NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【徹底解説】マーケティング分析とは?l概要・手法・ポイント

約11分
 

こんにちは、ノリアキです。

マーケティング分析とは何なのか?具体的にマーケティング分析とはどんなものか知りたいと考えている方も多いと思います。

マーケティング分析とはマーケティングを行なう前に行う重要な分析で、日々の業務の助けとなることは間違いありません。

そこでこの記事では、マーケティング分析とは何なのか、概要や手法、ポイントなどについて詳しく解説します。

この記事を読めばマーケティング分析について理解できるようになり、今後の戦略立案などに役立つので、ぜひ参考にしてください。

マーケティング分析とは

マーケティング分析とは、マーケティング戦略を行なう前に自社の立ち位置や商品の優位性などのデータを収集し、戦略立案に活かすために行う分析のことです。

マーケティング分析を行うことで、集めた情報を有効に活用して、集客や顧客へのアプローチなどの利益の最大化を実現することができるようになります。

会社内でも情報が統一されていないことも多いですが、マーケティング分析では全ての情報を統一するので、会社のマーケティングの方向を決めるのに必要です。

では次の見出しでマーケティング分析の代表的手法を詳しく解説しますので、ご覧ください。

マーケティング分析の代表的な手法とは

マーケティング分析の代表的な手法とは以下の通りです。

  • 共通点1.3C分析
  • 共通点2.PEST分析
  • 共通点3.SPOT分析
  • 共通点4.STP分析
  • 共通点5.5フォース分析
  • 共通点6.4P分析
  • 共通点7.バリューチューン分析

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

共通点1.3C分析

3C分析とは、顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの要素を分析する手法です。

3つの要素で分析する対象は

  • 顧客(Customer):購買行動、ニーズ、市場規模、成長性
  • 競合(Competitor):競合のシェア、新規参入、注意したい競合
  • 自社(Company):自社のビジョン、売上、強み、弱み

などがあります。

企業戦略や企業全体の分析を行うのに役立ちます。

共通点2.PEST分析

PEST分析とは、

  • 政治(Plotocs)
  • 経済(Economy)
  • 社会(Society)
  • 技術(Rechnology

の4つのマクロ環境において、自社が受ける影響や戦略を立てる手法です。

これから4つの分析を行うことで政治や金利、為替などの様々な経営に関わる情報を分析して、リスクに備えることができます。

社内データは使わないので、多方面からデータを集めるのが重要です。

共通点3.SWOT分析

SWOT分析とは、

  • 強み(Strength)
  • 弱み(Weakness)
  • 機会(Opportunity)
  • 脅威(Threat)

の4つから分析し、戦略を立てていくための方法です。

SWOT分析では、内部環境の強みと弱み、外部環境の機会と脅威の2つから構成されており、どうすれば多面的に見て正しい判断ができるかどうかを役立てます。

  • 自社の強みを活かすことで成長の機会を掴むS×O
  • 脅威となる外部要因への対処を探るO×T
  • 弱みを攻略する機会にするW×O
  • 脅威に立ち向かう中で弱みを克服するW・T

といったようにプラスとマイナスの要因を組み合わせながら方向性を探るために使う分析です。

共通点4.STP分析

STP分析とは、セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングの3つの要素からなる分析手法です。

セグメンテーションでは性別や年齢などの人口統計的な要因や、居住地などの地理的要因、行動などの心理要因などを細分化して分析を行います。

ターゲティングではそれぞれのセグメント(集団のまとまりを持つ区分)ごとに優先順位をつけて自社のサービスや商品とマッチしているかなどを分析する段階です。

そしてポジショニングでは、競合の商品やサービスを見て自社の立ち位置を決定する段階となります。

つまり、STP分析ではセグメンテーションで全体を把握し、ターゲティングでは市場を決定、ポジショニングで位置関係を決定する分析です。

共通点5.5フォース分析

5フォース分析とは、競合や業界の状況を分析して自社の利益にするのに役立てる手法です。

5フォース分析では、

  • 業界内の競争
  • 業界への新規参入者
  • 代替品の存在
  • 買い手(顧客)の交渉力
  • 売り手(サプライヤー)の交渉力

の要素からなり、いずれも外部からの脅威と収益に直結します。

5フォース分析では

  • 収益の向上
  • 新規参入・撤退判断
  • 資源の再分配

の目的があり、自社の優位性を分析しながら課題や事業判断を行う助けになるものです。

前提として、競争が激しければ収益が落ち、競争が限定的業界内の競争では、規模が大きくなら収益が上がるという理論があり、5つの要素を落とし込んでいくのが5フォース分析となります。

共通点6.4P分析

4P分析とは、

  • Product(製品・サービス)
  • Price(価格)
  • Place(販売場所・提供方法)
  • Promotion(販促活動)

の4つからなる分析手法です。

マーケティングの戦略・実行プロセスの後半で用いられる分析で、

  • Product:どんな製品
  • Price:どんな価格
  • Place:どんな場所やどんな方法で
  • Promotion:どう提供するか

といった戦略を立てるのが4P分析となります。

例えば、製品が悪いのに価格があまりにも高すぎては売れず、売る手段が間違っていれば顧客に届かず、広告が弱ければ売れません。

このように4つのPが、それぞれバラバラでは成り立たないので繋げて考えることが大切です。

共通点7.バリューチューン分析

 バリューチェーン分析とは、価値連鎖のことで、事業活動を細分化して、どの工程でどんな付加価値を出しているかを分析する手法です。

バリューチェーン分析を行うことで、自社や競合が外的要因によってどう動くのかを分析できます。

例えば、

  • 販売物流
  • 製造
  • 出荷物流
  • 販売
  • アフターサービス

があるとして、工程ごとに強みや弱みを洗い出すことで、商品やサービスの向上だけでなく、経営資源の最適化をすることが可能です。

それぞれのステップを細かく分析することで、利益向上に繋がります。

では次の見出しで、マーケティング分析における3つのポイントを詳しく解説しますので、ご覧ください。

マーケティング分析における3つのポイントとは?

マーケティング分析における3つのポイントは以下の通りです。

  • 共通点1.データを重視する
  • 共通点2.目的を明確にする
  • 共通点3.目的に合った手法を選ぶ

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

共通点1.データを重視する

分析を行うときは、データを重視することが何よりも大切です。

データを重視することは当たり前かもしれませんが、人は主観を入れてしまうこともあるので、主観が入ってしまうと正しいデータを分析できません。

データには

  • 一次情報:自社で収集したデータ
  • 二次情報:第三者が収集したデータ

などがありますが、二次情報はマーケティングには生かせないデータであることも多いので、正しいデータを収集することも大切です。

収集したデータがどんなデータなのか、主観を入れていないかを意識しながら、データを重視しましょう。

共通点2.目的を明確にする

分析を行うときは、マーケティングの目的を明確にすることが大切です。

ただデータを集めるためだけにマーケティング分析を行うのではなく、必ず目的があった上で分析を行うので、目的がはっきりしていないとデータを活用できません。

分析を行う前に、必ずデータを有効活用できるように考えてから分析を行いましょう。

マーケティング分析では目的をより明確にすることが大切です。

共通点3.目的に合った手法を選ぶ

分析を行うときは、目的に合った手法を選ぶことが大切です。

マーケティング分析では、分析手法によって目的が違っており、それぞれ適した分析手法が存在しています。

例えば、外部分析はPEST手法、新しくビジネスを展開するときはSTP分析のように、目的に合わせて手法を選ぶことが大切です。

それぞれの目的に合わせて、手法を選ぶようにしましょう。

まとめ:マーケティング分析とは、ビジネスを成功させるための常識

今回はマーケティング分析とは何なのか、その概要や手法などを詳しく解説してきました。

マーケティング分析はマーケティングには欠かせないもので、自分のビジネスだけでなく競合などを詳しく分析することで見えてくるものも多いです。

これを機会に、マーケティング分析を自身のビジネスに落とし込んでみましょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

 

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE