NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

プログラマーは楽なのか?成果を出すために必要な4つのポイントも解説

約12分
 

こんにちは、のりあきです。

今回はプログラマーが本当に楽なのか?という点と活躍していくために必要な4つのポイントについて解説をします!

プログラマーはパソコンに向かって働くため、比較的楽に働くことができると考えていたり、自由に活動できるのではと感じている方も多いのではないでしょうか。

楽かどうかは人による部分がとても多いので、今回は楽な理由とそうでない理由の2つを解説し、成果を出し活躍していく上で必要なポイントについても解説をしますのでご覧ください!

プログラマーは正直楽な仕事なのか?

結論を先に言えば、プログラマーが楽な仕事かどうかは人によります。

プログラマーはパソコンに向かって1人で作業を続ける仕事ですが、黙々と1人で作業をすることが楽だと感じる人と苦痛だと感じる人に分かれるため、向き不向きが強い仕事です。

肉体労働が向いている人やデスクワークが向いている人など、こればかりは性格に起因する部分が多いため、向いていない人には本当に向いていません。

プログラマーの仕事はその人自身の性格によっては非常に楽な仕事でもあるので、向いている理由と当てはめて自分に合っているのかを確認しましょう。

では、次の見出しでプログラマーが楽な6つの理由について解説をしますのでご覧ください。

プログラマーが楽な仕事と言われる理由

プログラマーが楽と言われる6つの理由は以下の通りです。

  • 人手不足で仕事があふれている
  • ある程度自由に活動できる
  • コミュニケーションが苦手でも大丈夫
  • デスクワークで肉体労働がない
  • 高収入を目指せる
  • 効率化できれば楽になる

それぞれ詳しく解説をしますのでご覧ください。

1.人手不足で仕事があふれている

プログラマーが楽だと言われている理由の1つめとして、人手不足で仕事があふれているために仕事には困りにくいです。

基本的にどの業界も仕事を探すのにはある程度苦労することも多いですが、プログラマーは母数が少ないため、簡単に仕事を探すことができます。

自ら真剣に営業をかけなくても仕事を見つけやすい仕事として、プログラマーは非常に楽であると言えるでしょう。

2.ある程度自由に活動できる

プログラマーはある程度自由に働けることも楽だと言われる理由の1つです。

会社に属して働いていると自由は少ないですが、フリーランスとして活動している場合は自分の裁量で活動することができます。

また、会社によってはフルリモートで働くことができるところもあるので、自分の選択次第で自由に働くことも可能です。

このように自由な働き方をできる点はプログラマーが楽だといわれる理由の1つになります。

3.コミュニケーションが苦手でも大丈夫

プログラマーはコミュニケーションが苦手な方でもできる場合があるため、楽だと言われることもあります。

基本的にパソコンに向かって作業を行うため、コミュニケーションが苦手だとしてもそこまでガッツリとしたコミュニケーションは必要ありません。

また、フリーランスやフルリモートの場合はとくに人間関係を気にしなくても良いので、コミュニケーションが苦手な方にもおすすめします。

プログラマーはコードを書ければ仕事ができるため、コミュニケーションの有無はそこまで気にする必要がないと言えるでしょう。

4.デスクワークで肉体労働がない

プログラマーはデスクワークで肉体労働がないことも楽だと言われる理由の1つです。

仕事内容は主にパソコンに向かってコードを書くことで、デスクワーク以外の作業行うことはありません。

そのため、肉体労働が苦手な方はデスクワークであることが楽だと思うでしょう。

デスクワークと肉体労働、どちらが向いているかは人によるところが大きいです。

高収入を目指せる

プログラマーが楽だと言われる理由には高収入を目指せることも理由の1つです。

フリーランスであればプログラマーは大きく稼ぐことができ、スキルさえあれば年収1000万円を目指すこともできます。

スキルさえあれば独立しても仕事はいくらでも受けられますし、実力さえあれば高収入を目指すことが可能です。

そのため、高収入を目指せる楽な仕事であるといえるでしょう。

5.効率化できれば楽になる

プログラマーは効率化できれば楽になる仕事であることも理由の1つです。

プログラミングとは突き詰めていけばいくらでも効率化することができ、プログラムを省略化させることで作業内容も短くなります。

そのため、効率よく作業を組み立てていける人にとっては楽になります。

ではここまでプログラマーが楽な理由を6つ解説してきましたが、次の見出しではプログラマーが楽ではない5つの理由についても解説をしますのでご覧ください。

プログラマーが楽ではない理由を解説

プログラマーが楽ではない5つの理由は以下の通りです。

  • スキルを身に付けるまでの難易度が高い
  • 最新の技術が頻繫に入れ替わる
  • 孤独になりがち
  • 体力・精神的面で負担が大きい
  • コミュニケーションも必要

それぞれ詳しく解説をしますのでご覧ください。

1.スキルを身に付けるまでの難易度が高い

プログラマーが楽ではない1つめの理由はスキルを身に付けるまでの難易度が高いことです。

仕事に必要になるプログラミング言語は学習がとても難しいもので、習得するためにとても時間がかかってしまいます。

独学で習得しようとしても挫折してしまうことも多いですし、スクールなどに通うにしても相応の時間は必要です。

参入までのハードルが高い点は、プログラマーが楽ではないと言われる理由の1つになります。

2.最新の技術が頻繫に入れ替わる

プログラマーの作業内容は最新の技術が頻繫に入れ替わることも楽ではないと言われる理由です。

プログラミングの技術は日々進化を遂げており、必要なスキルが頻繁に入れ替わるのでそのために知識を更新していかなければなりません。

システムを開発する際に技術が入れ替わってしまえばその都度苦労が増えますし、日々新しい情報を取り入れていく必要があります。

一度覚えてもどんどんと学び続けなければならないことは、楽ではないと言われる理由です。

3.孤独になりがち

孤独になりがちであることもプログラマーが楽ではない理由の1つです。

プログラマーはパソコンに向かって作業を行うためにコミュニケーションがあまり必要のない仕事ですが、どうしても孤独になってしまいます。

コミュニケーションが苦手だったり、あまり必要と感じていない方には向いている反面、一人で作業を行うことが苦手な方には孤独になるため耐えられないでしょう。

孤独が苦手な方には精神的にきついため、楽ではないと言われる理由です。

4.体力・精神的面で負担が大きい

プログラマーは体力・精神的な部分で負担が大きいことも楽ではないと言われる理由です。

デスクワークだから楽だと思っている方も多いと思いますが、プログラマーは楽ではありません。

長時間パソコンに向かって作業を行うために集中・精神・体力の全てが必要になるため、年齢的にも若くなければ厳しいと感じるでしょう。

純粋に仕事内容として体力や精神面で負担が大きいことは楽ではないと言われる理由になります。

5.コミュニケーションも必要

先ほどからコミュニケーションは不要だという話をしてきましたが、一切必要ではないというわけではありません。

作業を進めていくにあたってクライアントや同僚などとのコミュニケーションはどうしても必要ですし、フリーランスとしてやっていくのであれば営業力も必要です。

フリーランスとして活動するのであればコミュニケーション能力は必須となるので、コミュニケーション能力が苦手な方にはきつい仕事でもあります。

ここまで5つのプログラマーが楽ではない理由について解説をしてきましたが、次の見出しではプログラマーとして活躍するために必要な4つのポイントを解説しますのでご覧ください。

プログラマーとして成果を出し活躍する必要な4つのポイント

プログラマーとして成果を出し活躍するために必要な4つのポイントは以下の通りです。

  • ロジカルシンキングを身に付ける
  • 体力をつける
  • Webフレームワークを学ぶ
  • 新しい知識やスキルを学び続ける

活躍するためにはどうすれば良いのか1つずつ解説をしますのでご覧ください。

1.ロジカルシンキングを身に付ける

1つめのポイントはロジカルシンキングを身につけることです。

プログラマーは論理的に作業を組み立てていく必要があり、順序立てて作業を進めて行かなければなりません。

ロジカルシンキングがあれば突発的な問題が起きたとしても動じることなく対処することもできますし、解決力を身につけることもできます。

ロジカルシンキングは後からでも習得することはできるので、身に付けられるようにしましょう。

2.体力をつける

プログラマーは体力勝負なところもあるので、作業に耐えられるように体力をつけましょう。

デスクワークなのに体力が必要なのかと疑問に思うかもしれませんが、運動することで集中力を上げることができます。

体力がつけば長時間の作業にも耐えることができますし、作業効率も上がるので日ごろから体力を付けるようにしましょう。

3.Webフレームワークを学ぶ

プログラマーとして活躍するためにWebフレームワークを学ぶことも欠かせません。

そもそもWebフレームワークとは作業効率を上げるための枠組みのことで、作業量を減らすために必要なものです。

このWebフレームワークにはシステム開発をするために必要な機能があらかじめ用意されているので、作業時間を格段に減らせるので負担が減ります。

プログラマーとしてWebフレームワークに関する知識は欠かせないので、覚えていきましょう。

4.新しい知識やスキルを学び続ける

プログラマーとして活躍するためには新しい知識やスキルを学び続けることも大切です。

プログラミングは新しい知識がどんどんと出てくるために、プログラミングスキルをどんどんと覚えていかなければなりません。

学び続けることでスキルアップにもなりますし、そのぶん収入アップも目指せます。

プログラマーとして活躍するためにも、日ごろから学び続けることを大切にしましょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE