NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【徹底解説】売れるコンテンツ販売の作り方を5つの手順でご紹介!

約12分
 

こんにちは、ノリアキです。

売れるコンテンツ販売の作り方はどうやればいいのか、手順つきで詳しく知りたい方も多いのではないでしょうか?

コンテンツ販売はただ商材を作って販売していても、思うように売れないことも多いので、注意が必要です。

そこで、今回は売れるコンテンツ販売の作り方を5つの手順で紹介します。

この記事を読めば、売れるコンテンツ販売の作り方が分かるので、ぜひ参考にしてください。

コンテンツ販売の作り方①商材を決める

コンテンツ販売の作り方①は商材を決める段階で、以下の3点を解説します。

  • ユーザーニーズに沿った内容にする
  • 売れているジャンルを調査する
  • 専門書籍が多いジャンルを狙う

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

ユーザーニーズに沿った内容にする

商材を決めるときには、ユーザーニーズに沿った内容にすることです。

コンテンツ販売で売れる商材とは、作り手が作りたいものではなく、ユーザーニーズに沿った内容のコンテンツなので、ニーズを把握しなければなりません。

分かりやすくダイエットで例えるなら、「年で10キロ瘦せる」コンテンツよりも、「1ヶ月で2キロ瘦せる」コンテンツの方がニーズにマッチしているでしょう。

コンテンツ販売は自分の好きなものを販売できるのが特徴ですが、売れるコンテンツはユーザーニーズに沿っている必要があります。

売れているジャンルを調査する

商材を決めるときには、売れているジャンルを調査することです。

コンテンツ販売にも、売れているジャンルと売れていないジャンルがあり、商材を作ってもジャンルがニッチ過ぎて売れないこともあります。

売れているジャンルには、

  • ビジネス
  • 美容
  • 投資

などがあり、これ以外にもたくさんの人気ジャンルがあるので、商材を決める前に売れ筋のジャンルは調査しておきましょう。

コンテンツ販売で売れる商材を作る前には、ジャンルの調査も忘れないようにしてください

専門書籍が多いジャンルを狙う

商材を決めるときには、専門書籍が多いジャンルを狙うことも大切です。

コンテンツ販売で売れる商材を作る際に、コンテンツそのものの情報量が少ないとコンテンツの価値が下がってしまうため、専門書籍などで情報を得てコンテンツに反映させる必要があります。

また、専門書籍が多いということは、そのジャンルはニーズがあるという事に繋がるため、専門書籍のあるジャンルは売れやすくなるでしょう。

これから商材を作るときには、なるべく専門書籍が多いジャンルを狙うようにしましょう。

ここまで商材の決め方を解説しましたが、次の見出しでは、コンテンツ販売の売り方の構成について解説しますので、ご覧ください。

コンテンツ販売の作り方②売るための構成を考える

コンテンツ販売の作り方②は売るための構成を考えることで、以下の3点を解説します。

  • ターゲット選定
  • コンテンツのジャンルを決める
  • コンテンツ内容を決める

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

ターゲット選定

販売するコンテンツを決めたら、ターゲット選定を行いましょう。

ターゲットに合わせてコンテンツの種類を変える必要があるため、ターゲット選定はとても重要な段階で、どんなターゲットを狙っているのかを考えてみてください。

たとえば、

  • 職業
  • 年齢
  • 性別

といった細かい部分を決めていき、どんなコンテンツがそのターゲットには適しているのかを考えましょう。

ターゲットによって相性というものがあるので、まずはターゲットを選ぶことから始めてみてください。

コンテンツのジャンルを決める

ターゲット選定が終わったら、コンテンツのジャンルを決めましょう。

コンテンツには4つのジャンルがあり、

  • テキストコンテンツ
  • 動画コンテンツ
  • 音声コンテンツ
  • オンラインセミナー

というように、それぞれの特徴が違っています。

もちろん、種類だけでなく複数のジャンルを選ぶこともできるので、幅広いユーザーを取り込むためにも、複数のジャンルで作れるといいでしょう。

コンテンツ内容を決める

ジャンルが決まったら、コンテンツ内容を決めましょう。

コンテンツ内容の中にどんな情報を入れこむのか、必要な情報と不必要な情報を選別しながら、どれくらいのボリュームにするのかを検討してみてください。

もしも難しい場合は、自分でマインドマップを作ってみたり、目次を先に作ってみるのもつの方法です。

ユーザーにとって、どんな内容であれば有益なのかコンテンツに入れる内容を吟味してみてください。

ここまでコンテンツ販売の売るための構成を解説しましたが、次の見出しでは商品を作る段階を解説します。

コンテンツ販売の作り方③商品を作る

コンテンツ販売の作り方③は商品を作る段階で、以下について解説します。

  • テキストコンテンツ
  • 動画コンテンツ
  • 音声コンテンツ

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

テキストコンテンツ

テキストコンテンツとは、文字がメインとなるコンテンツです。

ブログでの記事や、PDFやtxt形式でまとめたものを販売したり、メルマガを発信するなどテキストコンテンツは豊富にあります。

テキストコンテンツはほかのコンテンツと比べても費用がかからないことが特徴で、パソコンやスマホさえあればいつでも作成することが可能です。

動画コンテンツ

動画コンテンツとは、動画がメインとなるコンテンツです。

自分で使った動画をコンテンツにして販売したり、YouTubeなどで公開する方法があり、映像と音の両方を使えるのでインパクトを与えることができます。

コンテンツを作るのに編集や撮影などの手間はかかりますが、クオリティの高いコンテンツになりやすいので、テキストコンテンツよりも高価で販売可能です。

音声コンテンツ

音声コンテンツとは、音声がメインとなるコンテンツです。

忙しくコンテンツを見る時間を確保できない人にとっては、音声コンテンツは勉強する時間を確保しやすい特徴があります。

音声コンテンツを配信できるプラットフォームも増えてきており、徐々に需要も高まっているので、これからの販売に取り入れると差別化を図れるでしょう。

ここまでコンテンツのジャンルについて解説しましたが、次の見出しでは販売する段階について解説しますので、ご覧ください。

コンテンツ販売の作り方④販売してみる

コンテンツ販売の作り方④は販売してみる段階で、以下の2点について解説します。

  • プラットフォームを活用する
  • ブログやメルマガで販売

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

プラットフォームを活用する

コンテンツを販売するには、プラットフォームを活用する方法があります。

コンテンツを販売できるプラットフォームは非常に多く、

  • note
  • infotop
  • BASE
  • ココナラ

などの様々なプラットフォームを使えば、コンテンツ販売が可能です。

また、プラットフォームによっても利用者が多かったり、集客が難しいプラットフォームがあるなど特徴が違います。

初心者の方は、なるべく大手のプラットフォームを選ぶといいでしょう。

ブログやメルマガで販売

コンテンツを販売するには、ブログやメルマガで販売する方法があります。

ブログやメルマガを通して販売する場合、プラットフォームを使うよりも集客の難易度が高く、ある程度顧客を抱えていなければ難しいでしょう。

しかし、集客をうまく行うことができればプラットフォームを使うよりも利益を得ることが可能です。

ブログやメルマガを使ってコンテンツを販売する場合、SNSなどを使って集客を行えるようにしましょう。

ここまで販売する方法を解説しましたが、次の見出しでは販売促進とマーケティングについて解説しますので、ご覧ください。

コンテンツ販売の作り方⑤販売促進とマーケティング

コンテンツ販売の作り方⑤は販売促進とマーケティングで、以下の3点について解説します。

  • SNSやブログでPRする
  • インターネット広告を利用する
  • 雑誌広告を利用する

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

SNSやブログでPRする

コンテンツを販売する販売促進では、SNSやブログでPRをしましょう。

コンテンツを販売しても購入してもらう必要があり、そのためにはSNSやブログでの集客が必要です。

最近ではSNSと連携させられるプラットフォームも多いため、SNSでの集客もしやすくなっています。

コンテンツ販売をしても売り込まなければ利益にならないので、SNSやブログでPRしてみましょう。

インターネット広告を利用する

コンテンツを販売する販売促進では、インターネット広告も利用しましょう。

インターネット広告ではターゲットを細かく設定することができ、コンテンツを販売したいターゲットに向けてアプローチできます。

インターネット広告を出すためには費用がかかりますが、うまく集客できれば売上を何倍にもできるので、活用してみましょう。

雑誌広告を利用する

コンテンツを販売する販売促進では、雑貨広告を利用する方法もあります。

コンテンツの種類によってはインターネット上で集客するよりも雑誌に掲載するほうが相性がいい場合もあり、ターゲットも絞りやすいです。

雑誌によって固定のターゲットをそれぞれ抱えているので、マーケティングの一環として雑誌広告も検討してみましょう。

まとめ

今回はここまで売れるコンテンツ販売の手順について解説してきました。

コンテンツ販売は良い商品を作ってもそのままでは売れないので、売れるための商品を作らなければ利益は出にくいです。

そこで、コンテンツを販売して利益を出すためにも、この記事を参考にしていただいて、自分だけのコンテンツを作り上げてみてください。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE