NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

LP(ランディングページ)とは?この一本みるだけですべて分かる!

約12分
 

こんにちは、ノリアキです。

LP(ランディングページ)ってよく聞くけど、具体的にどんなものかはあまり理解していない方も多いのではないでしょうか?

人によってはなんとなく理解はしているという方もいるかもしれませんが、LPは非常に奥が深く、なんとなくだけでは効果的に活用することはできません。

しかし、安心してください。

この記事を最初から最後まで読んでいただければ、LPのことがすべて分かるようになっています。

これからLPを効果的に活用するためにも、ぜひ最後まで読んでいただいて参考にしてください。

LP(ランディングページ)とは

LP(ランディングページ)とは何なのかについて、ここで以下の3点から解説します。

  • LPの主な目的はCV(コンバージョン)率アップのため
  • LPを作成するメリット
  • LPを制作会社に任せる際の相場

それぞれ参考にしてください。

LPの主な目的はCV(コンバージョン)率アップのため

LPの主な目的はCV(コンバージョン)率アップのためです。

コンバージョンとは簡単に言えば、ユーザーが商品の購入や資料の請求、サービスの予約などのアクションをすることで、LPはこのCV率をアップさせるために使われます。

また、LPは1ページのみで作られることが基本で、ダイレクトに訴求をすることができるので、CV率を高めることが可能です。

このように、LPの主な目的はCV率アップが目的となります。

LPを作成するメリット

LPを作成するメリットは、伝えたいことだけを伝えられることと、他のページへの離脱が少ないことです。

通常の商品紹介などのページの場合、複数のページに分けて紹介を行ったり、ページで分けて解説するため、ユーザーが途中で離脱したり自分で情報を探さないといけないので、伝えたいことが伝わらない場合があります。

しかし、LPを使えば伝えたいことだけをシンプルに伝えられることや、他のリンクに逃げられないため、しっかりと内容を伝えられるのです。

LPは、伝えたいことと離脱を防げることがメリットとなります。

LPを制作会社に任せる際の相場

LPを制作会社に任せる際の相場は、最低でも10万円〜です。

これは製作会社やどんなLPを作るのかによっても違いますが、格安なLPやフリーランスなどに依頼するのであれば10万円程度で、安ければ数万円でできる場合もあります。

しかし、デザインや構成にこだわったり、マーケティングも含めて本格的に制作する場合は50万円以上の費用がかかる場合も多く、制作会社に依頼するのはかなりコストが必要です。

できるだけ費用を抑えたい場合、どんなLPを作りたいのかを明確にしてから依頼しましょう。

ここまで、LP(ランディングページ)について解説しましたが、次の見出しではLPを作成するメリットを詳しく解説しますので、ご覧ください。

LPを作成する3つのメリット

LPを作成する3つのメリットについて、ここで以下の3点から解説します。

  • 商品の魅力を詳細に訴求できる
  • ブランドイメージを維持しながらセールスが可能
  • LPは効果測定しやすい

それぞれ参考にしてください。

商品の魅力を詳細に訴求できる

LPは商品の魅力を詳細に訴求できることがメリットです。

商品の魅力を詳細に訴求する場合、通常のページでは離脱を防ぐために複数のページに情報を分けて解説するのが一般的ですが、ユーザーがページを次々と移動しなければならないので負担が大きくなってしまいます。

しかし、LPは1枚のページの中で商品の魅力を伝えられるため、読者に負担を与えません。

LPは商品の魅力を1枚のページの中で詳しく伝えられることがメリットです。

ブランドイメージを維持しながらセールスが可能

LPはブランドイメージを維持しながらセールスが可能なことがメリットです。

ホームページの中でセールスを行ってしまうと商品を売りたいだけのサイトになってブランドイメージを損なってしまう恐れがあり、その逆でブランドイメージを優先しすぎると販売が難しくなります。

しかし、LPであればセールスに特化してもブランドイメージを損なう心配はありません。

LPはブランドイメージを維持しながらセールスが可能なことがメリットです。

LPは効果測定しやすい

LPは効果測定しやすいことがメリットです。

費用対効果を高めるためには定期的にLPの効果を調べる必要がありますが、LPは一つのページしかないので効果測定がしやすくなっています。

また、LPの効果測定には専用のツールもあり、詳しい効果が分かるようになっているので、よりいいLPを作りやすいです。

LPは効果測定をしやすいことが、メリットとなります。

ここまでLPを作成する3つのメリットについて解説しましたが、次の見出しではLPを作成するうえで意識すべき最重要項目について解説しますので、ご覧ください。

LP(ランディングページ)を作成するうえで意識すべき最重要項目

LP(ランディングページ)を作成するうえで意識すべき最重要項目について、ここで以下の5点から解説します。

  • ファーストビューのメインビジュアルは最適化されているか
  • 商品の強みではなく顧客が得られる価値を訴求できているか
  • 売れる型で作られているか
  • 顧客の疑問や不安を解決できているか
  • CTAは最適化されているか

それぞれ参考にしてください。

ファーストビューのメインビジュアルは最適化されているか

LPを作成するうえで意識すべき1つめの項目は、ファーストビューのメインビジュアルは最適化されているかどうかです。

ファーストビューとは、ユーザーがページを開いた時に初めて目にする部分で、ユーザーとのファーストコンタクトは全てこのファーストビューにかかっています。

もしも、ファーストビューのメインビジュアルが最適化されていないとユーザーはその時点で見ることをやめてしまうため、メインビジュアルを最適化しなくてはなりません。

ユーザーからの離脱を防ぐためにも、ファーストビューのメインビジュアルは最適化しましょう。

商品の強みではなく顧客が得られる価値を訴求できているか

LPを作成するうえで意識すべき2つめの項目は、商品の強みではなく顧客が得られる価値を訴求できているかどうかです。

ユーザーがLPに求めているのは、商品の強みではなく自分がその商品を使うことでどんな良い未来になるのかで、顧客が得られる価値を訴求することでユーザーから商品に興味を持ってもらえます。

ちなみに、顧客が得られる価値のことをベネフィットといい、このベネフィットをうまく訴求することで売上に大きく貢献することが可能です。

LPでは商品の強みばかりを押し出すのではなく、ベネフィットを訴求しましょう。

売れる型で作られているか

LPを作成するうえで意識すべき3つめの項目は、売れる型で作られているかどうかです。

売れる型とは、結・起・承・転の構成になっており、LPを初めて見た時点で結論がすでに分かるようにしなければなりません。

ユーザーは必ず最後までLPを読むとは限らないため、ファーストビューの時点でLPで紹介されている商品について伝えなければならないのです。

そのため、LPを作る際には構成を売れる型にすることを意識しましょう。

顧客の疑問や不安を解決できているか

LPを作成するうえで意識すべき4つめの項目は、顧客の疑問や不安を解決できているかどうかです。

LPが見られた時点では顧客との間に距離がある状態のため、顧客の疑問や不安を共感した上で解決することで距離が縮まります。

疑問や不安を解決できれば自分に必要な商品だと思ってもらえますし、販促している商品が受け入れられる可能性も高くなるのです。

LPを作る際には、顧客の疑問や不安を解決するようにしましょう。

CTAは最適化されているか

LPを作成するうえで意識すべき5つめの項目は、CTAは最適化されているかどうかです。

CTAとはコンバージョンエリアといい、顧客に対して具体的に行動してもらうための場所のことで、LP上で商品を購入してもらったり、予約してもらうなどの具体的なボタンを設置した場所となります。

このCTAを最適化するには、デザインを意識したり、言葉を意識したりするなどの様々な工夫が必要です。

LPを作る際には、CTAを最適化しましょう。

ここまでLPを作成する上で意識すべき最重要項目について解説しましたが、次の見出しではLPを作る時の注意点について解説しますので、ご覧ください。

LPを作る時の注意点

LPを作る際の注意点について、ここで以下の3点から解説します。

  • WEB上の法律に注意する
  • モノではなく価値を売る
  • ただおしゃれなページでは商品は売れない

それぞれ参考にしてください。

WEB上の法律に注意する

LP作る際の注意点の1つめは、WEB上の法律に注意することです。

商品を販促するために作られるLPは、景品表示法や薬機法などの法律に抵触する可能性があるため、法律に注意して作らなければなりません。

実際に、LPの中には明らかに違法であるものやグレーゾンのものもあるため、LPを作る際には法律に触れないものを作るようにしましょう。

モノではなく価値を売る

LPを作る際の注意点の2つめは、モノではなく価値を売ることです。

LPを作る目的としてモノを売りたいという気持ちがあると思いますが、LPではモノではなく価値を売るように意識しなければ売れません。

価値とは、顧客が商品を使ったときの利益のことで、商品を使ってどんな変化があるのかを示すことで商品が売れやすくなるでしょう。

ただおしゃれなページでは商品は売れない

LPを作る際の注意点の3つめは、ただおしゃれなページでは商品は売れないということです。

LPを作るときに、デザインばかりに目を向けておしゃれさを意識する方も多いですが、商品を売るためにはおしゃれさだけではなく、売り方を意識しなければなりません。

おしゃれさだけではなく、セールスも意識して商品を売るためのLPを作るようにしましょう。

まとめ

今回はここまでLPとは一体何なのかについて、この記事の中で解説しました。

LPを作るにはさまざまなことを意識して作らなくてはなりませんが、簡単に成果が出るわけではないので、しっかりと理解して作らなくてはなりません。

これからLPを作る場合、この記事を読めばLPについてが分かりますので、何度も読み直しながら参考にしてください。 

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE