NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【最新版】Instagramマーケティングの基礎知識やテクニック、流行を解説

約16分
 

こんにちは、ノリアキです。

Instagramを使ってマーケティングをしたいけど、基礎的なことが分からないし、テクニックや流行を知りたい方も多いと思います。

Instagramマーケティングを始める前に、基礎知識をつけておかなければ効果を発揮することはできないので、理解することは非常に大切です。

そこで今回は、Instagramマーケティングの基礎知識やテクニック、流行を詳しく解説します。

この記事を読めば、Instagramマーケティングの基礎知識やテクニックが分かるので、ぜひこれから学ばれる方は参考にしてください。

Instagramが集客に効果絶大な理由

Instagramが集客に効果絶大な理由は以下の通りです。

  • 集客や購買に役立つ機能が豊富
  • 高いエンゲージメント率が期待できる
  • コアファンに直接アプローチできる

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

集客や購買に役立つ機能が豊富

Instagramが集客に効果絶大な理由は、集客・購買に役立つ機能が豊富なことです。

InstagramにはCTA(コール・トゥ・アクション)と呼ばれる、プロフィールに問い合わせ、電話、予約などを設置することが可能となっています。

また、ショッピング機能を使えばユーザーをそのまま自社のサイトへ誘導することも可能で、幅広いビジネスに対応した便利な機能が多いです。

画像をメインにしたSNSのため、視覚的に訴求しながら直接的なアクションまで行えるので。Instagramでの集客はビジネスに効果が絶大だといえます。

高いエンゲージメント率が期待できる

Instagramが集客に効果絶大な理由は、高いエンゲージメント率が期待できることも1つです。

Instagramにおけるエンゲージメントでは、ユーザーとアカウントの繋がりを指し、「いいね」、「コメント」、「保存」などのアクションが約1%前後であれば良いと言われています。

このエンゲージメントは結びつきなので、

  • ユーザーとのコミュニケーション
  • ハッシュタグの活用
  • クリエイティブな投稿
  • キャンペーンを行なう

などを行えば高めることが可能です。

フォロワーの望む情報や、これらのことを意識することで高いエンゲージメント率を叩き出せることもInstagram集客が効果絶大な理由となります。

コアファンに直接アプローチできる

Instagramが集客に効果絶大な理由は、コアファンに直接アプローチできることも理由となります。

InstagramはTwitterのように投稿をシェアする機能がなく、拡散力が高いSNSではありませんが、個人の発信に特化しているのでコアファンを獲得することが可能です。

コアファンに直接アプローチできるということは、ビジネスにおいて長期的に商品やサービスを利用してくれるファンを生み出せるということで、長期的な集客に役立ちます。

信頼関係を築きやすく、コアファンを大切にすることができるのは集客に抜群な理由です。

ここまで効果絶大な理由を詳しく解説しましたが、次の見出しではInstagramで集客するための5つのマーケティング手法を詳しく解説しますので、ご覧ください。

Instagramで集客するための5つのマーケティング手法

Instagramで集客するための5つのマーケティング手法は以下の通りです。

  • マーケティング手法1.Instagramアカウントの運用
  • マーケティング手法2.Instagram広告
  • マーケティング手法3.Instagramキャンペーン
  • マーケティング手法4.インフルエンサー(人気インスタグラマー)
  • マーケティング手法5.ショッピング機能(Shop Now)

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

マーケティング手法1.Instagramアカウントの運用

Instagramマーケティング手法の1つめは、アカウントの運用です。

Instagramマーケティングで1番大切なことは、ターゲットに沿ったアカウントの設計で、どんなユーザーをターゲットにしていて、どういう運用をすればいいのかということを考えなければなりません。

たとえば、あなたがお洒落なカフェを運営しているとして、アカウント投稿されている内容がズレていたり、雰囲気が違うと感じられればフォローされることはないでしょう。

集客したいターゲットを明確にした上で、

  • 統一感を持たせる
  • ユーザーに対して有益な情報が発信されているか
  • 感情を動かせるエンタメ性があるか

などを意識しながら運用を行う必要があります。

自社がユーザーに対して見せたいものと、見たいもののズレをなくしながらアカウントを育てることが大切です。

マーケティング手法2.Instagram広告

Instagramマーケティング手法の2つめは、広告です。

Instagram広告には配置される場所によって違いがあり、

  • ストーリーズ広告
  • フィード広告

の2つに大まかに分類されています。

これらの広告を出す際には、アプローチしたいユーザーの興味を惹くものだったり、何度も見られることで、商品を購入してみようと思わせなければなりません。

アピールしたい商品やサービスによって、広告の種類を変えることが集客アップに繋がります。

マーケティング手法3.Instagramキャンペーン

Instagramマーケティング手法の3つめは、Instagramキャンペーンです。

InstagramではInstagramを使ったキャンペーンを行なうことができ、フォロワー増加から認知の拡大を狙えます。

キャンペーンの参加方法には、

  • ハッシュタグが参加条件
  • いいねが参加条件
  • コメントが参加条件

の3つを使ったものがあり、キャンペーンの目的に合わせて自分で設定することが可能です。

たとえば、認知拡大を目指すのであれば「フォロー&いいね」を参加条件に、既存客を狙ったものであれば「ハッシュタグ」を、既存と新規を狙うなら「フォロー&コメント」を参加条件にするほうがいいでしょう。

キャンペーンの参加はハードルを低く、参加するメリットを大きく出してあげることで、キャンペーンが集客に役立ちます。

マーケティング手法4.インフルエンサー(人気インスタグラマー)

Instagramマーケティング手法の4つめは、インフルエンサー(人気インスタグラマー)を使った方法です。

インスタグラマーとはInstagramで強い影響力を持つ人のことで、フォロワーを数万人単位で抱えているので、商品や認知度を高めたいときに効果を発揮してくれます。

ただし、インスタグラマーを活用するときには自社の商品やサービスと相性のいい人材を探さなければならず、相性が悪ければ効果はありません。

Instagramはとくに若い世代のユーザーが多いので、集客を成功させるためにも、関心を持ってもらえるようなインスタグラマーを選びましょう。

マーケティング手法5.ショッピング機能(Shop Now)

マーケティング手法の5つめは、ショッピング機能(Shop Now)を使った方法です。

ショッピング機能とは、購入者のプロフィール上にあるカバンマークのアイコンをタップすると商品名と金額が表示され、そこから更にタップすると販売サイトへ移動してユーザーが購入できる機能となっています。

投稿からECサイトへ直接移動できるので、購入者が商品をわざわざ検索して購入する手間を省くことができ、購入してもらえるチャンスを増やすことが可能です。

また、ショッピング機能では広告としても出稿できるので、自社の商品やサービスを幅広いユーザーから購入してもらうチャンスへと繋がります。

ここまでマーケティング手法5つを解説しましたが、次の見出しではInstagram運用に重要なKPI設定について解説しますので、ご覧ください。

Instagram運用に重要なKPI設定

Instagram運用に重要な、KPI(Key Performance Indicator)と呼ばれる重要業績評価指標の設定は以下の通りです。

  • フォロワー数
  • エンゲージメント率
  • 関連のハッシュタグ

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

フォロワー数

指標1つめはフォロワー数です。

Instagramの指標として活用しやすいのはフォロワー数で、興味や関心を寄せてくれたユーザーをどれくらい増やせたのかを測ることができます。

フォロワー数のKPI設定では、人数にすると上昇している規模が図りづらいため、割合にすることで細かい計測が可能です。

エンゲージメント率

指標2つめは、エンゲージメント率です。

エンゲージメントとは、自分の投稿に対する「いいね」や「コメント」、「保存」の数のことで、エンゲージメントをフォロワーで割ればエンゲージメント率が分かります。

ンゲージメント率が高ければ、フォロワーの熱量を知ることに役立つので、指標にしましょう。

関連のハッシュタグ

指標3つめは、関連のハッシュタグです。

ハッシュタグとは、投稿於の文章につけるタグのことで、キーワードに関連している情報を探せるものとなります。

InstagramなどのSNSではハッシュタグを使って商品の評判などを検索するため、関連するハッシュタグの投稿が増えれば、購入される機会も必然的に増えるので、関連するハッシュタグも指標にしましょう。

ここまでKPI設定について解説しましたが、次の見出しではInstagram広告で覚えておきたいことを解説しますので、ご覧ください。

Instagram広告で覚えておきたいこと

Instagram広告で覚えておきたいことは以下の通りです。

  • Instagram広告は100円から利用できる
  • 訴求内容や目的によって4種類の広告を使い分ける
  • PDCAを回しながらKPIを調整し続けることが重要

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください、

Instagram広告は100円から利用できる

Instagram広告は、最低100円から利用できます。

Instagram広告の費用は固定で決まっているわけではなく、最低100円から設定でき、低予算からでも広告を利用することが可能です。

また、配信期間も自由に設定できるので、短期間でも長期間でも予算に合わせて設定できます。

訴求内容や目的によって4種類の広告を使い分ける

訴求内容や目的によって、4種類の広告に使い分けることができます。

Instagram広告の種類は、

  • 写真・動画広告

写真・動画広告はInstagram広告の中で最も一般的に出されている広告で、ユーザーがフォローしている投稿に混ざって投稿されるものとなります。

おすすめの商品やイベントなどに適した広告です。

  • ストーリーズ広告

ストーリーズ広告とは、ユーザーがフォローしているストーリーズに表示される広告です。

非常に人気のある機能で目に留まりやすいので、イチオシメニューやイベントなどの幅広い広告に適しています。

  • カルーセル広告

カルーセル広告は複数の画像や動画からなる広告でスワイプさせることで、全体を見ることができます。

複数の商品や、新作コレクションなどを紹介する際に役立ちます。

  • コレクション広告

コレクション広告はカタログのような広告で、メインと商品コレクションの2つ分かれており、ユーザーがタップすればコレクションを表示させられます。

ユーザーに興味を持ってもらいたいときに適した広告です。

PDCAを回しながらKPIを調整し続けることが重要

Instagram広告はPDCAを回しながらKPIを調整し続けることが重要です。

PDCAとは、

  • 計画
  • 実行
  • 評価
  • 改善

の繰り返しのことで、KPIをPDCAで継続して計測することで、広告効果の傾向が分かるようになります。

また、どのくらいのペースでPDCAを回すのかどうかですが、短期間で結果が出るわけではないので、2週間前後で傾向を見ながら2,3ヶ月単位でアカウントを育てていくのがいいでしょう。

目標を設定しながら最低でも半年はPDCAを回すことがおすすめです。

ここまでInstagram広告で覚えておきたいことを解説しましたが、Instagram運用でやってはいけないことを解説しますので、ご覧ください。

Instagram運用でやってはいけないこと

Instagram運用でやってはいけないことは以下の通りです。

  • ついたコメントに返信しない
  • ターゲットとテーマに合わない投稿をする
  • 広告をたくさん出す

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

ついたコメントに返信しない

Instagram運用でやってはいけないことは、ついたコメントに返信しないことです。

運用方針によってはコメントに返信しないという選択肢もありますが、基本的にコメントに返信しないよりも、返信して得られるメリットのほうが大きいので、返信は必ず行いましょう。

ユーザーとのやりとりで信用を得たり、コアなファンを増やすことができるなど、交流することで得られる効果は大きいので、こまめにコメントへ返信することが大切です。

ターゲットとテーマに合わない投稿をする

Instagram運用でやってはいけないことは、ターゲットとテーマに合わない投稿をすることです。

Instagram運用で大切なことは投稿内容を一貫させることで、目的とは違った投稿が多いと相手に情報が伝わらないだけでなく、すでにいる顧客を失うことにもなりかねません。

もちろん、あえてスタッフの個性を出した投稿をするというのも1つの方針なので、自分のアカウント方針にあった投稿を行いましょう。

広告をたくさん出す

Instagram運用でやってはいけないことは、広告をたくさん出すことです。

広告をたくさん出せば出すほど知名度が上がっていいと思われるかもしれませんが、何事もやりすぎは逆効果になってしまいます。

あまりにも広告をたくさん出してしまうと、広告を出しすぎて企業イメージを損なうことに繋がるので、広告は適度に出すようにしましょう。

ここまでInstagram運用でやってはいけないことを解説しましたが、次の見出しでInstagram運用の流行を解説しますので、ご覧ください、

Instagram運用の流行

Instagram運用の流行は以下の通りです。

  • Instagramの流行1.ストーリーズ
  • Instagramの流行2.フィード

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

Instagramの流行1.ストーリーズ

Instagramの流行その1はストーリーズです。

ストーリーズとはInstagramの上部にあるタイムラインに表示されるもので、24時間経過すると消えてしまう近況報告に便利な機能ですが、ここに広告を出すことで印象強い広告効果を期待できます。

ストーリーズには、

  • フォロワーとのやり取り
  • コンテンツのシェア
  • お知らせ

などに使うことができ、通常の広告とは違ったアプローチが可能です。

ストーリーズは非常に便利な機能なので、ぜひ活用してみましょう。

Instagramの流行2.フィード

Instagramの流行その2はフィードの活用です。

フィードとはInstagramのメインともなる部分のことで、フォローしているアカウントのすべてのユーザーの投稿を見られる場所となっています。

フィードには正方形や長方形の画像、動画などの様々な投稿に対応しており、全てのユーザーがメインで見る部分なので、新しいものを見る場所としてフィードは非常に大切です。

まとめ

今回はここまでInstagramマーケティングの基礎知識やテクニック、流行について解説をしました。

Instagramマーケティングを行なうのであれば、基礎知識はもちろん、テクニックを勉強することで効果的にマーケティングが行えます。

これからInstagramを使ったマーケティングを行なうのであれば、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

 

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE