NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【コピーライティング基礎】売れる文章をつくるための6つの法則

約12分
 

こんにちは、ノリアキです。

コピーライティングで売れる文章をつくるにはどうしたらいいの?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

売れる文章をつくるためには、消費者心理や行動などを理解する必要がありますが、実は効果的に文章を書ける法則というものが存在するのです。

この記事では、売れる文章を効果的に作るのに役立つ6つの法則について解説をします。

最後まで読んでいただければ、売れる文章をつくるための法則が分かるので、ぜひ参考にしてください。

コピーライティングの法則とは?

コピーライティングの法則とは、コピーライティングで頻繁に使われる文章の手法のことです。

コピーライターはセンスで魅力的な文章を作っていると思われていますが、実はセンスではなく法則に当てはめて文章を書いています。

法則に当てはめることで文章の説得力を増したり、宣伝に効果的な文章を作れるため、法則はコピーライティングには欠かせないものです。

文章を読むユーザーに対して、より効果的に売れる文章を作れるのがコピーライティングの法則となります。

ここまでコピーライティングの法則の概要について解説しましたが、次の見出しでは初心者が覚えておきたいコピーライティングの法則6選を解説しますので、ご覧ください。

初心者が覚えておきたいコピーライティングの法則6選

初心者が覚えておきたいコピーライティングの法則は以下の6つです。

  • コピーライティングの法則①滑り台効果
  • コピーライティングの法則②AIDMA(アイドマ)
  • コピーライティングの法則③QUEST
  • コピーライティングの法則④PASONA
  • コピーライティングの法則⑤スノッブ効果
  • コピーライティングの法則⑥80 VS 20

それぞれ解説しますので、参考にしてください。

コピーライティングの法則①滑り台効果

滑り台効果とは、文章を読んでいるうちに気づいたら最後まで読んでしまっている現象のことです。

コピーライティングの最初の文章の役割は次の文章を読んでもらうことで、最後の文章まで読ませることが必要だと、コピーライターであるジョセフ・シュガーマンの著書「10倍売る人の文章術」で語られています。

具体的には、相手に質問を投げかけたり、過去の経験を思い出させたりなど、人間の心理や欲求を刺激することが滑り台効果でよく使われる手法です。

読者が気づいたら文章を最後まで読んでしまい、望んでいるように行動してしまっていることこそが、究極の文章だとジョセフシュガーマンも語っています。

コピーライティングの法則②AIDMA(アイドマ)

AIDMA(アイドマ)の法則とは、コピーライティングの基本中の基本ともいえる法則です。

AIDMAの法則は、サミュエル・ローランド・ホールが提唱した消費者が商品を認知して購入するまでの仮説のことで、以下の5つから構成されています。

  • Attention(注意)

消費活動の最初のステップである商品の認知の部分で、売る前に商品を知ってもらう段階。

  • Interest(興味)

商品の認知が行われても興味や関心を持たれないため、どんな商品なのかを知ってもらうために興味を引く段階。

  • Desire(欲求)

商品を欲しいと思わせ、消費者に対していかにして商品を買いたいかと思わせる段階。

  • Memory(記憶)

移り変わりの激しい消費者に対し、欲しいと思っていた記憶を呼び戻して欲しいと思わせる段階。

  • Action(行動)

実際に購買行動を起こしてもらうために、買うまでの流れやどこで買うのかを提示する段階。

このように、消費者が商品を認知してから購入するまでの行動を体系化し、文章に落とし込んだ手法です。

コピーライティングの法則③QUEST

QUEST(クエスト)の法則とは、読者に商品を販売させる目的がある場合に使う法則のことです。

QUESTの法則は以下の5つの頭文字をとって名づけられており。消費者の悩みを理解し、商品を紹介する流れとなります。

  • Quality(絞り込み)

販売したい商品の見込み客かどうかを選別する段階で、文章の冒頭で「自分のことだ」と思わせる。

  • Understand(共感)

悩みに対して理解を示す段階で、悩みを共感したあとに危険性を提示してどうすれば良いのかと思わせる。

  • Educate(啓発)

悩みを解消できる商品を紹介し、購入するメリットなどを提示する段階。

  • Stimulate(興奮)

商品を購入したあとの未来を想像させる段階で、購入しなかった先の未来も提示する段階。

  • Transition(変化)

見込み客から実際の顧客にするための段階で、購入の後押しをする。

このように、見込み客を絞って悩みに共感し、商品を購入したメリットを伝えて購入まで持っていく流れがQUESTの法則です。

コピーライティングの法則④PASONA

PASONAの法則とは、消費行動を促すための法則の1つです。

PASONAの法則は以下の6つから構成されており、強い消費行動を促せるものとなります。

  • Problem(問題)

読者の悩みを明確にする段階で、潜在的な悩みを掘り下げ惹きつける。

  • Affinity(親近感)

読者の仲間だという認識を持ってもらい、共感をして同じだということを認識してもらう。

  • Solution(解決策)

共感したあとに解決策を提示する。

  • Offer(提案)

悩みを解決するための商品の内容を紹介し、悩みを解決できることを証明する。

  • Narrow down(絞り込み)

読者を見込み客に絞り込む段階で、絞り込んだ見込み客に商品を購入したいと思ってもらう。

  • Action(行動)

商品を実際に購入してもらうための段階で、今すぐに行動してもらえるようにする。

このように、6つの流れから消費者に行動させるための法則で、長文になりやすいものの掘り下げて文章を書く際につかえる法則です。

コピーライティングの法則⑤スノッブ効果

スノップ効果とは、多くの人が持っていない「希少性」「限定性」に魅力を感じることで。購買や需要が増加する効果のことです。

商品を購入する際に、「地域限定」「期間限定」というような売り文句を見たときに買ってしまう現象はスノップ効果と言われており、特別感や希少性が消費に繋がっています。

また、希少性の高い材料などを使ったり、購入者を会員などで絞ることによって効果を高めることも可能です。

ほかの人とは違った特別感を得たいという消費者の心理をついたのがスノップ効果となります。

コピーライティングの法則⑥80 VS 20

80 VS 20の法則とは、20%のわずかな部分が80%を生み出しているという法則です。

この法則を当てはめると、コピーを見た読者が100人いたとしても、実際に商品を購入してくれるのは20人程度で、一握りの読者が利益をもたらしてくれていることになります。

つまり、注目すべきは20%の部分で、その20%の部分を意識することで成果をあげることが可能です。

20%の部分を意識した文章を作ることが、成果の高い文章を作ることに繋がります。

ここまでコピーライティングの法則を解説しましたが、次の見出しではコピーライティングの法則が学べる本を解説しますので、ご覧ください。

コピーライティングの法則が学べる本

コピーライティングの法則が学べる本は以下の3つです。

  • ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則
  • 億を稼ぐ言葉の技術29: 〜心理学×コピーライティングの教本〜
  • 禁断のセールスコピーライティング

それぞれ解説しますので、参考にしてください。

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

1つめの本は、「ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則」です。

本書は12万部以上も売れているベストセラーで、紀伊国屋書店を始めとする書店のランキングの中で1位を獲得しています。

元々はアメリカの本を翻訳したもので、書かれている内容には現代と少しズレがあるものの、基本的なコピーライティングの知識や考え方が集約されており、コピーライターのバイブルとも言える1冊です。

億を稼ぐ言葉の技術29: 〜心理学×コピーライティングの教本〜

2つめの本は、「億を稼ぐ言葉の技術29: 〜心理学×コピーライティングの教本〜」です。

本書は、コピーライティングで文章を作る方向けに心理学を絡めた内容が書かれており、心理テクニックを用いたコピーライティングを書くことに役立つ内容となっています。

29の技術にまとめられ、1つ1つの内容がコピーライティングに使える手法になっているため、初心者から上級者までの幅広い方におすすめできる1冊です。

禁断のセールスコピーライティング

3つめの本は、「禁断のセールスコピーライティング」です。

本書は、セールスレターやDMなどの書き方などについて詳しく書かれており、事例も書かれているので、書かれていることを活用しやすくなっています。

コピーライティングのスキルを色々な媒体に活用したい方におすすめの1冊です。

まとめ

今回はここまで、コピーライティングの基礎である売れる文章を作るための6つの法則について解説をしました。

コピーライティングは一見すると、センスのみで文章を書いていると思われがちですが、実際は心理学を用いたり、消費者の行動を仮定して法則に当てはめて文章を書いています。

この記事で紹介した法則を使えば、より効果の高い文章を作れるので、ぜひ参考にして文章へ活用してみてください。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE