NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

TikTok広告の種類は?費用や運用する3つのポイントを徹底解説

約13分
 

こんにちは、ノリアキです。

TikTok広告を出稿したいけど、どんな種類があってどのくらい費用がかかるのかなど、分からないことだらけだと感じていませんか?

TikTok広告についてしっかりと理解することで、売上アップに貢献してくれるでしょう。

この記事では、TikTok広告を出したいビジネスに関わる人に向けて、TikTok広告の種類や費用、おすすめできる3つのポイントや失敗しないためのコツを徹底解説します。

この記事を読めばTikTok広告についての全てが分かるので、ぜひこれからの参考にしてください。

そもそもTikTokって?

そもそもTikTokとは何なのかを、以下の2点から解説します。

  • TikTokは幅広い年代に人気のSNSアプリ
  • TikTokでできること

それぞれ見ていきましょう。

TikTokは幅広い年代に人気のSNSアプリ

そもそもTikTokとは、中国にあるByteDance社が提供している動画SNSアプリのことです。

TikTokは15秒から3分までのショート動画を投稿することで人気を集めており、若い世代を中心に幅広い世代から爆発的な人気を集めています。

日本では2018年から爆発的な流行を見せており、2021年時点での累計ダウンロード数は30億回を突破し、利用者数は全世界で6億8900万人以上にも達しているほどです。

このようにTikTokは幅広い年代から人気を集めています。

TikTokでできること

TikTokでできることは、ショート動画の投稿と広告の出稿です。

TikTokでは、曲に合わせてダンスを踊ったり表情を変えながら撮影したりと、様々な手法を用いた撮影が行われています。

また、TikTokでは他のSNSと同じく広告を出稿することもでき、自社の商品の認知拡大や販促に役立てることが可能です。

TikTokはプライベートとビジネスの両方で活用できるアプリだといえます。

ここまでTikTokについて解説しましたが、次の見出しではTikTokで利用可能な広告3種類をご紹介しますので、ご覧ください。

TikTokで利用可能な広告を3種類ご紹介

TikTokで利用可能な広告を、以下の3種類からご紹介します。

  • TikTok広告1.起動画面広告
  • TikTok広告2.チャレンジ広告
  • TikTok広告3.インフィード広告

それぞれ見ていきましょう。

TikTok広告1.起動画面広告

TikTok広告の1つめは、起動画面広告です。

起動画面広告とは、その名の通りTikTokを起動した時に真っ先に表示される広告のことで、TikTokを使っている人全員に見てもらいやすいという特徴があります。

ただし、1日に1枠しか出稿できない仕組みのため価格が高く、枠を確保することが難しいです。

価格は高いものの集客効果は抜群なので、非常に効果の高い広告となります。

TikTok広告2.チャレンジ広告

TikTok広告の2つめは、チャレンジ広告です。

チャレンジ広告とはハッシュタグチャレンジとも呼ばれ、企業側がハッシュタグを用意し、ユーザーにそのハッシュタグを用いて動画を投稿してもらうことで拡散を狙うタイプの広告となります。

広告費は期間で決まり、安いプランでも1,000万円ほどが相場です。

うまく軌道に載せられれば認知拡大を狙える広告となります。

TikTok広告3.インフィード広告

TikTok広告の3つめは、インフィード広告です。

インフィード広告とは、おすすめ動画の中に載る広告のことで、他の動画と同じように「コメント」や「いいね」といったユーザーの反応が見られる広告となります。

また、インフィード広告は他の動画の中に紛れ込むので、広告に対する不快感がないことも特徴です。

インフィード広告は、拡散性も高くユーザーの反応も知れるおすすめの広告だといえます。

ここまでTikTok広告について紹介しましたが、次の見出しではTikTok広告の相場について解説しますので、ご覧ください。

TikTok広告の相場

TikTok広告の相場は広告の形式によっても変わるため、相場は以下の図のようになります。

起動画面広告

5,000,000円〜

チャレンジ広告

10,000,000円〜

インフィード広告

420,000円〜

このようにTikTok広告の相場は広告の形式によって違いがあるものの、ほかのSNSと比べても広告費は安いとはいえません。

TikTokに出稿するのであれば、ある程度予算に余裕をもたせることが必要です。

TikTokの広告の費用は42万から

TikTokの広告費用は最低でも42万円からです。

この金額はあくまでも最低ラインなので、長期間運用していくのであれば数百万円から数千万円単位のお金が必要となってきます。

この金額は決して安いとはいえないため、広告を出稿するのであれば運用計画をしっかりと立てておくことが大切です。

ここまでTikTok広告の相場を解説しましたが、次の見出しではTikTok広告がおすすめできる3つのポイントについて詳しく解説しますので、ご覧ください。

TikTok広告がおすすめできる3つのポイント

TikTok広告がおすすめできるポイントについて、以下の3つから解説します。

  • 流行に敏感な若い世代へ効率よくアプローチできる
  • TikTok独自のAIにより的確なターゲティングが可能
  • インパクトのある広告を打ち出せるため印象に残りやすい

それぞれ見ていきましょう。

流行に敏感な若い世代へ効率よくアプローチできる

TikTok広告がおすすめできる1つめのポイントは、流行に敏感な若い世代へ効率よくアプローチできることです。

TikTokは、おもにZ世代と呼ばれる若い世代が中心として使っており、流行を作り出している世代へアプローチしたい場合に最適な場所だといえます。

若年層をターゲットにした商品を訴求したい場合、TikTok広告は非常に相性がいいといえるでしょう。

流行に敏感な若い世代へ効率よくアプローチできることが、TikTok広告をおすすめする理由の1つめとなります。

TikTok独自のAIにより的確なターゲティングが可能

TikTok広告がおすすめできる2つめのポイントは、TikTok独自のAIにより的確なターゲティングが可能なことです。

そもそも、TikTokのアルゴリズムはユーザーの様々なアクションに応じて適した動画を表示するようにできており、広告も様々な項目からターゲティングできるようになっています。

広告のターゲティング設定は、

  • ユーザー属性
  • 通信環境
  • 興味関心
  • 行動
  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

といった内容から設定可能で、細かい設定からアプローチが可能です。

TikTok独自のアルゴリズムから的確なターゲティングをできることがTikTok広告をおすすめできる理由の2つめとなります。

インパクトのある広告を打ち出せるため印象に残りやすい

TikTok広告がおすすめできる3つめのポイントは、インパクトのある広告を打ち出せることです。

TikTok広告は基本的に動画なのでユーザーの印象に残りやすく、インパクトのある広告を打ち出せることが魅力となります。

たとえば、テンポの速い音楽を使用したり、視聴していて楽しいと思える動画であれば印象を強く残すことが可能です。

動画を使ってインパクトのある広告を打ち出せることが、TikTok広告をおすすめできる理由の3つめとなります。

ここまでTikTok広告がおすすめできる理由を詳しく解説しましたが、次の見出しではTikTok広告で失敗しないためのコツを詳しく解説しますので、ご覧ください。

TikTok広告で失敗しないためのコツ

TikTok広告で失敗しないためのコツについて、以下の3点から解説します。

  • 目的にあった広告を選ぶ
  • 金額ではなく費用対効果を重視する
  • 予算に見合った広告を選ぶ

それぞれ見ていきましょう。

目的にあった広告を選ぶ

TikTok広告で失敗しないためには、目的にあった広告を選ぶことです。

TikTok広告の種類を解説しましたが、それぞれ表示される形式が違うので、広告を出す目的にあったものを選ばなければ適切な効果を得られません。

たとえば、認知拡大であればチャレンジ広告が適していますし、購買に繋げるのであればインフィードが適しているでしょう。

費用を無駄にしないためにも、目的にあった広告を選ぶことが大切です。

金額ではなく費用対効果を重視する

TikTok広告で失敗しないためには、金額ではなく費用対効果を重視することです。

広告を出す際には、広告を出す費用に対してどれくらいの利益があるのかの費用対効果を常に考えなければなりません。

たとえば、

  • コンバージョン数
  • 広告経由の売上
  • 広告経由の利益

などを意識しましょう。

なんとなく広告を出して、なんとなく顧客がついているという状態では儲からないため、費用対効果を重視することが大切です。

予算に見合った広告を選ぶ

TikTok広告で失敗しないためには、予算に見合った広告を選ぶことです。

TikTok広告は最低ラインが42万円〜と費用も高めのため、予算に見合っていない広告を選ぶと運用そのものが難しい場合もあります。

また、TikTok広告はキャンセルできないため、広告を出稿するまでに問題があると予算を無駄にしてしまうことに注意しなければなりません。

TikTok広告で失敗しないためにも、予算に見合った広告を選ぶことが大切です。

ここまでTikTok広告で失敗しないためのコツを解説しましたが、次の見出しではTikTokで広告運用する方法を解説しますので、ご覧ください。

TikTokで広告運用する方法

TikTokで広告運用する方法について、以下の2点から解説します。

  • TikTokの運営に問い合わせる
  • TikTok広告を取り扱う代理店に依頼する

それぞれ見ていきましょう。

TikTokの運営に問い合わせる

TikTokで広告運用するには、TikTokの運営に問い合わせが必要です。

問い合わせの前には、

  • TikTokのビジネスアカウントの作成
  • 予算や日程などの配信設定を行う
  • 広告用の動画の作成

までを終わらせておく必要があります。

その後、TikTokの運営に問い合わせると1〜2営業日で審査が行われ、配信を開始することが可能です。

配信までに前もって準備しておくことで、余計な時間をかけずに済むでしょう。

TikTok広告を取り扱う代理店に依頼する

TikTokで広告運用するには、TikTok広告を取り扱う代理店に依頼する方法もあります。

広告の代理店に依頼すれば、広告の運用業務を削減したり、広告効果を高めることが可能です。

自社に広告のノウハウがない場合、広告代理店に依頼したほうが効果は高いですが、自社のノウハウが育たないことや、費用が別途必要になってしまう点に注意しなければなりません。

経験がない場合、TikTok広告を取り扱う代理店に依頼することができるので、代理店に依頼してみましょう。

まとめ

今回はここまでTikTok広告の費用や出稿の方法、運用のポイントを解説しました。

TikTok広告は、ハッシュタグチャレンジなどの独自の広告が出稿されているため、インパクトのある広告を出すことができます。

うまく広告を出稿すれば、若い世代へ向けてアプローチできますし、まだまだ参入している企業も少ないので勝負もしやすいでしょう。

効果的に広告を出すためにも、TikTok広告についてこの記事を参考にしてください。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE