NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

コピーライティングのコツや手順を具体的に解説!

約12分
 

こんにちは、ノリアキです。

コピーライティングのコツや手順を詳しく知りたいという方も多いのではないでしょうか?

コピーライティングというと難しそうですが、しっかりとした手順を踏めば誰でも売れるコピーを作ることができますし、食いっぱぐれないスキルを手に入れたも同然です。

しかしながら、コピーライティングを間違った手順で習得をすると、売れないコピーを書いてしまうことになりかねません。

そこで今回は、コピーライティングのコツや手順について具体的に解説し、学ぶポイントなども詳しく解説します。

この記事を読めば、コピーライティングを作るコツが分かるので、ぜひ参考にしてください。

コピーライティングするなら覚えておきたい5つのコツ

コピーライティングをするなら覚えておきたい5つのコツは以下の通りです。

  • まずは情報を整理する
  • 誰に何を届けたいのか明確にする
  • 読み手のベネフィットを考える
  • 簡単さや手軽さをアピールする
  • 視覚的な読みやすさも重要

それぞれ参考にしてください。

まずは情報を整理する

1つめのコツは、まずは情報を整理することです。

いきなりコピーライティングを書くといっても情報がない状態だと、どんなことを伝えたいのか方向が定まらないため、情報を整理しなければなりません。

そのためにはまず、

  • ターゲットに関する情報
  • コピーライティングをするための商品の情報

の2つを整理することから始めましょう。

情報を整理するだけでも書き方が大きく変わってくるため、コピーを書くときにはまず情報を整理することがコツとなります。

誰に何を届けたいのか明確にする

2つめのコツは、誰に何を届けたいのかを明確にすることです。

コピーを書くときには誰をターゲットにして、どんな商品を届けたいのかを明確にするだけで大きく書き方が異なってきます。

たとえば、サプリメント商品として宣伝する場合、

  • このサプリを飲むことでメリハリのあるボディに
  • このサプリを飲んで5才若返りました

というように、ターゲットによってもアプローチする文章が全く異なるのです。

誰に何を届けたいのかを明確にすることが、良いコピーを書けるコツとなります。

読み手のベネフィットを考える

3つめのコツは、読み手のベネフィットを考えることです。

ベネフィットとは利益のことで、商品によって得られる利益があると分かればユーザーの興味を引くことができます。

また、ベネフィットはユーザーが気づいていない場合も多いため、抽象的に説明するよりも、具体的に説明したほうが伝わりやすいです。

ユーザーにとってのベネフィットを提供することが、ユーザーの目を引くコピーを書けるコツとなります。

簡単さや手軽さをアピールする

4つめのコツは、簡単さや手軽さをアピールすることです。

コピーを読んだときに自分にとって簡単にできたり、手軽に申し込めることが分かれば、行動のハードルを下げることができます。

たとえば、「スマホで登録30秒」のように、ハードルが低いことが分かればユーザーも気軽に登録しやすくなるでしょう。

簡単さや手軽さをアピールすることが、ユーザーを動かすコピーを書くコツとなります。

視覚的な読みやすさも重要

5つめのコツは、視覚的な読みやすさを重要視することです。

コピーライティングでは伝える内容以外にも、文章を視覚的に見たときの読みやすさも重要となります。

たとえば、読みにくい文章には、

  • 長文
  • 漢字が多い
  • 同じ語尾を繰り返している

というような原因があり、視覚的に読みにくくなってしまいます。

コピーを書くときには視覚的な読みやすさもコツとなります。

ここまでコピーライティングをするなら覚えておきたい5つのコツを解説しましたが、次の見出しでは明日から実践できるコピーライティングの手順を解説しますので、ご覧ください。

明日から実践できるコピーライティングの手順

明日から実践できるコピーライティングの手順は以下の通りです。

  • ターゲットが得られる価値をリサーチ
  • 集めたデータを取捨選択する
  • 情報と直感を頼りに文章を書いてみる
  • 必要な部分だけ抜粋して整えていく

それぞれ参考にしてください。

ターゲットが得られる価値をリサーチ

1つめの手順は、ターゲットが得られる価値のリサーチです。

まずは、コピーを書く上で必要となる「企業や商品が与えられる価値」と「ターゲットが得られる価値」をリサーチすることで、より的確なコピーを作りやすくなります。

リサーチなしの場合、1つの視点でしか価値を見ることができず、どのような表現を使えばいいのかイメージすることができません。

価値をリサーチすることでコピーがつくりやすくなりますし、適切な言葉選びができるようになるので、作る前にリサーチは行いましょう。

集めたデータを取捨選択する

2つめの手順は、集めたデータを取捨選択することです。

データを収集すると、必要なデータと不必要なデータの両方が出てきますが、必要なデータの中でも重要なデータのみを使って文章にしたほうが、シンプルにユーザーへと伝わりやすくなります。

どういうふうに言葉選びをすれば良いのかに関しては、ターゲットの年齢や性別、商品などによっても変わるため、ターゲットを意識して決めていくことが大切です。

集めたデータは全て使うのではなく、取捨選択をして必要なものだけを残しましょう。

情報と直感を頼りに文章を書いてみる

3つめの手順は、情報と直感を頼りに文章を書いてみることです。

データを集めて考えているだけでは良いコピーは生まれないため、情報を元にして直感を頼りに実際に書いてみることで形になっていきます。

文章の長さを気にせず、必要なキーワードを全て入れて書いてみることで、必要な文章とそうでない文章が見えてきますし、どういったニュアンスにすれば良いのかも見えてくるものです。

良質なコピーを生み出すためにも、まずは情報を元にして文章を書いてみましょう。

必要な部分だけ抜粋して整えていく

4つめの手順は、必要な部分だけ抜粋して整えていくことです。

とりあえず書いた文章の中には、まだまだ無駄な要素が残っているため、必要な部分だけ抜粋して整えなければなりません。

具体的には、

  • ベネフィットが提示されているか?
  • 読みやすい文章になっているか?
  • ターゲットが明確になっているか?
  • 信頼性はあるか?

といった部分で見ていくと、必要な部分だけが残っていきます。

書いた文章の中から必要な部分のみを残していくことで、コピーの質も向上していくでしょう。

ここまでコピーライティングの手順について解説しましたが、次の見出しではコピーライティングを確認する時のポイントについて解説しますので、ご覧ください。

コピーライティングを確認する時のポイント

コピーライティングを確認する時のポイントは以下の通りです。

  • 1日寝かせてから読み返してみる
  • 声に出して呼んだ時のリズムの良さを確かめる

それぞれ参考にしてください。

1日寝かせてから読み返してみる

確認するポイントの1つめは、1日寝かせてから読み返してみることです。

書いたばかりだと文章について考えすぎてしまい、冷静に文章を判断することができないため、1日寝かせてから読み返してみると客観的に分析することができます。

余計なことを考えずに、冷静に分析するためにも1日寝かせてから読み返してみましょう。

声に出して読んだ時のリズムの良さを確かめる

確認するポイントの2つめは、声に出して読んだ時のリズムの良さを確かめることです。

文章として良い出来だと思っていたとしても、実際に読んでみると違和感がある場合も多いため、読んでみることで文章のリズムの良さなどが分かります。

第三者がいない場合は自分で読んでも構わないので、作った文章は実際に声に出して読んでみましょう。

ここまでコピーライティングを確認する時のポイントを解説しましたが、次の見出しではコピーライティングを学ぶポイントを解説しますので、ご覧ください。

コピーライティングを学ぶポイント

コピーライティングを学ぶポイントは以下の通りです。

  • 良いコピーライティングに触れて真似する
  • とにかく書いていいものを洗い出す

それぞれ参考にしてください。

良いコピーライティングに触れて真似する

1つめの学ぶポイントは、良いコピーライティングに触れて真似をすることです。

良いコピーライティングに触れていると、自分の中に良いエッセンスを取り入れられるため、コピーを作るときに良い影響を与えてくれます。

絵を描くときに人の絵を模写するのと同じように、コピーライティングも良いものを真似することで、成長に繋げることができるのです。

まずは様々なコピーライティングに触れて、真似をしてみましょう。

とにかく書いていいものを洗い出す

2つめの学ぶポイントは、とにかく書いていいものを洗い出すことです。

コピーライティングは考えているだけでは成長しないため、とにかく実際に書いてみて客観的に判断することで、いいものができていきます。

数多く書けば、どんな人でも1つはいいものが出てくることもありますし、とにかく書いて検証することは大切です。

良いコピーを書けるようになるためにも、とにかく書いていいものを洗い出していきましょう。

まとめ

今回はここまで、コピーライティングのコツや手順を解説しました。

この記事で解説したように、コピーライティングの書き方を学んで作っていけば意外と簡単にできます。

ただし、ユーザーを本当に突き動かすようなコピーを書くことは簡単なことではないため、とにかく最初は書いて質の良いものを生み出せるようにしましよう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE