NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【未経験OK】デザイナーとして稼ぐ3つの方法と安定収入を得る条件を解説

約12分
 

こんにちは、のりあきです。

今回はデザイナーとして稼ぐための3つ方法についての解説と、デザイナーとして働く際に注意したいことを解説していきます!

未経験から働く場合、デザイナーとして稼ぐためにはどうすれば良いのか分からないといったお悩みを持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回はデザイナーとして稼ぐために必須スキル3選の紹介と働き方を紹介します。

そして仕事の探し方や注意すべきことといった初心者の方のお悩みを解説した内容になっているので参考にしてください!

デザイナーとして稼ぐための必須スキル3選

超重要なデザイナーとして稼ぐための必須スキル3選は以下の通りです。

  1. デザインの基礎
  2. Photoshop・Illustratorなどのツール操作
  3. コーディング(HTML・CSS)

それぞれなぜ必須なのかを解説していきますのでご覧ください。

【必須スキル1】デザインの基礎

1つめの必須スキルはデザイナーとしてやっていくためのデザインの基礎です。

デザイナーとして活動するのであればデザインに関する知識をつけることはとても重要で、しっかりとした理論を付けていかなければなりません。

ちなみにセンスだと思われている方も多いですが、必要なのはきちんとした理論をもとにデザインを作る知識です。

例えば、どんなデザインを作れば大衆に受け入れられるのかや、配色やレイアウトの基本などがあります。

デザイナーとして活動するためにデザインについてしっかりと知識をつけましょう。

【必須スキル2】Photoshop・Illustratorなどのツール操作

2つめの必須スキルはPhotoshopやIllustratorのツール操作です。

PhotoshopやIllustratorとはデザイナー御用達ソフトのことで、画像の編集や加工のほかにデザインそのものを作成できます。

仕事を探すときにも、この2つのソフトが使えなければそもそも仕事を探すことが難しく、デザイナーなら使えて当たり前のソフトです。

独学でも学べる方法もありますし、必ずこの2つのソフトは使えるようにしておきましょう。

【必須スキル3】コーディング(HTML・CSS)

デザイナーの必須スキル3つめはHTMLやCSSのコーディングです。

コーディングとはプログラミングの一種のことで、簡単に言えばホームページやサイトなどをデザインしたときにWebサイト上に表示できます。

このコーディングには専門的な知識が必要で、できるようになればそれだけ出来る仕事が増えていくので覚えておきましょう。

ここまで3つの必須スキルについて解説してきましたが、次の見出しではライフスタイルに合わせたデザイナーの働き方3つを解説していきます。

【ライフスタイル別】デザイナーの働き方

デザイナーの働き方は以下の3つです。

  1. デザイン会社に就職
  2. 独立してフリーランスに
  3. 副業として始める

それぞれ詳しく解説をしていきますので、自分のライフスタイルに合わせて決めていきましょう。

【デザイナーの働き方1】デザイン会社に就職

デザイナーの働き方1つめはデザイン会社への就職です。

転職を考えていたり、これから社会人になる学生さんがデザイナーを目指す場合にはデザイン会社へ勤める方法が手っ取り早くデザイナーになる道が開けます。

デザイナー未経験の場合はすぐにデザインができる場合は少ないですが、下積みを経験して徐々にデザインの仕事ができるようになっていくことも多いです。

ただし、この方法では簡単に辞めることができないので覚悟を決めた上で就職するのが望ましいでしょう。

デザイナーとしてきちんと働きたい方は求人サイトなどを使って、まずはどんな会社があるのかを見てみることをおすすめします。

【デザイナーの働き方2】独立してフリーランスに

デザイナーの働き方2つめは独立してフリーランスになる方法です。

ある程度スキルがある方や実績がある場合はフリーランスとしてやっていくこともできます。

未経験からでもフリーランスにいきなるという方法もありますが、収入が安定するまでに時間がかかるため、あまりおすすめはしません。

実績やスキルに自信のある方はフリーランスも視野に入れてみましょう。

【デザイナーの働き方3】副業として始める

デザイナーの働き方3つめは副業として始める方法です。

いきなりの就職や独立が難しい場合、副業から着実に実績を積んでスキルを磨いていくことができます

本業での安定した収入を得ながらプラスアルファで収入を得ることもできますし、自分が本当に向いているのか分からない方もリスクなく始めることも可能です。

まずは空いた時間を確保して副業から徐々に始めてみましょう。

ではここまでデザイナーとしての働き方を解説してきましたが、次の見出しでは仕事探しの方法を詳しく解説していきますのでご覧ください。

未経験のデザイナーが仕事を探す4つの方法

未経験でも確実に仕事を探す方法は以下の4つです。

  1. クラウドソーシング
  2. スキルを出品
  3. SNSから探す
  4. 知り合いから受注

それぞれどうやればいいのか解説しているので参考にしてください。

【仕事の探し方1】クラウドソーシング

1つめの仕事探しの方法はクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは業務委託で仕事ができるサービスのことで、1つの案件ごとに契約するため雇用契約無しに働くことができるサービスのことを言います。

代表的なクラウドソーシングサイトには、CMなどでも見かけるクラウドワークスやランサーズといったものがあり、登録も無料です。

未経験からでも探せる仕事は豊富にありますし、実績を積んでいくのにも最適な方法なのでいろいろな仕事で経験を積みましょう。

【仕事の探し方2】スキルを出品

2つめの仕事探しの方法はスキルの出品です。

募集されている仕事に応募する形ではなく、自分のデザインを出品したりデザインスキルそのものを出品することもできます。

ココナラやタイムチケットなどのスキル出品サービスがあり、自分で価格を設定して販売することが可能です。

ただし、購入されなければ収入にならないので、デザイン集を載せたりリピーターを確保できるように対応を心掛けていきましょう。

【仕事の探し方3】SNSから探す

3つめの仕事探しの方法はSNSから探す方法です。

TwitterなどのSNSでデザイナーを募集していることもあり、SNSも仕事を探す手段として使えます。

普段からSNSを通してアピールしておくことでその投稿を見たクライアントから仕事を任されることもあるので、イラストを投稿したり活動を書いておきましょう。

SNSを使っているデザイナーも多いので、差別化を図ることが仕事を取るためのコツです。

【仕事の探し方4】知り合いから受注

仕事探しの方法4つめは知り合いから受注する方法です。

友人や会社の同僚などのいろいろな知り合いから仕事を得ることもできるため、普段から知り合いにデザイナーとして活動していることをアピールしておきましょう。

知り合いであれば要望などをしっかりと聞いた上でデザインができますし、感想も聞きやすいです

知り合いが知り合いを読んでさらなる仕事につながることもあるので、普段から周りにアピールしておきましょう。

では、ここまで4つの仕事探しの方法について解説してきましたが、次の見出しではデザイナーが安定して収入を得るために注意すべてきポイントを解説しているのでご覧ください。

デザイナーが安定収入を稼ぐために注意すべきこと4選!

安定した収入を得るためには以下のような部分を注意して活動していきましょう。

  • 納期は必ず守る
  • オリジナリティのあるデザインを作る
  • 幅広いデザインを作成できるようになる
  • クライアント・ユーザーの意向を汲み取る

これからデザイナーとして活動していくのであれば絶対に注意してほしい部分になので、最後までください。

【注意すべきこと1】納期は必ず守る!

注意すべきこと1つめは、納期を必ず守ることです。

デザイナーは芸術家ではなくあくまでもクライアントありきの仕事なので納期を守ることに気をつけましょう。

納期が守れていなければ次から依頼したいとも思われませんし、クライアントが大きな損失を負うことがあります。

仕事として納期を守ることは当然なので、必ず納期を守るように意識しましょう。

【注意すべきこと2】オリジナリティのあるデザインを作る

注意すべきこと2つめは、オリジナリティのあるデザインを作ることです。

デザインがよく似ていたり、明らかに盗作したような作品がありますが、デザインを盗作することは犯罪になります。

また、オリジナリティのあるデザインを作ればあの人はこんなデザインを描く人だと印象付けやすいのでオリジナリティは大切です。

オリジナリティのある作品にする以上、基礎となるデザインの知識は必要になるのでオリジナリティのある作品を作れるようにスキルを磨いていきましょう。

【注意すべきこと3】幅広いデザインを作成できるようになる

注意すべきこと3つめは、幅広いデザインを作成できるようになることです。

一口にデザイナーと言っても広告やポスター、Webサイトの作成などのいろいろな仕事があるため、幅広いデザインを作れる方が仕事の幅も広がります。

幅広いデザインを受けることができればそれだけ収入を上げることにもつながりますし、独立する際にも役立つでしょう。

なるべく多くのデザインの仕事を受けられるように、いろいろな知識やスキルを増やしていくことをおすすめします。

【注意すべきこと4】クライアント・ユーザーの意向を汲み取る

注意すべきこと4つめは、クライアント・ユーザーの意向を汲み取ることです。

デザイナーがデザインを受けるのはクライアントがあるためで、デザインを見るユーザーのために描くものであることを覚えておかなければなりません。

クライアントがなぜこのデザインを作るのか、ユーザーはどんなデザインなら商品を購入したりクリックしたいと思えるのか?といった意向を常に意識しましょう。

クライアントとユーザーの意向があってこそデザイナーの仕事は務まります。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE