NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeショート動画って何?新しい機能で収益化は可能?

約12分
 

こんにちは、のりあきです。

新しく出てきたYouTubeショート動画がどんな機能か分からず、収益化できるのか気になっていませんか?

実はこのYouTubeショート動画は、使い方次第で大きくチャンネルを変える便利な機能なんです!

そこで今回はYouTubeショート動画についてメリット・デメリットや収益化できるのかといった話を解説します。

この記事を読めばYouTubeショート動画がどのようなものかが分かるだけではなく、うまく活用していく方法も分かりますので、ぜひ参考にしてください!

YouTubeショート動画(YouTube shorts)って何?

YouTubeショート動画とは、最大15秒までの動画を作成できるYouTubeの新しい機能として追加されました。

YouTubeショート動画はまだベータ版で、インドとアメリカ以外の地域に住んでいる場合は「#Shorts」のタグを使用すれば、最大60秒以外の動画がショート動画として投稿されます。

視聴者がYouTubeショート動画を見るには、YouTubeのホームにあるYouTubeショートの部分に表示されるようになっているのが特徴です。

YouTubeがショート動画を強化している理由

YouTubeがショート動画を強化している理由として、「TikTok」の存在があります。

TikTokとは中国のByteDance社が提供しているショート動画のプラットフォームです。

日本では2017年ごろから10代20代を中心に爆発的な人気を集めているTikTokですが、2019年には世界2位のダウンロード数があるほどの人気を集めています。

しかし、アメリカやインドでは中国との国際問題などの影響で新規のダウンロードが禁止されるなどの問題もあり、第2のTikTokになるべくYouTubeが乗り出していると考えていいでしょう。

まだまだベータ版ではあるものの、YouTubeがYouTubeショート動画を強化しているのもTikTokの影響が大きいといえます。

次の見出しではYouTubeショート動画のメリットや強みを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

YouTubeショート動画のメリット・強み

YouTubeショート動画のメリットや強みを解説します。

  • 動画を数多く投稿できる
  • これまでとは違う角度の動画を投稿できる
  • チャンネル登録者を増やせる

動画を数多く投稿できる

YouTubeショート動画は最大で60秒までの短時間の動画なので、これまでのように編集作業に関係なく多くの動画を投稿できるのがメリットです。

普通の動画では編集や撮影に時間がかかってしまいますが、YouTubeショート動画は投稿できる動画の時間も短いので、編集や撮影に時間を取られません。

投稿したい動画の数を多い方におすすめなのが、YouTubeショート動画です。

これまでとは違う角度の動画を投稿できる

YouTubeショート動画はこれまでとは違う角度の動画を投稿できることも強みです。

普段の動画ではしっかりと企画を練り込んでから動画を投稿することで視聴者を獲得していきますが、YouTubeショート動画は短い動画のため、これまでとは違った角度の動画を投稿していけます。

短い動画だからこそ普段と違った動画を作れることも、YouTubeショート動画の強みです。

チャンネル登録者を増やせる

YouTubeショート動画はチャンネル登録者を増やせるのもメリットです。

YouTubeショート動画は動画の下にチャンネル登録ボタンがついているので、簡単にチャンネル登録ができます。

最近ではYouTubeがYouTubeショート動画に力を入れていることもあり、関連動画やおすすめに表示されやすいのも特徴です。

普通の動画よりもチャンネル登録者を増やしやすいこともYouTubeショート動画のメリットだといえるでしょう。

次の見出しではYouTubeショート動画のデメリットと弱みを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

YouTubeショート動画のデメリット・弱み

YouTubeショート動画のデメリットや弱みを解説します。

  • 収益化できない
  • 登録解除されやすい
  • 視聴時間が収益化条件にカウントされない

収益化できない

YouTubeショート動画のデメリットは収益化できないことです。

現在、YouTubeショート動画は収益化には対応しておらず、いくら動画を投稿してもYouTubeショート動画だけでは稼ぐことはできません。

ベータ版のため今後収益化できる可能性はありますが、YouTubeショート動画だけをメインに投稿するだけでは稼げないことは弱みだといえます。

登録解除されやすい

YouTubeショート動画の強みにチャンネル登録者を増やせることがありますが、反対に登録解除されやすいともいえます。

ショート動画を見て登録をしても、普段の動画が面白いと感じられなければすぐに登録解除されてしまうことになるでしょう。

簡単にチャンネル登録を集められる反面、維持が難しいこともYouTubeショート動画のデメリットです。

視聴時間が収益化条件にカウントされない

YouTubeのチャンネルを収益化するには条件がありますが、YouTubeショート動画の再生時間は条件に含まれません。

YouTubeのチャンネルを収益化するためには、

  • チャンネル登録者数1,000人
  • 総再生時間4,000時間

の2つの条件を達成する必要があります。

しかし、YouTubeショート動画の再生時間は収益化条件の総再生時間の中には換算されず、収益化するためには普通の動画が再生されなければなりません。

収益化できていないチャンネルを運営している場合は、YouTubeショート動画から普通の動画も見てみたいと思わせる動画作りが必要です。

ここまでデメリットを解説しましたが、次の見出しではYouTubeショート動画に広告が掲載されるのかの話に触れたいと思います。

YouTubeショート動画に広告は掲載される?

現状、YouTubeショート動画に広告は掲載されません。

YouTubeショート動画では再生されたとしても広告は配信されず、YouTube Premiumから入るサブスクリプション収入も入らないようになっています。

視聴者側としては広告が入らないので見やすいですが、投稿者側としては収入が入らないのはネックです。

しかし、YouTubeによると将来的には収益化される可能性があるとのことなので、収益化されるまで待ちましょう。

次の見出しではYouTubeショート動画の効率的な活用方法を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

YouTubeショート動画の効果的な活用

YouTubeショート動画は集客以外に商品やサービスのPRやブランディングにも活用できます。

企業が動画広告を通して商品やサービスをPRしようとしても一方的になりがちで、抵抗を覚える人も多いです。

しかし、YouTubeショート動画を使えば間接的にPRできるので、抵抗感なくPRすることができます。

同じ理由で企業のブランディングにも活用していけることもYouTubeショート動画の特徴です。

次の見出しではYouTubeショート動画の投稿方法も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

YouTubeショート動画の投稿方法

 YouTubeショート動画で使える動画と投稿方法の2つを解説します。

YouTubeショート動画を始める際に、ぜひ参考にしてください。

YouTubeショート動画で使える動画

YouTubeショート動画で使えるのは、

  • 1分以下
  • 9:16のフォーマットの縦型

の2つを満たしている動画です。

ただし、サムネイルに関しては16:9のフォーマットでも使えます。

これらの条件を満たしていない場合は編集しましょう。

YouTubeショート動画の投稿方法

YouTubeショート動画の投稿方法を

  • YouTubeアプリから投稿する方法
  • PCでYouTube Studioから投稿する方法

の2つから解説します。

YouTubeアプリから投稿する方法

①YouTubeアプリから「+」マークを押して動画のアップロードを押す

②60秒以下で動画を撮影もしくは選択し、右上に次へを押す

③タイトルに「#Shorts」をつけ、右上の次へを押してアップロード

インドではYouTubeショートアプリというものが出ているようですが、日本ではまだ提供されていません。

アプリが提供されるまでは、この方法で投稿しましょう。

PCでYouTube Studioから投稿する方法

 PCでYouTube Studioから投稿する方法は以下の手順です。

①YouTube Studioを開き、チャンネルのダッシュボードから「動画のアップロード」を押す

②「ファイルを選択」を押し、タイトルに「#Shorts」のタグをつけて「次へ」を押す

③画面に沿って動画をアップロード

パソコンで投稿する場合は動画のサイズなどにも気をつけましょう。

次の見出しではYouTubeショート動画の未来についても解説しますので、参考にしてください。

YouTubeショート動画の未来

 YouTubeショート動画の未来はまだまだ成長が期待できます。

まだまだベータ版でパイオニアであるTIkTokと比べると、機能は劣っているのが正直なところです。

収益化に関しても現状では対応していませんし、今後のアップデートを待つしかありません。

それでも、YouTubeはYouTubeショート動画に力を入れていますし、今後もますます成長していくでしょう。

今後はYouTubeショート動画で収益化できるようになり、もっと高いクオリティの動画を作成できるようになる未来が待ち受けている可能性は高いでしょう。

まとめ

ここまでYouTubeショート動画について仕組みや、収益化できるかどうかを解説しました。

YouTubeショート動画はこれまでとは違い、編集や撮影に時間を取られない機能です。

使い方次第でチャンネル登録者を増やすことも可能なので、この記事を参考にぜひ活用してください。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

PRESENT

PROFILE

起業家仲間には都会人と言っているが実は緑と山に囲まれた東京生まれの田舎育ち(笑)
資産型YouTube、ハイクオリティ動画作成、個人メディア運営、広告運用などを軸にたった一人の個人が会社員以上の時間と収入を手に入れる事をコンセプトに活動中です。
趣味はクライアントとの飲み会と筋トレ。好きな時に好きな事しかしないストレスフリーの毎日をテーマに毎日生きています。

実績

【YouTubeアフィリエイト】
・日給30万円
・月収1350万円
・資産型チャンネル複数運営

【情報発信】
メルマガ自動化
・初月70万円
・2019年7月 月収2000万円

【独自プロモーション】
・月収1200万円
・月収4000万円

NORIAKI OFFICIAL LINE

ハイクオリティ動画作成やマンガノウハウなどの最新情報をお伝え中!リアルタイムに配信中!

・スカイプ音声無料コンサル(1回)
・テキスト動画の先を行くセミナー動画プレゼント
・資産型YouTubeノウハウセミナー動画
・定期開催:YouTubeで稼げるネタ元共同リサーチ

SHARE

前へ
次へ