NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

YouTubeの収入の仕組みを徹底解説!広告収入を高くする方法も解説!

約12分
 

こんにちは、のりあきです。

YouTubeの収入の仕組みがよく分からず、広告収入を高くするにはどうすればいいのか悩まれていませんか?

YouTubeの収入の仕組みを知らずに、どのように広告収入が入ってくるのかを知らなければ、広告収入を増やすことはできません。

そこで今回はYouTubeの収入の仕組みを徹底解説し、広告収入を高くする方法を解説します!

この記事を読めばYouTubeの収入の仕組みを知り、広告収入を高くして動画で稼げるようになるので、ぜひ参考にしてください!

YouTuberにお金を払っているのは誰?

YouTuberにお金を払っているのはYouTubeではなく広告企業です。

そもそもYouTubeはGoogleが運営しており、企業はGoogle広告というプラットフォームの中に広告費を払って広告を載せています。

そして広告はYouTuberの動画の中に宣伝のために載り、広告費の一部はYouTubeに、残りはYouTuberに入る仕組みです。

最も主要なのは広告からの収益

YouTuberの主要な収入は広告からの収益です。

YouTubeの動画には過去から現在までの全ての動画に広告が載るので、広告からの収益が主要となります。

もしも、Googleに載せたいという企業がいなければYouTubeに載せる広告もなくなるので、YouTuberの収入はなくなってしまうことになるでしょう。

それほど広告からの収入はYouTuberにとって重要な存在です。

広告収入の目安(対チャンネル登録者)

広告収入の目安はチャンネル登録者によって違います。

広告収入は1再生ごとの単価があり、チャンネル登録者が多ければそれだけ多く再生される可能性が高いです。

単純に計算して単価が0.1円の場合、チャンネル登録者100万人なら動画1本で10万円稼げます。

これはあくまでも目安ですが、チャンネル登録者が多ければ多いほど比例して収入は上がるでしょう。

広告収入を得るための収益化条件

広告収入を得るためにはチャンネルを収益化しなければなりません。

条件とは、

  • チャンネル登録者数1,000人
  • 過去1間の総再生時間4,000時間

の2つです。

ただし、条件を達成したからといってすぐに収益化できるわけではなく、承認されるまで審査を待たなければなりません。

条件を達成し、審査に通って初めてYouTubeが収益化されます。

次の見出しでは広告単価とはどういったものかを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

広告単価とは?

広告単価とはYouTubeの広告が再生されたときの単価です。

YouTubeの広告は再生されるごとに1再生あたり0.05円や0.1円という風に単価が決まっています。

例えば1本の動画が単価0.1円で10万回再生されれば、10,000円の収入が入る仕組みです。

広告単価が高く再生数が高ければそれだけ動画の収入が増えていきます。

次の見出しでは詳しく広告単価について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

広告単価は何で決まるの?

広告単価は以下の2点で決まります。

  • 【決定要因】視聴者層
  • 【決定要因】広告の種類

それぞれどのように決まるのかを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

【決定要因】視聴者層

広告単価は視聴者層に影響されます。

なぜ視聴者層によって影響されるのかは、広告を見てお金を使うかどうかが変わるからです。

子供に広告を見せたとしても購買層になるとは考えにくく、企業にお金を落としてくれるとは限りません。

例えば、子供がよく見るようなエンタメ系のチャンネルと比べると、ビジネス系のチャンネルは意識の高い大人が見るので、広告単価が高くなる傾向です。

広告単価を上げたいのであれば、視聴者層を意識した動画を作る必要があります。

【決定要因】広告の種類

広告単価は広告の種類によっても違います。

  • インストリーム広告

30秒以上の視聴もしくはリンクをクリックで収益が発生

  • ディスカバリー広告

クリックした場合に収益が発生

  • バンパー広告

6秒間の広告で広告表示回数1,000回ごとに収益が発生

  • アウトストリーム広告

広告の50%以上の面積が2秒以上の視聴で収益が発生

の4つがあり、形式も収益発生の条件も違うのが特徴です。

この仕組みを理解した上で、動画に設定する広告を決める必要があります。

次の見出しでは広告収入を高くする3つの方法を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

広告収入を高くする3つの方法

広告収入を高くする3つの方法は以下の通りです。

  • 動画の時間を長くする
  • ターゲットとする年齢層を高くする
  • 途中で離脱されないように工夫する

広告収入を高くするために、ぜひ参考にしてください。

動画の時間を長くする

広告収入を高くするには動画の時間を長くする必要があります。

動画が長ければ動画の中にミッドロール広告と呼ばれる広告を表示させられるので、広告数を増やすことが可能です。

ミッドロール広告は8分以上の動画に表示できるもので、動画時間が長くなれば複数のミッドロール広告を表示できます。

ただし、動画の時間をただ長くするだけでは広告を入れたとしても動画を止められてしまうので、しっかりと動画を作らなければなりません。

ターゲットとする年齢層を高くする

広告収入を上げるにはターゲットにする年齢層を高くする必要があります。

動画の内容が子供向けであれば広告単価も下がってしまい、動画の再生数が多くても広告収入が低くなってしまうので、なるべく大人向けの動画が好ましいです。

例えば、子供向けのエンタメ系の動画よりはビジネス系などの動画のほうが年齢層は高くなるので、必然的に広告収入も上がります。

ターゲットとする年齢層を意識した動画を作りましょう。

途中で離脱されないように工夫する

広告収入を上げるには途中で離脱されないように工夫しなければなりません。

動画には視聴維持率というものがあり、動画がどのくらい見られているのか、どこで動画が止められてしまうのかが数値で分かる仕組みになっています。

企業としても広告を載せる動画が長く再生されるものに載せたいと思うので、離脱されやすい動画は好まれません。

動画をできるだけ長く見てもらうことが、広告収入を上げるためには必要です。

広告収入を上げる方法を3つ解説しましたが、次の見出しではYouTuberが広告以外にお金を稼ぐ方法を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

広告だけじゃない!YouTuberがお金を稼ぐその他5つの方法

広告収入以外にYouTuberがお金を稼ぐその他5つの方法を解説します。

  • スーパーチャット(投げ銭機能)
  • チャンネルメンバーシップ
  • アフィリエイト
  • 企業からの案件
  • オリジナルグッズ・サービスの販売

YouTuberは広告収入以外にさまざまな方法で稼げるので、ぜひ参考にしてください。

スーパーチャット(投げ銭機能)

スーパーチャット(投げ銭機能)とは視聴者がYouTuberにお金を送るための機能です。

スーパーチャットでは100円から最大で50,000円までの金額を送ることができ、スーパーチャットを送ればチャットが固定されます。

普通の動画ではスーパーチャット機能は使えず、プレミア公開やライブ機能でのみ可能です。

広告収入とは別にシンプルにお金を稼げる手段となっています。

チャンネルメンバーシップ

チャンネルメンバーシップとは言い換えればファンクラブのようなものです。

通常のチャンネル登録とは別に、視聴者は月額を支払ってチャンネルメンバーシップに登録します。

登録するとチャンネルメンバーシップ専用の動画を見たり、スタンプ機能などが使えるようになる仕組みです。

チャンネルメンバーシップが多ければ固定の収入源になります。

アフィリエイト

アフィリエイトとは広告主の商品やサービスを購入してもらうことで報酬が入る稼ぎ方です。

YouTubeの概要欄に商品などのURLを貼り付けておけば、URLを通して購入されたときに報酬が発生します。

通常はブログなどでよく使う方法ですが、YouTubeでも可能です。

企業からの案件

YouTuberになれば企業からの案件もあります。

企業からの案件では動画の中で商品やサービス、アプリなどを紹介して報酬を貰うものです。

報酬の金額は人気になればなるほど高くなり、1度で100万円以上の金額を稼げることもあります。

広告に載せるより人気のあるYouTuberに直接依頼しようという形で依頼されるので、YouTuber特有の稼ぎ方の1つです。

オリジナルグッズ・サービスの販売

YouTuberはオリジナルグッズ・サービスの販売もできます。

YouTuberによっては自分でデザインした服などのオリジナルグッズを販売されている方も多いです。

また、イベントを企画したり交流を深められるようなサービスを定期的に開催して、利益を得る方法もあります。

人気が出てくれば、かなりの収益が見込める可能性がある方法です。

まとめ

 ここまでYouTuberの収入の仕組みや広告収入を高くする方法について解説をしました。

広告収入はYouTuberのメインの収入ですが、広告収入を稼ぐためには意識して日ごろから動画に気を配らなければなりません。

広告費用を払っているのは広告を出している企業ですし、広告主が広告を載せたいと思うような動画を作る必要があります。

しかし、広告ばかりを意識しては視聴者に楽しまれる動画を作ることはできません。

この記事を参考に、広告収入が入る仕組みを理解して、動画を作る参考にしてください!

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE