NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【完全版】主婦も在宅デザイナーになれる!デザインの勉強法と仕事の取り方まで徹底解説

約16分
 

こんにちは、のりあきです。

今回は主婦の方でも在宅デザイナーになれる勉強方法や仕事の取り方などを徹底解説し、この記事だけで全てが分かるようにしました!

主婦の方で未経験でもデザイナーとして働きたいけど、私でもなれるのか不安な方も多いと思います。

しかし、主婦の方でも未経験からデザイナーになることは可能なので、安心してください

そこで、デザイナーになるための勉強方法や必要なスキル、仕事の取り方やノウハウも詳しく解説していますので参考にして頂ければと思います!

主婦でも在宅デザイナーになれる!家事と両立も可能!

主婦の方だと家事や育児に追われていると思いますが、結論から言えばデザイナーの仕事と両立することは可能です!

デザイナーとしてのスキルさえ身につければ在宅で家事をしながら両方することもできますし、未経験からでも仕事を探す方法はいくらでもあります。

学習する方法も仕事を探す方法もたくさんありますし、実際にデザイナーで主婦をやられている方はとても多いです。

また、デザインセンスを抜きにしても勉強していけばデザイナーになることは可能なので、主婦の方でも気兼ねせずにデザイナーとして活躍していきましょう!

では具体的に主婦デザイナーの収入モデルと仕事内容を次の見出しから解説していきますので、どんな仕事があるのか参考にしてみてください。

主婦の在宅デザイナーの収入モデルと仕事内容3選

主婦の在宅デザイナーの仕事内容には以下のようなものがあります。

  • バナーのデザイン
  • 名刺のデザイン
  • ネット広告のデザイン

ここではそれぞれの収入モデルも併せて紹介していますので、働いている姿を想像しながらご覧ください。

【主婦の在宅デザイナーの仕事1】バナーのデザイン

主婦の在宅デザイナーの仕事にはバナーデザインの仕事があります。

バナーとはネット上にあるクリックできるタイプの広告のことで、デザインスキルを身につければバナー作成の仕事をすることが可能です。

この、バナー作成の単価は1バナーあたり2,000円~の金額が相場で、ある程度経験を積んでいけば単価の高い仕事を受けることもできます。

最初は金額的にも安いですが、経験があればどんどんと単価を上げることも可能です。

【主婦の在宅デザイナーの仕事2】名刺のデザイン

デザイナーの仕事2つめは名刺のデザインです。

会社員の方などの名刺を作る仕事で、デザイナーに名刺のデザインを依頼する方も一定数いらっしゃいます。

名刺制作の単価は主にデザイン料と印刷料に分かれており、

  • デザイン料:3000円~
  • 印刷料:1,000円~

といった具合です。

モノクロにするのかや、両面印刷にするのかなどにもよって金額が変化しますし、デザイナーとしての知名度などによっても変化するのが名刺のデザインになります。

【主婦の在宅デザイナーの仕事3】広告のデザイン

在宅デザイナーの仕事3つ目は広告のデザインです。

広告はなにもネットだけとは限らず、チラシやポスターなどの印刷物といったさまざまなものがあります。

ちなみに単価はチラシデザインの場合は2000円~で、高ければ1、2万円のものもあります。

デザイナーの仕事にはネットだけではなく、さまざまな媒体のデザインの仕事があるので色々と挑戦してみると楽しいですよ。

ここまで仕事内容について解説をしてきましたが、次の見出しでは必要なスキルの解説をしていきたいと思いますので、これから勉強される方は参考にご覧ください。

主婦が在宅デザイナーになるために必要なスキル3選

主婦が在宅デザイナーになるための必要なスキルは以下の3つです。

  • デザインスキル
  • Photoshopスキル
  • illustratorスキル

それぞれデザイナーとして必要なスキルなので、詳しく見ていきましょう。

【主婦の在宅デザイナーに必要なスキル1】デザインスキル

デザイナーにとってまず欠かせないのがデザインスキルです。

デザイン力がなければデザイナーとして活動することはできませんが、美大にいくほどのデッサン力が必要になるわけではないのでそこは安心してください。

Webで活躍するために必要なデザインスキルは主に、

  • 一目で見て伝えたいことが分かるデザインスキル
  • トレンドにあったデザインスキル
  • 配色の組み合わせ
  • フォントの知識
  • 素材の配置

などがあります。

求められているのはあくまでも「芸術家」ではなく、いかに「クライアントの要望を汲み取ったデザインを作れるのか」ですので、生まれ持ったセンスがないなどは気にすることはありません。

【主婦の在宅デザイナーに必要なスキル2】Photoshop スキル

主婦の在宅デザイナーに必要なスキル2つめはPhotoshopを扱えるスキルです。

Photoshopとは画像加工・編集のためのデザインソフトの一つで、プロの現場でもPhotoshopを使ってたくさんの広告などが作られています。

具体的には

  • 写真の合成
  • 配色の調整
  • 文字入れ

などができ、デザイナーには欠かせない存在です。

有料ソフトではあるものの、クライアントからもPhotoshopを使うことを要求される機会も多いので、必ず使えるようにしましょう。

【主婦の在宅デザイナーに必要なスキル3】Illustratorスキル

必要なスキル3つめはillustratorを使えるスキルです。

IllustratorとはPhotoshopと並ぶデザイナー御用達ソフトの1つで、イラストやレイアウトを作成することができるソフトウェアになります。

具体的にデザインの仕事ではロゴ作成からWebデザインまで幅広い用途に使うことができるのが特徴で、Photoshopと使い分けることも多いです。

デザイナーになるのであればillustratorは欠かせないソフトなので、Photoshopと両方使えるようにしておきましょう。

ここまで主婦が在宅デザイナーとして必要なスキルを解説してきましたが、次の見出しではデザイナーに必要なツールについても解説をしていますので参考にしてみてください。

主婦の在宅デザイナーに必要なツール3選

デザイナーに必要なツールは以下の3つです。

  • PC(パソコン)
  • スマホ
  • デザイン用ツール

それぞれ解説していきますのでご覧ください。

【デザイナーに必要なツール1】PC(パソコン)

デザイナーにはまずパソコンが必要です。

昔は紙とペンでデザインをしていた時代もありましたが、現在は仕事の受注からデザイン、納品まで全てをパソコンで行うのが主流です。

では具体的なスペックに関してですが、

  • CPU:Intel Core i5以上
  • メモリ:16GB以上
  • HDD:500GB以上
  • OS:Windows or Mac OS

を目安に用意すれば快適に作業することができます。

デザイン系のソフトはどれも処理能力が低ければ快適に動かすことができないので、なるべくこの目安を元に用意しましょう。

【デザイナーに必要なツール2】スマホ

デザイナーにはスマホも重要なツールの一つです。

スマホでデザインをすることはできませんが、仕事の受注から連絡手段として使えるだけでなく、パソコンに自分のデザインがどう反映されるのかを見るのに使います。

パソコンで完璧だと思っていても、スマホでは見にくくなってしまったりバランスが崩れてしまったという風になることも多いです。

必ずデザインはパソコンとスマホの両方から確認することを癖づけておきましょう。

【デザイナーに必要なツール3】デザイン用ツール

デザイナーに必要なツール3つめはデザイン用ツールです。

デザイン用ツールとは主にPhotoshopやillustratorのことで、どちらも用意しておきましょう。

どちらも有料ソフトにはなりますが、この2つが無ければデザイナーとして活動することは難しいので、両方用意することが大切です。

ではデザイナーに必要なツールを3つ解説してきましたが、次の見出しではデザイナーになるための勉強方法4選を紹介していきます。

主婦が在宅デザイナーになるための勉強方法4選

主婦が在宅デザイナーになるための勉強方法は以下の4つです。

  • Webサイト
  • オンラインスクール・講座
  • YouTube

それぞれどのように勉強していくのかを解説していますので、ご覧ください。

【主婦が在宅デザイナーになるための勉強方法1】本

勉強方法の1つめは本です。

デザイン関連の本はいくつも出版されており、初心者向けのものから細かいスキルがかかれた本まで、さまざまなものがあります。

幅広い知識を得るためには複数の本を用意しなければなりませんが、本に書かれた内容だけでも十分仕事をしていくことは可能です。

ただし、パソコンの操作が苦手な方の場合、操作が分かりづらく挫折もしやすいということを覚えておきましょう。

【主婦が在宅デザイナーになるための勉強方法2】Webサイト

2つめの方法はWebサイトから学ぶ方法です。

Webサイト上にはデザイナーツールの使い方やデザインの知識に関する内容が書かれたサイトがいくつもあり、初心者でも分かりやすくなっているものもあります。

本と違ってお金も一切かかることはありませんが、欲しい情報を得にくいというデメリットがあることを覚えておきましょう。

それでも、無料で非常に多くの情報を得ることができるのはWebサイトの大きなメリットです。

【主婦&在宅デザイナーになる勉強方法3】オンラインスクール・講座

デザイナーの勉強方法にはオンラインスクールや講座を利用するという方法もあります。

オンラインスクールではネット上で講師から直接指導を受けることができ、基礎から知識をじっくりと学ぶことが可能です。

本やネットでは分かりにくかった部分もその都度聞くことができますし、自分の作ったデザインを見て客観的に評価してくれるというのはとても参考になります。

ただし、他の方法に比べて費用が高くついてしまうので、やるからにはしっかりと学んでいきたいという方におすすめです。

【主婦&在宅デザイナーになる勉強方法4】YouTube

デザイナーになる勉強方法4つめはYouTubeです。

デザイナーに必要なツール操作や知識を解説した動画がYouTubeに載せられており、無料で詳しく学ぶことができるようになっています。

実際に操作している画面を見ながら自分もそれに合わせて操作することもできますし、操作に不安な方も学びやすいのが特徴です。

ただし、不明な部分があった場合コメントに書き込んでも必ず返事を貰えるとは限りませんし、自分の欲しい情報を解説した動画があるわけではないことを覚えておきましょう。

では、ここまで4つの勉強方法を解説してきましたが、次の見出しでは仕事の取り方と営業方法について詳しく紹介していきます。

在宅デザイナーの仕事の取り方と営業方法5選

仕事を取ったり営業をしていくには以下の5つの方法を試しましょう。

  1. クラウドソーシングを活用する
  2. サイト・ブログ・SNSから受注する
  3. 知人から受注する
  4. スクール・講座の仕事紹介を活用する
  5. 自分から営業をかける

それぞれ詳しく解説していきますのでご覧ください。

【仕事の取り方1】 クラウドソーシングを活用する

仕事を取る1つめの方法はクラウドソーシングを活用することです。

クラウドソーシングとは簡単に言えば業務委託のためのサービスのことで、1案件ごとに契約するため雇用契約なしに仕事を探すことができます。

代表的なクラウドソーシングはランサーズーやクラウドワークスがあり、デザイン系の案件も数多く募集されているので利用してみましょう。

未経験からでもできる仕事はたくさんありますし、案件数も非常に豊富なため仕事を探すのにおすすめの方法です。

【仕事の取り方2】 サイト・ブログ・SNSから受注する

2つめの仕事の取り方はサイト・ブログ・SNSから受注する方法です。

自分が運営しているサイトやTwitterなどのSNSにデザイナーとして活動していることを載せたり、ポートフォリオ(自分の作品集)を載せておけば仕事を依頼される機会もあります。

SNSんどは自分で営業をかける機会が減るので、なるべく自分の活動を細かく掲載しておきましょう。

【仕事の取り方3】 知人から受注する

仕事を取る3つめの方法は、知人から仕事を受注するという方法です。

デザイナーとして活動していることを知人などに公言しておくと、知人から仕事を依頼されることもあるので、日ごろからデザイナーであることをアピールすることがおすすめです。

また主婦の方の場合、旦那さんの名刺を作ってアピールしてもらうことも宣伝となって仕事が舞い込む可能性もあります。

人脈が多ければそれだけ仕事が増える可能性もあるので、なるべく多くの人と関わるようにするといいでしょう。

【仕事の取り方4】スクール・講座の仕事紹介を活用する

仕事を取る4つめの方法は、スクールや講座についている仕事紹介から仕事を獲得する方法です。

講座やスクールによっては受講後に仕事を紹介してくれるものもあり、仕事紹介を通して案件を獲得することが可能です。

自分の学んだスキルが本当に活かせるのか不安な方は、この仕事紹介から実績を積んでみることもおすすめします。

【仕事の取り方5】自分から営業をかける

仕事を取る5つめの方法は、自分から仕事を得るために、直接企業などへ営業をかける方法です。

Webメディアなどではデザイナーの仕事を募集しているサイトもあり、自分から直接営業をかけていくことで仕事を獲得することもできます。

ただし、ある程度実績があった方が仕事を獲得できる確率は上がるので、ある程度実績を積んでから営業をかけましょう。

仕事を得るためには行動あるのみです。

では続いての見出しでは、主婦がデザイナーの仕事を取る為のノウハウも解説していますのでご覧ください。

在宅デザイナー未経験の主婦が仕事を取る3つのコツ

未経験の主婦が在宅デザイナーの仕事を取る3つのノウハウは以下の3つです。

  • ひたすら実績を作る
  • ポートフォリオを作る
  • 信頼を獲得する

仕事を取るためにはどれも必要なことなので、それぞれ見ていきましょう。

【仕事をとるコツ1】ひたすら実績を作る

仕事を取るためにはひたすら実績を作ることです。

クライアントとしても実績が無いよりもある方が仕事を依頼したいと思いますし、仕事を受ける確率を上げるためには実績は無視できません。

最初は受けられる仕事も限られていますが、実績が増えてくればどんどんと仕事の幅も広がっていきます。

まずは実績を作ることを意識して、色々な仕事を受けていきましょう。

【仕事をとるコツ2】ポートフォリオを作る

2つめのコツはポートフォリオを作ることです。

ポートフォリオとは自分の実績やイラストを載せた作品集のことで、仕事を受ける際に提出を求められます。

実績がないうちは作ることは難しいですが、デザイナーの場合は自分の描いたものをまとめて提出すると良いでしょう。

また、案件によってはポートフォリオにできないものもあるので作成する際には注意が必要です。

ポートフォリオはデザイナーにとって仕事を取るために必要なので、必ず作るようにしましょう。

【仕事をとるコツ3】信頼を獲得する

仕事を継続的に得るためにはクライアントの信頼を獲得することも大切です。

デザイナーの仕事では継続案件というものがあり、クライアントから信頼されれば継続して仕事を任されることがあります。

信頼を得るにはクライアントの要望に沿うことや、納期の早さ、レスポンスの早さなど丁寧な対応が大切です。

仕事を得るためにはクライアントと信頼関係を築きましょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE