NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

時代が求めるコンテンツビジネス!7つの成功例や主なメディアを徹底解説

約14分
 

こんにちは、ノリアキです。

時代が求めるコンテンツビジネスとは何なのか、どんな成功例があるのか気になる方も多いと思います。

一口にコンテンツビジネスと言っても様々な成功例があり、メディアによっても千差万別で、攻略すべきメディアや成功例を知らないと失敗する可能性も高くなります。

そこで今回は、時代が求めるコンテンツビジネスとは何なのか、7つの成功例やメディアを徹底解説します。

この記事を読めば、コンテンツビジネスのメディアや成功例が分かるので、ぜひ参考にしてください。

コンテンツビジネスとは?

コンテンツビジネスとはどういったものなのか、以下の3つから解説します。

  • コンテンツの定義
  • なぜコンテンツビジネスが求められているのかの現状と将来性
  • コンテンツビジネスの現状と将来性

1つずつ見ていきましょう。

コンテンツの定義

そもそも、コンテンツビジネスの「コンテンツ」とは「情報の内容」といった意味がある言葉です。

法律上でのコンテンツの定義付けとしては、「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律」から以下のように定義されます。

「コンテンツ」とは、映画、音楽、演劇、文芸、写真、漫画、アニメーション、コンピュータゲームその他の文字、図形、色彩、音声、動作若しくは映像若しくはこれらを組み合わせたもの又はこれらに係る情報を電子計算機を介して提供するためのプログラム(電子計算機に対する指令であって、一の結果を得ることができるように組み合わせたものをいう。)であって、人間の創造的活動により生み出されるもののうち、教養又は娯楽の範囲に属するものをいう。

(参照:コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律)

つまり、コンテンツとは身近な生活の中に溢れる記事や動画、アプリなどの様々なものがコンテンツです。

なぜコンテンツビジネスが求められているのかの現状と将来性

コンテンツビジネスの現状は、Web上でデジタルコンテンツとして販売されることが主流で、多くの人から求められています。

コンテンツビジネスの日本の市場規模は令和2年2月に発行された経済産業省のデータによると日本市場は約10.6兆円、世界市場は1287.8兆円で、世界的に緩やかに上昇しているのが現状です。

なぜ、コンテンツビジネスがここまで求められているかの要因はインターネットが主流になったことで、Web上でのコンテンツに多くのユーザーが価値を求めているからだと考えられます。

つまり、現状だけではなく将来的にも、デジタルコンテンツは多くのユーザーに求められるものなのです。

コンテンツビジネスの現状と将来性

コンテンツビジネスの現状と将来性は、ますます競争が激化していくと考えられます。

これはコンテンツビジネスは個人でも参入しやすくなったことが理由で、ブログやYouTubeなどの様々なプラットフォームで自分の持つノウハウなどを配信できるようになったからです。

実際に、YouTubeやブログ、アプリ開発などはあまり費用をかけずに配信できることからも、多くの個人や企業が参入しています。

今後ますます競争が激化していくと考えられるため、これからビジネスを始めるのであれば競合に負けないコンテンツ作りが必要です。

ここまでコンテンツビジネスについて現状や将来性も含めて解説しましたが、次の見出しではコンテンツを配信する主なメディアについて解説しますので、ご覧ください。

コンテンツを配信する主なメディア

コンテンツを配信する主なメディアについて、以下の4つから解説します。

  • コンテンツビジネスのメディア①オウンドメディア
  • コンテンツビジネスのメディア②ソーシャルメディア
  • コンテンツビジネスのメディア③アーンドメディア
  • コンテンツビジネスのメディア④ペイドメディア

1つずつ見ていきましょう。

コンテンツビジネスのメディア①オウンドメディア

オウンドメディアとは「自社で保有しているメディア」のことで、自社で保有しているWebサイトやブログ、SNSアカウントなどの全てが含まれます。

自社のメディアを持てるのが強みで、ユーザーに役立つコンテンツを配信していくことにより、企業のイメージアップや広告効果などの様々な効果が期待できるのが特徴です。

ただし、立ち上げてすぐに成果が出るわけではなく、成果が出るまでに長ければ1年以上もかかってしまう可能性もあります。

軌道に乗れば、安定してコンテンツを配信できるメディアがオウンドメディアです。

コンテンツビジネスのメディア②ソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは、インターネットを使って配信者と受信者がコミュニケーションをとることのできるメディアのことです。

SNSと勘違いされているケースもありますが、SNSはソーシャルネットワークサービスの略称で、ソーシャルメディアの中にSNSが含まれています。

近年ではInstagramやTwitter、YouTubeといったSNSから商品の購入や情報を調べるユーザーも多く、コンテンツビジネスとも相性が良いことがソーシャルメディアの特徴です。

同じ趣向を持つユーザーが集まりやすいため、うまく活かすことができれば認知拡大や商品の販売にも繋げられるメディアとなります。

コンテンツビジネスのメディア③アーンドメディア

アーンドメディアとは、企業ではなく第三者のユーザーのみで成り立つメディアで、TwitterやSNS、ブログなどのメディアがアーンドメディアに含まれます。

アーンドメディアはユーザーのみで成り立つため、自社の商品のサービスの認知拡大のほか、ユーザーの意見からコンテンツの情報収集にも役立ち、さらにはユーザーとの距離を縮めることも可能です。

ただし、伝わり方が悪ければ評判を落としてしまうため、炎上すると一気に評判が落ちることになってしまいます。

うまく使えばコストをかけずに第三者がコンテンツを拡散してくれるのが、アーンドメディアです。

コンテンツビジネスのメディア④ペイドメディア

ペイドメディアとは、テレビCMや広告などの費用を支払って掲載するメディアのことです。

コンテンツを配信していくには認知されなければなりませんが、オウンドメディアだけだとアピールしきれないユーザーもいるため、ペイドメディアを使えば的確にアピールすることができます。

ただし、ペイドメディアは広告費がかかることや、ほかのメディアと違ってユーザーに対して一方的になってしまうこともデメリットです。

ペイドメディアは他のメディアと違って幅広い新規獲得に繋げられるメディアとなります。

ここまでコンテンツを配信する主なメディアについて解説しましたが、次の見出しではコンテンツビジネスの成功例を厳選して7つ紹介しますので、ご覧ください。

コンテンツビジネスの成功例を厳選して7つご紹介

コンテンツビジネスの成功例を、以下の7つから紹介します。

  • くらしの良品研究所(株式会社良品企画)
  • 北欧、暮らしの道具店(株式会社クラシコム)
  • マイカジ(花王株式会社)
  • サイボウズ式(サイボウズ株式会社)
  • バズ部(株式会社ルーシー)
  • Lidea(ライオン株式会社)
  • 経営ハッカー(freee株式会社)

1つずつ見ていきましょう。

くらしの良品研究所(株式会社良品企画)

コンテンツビジネスの1つめの成功例は、株式会社良品企画が配信している「くらしの良品研究所」です。

くらしの研究所は、様々な商品を販売している無印良品ならではのオウンドメディアで、商品に関するコラムを中心に配信しており、プロジェクトの経過報告なども知ることができます。

また、ユーザー意見を反映させるためのリクエストフォームもあるなど、ユーザーとの繋がりを深く持てるような試みを随所に感じられるのが特徴です。

くらしの良品研究所は、ユーザーとの繋がりから多くのファンを獲得することに成功している例だと言えるでしょう。

公式サイト:くらしの良品研究所

北欧、暮らしの道具店(株式会社クラシコム)

コンテンツビジネスの2つめの成功例は、株式会社クラシコムが配信している「北欧、暮らしの道具店」です。

北欧、暮らしの道具店では洋服からキッチン用品までの様々な商品を紹介しており、バイヤーのコラムやスタッフのレビューなどの読み物も充実しています。

サイトもおしゃれなデザインで宣伝しているのを感じさせませんし、内容もしっかりとしていることが特徴です。

北欧、暮らしの道具店は、コンテンツの内容そのものもから評価されて成功してる例だといえるでしょう。

公式サイト:北欧、暮らしの道具店

マイカジ(花王株式会社)

コンテンツビジネスの3つめの成功例は、花王が配信している「マイカジ」です。

マイカジは家事についての配信を行っており、「時短」や「食事」などの様々な視点から家事についての配信を行っています。

また、文章だけでなく画像なども使うことで分かりやすく理解できるようになっており、日々の家事に役立つ内容になっていることが特徴です。

残念ながら2021年の年末で終了してしまいますが、役立つコンテンツを配信しながら自社の商品の宣伝にも繋がっている成功例だといえるでしょう。

公式サイト:マイカジ

サイボウズ式(サイボウズ株式会社)

コンテンツビジネスの4つめの成功例は、サイボウズ株式会社が配信している「サイボウズ式」です。

サイボウズ式はサイボウズのオウンドメディアとして運用されており、多様な働き方を実現しているサイボウズならではのワークスタイルなどを配信しています。

また、記事だけでなく漫画を使ったり、YouTubeチャンネルなどへも誘導しているなど、ユーザーが楽しみながら情報を得られるようにしています。

サイボウズ式は、企業の独特な魅力を伝えられている成功例だといえるでしょう。

公式サイト:サイボウズ式

バズ部(株式会社ルーシー)

コンテンツビジネスの5つめの成功例は、株式会社ルーシーが配信しているバズ部です。

バズ部では、コンテンツマーケティングを行う企業ということもあってコンテンツマーケティングをメインに配信しています。

また、WordPressやSEOに関する情報なども配信しており、自社のビジネスに関して知ってもらえるきっかけとなっていることが特徴です。

バズ部はユーザーが知りたいと思う内容を配信することで、企業のビジネスそのものの信頼性を与えている成功例だといえるでしょう。

公式サイト:バズ部

Lidea(ライオン株式会社)

コンテンツビジネスの6つめの成功例は、ライオン株式会社が配信している「Lidea」です。

Lideaでは、掃除や洗濯といった日々の生活に関する幅広いコンテンツを配信しており、生活用品を販売しているライオンならではの内容となっています。

また、メディアの中でキャンペーンの告知なども行っており、ユーザー目線で見て有益な配信を行っていることが特徴です。

Lideaは商品の宣伝から購買まで違和感なく繋げている成功例だといえるでしょう。

公式サイト:Lidea

経営ハッカー(freee株式会社)

コンテンツビジネスの7つめの成功例は、freee 株式会社が配信している「経営ハッカー」です。

freeeはスモールビジネスをサポートする企業で、経営ハッカーではそんなビジネスに関する企業や税務、経理などの様々な内容を配信しています。

また、記事だけでなくSNSや動画への誘導も行っており、様々な場所へ派生して情報発信ができるようになっていることも特徴です。

経営ハッカーは会計ソフトであるfreeeを販売することを目標にし、購買へ繋げる目的で幅広いコンテンツを配信している成功例だといえるでしょう。

公式サイト:経営ハッカー

まとめ

今回はここまで時代が求めるコンテンツビジネスについて、7つの成功例や主なメディアについて解説をしました。

コンテンツビジネスは現状で様々な企業が参入しており、コンテンツの種類も多岐に渡っています。

現状を見ても今後ますます競争が激しくなることは予想されますが、コンテンツそのもののクオリティを高くすれば生き残ることは可能です。

そのためには、ユーザーの本当のニーズを理解し、コンテンツへと反映させましょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE