NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

未経験からフリーランスになれる?仕事のとり方や注意点・成功する方法は?

約13分
 

こんにちは、ノリアキです。

未経験でもフリーランスになれるのか気になっているけど、未経験としてやっていけるのか分からない方も多いのではないでしょうか。

もちろん未経験からでもフリーランスにはなれますが、経験してからするのとでは状況が大きく異なるので、リスクを考慮しなければなりません。

そこで今回は未経験からでもフリーランスになれるのか、仕事のとり方や注意点、成功する方法について解説します。

この記事を読めば、未経験からでもフリーランスになれる方法が分かるので、ぜひ参考にしてください。

フリーランスとは?

フリーランスとは会社に雇われず、自分の技術などを元に仕事を請け負いながら働く人のことです。

単発で仕事は請け負うものの、継続して雇用されているわけではありません。

派遣社員のように会社から派遣されるわけではなく、自分の技術を持って仕事ごとに自由に働いているのがフリーランスです。

そんなフリーランスについて

  • フリーランスのメリット
  • フリーランスのデメリット
  • 個人事業主とフリーランスの違い

をそれぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

フリーランスのメリット

フリーランスのメリットは、自分のペースに合わせて自由な働き方ができることです。

関わる案件やクライアント、いつどこで仕事をするのかなど選択肢は自由にあり、自分に合わせた働き方ができます。

会社員であれば毎朝決められた時間に出勤し、決められたオフィスで決められた時間働かなければならず、自分で選択できません。

フリーランスの働き方は、会社員と違って自分で自由に働き方を決められることが大きなメリットです。

フリーランスのデメリット

フリーランスのデメリットは、自己管理の難しさです。

会社員は決められた時間に出社して仕事をしているので生活リズムが安定していますが、フリーランスは自由がゆえに自己管理ができなければ生活リズムが乱れます。

フリーランスでも予定が決まっている仕事の場合はいいですが、完全にリモートで働く場合はすぐに生活リズムが崩れてしまうでしょう。

気を緩めると一瞬で生活リズムが崩れてしまうのは、フリーランスならではのデメリットです。

個人事業主とフリーランスの違い

個人事業主とフリーランスの違いは、フリーランスが特定の企業などに属さない「働き方」なのに対し、個人事業主は税区分上での定義です。

個人事業主とは「継続して事業を行なう個人」として、税務署に対して開業届を出せば税法上で認められます。

一方、フリーランスは個人や法人に関わらず、会社や団体に属さない「働き方」のことを指すので、個人事業主でもフリーランスになることもあるのです。

端的に言えば個人事業主とフリーランスの違いは、働き方か税法上の区分かどうかという違いがあります。

では次の見出しで、未経験からフリーランスを目指すのが難しい理由についても解説しますので、ご覧ください。

未経験からフリーランスを目指すのが難しい理由

未経験からフリーランスを目指すのが難しい理由は以下の4つです。

  • スキルがないと単価が低く、低賃金労働になるため
  • 未経験で案件を獲得するのは難しいから
  • 困ったときに助けてくれる人がいないため
  • フリーランスに求められていることが即戦力だから

それぞれ詳しく解説しますので、フリーランスになる前にご覧ください。

スキルがないと単価が低く、低賃金労働になるため

スキルがないと単価が低くなり、低賃金労働になるため未経験からフリーランスになるのはおすすめしません。

フリーランスの働き方はスキルに依存するため、スキルがないと誰でもできるような簡単な仕事しかなく、単価の高い仕事を受注できずに、アルバイト以下の低賃金で働くことになります。

また、誰でもできるような仕事は競争率も高いので、最悪の場合は仕事を受注できずに収入が入ってこないケースも考えられるでしょう。

こうしたことからも、未経験でスキルがないがフリーランスになるのはおすすめできません。

未経験で案件を獲得するのは難しいから

案件獲得の難しさも、未経験からフリーランスをおすすめしない理由です。

未経験の状態で仕事を受注しようと営業してもクライアントは実績で判断できず、ほかの実績があるフリーランスに仕事を振り分けられてしまいます。

実績を提示できない場合、スキルで勝負するか未経験でも受注できる仕事を探さなければなりませんが、そこまで確率が高いわけでもないので難しいです。

だからこそ、未経験からフリーランスになるのは案件獲得の面でもおすすめできません。

困ったときに助けてくれる人がいないため

未経験からフリーランスになる場合、人脈がないこともおすすめしない理由です。

フリーランスとしての活動の中で、困った際に頼れる知人がいれば仕事を回してくれたり、アドバイスをくれることがあるので、心強い味方になります。

しかし、未経験からフリーランスにいきなりなってしまうと、誰にも頼ることができないので1人で解決しなければなりません。

このように、人脈がないことも未経験からフリーランスになることをおすすめしない理由です。

フリーランスに求められていることが即戦力だから

フリーランスに求められていることは即戦力だからこそ、未経験にはおすすめできません。

会社員であれば新入社員だと研修を受けられたり、ある程度は教育期間を設けてくれますが、フリーランスに求められていることは即戦力かどうかです。

仕事を受けられたとしても仕事ができなければ意味がないですし、実力があるかどうかがフリーランスには大切です。

即戦力にならない未経験からフリーランスになることはおすすめしません。

では未経験からフリーランスを目指すのに何をしなければならないのかを次の見出しで解説しますので、ご覧ください。

未経験からフリーランスを目指すのに必ずするべき3つのこと

未経験からフリーランスを目指すのに必ずするべき3つのことは以下の通りです。

  • たくさん勉強し、自分の市場価値を高める
  • 人脈を作っておく
  • 事業計画やリスクについて真剣に考えておく

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

たくさん勉強し、自分の市場価値を高める

未経験からフリーランスになるためには、たくさん勉強して自分の市場価値を高めることです。

フリーランスに求められるのは即戦力となるスキルのため、仕事をこなせるだけのスキルを習得する必要があります。

また、1つのスキルだけでなく、複数のスキルを習得することでほかのフリーランスと差別化を図れるので、複数習得するようにしましょう。

もちろんフリーランスとして活動を始めてからも自分の市場価値を高めるために常に勉強は必要です。

人脈を作っておく

未経験からフリーランスになる際には人脈を作っておくことも大切です。

人脈は仕事の受注に繋がったり、困ったときにはアドバイスをくれたりと、何かがあったときに助けてくれます。

人脈を作るには交流会に参加したり、オンラインサロンに入会したりと様々な方法があるため、フリーランスとしてデビューする前に参加して人脈を作っておきましょう。

フリーランスとして、人脈はいずれ自分自身を助けてくれることは間違いありまえん。

事業計画やリスクについて真剣に考えておく

フリーランスといえども、事業計画やリスクについて真剣に考えておくことは大切です。

会社員と違ってフリーランスは自分で全てを決めなければならないので、計画が甘ければうまくいかずに失敗してしまうこともあります。

また、リスクについてもしっかりと把握しておかなければ、不慮の事態に合った際に対応できないので、リスクについても把握しておきましょう。

フリーランスになる前には必ず事業計画やリスクについてしっかりと把握することが大切です。

では次の見出しで未経験でも趣味からフリーランスを目指せる仕事5選について解説しますので、ご覧ください。

未経験でも趣味からフリーランスを目指せる仕事5選

未経験でも趣味からフリーランスを目指せる仕事5選は以下の通りです。

  • ブロガー
  • YouTuber
  • インフルエンサー
  • Webライター
  • コンテンツ・スキル販売

それぞれ詳しく解説しますので、ご覧ください。

ブロガー

ブロガーとは、自身のブログを運営する仕事です。

ブロガーの収入はブログ内に載せる広告収入から成り立ち、アクセス数が増えれば広告が見られる機会が増えるので比例して収入が上がります。

また、アフィリエイトという方法もあり、これはブログ内で商品を紹介し、広告を通して購入された際に報酬が入る広告です。

ブロガーは毎月の費用も数千円程度と安く趣味にも適しており、ブログが軌道に乗れば高収入も得られるので、フリーランスになりたい方におすすめします。

YouTuber

YouTuberも趣味からフリーランスになれる仕事の1つです。

YouTuberは自分の趣味や雑学などを元にして動画を投稿し、動画に載る広告から収入を得ています。

広告を載せるためには

  • 総再生時間4,000時間
  • チャンネル登録者数1,000人

の条件があるものの、趣味で投稿し続ければクリアできない条件ではありません。

未経験からでも趣味で投稿し続け、軌道に乗ればフリーランスになれる仕事です。

インフルエンサー

インフルエンサーとはSNSで強い影響力を持つ人のことです。

TwitterやInstagramでフォロワー数が1万人以上であれば、インフルエンサーと呼ばれるようになります。

影響力があることから企業の商品やサービスなどのPRを任されることがあり、人気が高ければ自分で商品を販売することも可能です。

趣味としてSNSでフォロワーを増やし、企業から仕事を受注できるようになったらフリーランスとして活動できます。

Webライター

Webライターも未経験からフリーランスになれる仕事です。

Webライターは文章を書く事が好きな人におすすめの仕事で、インターネットに関するありとあらゆる文章を書くことが仕事になります。

収入は文章を書いた際の1文字あたり単価か、1記事あたりで決まり、文章を書けば書くほど収入が高くなるのが特徴です。

普段からブログなどを書くことが好きな人には趣味からWebライターとしてフリーランスの仕事にできます。

コンテンツ・スキル販売

コンテンツ・スキル販売も趣味からフリーランスの仕事にできます。

コンテンツ・スキル販売では自分のスキルや経験、趣味などを動画やPDFなどにまとめて販売するビジネスです。

販売できるコンテンツやスキルは様々で、美容の秘訣。起業の方法、悩み相談など、どんなものでも構いません。

趣味や経験が多い方は幅広いジャンルの販売ができるので、趣味からフリーランスを目指せる仕事としておすすめです。

まとめ

今回は未経験からフリーランスになれるのか、仕事のとり方や注意点について詳しく解説しました。

フリーランスは誰でもなれる反面で、未経験からフリーランスになって継続していくことは難しいです。

そのためにも、この記事で解説したようにリスクを把握したり、スキルを習得することでフリーランスとして活動できるようにしていきましょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE