NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【基礎知識】コピーライティングで使える6つの型を具体例を交えて解説

約11分
 

こんにちは、ノリアキです。

コピーライティングの文章を考えるのに、どうやればうまく文章を書けるのかを知りたい方も多いと思います。

実のところ、コピーライティングは文章を全て1から生み出しているのではなく、いくつかの型に当てはめて作られており、この型を知ることで文章を作りやすくなるのです。

そこでこの記事では、コピーライティングで使える6つの型を具体例を交えて解説します。

最後までご覧いただければ、コピーライティングの基礎である型の作り方が分かるので、ぜひ参考にしてください。

コピーライティングの型とは

コピーライティングには決まった型があり、全ての文章がこの型に当てはめて作られています。

コピーライティングを知らない人からすると、何もない状態から全ての文章を作っていると思われていますが、型に当てはめることで効果の高い文章を作れるのです。

つまり、コピーライティングには小説家のような文才が必要なわけではなく、この型に当てはめて文章を書くことができればコピーを作れるようになります。

そのためには、コピーライティングのそれぞれの型の特徴を理解し、どんな書き方をすればいいのかを覚えればいいのです。

では次の見出しでコピーライティングの型について、具体例を交えながら解説しますので参考にしてください。

すぐに使えるコピーライティングの6つの型

すぐに使えるコピーライティングの6つの型は以下の通りです。

  • 説得力のある文章に欠かせない【PREP法】
  • 購買意欲を掻き立てる【QUESTの法則】
  • 消費行動の促進に役立つ①【AIDMAの法則】
  • 消費行動の促進に役立つ②【PASONAの法則】
  • 端的な文章で消費者の行動を促す【CREMAの法則】
  • 理解度と記憶力をあげる【SDS法】

それぞれ具体例も載せていますので、参考にしてください。

説得力のある文章に欠かせない【PREP法】

1つめの型は、説得力のある文章に欠かせないPREP法です。

PREP法とは、

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(結論)

の4つの構造になっており、最初に結論を述べたあとで最後にもう一度結論を述べることで、理解しやすく説得力ある文章を作ることができます。

読み手は長い前置きよりも結論を先に知りたいと思っており、前置きが長くなってしまうと飽きてしまい、最後まで読まれません。

読者が離れる前に結論を先に伝えられるPREP法は、説得力を与えたい場合におすすめです。

(具体例)

  • 結論:私は歌を歌うのが好きです。
  • 理由:なぜなら、歌うとテンションが上がるからです。
  • 具体例:例えば、カラオケで大声で歌を歌うと嫌なことを忘れられます。
  • 結論:だから歌うのが好きです。

購買意欲を掻き立てる【QUESTの法則】

2つめの型は、購買意欲を掻き立てるQUESTの法則です。

QUESTの法則とは、

  • ・Qualify(絞り込み)
  • ・Understand(共感)
  • ・Educate(啓発)
  • ・Stimulate(興奮)
  • ・Transition(行動)

の5つの手順で書くことで、セールスコピーを作るときに使うものとなります。

冒頭で見込み客を絞り込み、悩みについて共感し、商品の説明、商品を使うメリット、最後に購入を促すというように、人間心理の流れに沿ってできているため、購買意欲を掻き立てることが可能です。

QUESTの法則は、セールスコピーを作るときには必須の型となります。

(具体例)

  • 絞り込み:これまでダイエットに挑戦して失敗を繰り返していませんか?
  • 共感:私も何度も失敗してきたので、気持ちは痛いほど分かります。
  • 興奮:しかし、私はAという方法を使ってダイエットに成功しました。
  • 啓発:Aという商品を使えば、誰でも簡単に痩せることができます。
  • 行動:この商品を使いたい方は下の購入ページに進んでください。

消費行動の促進に役立つ①【AIDMAの法則】

3つめの型は、消費行動の促進に役立つAIDMA(アイドマ)の法則です。

AIDMA(アイドマ)の法則とは、

  • Attention(注意)
  • Interest(興味)
  • Desire(欲求)
  • Memory(記憶)
  • Action(行動)

上記の5つからなる型で、消費者が商品を認知してから実際に購入するまでの消費行動に沿って作られています。

消費者が商品を知ることから始まり、興味を持ち欲しいと思う、そして欲しいという欲求を思い出し、最後に購入するという入口から出口までを一つの型としてまとめたものです。

AIDMAの法則は、社会が成長しても変化することのない消費者の購買行動を型にした重要な法則となります。

(具体例)

  • 注意:全世界で注目されている納豆の効果とは?
  • 興味:納豆に含まれるナットウキナーゼは動脈硬化を予防できます。
  • 欲求:納豆を食べ続けることで血流が改善され、代謝もよくなりダイエットにも効果的です。
  • 記憶:実際に納豆の効果は◯◯大学の研究で認められています。
  • 行動:納豆の匂いが苦手な方でも匂いを極限まで減らしているので、購入してみてください。

消費行動の促進に役立つ②【PASONAの法則】

4つめの型は、消費行動の促進に役立つPASONAの法則です。

PASONAの法則では、

  • Problem(問題提起)
  • Agitation(扇動)
  • Solution(解決策)
  • Narrow down(絞り込み)
  • Action(行動)

上記の5つの型からなり、こちらもAIDMAの法則と同じく消費者の購買を促すものとなります。

PASONAの法則は主に、DMやセールスレターなどで使われており、「このままでは危険だから、解決法を教えます」というような流れで消費行動を促すものです。

AIDMAの法則と同じく、消費行動の促進に役立つ型になるので覚えておきましょう。

(具体例)

  • 問題提起:最近体の節々が痛いと感じていませんか?
  • 扇動:もしかするとその痛みは老化が原因で、ほうっておくと悪化するかもしれません。
  • 解決策:そこで、このサプリメントを飲むことで、痛みの根本原因を解消することができます。
  • 絞り込み:ただし、数に限りがあるため、数量限定でお届けします。
  • 行動:売り切れる前にお買い求めください。

端的な文章で消費者の行動を促す【CREMAの法則】

5つめの型は、端的な文章で消費者の行動を促すCREMAの法則です。

CREMAの法則とは、

  • Conclusion(結論)
  • Reason(理由)
  • Evidence(証拠)
  • Method(手段)
  • Action(行動)

上記の5つからなる、目的や行動が明確になっているターゲットへ向けて行動を促せる法則となります。

PREP法と似ている形ですが、CREMAの法則のほうがより細かく分けられているため信頼性が増し、行動を促しやすいのが特徴です。

メルマガやセールスレターなどで使われることが多いので、覚えておきましょう。

(具体例)

  • 結論:タバコを吸っている人は今すぐにやめるべきです。
  • 理由:タバコをやめることで健康的な体を手に入れられるだけでなく、タバコ代も浮くからです。
  • 証拠:実際に、タバコが人間にもたらす害は様々な研究で証明されています。
  • 手段:タバコをやめるのであれば、禁煙外来に行けば禁煙をするための方法を教えてくれるのでおすすめです。
  • 行動:百害あって一利なしなので、今すぐにタバコを辞めましょう。

理解度と記憶力をあげる【SDS法】

6つめの型は、読み手の理解度と記憶力をあげるSDS法です。

SDS法とは、

  • Summary(要点)
  • Details(詳細)
  • Summary(要点)

上記の順番で文章を作る方法のことで、読み手の理解度や記憶力をあげたいときに有効な手法となります。

まずは要点から入り、要点の詳細を述べ、最後にもう一度詳細を述べることでシンプルに情報を伝えれられるのがSDS法の特徴です。

読み手に対して理解を深めたい場合などに使える型なので、覚えておきましょう。

(具体例)

  • 要点:今回はコピーライティングの型についてお伝えします。
  • 詳細:コピーライティングの型を使えば、目的に合わせて読み手に対して的確にターゲットを絞り込んで文章を書くことが可能です。
  • 要点:コピーライティングでは型に沿って書くことをおすすめします。

まとめ

今回はここまでコピーライティングで使える6つの型について、具体例を交えながら紹介しました。

コピーライティングを知らない方からすれば、コピーライターは全て文章をセンスで書いていると思われるかもしれませんが、型通りに当てはめて書いています。

型にはさまざまなものがありますが、この記事で紹介した型が基本となるので、まずはこの記事を何度も読み返して覚えてみましょう。

型通りに当てはめていけば、今後は文章の書き方で迷うことはなくなります。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE