NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

コピーライティングのおすすめ勉強法『写経』のポイントや注意点を解説します!

約10分
 

こんにちは、ノリアキです。

コピーライティングのおすすめの勉強法には写経というものがありますが、具体的なやり方を知らなかったり、効果があるのか分からない方も多いのではないでしょうか?

この写経は、正しいやり方を行えばコピーライティングのスキルが格段にアップする勉強法ですが、間違えれば効果が薄くなってしまうでしょう。

そこで今回はコピーライティングのおすすめの勉強法である写経について、ポイントや注意点などを詳しく解説します。

この記事を最後まで読めば、コピーライティングを格段に上達させる写経のやり方が分かるので、ぜひ参考にしてください。

そもそも写経ってなに?

写経について、ここでは以下の2点から解説します。

  • コピーライティングの写経とは
  • 写経をする本質

1つずつ見ていきましょう。

コピーライティングの写経とは

コピーライティングの「写経」とは、すでに成果の出ている文章を書き写すことです。

本来の写経とは、仏教の修行の一環でお経を書き写すもので、お経を覚えたり教えを広めるために行われるものですが、コピーライティングでも同様に写経を行うことで文章を書くためのテクニックが上達します。

ただし、コピーライティングの写経では文章を実際に書き写すだけでなく、文章を書きながらテクニックやキーワード選びなどの分析が必要です。

コピーライティングの写経とは、書き写すだけではなく分析を行うことでコピーライティングを学ぶことができる大切な勉強方法と言えるでしょう。

写経をする本質

写経をする本質は、良い文章を体に定着させることです。

コピーライティングで成果を出しているということは、その文章の中に成果が出ている理由があり、実際に成果の出ている文章を書き写してみることで、セールスコピーの流れを自分に取り込むことができます。

ただし、マネしているだけでは効果は薄いので、

  • どんな言葉を使っているのか?
  • どうしてこの書き方をしているのか?
  • どんなポイントに心惹かれたのか?

といった部分を分析しながら書かなければ、力にはなりません。

このように、コピーライティングにおける写経の本質は、マネではなく自分に良い文章を定着させることが本質となります。

ここまで、コピーライティングの写経について解説しましたが、次の見出しではコピーライティングの写経を行う際の3つのステップを解説しますので、ご覧ください。

コピーライティングの写経を行う際の3つのステップ

コピーライティングの写経を行う際のステップについて、ここでは以下の3点から解説します。

  1. 自分にどう響いたのか理由を明確化する
  2. なぜこのキーワードや構成にしたのかを考える
  3. 構成やキーワードをアレンジしてみる

1つずつ見ていきましょう。

1.自分にどう響いたのか理由を明確化する

写経では、自分にどう響いたのか理由を明確化することが必要です。

良いコピーライティングの文章は人の心を動かすもので、綺麗な文章を書くことも大切ですが、心に響く文章を書けることも大切になります。

そのためには、写経から自分にどう響いたのかの理由を明確化することで、ユーザーが文章を読んでどうやって心を動かされたのかを知ることが可能です。

自分に響くということは、その部分にはユーザーの心を動かすテクニックが隠されていますし、ユーザーの心を動かす文章を作る能力も見につくので、自分に響いた理由を明確化しましょう。

2.なぜこのキーワードや構成にしたのかを考える

写経では、なぜこのキーワードや構成にしたのかを考えることが必要です。

コピーライティングの文章は感覚で書いているのではなく、キーワード選びから構成まで全てがこだわって作られているので、細かい部分を考えることでコピーライティングの能力が成長します。

たとえば、「このキーワードのほうが伝わりやすい」「この構成のほうがインパクトがある」などで、こうした細かい部分に目を配ることで、今後の文章作りの参考になるのです。

写経をしながらキーワードや構成を考え、自分の中に取り入れられるようにしましょう。

3.構成やキーワードをアレンジしてみる

写経では、構成やキーワードをアレンジしてみることも必要です。

写経でずっと人の文章を書き写していてもアウトプットができないので、実際に自分の言葉でアレンジしてみることでスキルが磨かれていきます。

構成やキーワードをそのまま使っていても、他人の文章であって自分の文章ではありませんし、自分なりの書き方を覚えることになるのです。

書いていくうちに自分のコピーライティングの書き方が培われていくので、アレンジしてどんどん書いていきましょう。

ここまで、写経を行う際の3つのステップを解説しましたが、次の見出しではコピーライティングの写経を行う際の注意点について解説しますので、ご覧ください。

コピーライティングの写経を行う際の注意点

コピーライティングの写経を行う際の注意点について、ここでは以下の3点から解説します。

  • コピーライティングの基礎知識がない状態だと効果が薄い
  • 頭で考えずにとにかくアウトプットする
  • 写経を活用して世に出す場合は創作性を意識する

1つずつ見ていきましょう。

コピーライティングの基礎知識がない状態だと効果が薄い

コピーライティングの写経を行う際には、基礎知識がない状態だと効果が薄いことに注意しましょう。

コピーライティングの写経は書き写せば上達するわけではなく、分析しながら行わなければスキルは上達しません。

そのためには一定以上の基礎知識が必要になりますし、どのように分析を行えばいいのかも分からないので、写経をする意味が少なくなってしまいます。

そこで、コピーライティングの写経を行う際は基礎意識を持った状態から始めるようにしましょう。

頭で考えずにとにかくアウトプットする

コピーライティングの写経を行う際には、頭で考えずにとにかくアウトプットしましょう。

コピーライティングの写経を行ってキーワードや構成のインプットを行った後は、実際に自分の言葉で書いてアウトプットすることで良質なコピーライティングが書けるようになります。

アウトプットを行うことで、自然と自分なりの言い回しや構成が身につきますし、アクトプットをして自分の書いた文章を分析することで成長していくことに繋がるのです。

コピーライティングの写経を行う際は、頭で考えずにアウトプットしましょう。

写経を活用して世に出す場合は創作性を意識する

写経を活用して世に出す場合は、創作性を意識しましょう。

写経を活用して世に自分の文章を出す場合は、そのままだと盗作になってしまうので、創作性のある文章にしなければなりません。

創作性を意識して文章を書けば、写経で学んだスキルを思う存分活かすことができますし、自分のコピーライティングスキルとして定着していきます。

写経を活用して世に出す場合は、創作性を意識しましょう。

まとめ

今回はここまで、コピーライティングの勉強法「写経」のポイントや注意点について解説してきました。

写経は正しく行うことで、コピーライティングのスキルを上達できますが、基礎知識がなかったり、やり方を間違えれば効果の薄いものになってしまいます。

これから写経を行う際には、この記事をもう一度読み返していただき、写経を取り入れてコピーライティングのスキルを上達に活かしてください。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE