
読み上げの音声に気を使ったりと
かなり難易度が高いかと思います。

また、アバターの口を動かす技術も
標準装備していないければ
参入は厳しいのではないでしょうか?

もし何の技術も持っていなければ
ただの低クオリティ動画を量産するだけと
なってしまい収益化は夢のまた夢になります。

子どもが出演するキッズ系動画は実はリスクあり?

子どもが出演している動画は
Youtube上ではかなりの数があり
一見簡単そうにも思えるのではないでしょうか?

しかし、Youtubeは子供の動画に対して非常に慎重で
規制が厳しいのが現実です。

普段大人がやっているドッキリや転んで怪我をして
血が出てしまったものは過激動画と判断されたり
して収益化に通らなかったりしてます。

また、ちょっとでも児童ポルノを連想させるような遊びだったり
露出が多いお風呂やいたずらもYoutubeでは厳しい対応を
されているようです。

子どもに対してはテレビも世の中もかなりデリケートに
扱っているのでYoutubeもそれに従ってかなり
慎重になってきていると思われます。

なので一見簡単そうですが
あまりオススメ出来るものではないと思います。

機械音声を使ったナレーション動画はダメになってきている?

他の記事でナレーション動画を使った
オリジナルハイクオリティ動画の紹介を
しているのですが
ボイスロイドなどを使用して
ナレーションを付け加えたものは
どうなのでしょうか?

結論として
2019年に新たに収益化の審査に合格するのかと
言うとかなり厳しい状況になっているみたいです。

Youtube側の判断なので真意は定かではないのですが
多分ボイスロイドなどはソフトを購入して
誰でも真似を出来てしまうからと推測出来ます。

人の声は簡単には真似が出来ないので
その辺が審査の合否に関わってくるのではないでしょうか?

著作権違反の動画

これは先に述べた芸能人トレンド動画も
そうなのですが著作権に違反した動画はやはり審査には通りません。

と言いますか仮に他の動画で審査に通っていたとしても
著作権のある画像などを使用していると
その動画自体が収益化されません。

なので絶対著作権のあるものを使用しないように
しましょう。

良くグーグルの画像検索で
ツールでフィルターを掛けて検索すれば
大丈夫と言っている方がおられますが
かなり危険が伴います。

僕も実体験があるのですが
フィルター検索を掛けても
著作権があるものがあり
知らずに使用すると
収益化で引っ掛かります。

審査に合格出来なかった方は
もしかしたら知らず知らずに
著作権に違反しているのかもしれません。

オリジナリティゼロの重複コンテンツの可能性

Youtube上には本当に多くの動画が存在します。
スライド動画も例外ではなく
先にも述べましたが
この動画は誰でも簡単に
しかもコピペで作成が可能です。

なのでリライトしても
どうしても似たり寄ったりになり
重複コンテンツとみなされて
審査に通らない可能性があります。

と言いますか審査に通る可能性は
ほぼゼロに近いでしょう。

2019年に入りますます厳しくなる規制で
確実に消えていくと思われます。

今生き残っているチャンネルは
そもそもそんなに再生数がなく
チャンネルパワーが乏しく
Youtubeに見つかっていないだけで
運がいいだけです。

やはりこれからも末永く
Youtubeで稼いで一生ものの
チャンネルを運営したいのなら
必ず正攻法のオリジナルハイクオリティ動画を
アップしていかなければいけません。

オリジナルハイクオリティ動画は確実に審査に通るのか?

Youtubeの審査が昔より通りにくくなったのは
理解していただけたかと思います。

しかしそれはスライド動画など
誰でも簡単に作れてしまう動画を
アップしているからなのです。

なので審査に合格したいのなら誰も真似できない
オリジナルハイクオリティ動画を作成すればいいだけです。

僕が教えているコンサル生は
実績を見て頂けたら分かると
思いますが審査に普通に通っています。

それはしっかりとしたノウハウを駆使して
動画にオリジナリティを出して
他では真似出来ないものを出しているからなのです。

ではどうして多くの方が審査に通らないことに
悩んでいるのでしょうか?

答えは簡単です。

それは独学で一人で作業しているからです。

一人でするとどうしても
挫折する可能性があります。

分からないことが出てきて
解決できなかったり
モチベーション維持が出来なく
気持ちばかりが焦って
グレーゾーンに手を出し
チャンネルがBANしてしまったりと
高い確率でYoutubeから退場を
余儀なくされてしまうのです。

またやり方が間違っていて
明後日の方向に進み
遠回りをして何年もかかって
ようやく月収10万とかかなり効率が悪いです。

変化に対応出来なければどのビジネスも退場するハメに

先ほど独学でやっては遠回りをしてしまう話をしましたが
それ以外にも独学でやるデメリットを話しておきましょう。

2018年Youtubeの審査規制を変わったのは
周知の上だと思いますが
これで大きな変化は終わったと思っては
いけません。

時代とともにグーグルのポリシーは
常に変化していきます。

Youtubeの事ではありませんが
有名なのはグーグルのペンギンアップデートです。

これによってSEOが変化し
検索上位だったサイトが
軒並み圏外に飛ばされて
かなりのアフィリエイターが
姿を消したと言われています。

このような変化は毎年起こる可能性もあり
警戒を怠っていてはいつかは退場することになります。

しかしコミュニティなどに入っていると
そのアップデートを先取り出来たり
対応策など誰よりも早く情報が手に入り
いくらでも処理が可能になります。

これらの点からも独学よりも
コミュニティに入るなり
メンターを見つけるなどをして
万全を期してYoutubeを実践した方がいいでしょう。

Youtubeでの動画量産時代は幕を閉じた

過去から現在までYoutubeクリエイターとして
してきた方は知っていると思いますが
昔の風潮としてYoutubeで稼ごうと思ったら
動画を量産して関連動画に乗るように
頑張らなればいけないというものがありました。

しかし現在ではむしろそれは
費用対効果として見ても非常に
残念な思考法になります。

なぜならば量産出来る=低クオリティ動画である
ということを自覚していないということです。

今のYoutubeは低クオリティ動画が一掃されて
非常にクリーンな状態になってきています。

それに伴ってオリジナル性の強いハイクオリティ動画の
単価が非常に多くなってきている傾向にあり
一つの動画で前の数倍以上の資産価値を持つようになりました。

もし、自分の動画が伸び悩んでいたり
思うような収益が上がっていないのなら
一度手を止めて考えるようにして
リサーチの方に力を注いだ方がいいかもしれません。

先ほどにも言ったように
一つの動画に時間を割くことにより
動画のクオリティが上がり資産価値が
非常に高くなり最初は収益が下がったと
感じるでしょうが結果として必ず
右肩上がりになるはずです。

諦めずに試行錯誤を繰り返しましょう。

Youtubeは終わったという大嘘は信じてはいけない

どの時代にもこのビジネスはもう飽和状態だとか
稼ぐことは出来ないという方はおられます。

しかし後発組が全く稼げていないのかというと
100%そうではありません。

では何故稼げないと言ったことを言う方がいるのでしょうか?

それは参入してこられたら独占利益が飛んでしまう方や
自分の古いやり方では稼ぐことが出来なくなり
本当に稼げないと信じている方が言っているだけです。

なので始めもしない内から
このビジネスはもうダメと決して
決めつけないようにして下さい。

ビジネスは閉鎖的市場になれば
後は廃れていくだけになってしまいます。

しかし参入が多ければ多いほど
新しいことが生まれていき
稼げるフィールドが多数生まれているのです。

Youtubeが登場したことにより
動画共有アプリは飽和したと思っていても
TikTokなど新しいものが次々と出ているのが
その証明だと思います。

終わったと思った時が
実はビジネスチャンスだったりするのです。

諦めず頭を働かして頑張っていきましょう。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?

これまで収益化の審査について
ご紹介してきましたが
難しく考えないようにしてください。

要はオリジナリティ動画を作成すれば
良いだけなので考えすぎて手が止まるのが
一番最悪のパターンなのでまず何かしら
作業するようにしましょう。

でも全く情報がないままだと
変な癖がついてしまうので
グーグルポリシーを見たり
Youtubeを見て参考チャンネルを探したり
作業し出すとあれもこれもすることは
山ほどあります。

それでも最初の一歩が分からない方は
僕のメルマガに登録していただけたら
無理なく順番に進めることが出来る教材を
プレゼントさせて頂きます。

一人でも多くYoutubeで稼げるように
これからも頑張っていきます。

ご精読ありがとうございました。

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・完全無料の月利50%を超えるFX自動売買システムモニター権利
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Web初心者達が月収50万から月収600万稼いだYouTubeノウハウ無料プレゼント
★50万で販売していたプレゼントはこちら★