NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

Webエンジニアの仕事がきつい理由を解説!就職前に確認すべきポイントもあわせて紹介

約15分
 

こんにちは、のりあきです。

今回はWebエンジニアの仕事がきつい7つの理由の解説をし、エンジニアになる前にチェックしたい5つのポイントもあわせて解説をしていきます!

エンジニアってすごく仕事がきついって聞くけど、どんな部分がきついのか漠然としている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はWebエンジニアの仕事がきついと言われる理由7選の紹介と、Webエンジニアに向いている・向いていない人の特徴の解説、また就職前に確認しておきたいポイントやきつい場合の改善策も出しているのでぜひ活用してください。

Webエンジニアの仕事がきついと言われる理由とは

Webエンジニアの仕事がきついと言われる理由は以下の7つです。

  1. 技術の変化が頻繫に起こる
  2. 給料に差がある
  3. 常に時間と対応に追われている
  4. 人手不足でオーバーワーク化しやすい
  5. 向き不向きがある
  6. 一人でいくつもの仕事をこなさなければならない
  7. アジャイル開発が求められている

それぞれどういった理由なのか詳しく解説をしていますのでご覧ください!

【きつい理由1】技術の変化が頻繫に起こる

1つめの理由は技術の変化が頻繫に起こることです。

IT業界の進歩はめざましく、これまでやっていたものよりも良いものが頻繫に出てくるため、どんどんと技術が進化していきます。

そうなるとその技術の進歩に対応すべく、新しい技術を覚えたり更新しないといけないので大きな負担がかかることもしばしば。

だからこそ負担がかかってしまい、エンジニアはきついと言われます。

【きつい理由2】給料に差がある

2つめの理由は給料に差があることです。

一口にWebエンジニアといっても会社やフリーランスなどで給料に大きな違いがあります。

死ぬ思いで働いて年収300万円のWebエンジニアもいれば、そこまで働かずに年収1,000万円をもらうエンジニアなど待遇面の差は精神的につらい部分です。

エンジニアに限ったことではないですが、給料に見合わない労働の過酷さはあると言えます。

【きつい理由3】常に時間と対応に追われている

3つめの理由は常に時間と対応に追われていることです。

Webエンジニアはダラダラと仕事をすることはできず、問題が起きた場合にはすぐさま対処しなければなりません。

Webエンジニアの対応が遅ければ、その会社が大きな損失を被る可能性もありますし、常に対応に追われています。

肉体的にもそうですが、精神的に時間に追われるのは気が休まらないので楽ではないでしょう。

【きつい理由4】人手不足でオーバーワーク化しやすい

4つめの理由は人手不足でオーバーワーク化しやすいことです。

Webエンジニアは業界全体で見ても人材が足りているとは言えず、常にオーバーワークしています。

大きな会社ならまだマシですが、小さな会社などの場合はエンジニアにそこまで費用を出せるわけもなく、オーバーワークは日常茶飯事です。

こうした部分がWebエンジニアはきついと言われる理由として上がっています。

【きつい理由5】向き不向きがある

3つめの理由はプログラミングは向き不向きがあることです。

人とワイワイするのではなく、一人でパソコンに向かって黙々と作業しなければならないのがエンジニアの仕事で、極端に向き不向きが分かれます。

また、座りっぱなしなので自分で身体を動かして働きたい方にも向いていません。

向かない方には本当にきつい仕事なのがWebエンジニアです。

【きつい理由6】一人でいくつもの仕事をこなさなければならない

6つめの理由は,Webエンジニアは一人でいくつもの仕事をこなさなければならないことです。

エンジニアといってもさまざまな仕事がありますが、人材不足のせいで自分の不得意な仕事でもこなさないといけない場合も多いです、

大企業では分担制になっていることも多いですが、小さい会社などでは一人でオールマイティにこなさなければなりません。

だからこそエンジニになるのであれば、企業の規模に関しても確認をしましょう。

【きつい理由7】アジャイル開発が求められている

アジャイル開発が求められるのもきつい部分です。

アジャイルとは素早いと言った意味で、小さい範囲で開発とテストと繰り返していく開発方法のことを指しています。

途中からの仕様変更などがしやすくニーズに答えやすいのがメリットではあるものの、全体の流れが読みにくいために、時間が限られてしまうとかなりしんどい作業になることも。

こうした理由もWebエンジニアがきついと言われる理由です。

ではここまでWebエンジニアがきついと言われる理由について解説をしてきましたが、次の見出しではWebエンジニアに向いている人の5つの特徴について解説をしていきます!

Webエンジニアに向いている人5つの特徴

Webエンジニアに向いている人の5つの特徴は以下の通りです。

  • テクノロジーやプログラミングが好き
  • 技術をすぐに吸収できる
  • 分析力が高い
  • 英語が得意
  • ロジカルな思考を持っている

ではなぜなのかを解説していますのでご覧ください。

【向いている人1】テクノロジーやプログラミングが好き

向いている人の特徴1つめはやはりテクノロジーやプログラミングが好きな方です。

やっぱり好きなことであればどんなにしんどくても楽しいですし、続けようと思う気になります。

また、テクノロジーに関して興味があったり、色々と試行錯誤して自分で作り上げるのが好きな方にも向いているといえます。

プログラミング作業が楽しくて仕方ない!という方には、当たり前ですが向いているでしょう。

【向いている人2】技術をすぐに吸収できる

向いている人の特徴2つめは技術をすぐに吸収できる人です。

変化の激しいテクノロジーの世界だからこそ、エンジニアにはすぐに技術を吸収して反映させることができる能力が必要になります。

もしも、技術を吸収できなければエンジニアとしての活動に支障をきたすために仕事をすることはできません。

柔軟な考え方を持っていて、技術を自分にどんどんと吸収できる人には向いている仕事です。

【向いている人3】分析力が高い

3つめの向いている人の特徴は分析力が高いことです。

エンジニアの仕事はとにかく試行錯誤の繰り返しになるので、プログラミングをしていく過程でなぜダメだったのかということを分析しなければなりません。

分析力が低ければ1つのプログラミングで膨大な時間がかかってしまいますし、そもそもやっていくのは厳しいでしょう。

だからこそ、エンジニアは分析力が高い人に向いています。

【向いている人4】英語が得意

4つめの向いている人は英語が得意な方です。

プログラミングには英語をベースにされており、英語の意味が分からなければどうしても作業に時間がかかってしまいます。

また、海外でプログラミング言語が開発されることも多いために英語があればすぐに情報を得ることも可能です。

英語が得意な方は大きなアドバンテージを得ることができます。

【向いている人5】ロジカルな思考を持っている

向いている人の5つめの特徴はロジカルな思考を持っていることです。

プログラミングでは順序立てて考えて行く必要があり、論理的に作業をしていかなければなりません。

論理的な思考ができれば、プログラミングをしている過程で〇〇だから△△だという風に結論づけて組み立てていけるため役立ちます。

ロジカルシンキングは後からでも身につけることは出来るので、日ごろから鍛えていきましょう。

次の見出しでは反対にWebエンジニアに向いていない人の特徴についても解説ご覧ください。

Webエンジニアが向いていない人

Webエンジニアが向いていない人は以下の3つの特徴を持っています。

  • プログラミングに興味がない
  • 一人で作業をするのが苦手
  • 突き詰めるのが苦手

それぞれ詳しく解説をしていきますのでご覧ください。

【向いていない人1】プログラミングに興味がない

そもそもプログラミングに興味すらない方には向いていません。

プログラミングは向き不向きがあるため、そもそも興味がない方も多いですし、面白いと思えなければ始めようと思いませんよね。

そもそもプログラミングが楽しいと思えなければWebエンジニアは務まりません。

【向いていない人2】一人で作業をするのが苦手

一人で作業をするのが苦手な方にも向いていない仕事です。

エンジニアの仕事はほとんどが自分対パソコンになってしまうので、一人で黙々と作業をすることになります。

そのため、ずっと座りっぱなしで一人で作業をするのがどうしても苦手だという方には向いていないと言えるでしょう。

逆に一人で静かに作業をしたい方には抜群に向いている仕事です。

【向いていない人3】突き詰めるのが苦手

3つめの向いていない人の特徴は突き詰めるのが苦手な人です。

プログラミングはひたすら試行錯誤の繰り返しで、突き詰めることが必要な作業のため、妥協は許されません。

1つの方法がダメなら次はこの方法という風に突き詰めていくことが大切です。

突き詰めて何かをするのが苦手な方には向いていない仕事がエンジニアだといえます。

ここまで向いていない人の解説をしてきましたが、次の見出しでは就職前のチェックポイントを解説していきますので見ていきましょう!

エンジニア就職前のチェックポイントを解説

エンジニア就職前のチェックポイントは以下の5つです。

  • 仕事内容
  • 給与待遇
  • 労働環境
  • 有給取得率
  • 会社規模

就職前に最低限これらのことは気にしておかなければならないので、必ずご覧ください。

【チェックポイント1】仕事内容

1つめのチェックしたいことは仕事内容です。

その会社ではエンジニアとしてどんな仕事をするのか、必要なスキルは何なのかといったことを詳しく見ておきましょう。

会社によっては分担せずに複数の業務をしなければならない可能性もあります。

そのため、仕事内容は重要なチェックポイントです。

【チェックポイント2】給与待遇

次に見なければならないのが給与待遇です。

エンジニアの平均年収以上なのかそれ以下なのか、はたまた昇給の見込みはあるのかを見ましょう。

ちなみに、Webエンジニアの平均年収は求人ボックスによると581万円です。

ただしあくまでも平均なので、スキルや実績などによっても金額は上下することを頭にいれておきましょう。

【チェックポイント3】労働環境

次にチェックしたいのが労働環境はどうかという部分です。

労働環境はエンジニアにとってとても重要な項目で、環境が悪ければそれだけ重労働を強いられることになります。

そのため、

  • みなし残業はどのくらいか
  • 平均的な残業時間はどうか

といった部分から判断してください。

残業が長いということはそれだけ問題が多いということなので、あまりおすすめはできません。

【チェックポイント4】有給取得率

4つめのチェックしたいことは有給取得率です。

有給休暇がたくさんあったとしても、そもそも取得できなければ意味はなく、取得率を判断するためにもチェックしましょう。

有給はとても重要なポイントなので、ぜひともきちんと取れる会社に行くことをおすすめします。

【チェックポイント5】会社規模

5つめのチェックしたいことは会社規模です。

規模の小さな会社ではエンジニアを雇える数も限られており、人数が少なければそれだけ一人あたりに対する仕事量が増えてしまいます。

しかし、会社規模が大きければエンジニアの仕事を分担されていることもあるため、一人あたりの負担を減らすことが可能です。

働くにあたって会社規模の大小は重要な項目となるので、しっかりとチェックしておきましょう。

ではここまでチェックポイント5つを紹介しましたが、次の見出しでは仕事がきついときの改善策を解説していきます。

仕事がきついときの改善策

仕事がきついときの改善策は以下の3つです。

  • 転職
  • スキルアップ
  • 休暇

それぞれ改善策について解説をしていきますのでご覧ください。

【対処法1】転職

仕事がきついときは転職を考えましょう。

会社によっては有給を取ることすらままならず、オーバーワーク化している会社もあるためどうしてもきつくなってしまいます。

休暇も取れずオーバーワーク化しているのであれば、より働きやすい環境へ転職しましょう。

仕事がつらいのであれば、より働きやすい会社へ転職することをおすすめします。

【対処法2】スキルアップ

仕事がつらいときの対処法2つめはスキルアップです。

そもそも仕事がつらい時の原因として、エンジニアの仕事にあなた自身がついていけていない場合もあります。

そのためスキルアップをすることで、仕事が楽になることもあるでしょう。

最新の技術を学んだり、技術のスキルアップをすることで転職にも役立ちますし、仕事を楽にしたいのであれば、そもそも自分自身のスキルを磨くことをおすすめします。

【対処法3】休暇

どうしても精神的と肉体的の両方でつらいのであれば、休暇を取ることを心がけましょう。

働き詰めではどれだけスキルが高くても煮詰まってしまい、あなた自身が持っている力を100%発揮することができなくなってしまいます。

もちろん、休むことで会社に迷惑をかけたり復帰することができないと考えるかもしれませんが、エンジニアはそもそも人手不足なので問題ありません。

再就職や転職は比較的しやすい職業だと言えるので、安心して休むことも大切です。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE