NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【顔出し無しで稼ぐ】仮面やサングラスで顔を隠してYouTuberになり収益を上げる方法

約13分
 

こんにちは、のりあきです。

この記事を読んでいるあなたは

  • YouTubeを始めたいけど、身バレしたくない…
  • 仮面やサングラスを使ってYouTuberになるメリットやデメリットは何だろう
  • 仮面やサングラスを使ってYouTuberになる場合に意識することはあるのだろうか?

とお考えではないでしょうか?

この記事では未経験・初心者のYoutuber方に向けて、顔を隠してYoutuberになることについて説明しています。

この記事を読んだ後には、「顔を隠して自分もYouTubeのチャレンジしてみよう!」と感じていることかと思います。

では早速、「Youtuberになりたいけど仮面やサングラスするのはあり?」から解説していきます!

YouTuberとして仮面やサングラスを活用するのはあり?

YouTuberになりたいけど仮面やサングラスするのはありです。

YouTuberになりたいけど、自分の顔を出して知られたくないという人は、結構いるのではないでしょうか。

そんな時に、仮面やサングラスをして出るのも十分問題ないです。

有名YouTuberの中にも仮面やサングラスをしている人はいます。

例えばチャンネル登録者数176万人もいるラファエルさんは、白色の仮面や、マスクとサングラスを付けて出ていますが人気です。

仮メンタリストえるさんも、チャンネル登録者数37.7万人いますが、白い仮面をかぶっています。

他にもAppleが大好きなんだよさんは、チャンネル登録者数20.7万人いますが、姿すら出していません。

Appleの商品を説明していくので、視聴者は商品が出ていればそれで十分満足なのです。

仮面やサングラスで顔を隠したり、出さないことでYouTuberになってもプライバシーを守ることができます。

その一方で、顔が出ていないので、音が聴こえにくかったり、親しみがなかったりというデメリットはあります。

YouTuberになりたいけど仮面やマスクで顔を隠すのはありか説明してきました。

それでは、仮面やサングラスなどで顔を隠してYouTuberになるメリットは何でしょうか。

次の章で説明します。

仮面やサングラスで顔を隠してYouTuberになるメリットを解説

仮面やサングラスなどで顔を隠してYouTuberになるメリットは以下の通りです。

  1. プライバシーを守れる
  2. 印象を残せる

一つずつ説明していきます。

メリット①:プライバシーを守れる

仮面やサングラスで顔を隠すことでプライバシーを守ることができます。

副業を禁止されていたり、身近な人に知られたくないというときには、顔を隠すことでバレなくなるのです。

顔が隠れているので、安心して動画を撮影・アップロードすることができます。

顔をサングラスだけでは隠しきれていないと感じたときは、全体を覆う仮面を被るといいでしょう。

メリット②:印象を残せる

変わったサングラスや仮面を使う事で視聴者に印象を残すことができます。

ラファエルさんのように有名YouTuberの中には、特徴的な仮面を使って印象付けている人もいるのです。

他には、ガジェット系の動画で、顔をアニメーションにして撮影している人もいます。

アニメーションも、実際の顔よりはインパクトがあって印象に残るかもしれません。

せっかくサングラスや仮面などを使って隠すのであれば、インパクトのあるものを使うといいでしょう。

仮面やサングラスで顔を隠すメリットについて説明しました。

では、サングラスなどで顔を隠してYouTuberになるデメリットは何でしょうか。

次の章で説明します。

仮面やサングラスなどで顔を隠してYouTuberになるデメリット3つ紹介

サングラスなどで顔を隠してYouTuberになるデメリットは、以下の通りです。

  • 感情が伝わりにくい
  • 声がこもって聞こえることがある
  • 隠していても身バレすることがある

それぞれ説明していきます。

デメリット①:感情が伝わりにくい

サングラスや仮面で顔が隠されていると感情が伝わりにくいです。

顔の表情が分からないので、見ている人に親近感を持ってもらったり、共感してもらうということが難しくなります。

ラファエルさんももしかしたら、顔を出していたら今よりももっとチャンネル登録者数が増えていたかもしれません。

しかしそれでも身バレしないことが大事なので、サングラスや仮面で顔を隠す場合には、編集で効果音やテロップを駆使して感情を伝えるようにしましょう。

デメリット②:声がこもって聞こえることがある

マスクや仮面をしていると声がこもって聞こえることがあります。

口元を隠しているので、しょうがないですが、カメラ本体のマイク以外にも専用のマイクを使ったりするといいでしょう。

またテロップで分かりやすく話していることを伝えるといいです。

今の時期は、コロナの影響もあるのでマスクで撮影するのはそんなに違和感が無いかもしれません。

デメリット③:隠していても身バレすることがある

動画の内容や声、撮影内の家の映像などから、顔を隠していても身バレすることがあります。

そのような要素からどうしてもバレてしまうことはしょうがないです。

どうしても身バレしたくない人は、アニメーションを使ったり、別の人に出てもらったりするといいでしょう。

サングラスなどで顔を隠してYouTuberになるデメリットについて説明しました。

では、仮面やサングラスなどで顔を隠してYouTuberになる際に意識することはどんなことでしょうか。

次の章で説明します。

仮面やサングラスで顔を隠してYouTuberになる際に意識すべき3点

仮面やサングラスなどで顔を隠してYouTuberになる際に意識することは以下の通りです。

  • 撮影環境に気を付ける
  • 伝わりにくい部分を編集でカバーする
  • 顔出し必要無しのジャンルを選ぶ

それぞれ説明していきます。

意識すること①:撮影環境に気をつける

撮影環境に気を付けるようにしましょう。

サングラスをしているときは、光が当たって見にくくなっていないかや、マスクや仮面で音が聞きにくくなっていかなど注意しましょう。

聞きづらい場合には、専用のマイクを使うといいでしょう。

またせっかく仮面などをして顔を隠しているので、自分の部屋や家などの映像でバレないように注意する必要もあります。

意識すること②:伝わりにくい部分を編集でカバーする

顔を隠して表情が伝わらない場合には、編集でカバーしましょう。

テロップを使ったり、効果音・BGMなどを駆使して、感情が伝わるようにするといいです。

意識すること③:顔出し必要無しのジャンルを選ぶ

顔出し必要無しのジャンルを選ぶといいでしょう。そのようなジャンルは次の通りです。

  • 商品紹介
  • ビジネス系
  • ペット系
  • アニメやマンガの考察
  • 書籍の紹介
  • ゲーム実況
  • ラジオ風
  • テロップで文字を流しナレーションベース

その他にも顔が出なくても大丈夫な動画のジャンルを探してみましょう。

仮面やサングラスなどで顔を隠してYouTuberになる際の意識することを説明しました。

では、仮面やサングラスなどで顔を隠してYouTuberになるならやっておくべきことは何でしょうか。

次の章で説明します。

仮面やサングラスで顔を隠してYouTuberになるならやっておくべきこと5選

仮面やサングラスなどで顔を隠してYouTuberになるならやっておくべきことは、以下の通りです。

  1. YouTubeについて学ぶ
  2. 編集スキルを学ぶ
  3. 伸びている動画やチャンネルを研究する
  4. 継続して動画投稿をする
  5. SNSでも発信する

それぞれ説明していきます。

やるべきこと①:YouTubeについて学ぶ

顔を隠してYouTuberになるにしても、Youtubeの基本については学んでおいた方がいいです。まずYoutubeのコミュニティガイドラインを良く読むようにしましょう。

YoTubeを運営していく上でのルールが書いてありますので、しっかりと把握するようにします。

また著作権についても学んでおく必要があるでしょう。

音楽や絵やアニメーションなど著作権のあるものを利用してしまうと、後から裁判になることもあります。

しっかりと著作権違反にならないように、気を付けましょう。

やるべきこと②:編集スキルを学ぶ

顔を隠してYouTuberになるならば、特に動画の編集スキルは学ぶようにしましょう。

顔が出てない分、カット割りやテロップ、効果音などにこだわりを持つ必要があります。

人気のある「顔を隠している動画」を参考にして、どのような編集が必要なのか学びましょう。

動画の編集ソフトは、しっかりとした機能のあるものを選ぶといいです。

やるべきこと③:伸びている動画やチャンネルを研究する

伸びている動画やチャンネルを研究するのも大事です。

まだ登録者数が少ないのに伸びているチャンネルや、自分の動画と同じようなジャンルで伸びている動画を研究しましょう。

なぜ彼らの動画は伸びているのか、企画内容や編集内容などを細かくチェックしてみるのです。

やるべきこと④:継続して動画投稿をする

やるべきこととして、継続して動画投稿をしましょう。

今、人気YouTuberになっている人でも始めた頃は、みんな苦労しています。

そこまでチャンネル登録者数が増えるまでに時間がかかっているのです。

人によっては、十分な収益が出るまで数年かかることもあります。

コツコツと動画投稿を続けていきましょう。

やるべきこと⑤:SNSでも発信する

SNSでも発信して、YouTubeへの流入を作ります。SNSは、動画投稿ができる以下のものがおすすめです。

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Tiktok

特にTiktokは、短編動画をアップすることができ、YouTubeへの流入も見込めるでしょう。

仮面やマスクで顔を隠してYouTuberになる場合に、やっておくべきことについて説明しました。

では、仮面やサングラスをうまく使って顔出ししないYoutuberになるには、どうしたらよかったでしょうか。

次の章でまとめます。

仮面やサングラスをうまく使って顔出ししないYouTuberになろう

これまで、仮面やサングラスなどで顔を隠してYouTuberになるメリットについて説明しました。

顔を隠せば、身バレをしないで済んだり、視聴者にインパクトを与えることができます。

一方で、サングラスなどで顔を隠してYouTuberになるデメリットについても説明しました。

デメリットは、以下の通りです。

  • 感情が伝わりにくい
  • 声がこもって聞こえることがある
  • 隠していても身バレすることがある

顔を隠してYouTuberになるには、いくつか気を付けるポイントもありました。

そのことに気を付けていれば、顔を隠しても十分に沢山の人に見てもらうことができます。

身バレしたくない人は、顔を隠してYouTuberを目指して行ってください。

これまで仮面やサングラスを使って顔を隠しYouTuberになることについて説明してきました。

では、そもそもYouTubeで沢山の人に見てもらい収益を出すにはどうしたらいいでしょうか。

次の章でご紹介します。

ON THE MOVEでコンテンツ力を上げる術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE