NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

動画編集は未経験からでも仕事にできる!5つのメリットや案件の探し方など徹底解説

約13分
 

こんにちは、ノリアキです。

「動画編集は未経験からでも仕事にできるの?」

「どうやったら動画編集を案件を探せばいいのか。」

あなたは、このような悩みをお持ちではありませんか?

多くの動画編集を始める方が最初の頃は、あなたと同じようにこのような悩みを抱えています。

実は、動画編集は未経験でも仕事ができるだけでなく案件も探しやすいので、悩んだまま行動に移せないと非常にもったいないです。

そして、動画編集を仕事にするメリットと、案件の探し方のコツもあります。

この記事では、動画編集未経験から仕事を始める方法とメリット、案件の探し方を解説しますので、最後までご覧ください。

動画編集を仕事にする5つのメリット

動画編集を仕事にする5つのメリットは、以下の5つです。

  • メリット1.正社員はもちろん副業としても働ける
  • メリット2.編集だけなら在宅ワーク(リモートワーク)可能
  • メリット3.動画市場が拡大しているため需要も高い
  • メリット4.パソコン一台あれば学ぶことができる
  • メリット5.性別や学歴など関係なく始められる

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

メリット1.正社員はもちろん副業としても働ける

動画編集は、正社員はもちろん副業としても働けることがメリットです。

動画編集のスキルは近年需要が非常に高まっており、動画編集のスキルを習得すれば正社員や副業として働くことができます。

正社員を目指す場合、高度なスキルが求められることも多いですが、まずは副業として働きながら実績を積んでいけば問題ありません。

正社員として働いたり、副業をこれから始めたい方に動画編集はおすすめです。

メリット2.編集だけなら在宅ワーク(リモートワーク)可能

動画編集は、編集だけなら在宅ワークが可能なことがメリットです。

動画編集の仕事はクライアントとのやりとりはあるものの、編集をするだけならパソコンさえ使える環境であれば、場所問わずどこでも仕事ができます。

コロナ禍の現代では在宅ワークができれば安心ですし、精神的にも安心して仕事に取り組めるでしょう。

編集をするだけなら在宅ワークができる点は働きやすく、おすすめです。

メリット3.動画市場が拡大しているため需要も高い

動画編集は、動画市場が拡大しているため需要が高いことがメリットです。

動画市場は年々拡大しており、5Gの出現によって今後ますます動画がメインの時代へと移行しつつあります。

実際に、サイバーエージェントの調査によれば動画広告市場は2023年まで拡大していくという調査もあり、動画編集のスキルは今後もっと求められていくでしょう。

(参照:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施)

動画編集のスキルは、非常に需要の高いスキルなのでおすすめです。

メリット4.パソコン一台あれば学ぶことができる

動画編集は、パソコン一台さえあれば学ぶことができることがメリットです。

動画編集を学ぶには講座やスクールなどのさまざまな方法がありますが、パソコンさえあれば学ぶことができます。

他に用意するものも特になく、動画編集ソフトはパソコンにインストールするものなので、機材などを別途購入する必要もありません。

動画編集は、費用を抑えて学び始められるのでおすすめです。

メリット5.性別や学歴など関係なく始められる

動画編集は、性別や学歴などに関係なく始められることがメリットです。

動画編集には特別な資格が必要なわけではなく、動画編集者になるのに性別も学歴も関係ないため誰でも学べます。

年齢や、これまでパソコンを一度も触ったことが無い方の場合、最初は苦労するかもしれませんが、それでも時間をかければ習得できないということはありません。

動画編集は性別や学歴に一切関係なく始められるのでおすすめです。

ここまで動画編集を仕事にするメリットを解説しましたが、次の見出しでは動画編集の種類について解説しますので、ご覧ください。

動画編集の種類4選!未経験ならYouTubeの編集がおすすめ

動画編集の種類4選は、以下の通りです。

  • 個人や企業が運営するYouTubeの動画編集
  • 企業のPV(プロモーションビデオ)編集
  • 結婚式のショートムービー制作
  • サービスや商品の訴求動画(広告)

それぞれの解説と、未経験であればYouTubeがおすすめの理由についても解説しますので、ご覧ください。

個人や企業が運営するYouTubeの動画編集

1つめの種類は、個人や企業が運営するYouTubeの動画編集です。

YouTubeには個人や企業の両方が多数参入しており、YouTubeアカウントを運営していく上で外部に動画編集を依頼している場合も多いです。

とくに未経験から始める場合、YouTubeは様々な動画に触れられますし、企業が依頼しているような本格的なCMやPVなどのようにスキルが要求されない仕事も多いため、働きやすいと言えます。

未経験の方の場合、YouTubeの動画編集は非常におすすめです。

企業のPV(プロモーションビデオ)編集

2つめの種類は、企業のPV編集です。

企業が自社の宣伝や商品紹介の際に作るPVやCMなども動画編集の仕事の1つで、編集を依頼されるケースも多くあります。

ただし、企業のPVは要求されるスキルが高いため、ある程度実績を積まなければ受注することが難しいため、難易度の高い仕事となっています。

企業のPV編集は、ある程度経験を積んで実績のある方におすすめです。

結婚式のショートムービー制作

3つめの種類は、結婚式のショートムービー制作です。

結婚式で流すためのショートムービーを、個人で依頼する人は意外と多く、動画編集の仕事の1つとして行う機会が頻繁にあります。

ショートムービー制作は結婚式という特別な機会を演出できる仕事であるため、仕上がりに満足してもらえるとやりがいも実感しやすいです。

結婚式のショートムービー制作は、誰かの思い出に残るような仕事をしたい方におすすめです。

サービスや商品の訴求動画(広告)

4つめの種類は、サービスや商品の訴求動画です。

企業が提供しているサービスや販売している商品の広告動画の作成も、動画編集で行う仕事の1つとなります。

近年ではインターネット向けに広告を作っている企業も多いため、需要の高い仕事の1つで、動画編集の仕事を始めれば作る機会も多いでしょう。

広告を作る難易度は比較的高いですが、単価の高い仕事としておすすめです。

ここまで動画編集の種類について解説しましたが、次の見出しでは在宅でも仕事ができる動画編集案件の探し方3選を解説しますので、ご覧ください。

在宅でも仕事ができる動画編集案件の探し方3選

在宅でも仕事ができる動画編集案件の探し方3選は以下の通りです。

  • クラウドソーシングサイトを活用する
  • TwitterやInstagramで直接DMを送る
  • クリエイター専門の転職エージェントに登録する

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

クラウドソーシングサイトを活用する

1つめの探し方は、クラウドソーシングサイトの活用です。

クラウドソーシングとは、仕事を探したい人と依頼したい人を繋げるマッチングサービスのようなもので、大小さまざまな案件が常に募集されています。

代表的なクラウドソーシングサイトには、

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

などがあり、案件数も非常に多いことからおすすめです。

在宅で仕事を探す場合、まずクラウドソーシングサイトを活用するようにしましょう。

TwitterやInstagramで直接DMを送る

2つめの探し方は、TwitterやInstagramで直接DMを送る方法です。

TwitterやInstagramなどのSNS上で仕事を募集している人は意外と多く、直接DMを送って案件を獲得することができます。

スムーズに案件をもらうためには、普段からアカウント内で動画編集をしていることを投稿したり、DMを送る際にポートフォリオも提出しておくと獲得しやすいです。

在宅での仕事を探す場合、SNSを活用して案件を探し、直接DMを送ってみましょう。

クリエイター専門の転職エージェントに登録する

3つめの探し方は、クリエイター専門の転職エージェントに登録する方法です。

エージェントとは、登録することで仕事を探してくれるもので、営業が苦手でも仕事を探しやすいという特徴があります。

ただし、エージェントによっては在宅ワークの案件がない場合や、質の低いエージェントサービスもあるため、利用前に確認が必要です。

仕事を探す場合、在宅ワークのあるエージェントを活用してみましょう。

ここまで仕事の探しかたについて解説をしましたが、次の見出しでは未経験者が動画編集をするうえで知っておきたい2選を解説しますので、ご覧ください。

未経験者が動画編集を仕事にするうえで知っておきたいこと2選

未経験者が動画編集を仕事にするので知っておきたいこと2選は、以下の通りです。

  • 最初は低単価でも実績を作ることを重視する
  • フリーランスや副業で仕事をするなら技術以外のスキルも必要

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

最初は低単価でも実績を作ることを重視する

最初は低単価でも実績を作ることを重視することです。

未経験の場合、経験がない状態だと仕事が非常に受けにくく、高単価の案件を受ける事は難しいでしょう。

そこで低単価でも実績を作ることを重視し、実績を重ねてから高単価の案件を獲得することをおすすめします。

未経験の場合、最初から高単価の仕事に募集するのではなく、実績作りを意識して低単価でも受けるようにしましょう。

フリーランスや副業で仕事をするなら技術以外のスキルも必要

フリーランスで副業で仕事をするなら技術以外のスキルも必要です。

フリーランスで副業で仕事をする場合、会社のように仕事が常にあるわけではないので、自分で仕事を取らなければなりません。

そのためには営業スキルや、コミニケーション能力などが求められます。

フリーランスや副業で仕事をする場合、技術以外のスキルも身に付けるようにしましょう。

まとめ

今回はここまで、動画編集を未経験からでも仕事できる方法について、動画編集のメリットや案件の探し方について解説しました。

動画編集は需要の高い仕事ですし、これからますます授業も増えていくことが想定されます。

覚えるのに特別な資格も必要ありませんし、練習さえすればだれでも習得できるスキルです。

これから動画編集を覚えたい場合、ぜひこの記事を参考にしてください。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE