NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

Instagramのいいねやフォロワーを効率的に増やすおすすめの投稿時間

約10分
 

こんにちは、ノリアキです。

Instagramで頑張って投稿を続けているけど、いいねやフォロワーが思ったよりも伸びずに困っていませんか?

実はいいねやフォロワーを増やすのにベストな投稿時間があるため、伸び悩む原因は投稿そのものよりも投稿時間に関係しているかも知れません。

そこで今回は、Instagramでいいねやフォロワーを効率的に増やすおすすめの投稿時間を詳しく解説し、探し方もレクチャーします。

この記事を読めば、あなたのInstagramのいいねやフォロワー数を効率的に増やす方法が分かるので、ぜひ参考にしてください。

Instagramのおすすめの投稿時間はいつ?

Instagramのおすすめの投稿時間について、以下の3点を見ていきましょう。

  • 出勤や通学の移動時間にInstagramをチェックするユーザーが多い
  • ランチタイムはアクティブユーザーが増加
  • 夜のゴールデンタイムはアクティブがピークになる

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

出勤や通学の移動時間にInstagramをチェックするユーザーが多い

Instagramでは出勤や通学の移動時間にチェックするユーザーが多いです。

出勤や通学の時間はスマホを使うことを習慣化している人が多く、スキマ時間ができやすい出勤や通学の時間を狙いましょう。

とくに朝の時間帯の中でも6~9時にかけてが最もアクティブユーザーが多くなっています。

Instagramで投稿するには、時間が空いてしまいやすい朝の出勤や通学の移動時間を狙って投稿を行いましょう。

ランチタイムはアクティブユーザーが増加

Instagramではランチタイムにもアクティブユーザーが増加します。

ランチタイムでは仕事をしているユーザーがお昼休憩を取ることで時間が空くため、ご飯を食べながらスマホを操作する人が増加するのです。

また、ランチタイム以降もそれなりにアクティブユーザーが増えており、時間が出やすい時間に楽しむ人が増えるのでしょう。

Instagramで投稿するには、ランチタイムもおすすめです。

夜のゴールデンタイムはアクティブがピークになる

Instagramでは、夜のゴールデンタイムにアクティブがピークになります。

夕方から夜にかけてのアクティブ率が徐々に増加し、20~22時ごろにアクティブ率は14%に増加するようです。

やはり、この時間は仕事が終わって自宅に帰ったり、自宅でくつろぐ人も増えるため、Instagramを見る人も増えています。

Instagramで投稿を行なうのであれば、夜のピークタイムも狙い目です。

ここまでおすすめの時間帯を解説しましたが、次の見出しではターゲットに応じたベストな投稿時間を見つけることが重要であることを解説しますので、ご覧ください。

ターゲットに応じたベストな投稿時間を見つけることが重要

ターゲットに応じたベストな投稿時間を見つけるには、以下の3点が重要となります。

  • ライフスタイルによってアクティブ時間が違う
  • Instagramのインサイト機能でアクティブ時間を探る
  • 実際に投稿して時間や曜日ごとのエンゲージメントの推移を測る

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

ライフスタイルによってアクティブ時間が違う

ターゲットのライフスタイルによっては、アクティブな時間が違うことを知っておきましょう。

ターゲットによってはライフスタイルが大きく異なり、アクティブな時間も違うため、ターゲットに合わせた投稿をすることがフォロワー増加に繋がります。

たとえば、主婦層なら忙しい朝よりも昼のほうがアクティブだったり、サラリーマンだと通勤時の朝や帰宅後の夜がアクティブです。

ライフスタイルによって大きくライフスタイルが異なるので、狙ったターゲットのアクティブな時間は把握しておきましょう。

Instagramのインサイト機能でアクティブ時間を探る

Instagramのインサイト機能を使ってアクティブな時間を探りましょう。

インサイト機能とは、フォロワーの年齢や性別、地域、アクティブな時間などが分かる分析機能のことで、アクティブな時間を探れます。

ただし、インサイト機能はビジネスアカウントのみでしか使えないので、使うのであればビジネスアカウントに切り替えましょう。

インサイト機能を使えば簡単にアクティブな時間が分かるので。活用することをおすすめします。

実際に投稿して時間や曜日ごとのエンゲージメントの推移を測る

実際に投稿して時間や曜日ごとのエンゲージメント推移を測りましょう。

実際に投稿して推移を図ると時間や曜日ごとにエンゲージメントが異なっていることが分かるので、アクティブな時間を分析できます。

ベストな投稿時間を見つけることができれば、投稿時間を決める指標にもなるため、日々の推移を調査してみましょう。

実際に投稿して調査することがベストな時間を調べるためには必要です。

ここまでベストな投稿時間を見つけることが重要であることを解説しましたが、次の見出しではいいねやフォロワーを獲得するための3つの方法を解説しますので、ご覧ください。

いいねやフォロワーを獲得するための3つの戦術

いいねやフォロワーを獲得するための3つの戦術は以下の通りです。

  • 朝方の投稿は平日がおすすめ
  • 22時以降の投稿は避ける
  • アクティブ時間に更新が難しければ予約投稿する

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

朝方の投稿は平日がおすすめ

朝方に投稿するのであれば、平日がおすすめです。

平日の朝方は会社の通勤や学校への通学で電車に乗る時間帯のため、Instagramを見るユーザーも多くなっています。

実際、Instagramのアクティブユーザーを調査したデータでも、平日の朝方はアクティブユーザーが多いという結果が出ているのです。

休日の朝方にはアクティブユーザー数も減るため、朝方の投稿は平日に行いましょう。

22時以降の投稿は避ける

22時以降の投稿は極力避けるようにしましょう。

Instagramのアクティブユーザーのピークタイムは22時までで、それ以降はユーザー数も減るため、いいねやフォローを稼ぎにくくなります。

とはいっても金曜日や休日の22時以降はアクティブユーザーが多いケースもあるため、必ずしも当てはまるわけではありません。

それでも、22時以降に投稿してもアクティブユーザーが少なく、見られる機会も少ないため、22時以降の投稿は避けましょう。

アクティブ時間に更新が難しければ予約投稿する

アクティブ時間に更新が難しければ予約投稿をしましょう。

予約投稿とはあらかじめ決めた時間に投稿できる機能で、アプリには搭載されておらず、Facebookのクリエイターズスタジオで利用可能です。

毎日定期的に更新するのが難しい場合は予約投稿を行えば時間を取られたり、忘れる心配もありません。

アクティブ時間に投稿が難しい場合には予約投稿を活用してみましょう

まとめ

今回はここまでInstagramのいいねやフォロワーを増やす方法を解説しました。

Instagramのアカウントが伸び悩んでいる場合、それは投稿時間が関係しているかもしれません。

しかしこの記事に書いてあるように投稿時間を意識すればフォロワー獲得に繋がるので、ぜひ参考にしてみてください。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

 

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE