NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

SNSで稼ぐ!TikTokを活用したマーケティング戦略を徹底解説

約14分
 

こんにちは、ノリアキです。

SNSからの流入で売上を上げたい方は、TikTokを活用したマーケティング戦略を活用できるのか模索している方もいるかと思います。

TikTokをマーケティングで活用できるようしておくことで、売上や認知拡大の助けをしてくれるでしょう。

その一方で、今すぐにTikTokを取り組まなければ売上や認知拡大のチャンスを逃す確率も高くなります。

この記事では、今すぐ売上や認知拡大をUPするために、TikTokを利用したマーケティングがおすすめの理由や事例の紹介、失敗しないためのコツまで徹底解説します。

この記事を読めば、TikTokを活用したマーケティング戦略について詳しいことが分かるので、ぜひ参考にしてください。

TikTokを利用したマーケティングがおすすめな4つの理由

TikTokを利用したマーケティングについて、以下の4つから解説します。

  • 利用者の年齢層が幅広い
  • 他のSNSと比べてフォロワーを増やしやすい
  • 気軽に動画が投稿できる
  • 日本では参入している企業がまだ少ない

それぞれ参考にしてください。

利用者の年齢層が幅広い

TikTokを利用したマーケティングがおすすめの理由1つめは、利用者の年齢層が幅広いことです。

2020年のデータですがApp Apeによると、日本での年齢層の割合は10代で16.9%、20代〜40代までが20%以上の数字を出しており、幅広いユーザーに親しまれていることが分かります。

一方でアメリカの年齢層の割合を見てみると、10代が31%、20代が27.4%と半分以上を20代までが占めており、年齢層の偏りがあることが特徴的です。

このように、TikTokの利用者の年齢層が幅広いことが、日本でTikTokをマーケティングに使うおすすめの理由の1つといえます。(参照:TikTok、日米での利用の違いをアプリデータから読み解く)

他のSNSと比べてフォロワーを増やしやすい

TikTokを利用したマーケティングがおすすめの理由2つめは、TikTokが他のSNSと比べてフォロワーを増やしやすいことです。

Twitter、Instagram、Facebookのタイムラインは自分の好みの人だけをフォローしていく仕組みのため、検索されなければフォロワーを増やすことはできません。

しかし、TikTokにはフォローの有無に関わらず他のアカウントの投稿を見られるおすすめ欄があるため、従来のSNSよりも検索されやすくなっています。

フォローする側からすれば、わざわざ検索というアクションを取らなくても探せるのがTikTokでフォロワーを増やせる仕組みです。

気軽に動画が投稿できる

TikTokを利用したマーケティングがおすすめの理由3つめは、気軽に動画が投稿できることです。

同じく動画がメインのSNSではYouTubeがありますが、動画を投稿するためには撮影機材を用意しての編集作業が必要で、動画を投稿しにくいと感じる方も多いでしょう。

しかし、TikTokではアプリを開いてワンタップで撮影モードに入ることができ、動画時間は15秒から3分までと決まっているので、すぐに撮影して投稿できます。

動画の撮影や編集時間などに囚われず、投稿しやすいことがTikTokのメリットです。

日本では参入している企業がまだ少ない

TikTokを利用したマーケティングがおすすめの理由4つめは、日本では参入している企業がまだ少ないことです。

YouTubeやTwitter、Instagramなどではすでに企業が多く参入しており、これからマーケティングをしていく場合は、規模の小さい企業であれば戦うことが厳しいでしょう。

しかし、TikTokではまだまだ参入している企業が少ないため、規模の小さい企業でも十分戦える状況だといえます。

マーケティングで勝負していく上で、参入企業の少ないTikTokは非常におすすめです。

ここまでTikTokをマーケティングにおすすめする理由を解説しましたが、次の見出しではTikTokを活用したマーケティング戦略3選を詳しく解説しますので、ご覧ください。

TikTokを活用したマーケティング戦略3選

TikTokを活用したマーケティング戦略3選について、以下の3つから解説します。

  • TikTokマーケティング①運用型広告で商品を販促する
  • TikTokマーケティング②人気ティックトッカーに商品紹介を依頼
  • TikTokマーケティング③ビジネスアカウントで質の高いフォロワーを集める

それぞれ参考にしてください。

TikTokマーケティング①運用型広告で商品を販促する

TikTokを活用したマーケティング戦略の1つめは、運用型広告で商品を販促する方法です。

TikTokの運用型広告とは、「TikTok」「Buzz Video」「Pangle 」の3つのプラットフォームに広告配信ができます。

おもに、TikTokで配信する場合はおすすめ欄の中に動画で配信され、映像とBGMの両方から商品を販促できることが魅力です。

認知の拡大から顧客の獲得まで、ターゲットに合わせて販促を行えるのが運用型広告の魅力となります。

TikTokマーケティング②人気ティックトッカーに商品紹介を依頼

TikTokを活用したマーケティング戦略の2つめは、人気ティックトッカーに商品紹介を依頼する方法です。

広告だけを配信するのではなく、人気のあるティックトッカーに商品を紹介してもらうことで、ターゲットとするフォロワーへダイレクトに商品をアプローチできます。

ただし、商品やサービスによっては商品紹介を依頼しにくい場合もあることを理解しておきましょう。

商品を販促する意外にも、ターゲットとの繋がりを持つ意味でも効果的な方法です。

TikTokマーケティング③ビジネスアカウントで質の高いフォロワーを集める

TikTokを活用したマーケティング戦略の3つめは、ビジネスアカウントで質の高いフォロワーを集めることです。

ビジネスアカウントにはインサイト機能(分析機能)がついており、動画やアカウントの分析ができるので、質の高いフォロワーを集めることに適しています。

フォロワーはただ集めればいいというものではなく、質の高いフォロワーでなければどれだけマーケティングを行っても意味を成しません。

ビジネスアカウントで質の高いフォロワーを集めることが、TikTokのマーケティングでは効果的です。

ここまでTikTokマーケティングの戦略を3つ解説しましたが、次の見出しではTikTokマーケティングの成功事例5選を詳しく解説しますので、ご覧ください。

TikTokマーケティングの成功事例5選

TikTokマーケティングの成功事例5選について、以下の5つから詳しく解説します。

  • 成功事例1.ワイモバイル
  • 成功事例2.ユニクロ
  • 成功事例3.マクドナルド
  • 成功事例4.コカ・コーラ
  • 成功事例5.クラシル

それぞれ参考にしてください。

成功事例1.ワイモバイル

成功事例1つめは、ワイモバイルが行った「#と思いきやダンス」です。

このマーケティングでは18歳以下を対象にしたワイモバ学割を広めるために行ったもので、ハッシュタグチャレンジというハッシュタグを用いることで参加できる形式を取ったものとなります。

また、選ばれた1名はワイモバイルのCM参加に選ばれるという権利もあり、総再生回数が1億回以上にも上るという成功を収めました。

成功事例2.ユニクロ

成功事例2つめは、ユニクロが行った「#UTPlayYourWorld」です。

このキャンペーンは、ユニクロのUTのグローバルインフルエンサーを募集するためのキャンペーンで、4名のグランプリを募集するというものでした。

しかも、総再生回数はなんと約3.3億回にも上り、約9.5万人が参加するという世界でもっとも視聴された日本初のTikTokキャンペーンという結果になっています。

成功事例3.マクドナルド

成功事例3つめは、マクドナルドが行った「#ティロリチューン」です。

マクドナルドがワンコインで買えるセットを販促するために行ったキャンペーンで、マックフライポテトが揚がる音に合わせて振り付けをしながら食べる様子を撮影するというものでした。

総再生回数は23日間でなんと約1億回という結果になり、音を聞くだけでマクドナルドを思い出せるようにしたインパクトのあるキャンペーンになっています。

成功事例4.コカ・コーラ

成功事例4つめは、コカ・コーラが行った「リボンでありがとうキャンペーン」です。

このキャンペーンは、コカコーラのラベルがリボンになるボトルの購入販促だけでなく、QUOカード1000円分や、渋谷のビジョンに投稿が放送されるという賞品のもと行われました。

キャンペーン参加を促すためにお手本動画を紹介し、投稿促進を図ることに成功したキャンペーンとなっています。

成功事例5.クラシル

成功事例5つめは、レシピアプリで有名なクラシルのキャンペーンです。

クラシルでは広告の15秒間で料理のレシピを紹介することで、「これならできる」と思わせることに成功しており、多くのユーザーをアプリへ誘導することに成功しています。

ハッシュタグでキャンペーン参加を促す意外にも、広告で簡潔に魅力を伝えることに成功している例です。

ここまで成功事例を解説しましたが、次の見出しではTikTokマーケティングで失敗しないための3つのコツを詳しく解説しますので、ご覧ください。

TikTokマーケティングで失敗しないための3つのコツ

TikTokマーケティングで失敗しないための3つのコツについて、以下の3つから詳しく解説します。

  • ターゲットと成果のゴールを明確にする
  • ユーザーファーストのコンテンツを配信する
  • 他のSNSや自社サイトへ誘導する

それぞれ参考にしてください。

ターゲットと成果のゴールを明確にする

TikTokマーケティングで失敗しないためには、ターゲットと成果のゴールを明確にすることです。

マーケティングの現場では、

  • When:いつ
  • Where:どこで
  • Who:だれが
  • What:なにを
  • Why:なぜ
  • How:どのように

と呼ばれる5W1Hの考え方がターゲット選定で頻繁に使われています。

また、マーケティングでは売上やそれに準ずる何かを伸ばすことがゴールとなりますが、ゴールを明確にし、ターゲットがどうすれば自社の商品を利用していくれるかを結びつけることが成功に繋がるのです。

ターゲットと成果のゴールを明確にすることがマーケティングを成功に導きます。

ユーザーファーストのコンテンツを配信する

TikTokマーケティングで失敗しないためには、ユーザーファーストのコンテンツを配信することです。

現在はスマホで簡単に情報にアクセスできる時代になったため、こちらからいくら商品のアピールをしていてもすぐに比較されてしまうため、受け入れられるとは限りません。

そこで、ユーザーに受け入れてもらうためにも、ユーザーファーストのコンテンツを配信することで、受け入れられるようになります。

マーケティングを成功させるためにも、ユーザーファーストのコンテンツを配信するようにしましょう。

他のSNSや自社サイトへ誘導する

TikTokマーケティングで失敗しないためには、他のSNSや自社サイトへ誘導することも大切です。

自社で商品を作ったとしても、なかなかアクセス数を増やすことは難しいですが、TikTokなどのSNSから誘導することでアクセス数を増やすことができます。

また、TikTokを使用していないユーザーも多いため、他のSNSに繋げることで、TikTok意外からもアクセス数を増やすこともできるでしょう。

マーケティングを成功させるためには、自社サイトやSNSへ誘導していくことが成功へと繋がります。

まとめ

今回はここまで、TikTokを活用したマーケティング戦略を徹底解説してきました。

TikTokは短い動画を楽しめる人気のアプリですが、ビジネスにおけるマーケティングにも非常におすすめです。

日本ではまだまだ参入している企業も少ないですし、ぜひこの記事をマーケティングの参考にしてください。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE