NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【要注意】起業失敗で悲惨な思いをしないためも失敗しやすい人の特徴や例、対策を紹介

約11分
 

こんにちは、ノリアキです。

起業失敗で悲惨な思いをしている人は多いと聞くし、自分も起業したいけど不安だと感じていませんか?

起業は確かに簡単ではありませんが、最初から無理ゲーだと考えているといつまでも成功することはできません。

そこで今回は起業失敗で悲惨な思いをしないために、失敗しやすい人の特徴や例、対策について詳しく解説します。

この記事を最後までご覧いただければ起業失敗で悲惨な結末を迎えないための方法が分かるので、ぜひ参考にしてください。

起業失敗で悲惨な思いをする人の特徴3選

起業失敗で悲惨な思いをする人の特徴3選は以下の通りです。

  • 特徴1.計画性がない
  • 特徴2.お金にルーズ
  • 特徴3.友人と起業する

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください、

特徴1.計画性がない

起業失敗で悲惨な思いをする人は総じて計画性がありません。

今よりもお金を稼ぎたい、会社員が嫌で辞めたいなどの漠然とした目的しかなく、勢いに任せて起業してしまうと失敗する可能性も高くなります。

いくら勢いがあって行動力が高くても、事業計画を立てて順序良く進めていかなければなりませんし、目的を持って起業しなければ壁に当たるとすぐに辞めてしまうことにもなるでしょう。

計画性なく始めて悲惨な結果にならないためにも、目的を持って起業を始めることをおすすめします。

特徴2.お金にルーズ

お金にルーズな人も起業で失敗する人の特徴です。

起業して事業を進めていくには資金管理をしっかりと行わなければならず、収支の把握はもちろん、税金なども払わなければいけません。

また、一発逆転を狙ってギャンブルとしかいえない投資をすることもNGで、店舗数や在庫を抱えすぎて破産する人も多いです。

普段の収支を細かく管理しながらお金に細かくできる人が起業では失敗しにくいでしょう。

特徴3.友人と起業する

友人と起業することも失敗して悲惨になる人の特徴です。

仲の良い友人と起業をする人も多いですが、パートナーと起業すると意見が対立したり、トラブルが起きた際に揉めたりすることもあるため成功する確率は下がります。

もしも友人と一緒に起業するのであれば上下関係を決めた上でルールを決め、不足分を補える関係にすることがおすすめです。

ただ仲が良いからという理由だけで起業することはおすすめしません。

では次の見出しで起業失敗で悲惨な思いをする例5選を詳しく解説しますので、ご覧ください。

起業失敗で悲惨な思いをする例5選

起業失敗で悲惨な思いをする例5選は以下の通りです。

  • 例1.キャッシュフローができていない
  • 例2.補助金や融資に頼りすぎる
  • 例3.集客ができていない
  • 例4.人間関係のトラブル
  • 例5.法務や税務の知識不足

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

例1.キャッシュフローができていない

起業で悲惨な思いをする例としてキャッシュフローができていないことが1つです。

キャッシュフローとは分かりやすくいえばお金の流れのことで、起業するからといって固定費や初期投資をかけすぎたり、ビジネスで生まれた利益は全て自分が自由に使っていいわけではありません。

このキャッシュフローを理解しておかなければ大幅に赤字になったり、黒字なのに現金がなくて倒産することにも繋がります。

起業で失敗しないためにも、キャッシュフローを理解しておきましょう。

例2.補助金や融資に頼りすぎる

補助金や融資があるからといって頼りすぎてしまうことも問題です。

起業で資金調達を行なう際に、銀行からの融資や補助金、助成金は経営者にとって非常に便利で助かる制度ですが、頼りすぎてしまうと失敗に繋がります。

融資には借りられる限度がありますし、補助金や助成金は受けられるまでに時間もかかってしまうので、いざ申請されなかった場合に運転資金が回らなくなってしまうかもしれません。

あくまでも全て補助金や助成金などに頼らないことを念頭に置いた上で経営できるようにしておきましょう。

例3.集客ができていない

集客ができていないことも起業で失敗するケースに多いです。

会社員時代にどれだけ繋がりがあったとしても、起業することで会社の後ろ盾がなくなるので縁が切れたり、広告を打ってもターゲットからズレてしまって集客できないことがあります。

後ろ盾がある状況と、起業したての状態とでは全く信用度も全く異なるので、集客がうまくいかないことも多いでしょう。

起業するのであれば集客に関してしっかりと理解しておかなければ失敗して悲惨なことになってしまいます。

例4.人間関係のトラブル

人間関係のトラブルに関しても起業ではよくある話です。

起業して出会う人は良い人ばかりではなく、知識や経験がないのを良いことに「うまい話」を持ちかけて騙そうとしてくる人間がいます。

また、株式会社の場合は社長ではなく株主の方が偉いため、解雇されてしまうというケースもあるなど人間関係のトラブルは後を絶ちません。

ビジネスがうまくいっても人間関係のトラブルからビジネスがうまくいかないこともあるので、良好な人間関係を築くようにしましょう。

例5.法務や税務の知識不足

法務や税務の知識不足も起業失敗で悲惨な思いをする例の1つです。

法務や税務の知識が不足していると起業しても税金がきちんと収められずに税務署からの査察が入ったり、法律違反となって営業停止になってしまいます。

法務や税務の知識は膨大なため自分に知識を取り入れる事も大切ですが、専門家に依頼することも事業規模によっては必要です。

知識不足では業務そのものが立ち行かなくなることもあるため、時には専門家に頼りながら知識不足を補いましょう。

では次の見出しで起業失敗で悲惨な思いをしないための方法について詳しく解説しますので、ご覧ください。

起業失敗で悲惨な思いをしないためには?

起業失敗で悲惨な思いをしないためにはどうすばいいのかを、以下の項目から解説します。

  1. 副業からはじめる
  2. 初期費用を押さえる
  3. 在庫を抱えない
  4. 引き際を決める
  5. 相談相手を見つける

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

1.副業からはじめる

起業失敗で悲惨な思いをしないためにはいきなりリスクのある起業という選択肢を取らずに副業から始めることです。

いきなり本格的に起業してしまうと収入が安定しなくなったり、事業の下準備ができていないので失敗するリスクが高まります。

副業から始めれば少ない資金で始められますし、知識をつけながら起業の準備をしたり、人脈を作ることも可能です。

まずは起業したいビジネスに近い副業から始めて起業を目指しましょう。

2.初期費用を押さえる

起業失敗で悲惨な思いをしないためには初期費用を抑えることも必要です。

起業では初期費用をかけすぎると利益が出始めるまでに時間もかかるので、資金を回収するまでに時間がかかって資金ショートしてしまう原因となります。

そのため、起業する際にはビジネスに必要な初期投資や維持費をできるだけ抑えられるビジネスモデルを選ぶほうが失敗も少ないです。

資金繰りに困って破産しないためにもいきなり大規模な投資などは行わないようにしましょう。

3.在庫を抱えない

在庫の仕入れ過ぎも起業失敗になって悲惨な結末を迎えることになるので、なるべく在庫は抱えないようにしましょう。

経営感覚が掴めていない最初の頃はどれくらい在庫を抱えればいいのか分からずに、仕入れにお金をかけすぎて売れずに破産してしまうこともあります。

とくに転売や物販などは仕入れてすぐに売れるものでもないので、在庫を抱えやすいです。

在庫を抱えるようなビジネスを行なう場合は感覚が掴めてから仕入れるようにしましょう。

4.引き際を決める

起業失敗で悲惨な思いをしないためには引き際を決めることも大切です。

利益の出ないビジネスにお金をかけて続けていても回収することはできませんし、お金と時間の両方を無駄にしてしまいます。

引き際を決めるときには「期限」や「お金をどこまでかけるか」などをあらかじめ決めるようにしておきましょう。

引き際を決めておくことで無駄なお金や時間を無駄にせずに済みます。

5.相談相手を見つける

相談相手を見つけることも失敗しないためには必要なことです。

自分一人で事業をしていると考えに行き詰まったり、精神的に落ち込んでしまうので一人で抱え込んでしまいます。

従業員に経営に関して相談することもできませんし、第三者の意見を取り入れることが自分のためにも、経営のためになることも多いです。

家族や恋人、友人などの本当に信頼できる人に相談するようにしてみましょう。

まとめ:起業を無理ゲーでなくすためには、まずは副業から

起業を無理ゲーでなくす方法についてこれまで詳しく解説してきました。

起業は必ずしも成功するわけではなく、難易度が高いものなので単純なものではありませんが無理ゲーにしない方法は存在しています。

成功率を上げるためにもまずは副業から取り組んでいき、徐々に知識や経験を積んでから本格的に起業に取り組んでいきましょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

 

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE