NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【売れるヘッドコピー】作り方のコツや損しないための注意点

約10分
 

こんにちは、ノリアキです。

せっかくコピーを書いたのに読んでもらえないと悩んでいる方は、ヘッドコピーに問題があるかもしれません。

なぜなら、ヘッドコピーとはユーザーが一番最初に目にするコピーであり、ヘッドコピーの作り方や重要性を理解していないと、あなたのコピーへの反応が悪くなってしまいます。

そこでこの記事では、売れるヘッドコピーの作り方のコツや、損しないための注意点について解説します。

最後までご覧いただければ、売れるヘッドコピーの作り方が分かりますので、ぜひ参考にしてください。

そもそもヘッドコピーとは

そもそもヘッドコピーとは何なのかについて、ここで以下の2点について解説します。

  • ヘッドコピーの役割
  • 広告はヘッドコピーの良し悪しで9割決まる

1つずつ見ていきましょう。

ヘッドコピーの役割

ヘッドコピーの役割とは、文章の本文を読む気を増加させることです。

そもそも文章を作っても必ず全員が最後まで読んでくれるわけではなく、ほとんどの人が文章を読まないか、もしくは冒頭で読むのを止めてしまいます。

しかし、ヘッドコピーの時点で興味を引き、本文を読む人を増加させられれば、売り上げを増加させたり、商品やサービスを広く認知させることが可能です。

ヘッドコピーの質次第で、読む気を増加させたり売上に貢献できることがヘッドコピー役割となります。

広告はヘッドコピーの良し悪しで9割決まる

広告はヘッドコピーで9割決まるとも言われており、ヘッドコピーが平凡だとその先が読まれることはありません。

たとえどんなに商品が優れていても、本文が良くても、ヘッドコピーが悪ければ読まれることはないでしょう。

しかし、ヘッドコピーが良ければ本文が普通でも読んでもらうことができますし、商品を認知させることができるので、売り上げが何倍、何十倍と変化していくのです。

広告はヘッドコピーの良し悪しで9割決まるというほど非常に重要なものとなります。

ここまでヘッドコピーについて解説しましたが、次の見出しではヘッドコピーを作るときに意識するべきことについて解説しますので、ご覧ください。

ヘッドコピーを作る時に意識するべきこと

ヘッドコピーを作る時に意識するべことについて、ここで以下の3点について解説します。

  • ポイント1.顧客(ターゲット)はだれか
  • ポイント2.売る商品の強みはなにか
  • ポイント3.この商品を使うことで顧客が得られる本当の価値

1つずつ見ていきましょう。

ポイント1.顧客(ターゲット)はだれか

1つめの意識するべきことは、顧客(ターゲット)は誰か?を意識することです。

ヘッドコピーを作る際に、マーケティングの時点で顧客を絞り込みますが、顧客を意識せずに書いていると、読んで欲しい顧客に読まれる確率は低くなってしまいます。

しかし、顧客を意識することで絞り込んだ顧客からの反応を高められるため、「30代のサラリーマンに向けて」「お金を稼ぎたい学生必見」のように的確なターゲットを絞りこむことが重要です。

見込みのない読者を増やさないためにも、ヘッドコピーを作るときは顧客が誰なのかを意識しましょう。

ポイント2.売る商品の強みはなにか

2つめの意識するべきことは、売る商品の強みは何かということです。

売る商品にはそれぞれ独自の強みがあったり、希少性や限定性がありますが、そうした商品の強みを前面に押し出すことで文章を読んでもらえる確率を上げられます。

もしも、ヘッドコピーの時点で商品の強みが分からなければ、競合が出している似たような商品と同じだと思われてしまい、文章を読み進めてもらえることはありません。

商品の魅力を最大限伝えるためにも、ヘッドコピーを作る時には売る商品の強みは何かを意識しましょう。

ポイント3.この商品を使うことで顧客が得られる本当の価値

3つめの意識するべきことは、この商品を使うことで顧客が得られる本当の価値を提示することです。

商品の特徴だけでは読者は興味を示さず、読者から興味を持ってもらうためには、その商品を使うことで自分がどうなるのかを教えてあげる必要があります。

たとえば、「聞くだけで英語が話せるようになる音声です」と書くよりも、「聞き流すだけでネイティブレベルに英語が話せる音声」にしたほうが価値が伝わるのです。

ただ商品の特徴を伝えるのではなく、この商品を使うことで顧客が得られる本当の価値を意識しましょう。

ここまでヘッドコピーを作るときに意識するべきことについて解説しましたが、次の見出しでは売れるヘッドコピーに欠かせない4原則について解説しますので、ご覧ください。

売れるヘッドコピーに欠かせない4原則

売れるヘッドコピーに欠かせない原則について、ここで以下の4点について解説します。

  • ベネフィット
  • 鮮度の高い情報
  • 好奇心
  • 簡単でシンプルな方法

1つずつ見ていきましょう。

ベネフィット

1つめの原則は、ベネフィットです。

ベネフィットとは、読者にとっての利益となる情報やお得さことで、ベネフィットを含めることで読む価値があると思わせられます。

たとえば、「わたしが半年で1億円を稼ぎ出した方法とは」の文章には「半年で1億円を稼いだ」という部分にベネフィットが含まれており、読むことで半年で1億円を稼ぐ方法があると思わせることができるのです。

売れるヘッドコピーを作るには、読者からの反応を上げるためにもベネフィットを含めるようにしましょう。

鮮度の高い情報

2つめの原則は、鮮度の高い情報です。

読者は情報の鮮度も意識しており、古い情報には価値がないと思うため、情報の鮮度の高さも重要となります。

たとえば、「初公開」「最新版」というように、書かれている情報が新しいものだと示せば、他にはない情報や自分の知らない情報があるかもと思わせられるので、アクセスに繋げることができるのです。

売れるヘッドコピーを作るには、鮮度の高さも含めるようにしましょう。

好奇心

3つめの原則は、好寄心です。

好寄心を使えば読者の意識を強く集めることができ、この先はどうなるんだろうと思わせてアクセスを増やすことができます。

たとえば、「1ヶ月で100万円稼ごう」と書くよりも「1ヶ月で100万円稼げるとしたら1日30分を犠牲にできますか?」というように書くなどです。

売れるヘッドコピーを作るには、読者に次を読みたいと思わせることができるので、好奇心を含めるようにしましょう。

簡単でシンプルな方法

4つめの原則は、簡単でシンプルな方法です。

読者は難しい方法よりも、簡単かつシンプルな方法の方が好むため、簡単さやシンプルさをアピールすることがアクセスアップに繋がります。

たとえば、「1日10時間働いて1億円を稼げるようになりました」よりも「1日10分の作業で1億円稼ぎました」の方が読者にとっては欲しい情報なのです。

売れるヘッドコピーを作るには、簡単でシンプルな方法を伝えられるようにしましょう。

まとめ

今回はここまで売れるヘッドコピーの作り方について、意識するべきことや必要な4原則を解説しました。

ヘッドコピーは文章の顔にも関わらず重要視されないことも多いですが、その先の文章を読んでもらうためにも考えて書かなければなりません。

文章をより多くの人に読んでもらいたい場合、ヘッドコピーこそしっかりと書かなければならないため、この機会に意識して書いてみてください。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE