NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【2021年版】初心者Webライターが稼ぐまでの流れとスキルアップの方法を解説

約15分
 

こんにちは、のりあきです。

今回は初心者Webライターが稼ぐまでの流れのステップに分けて解説し、最低限のスキルの紹介とスキルアップのための方法9つを解説していきます。

文章を書く仕事としてWebライターになってみようか悩まれている方も多いとは思いますが、文章を書いたことがなかった方は私でもなれるのか不安な気持ちもあるでしょう。

そこで今回は初心者向けに稼ぐための流れをSTEPごとに解説し、仕事の取り方や最低限身につけるべきスキルの解説、9つのスキルアップの方法を解説しているので参考にしてみてください。

ぶっちゃけWebライターって初心者でもなれる?

先に結論を言えばWebライターはこれまで文章を書いたことのない初心者でもなれる仕事です。

Webライターとして絶対に必要な資格もないため極論を言ってしまえば、今日からWebライターと名乗ればなることができます。

ただし稼ぐためにはしっかりとしたライティングスキルは必要ですし、専門的な分野に強みがなければ生き残っていくことは難しいでしょう。

誰でもなれるからこそライバルも多い仕事なので、Webライターとして活動するためには初心者のうちからしっかりとライティングスキルを身につけることが大切です。

では次の見出しでは初心者のWebライターの相場のお話に触れていきたいと思います。 

初心者Webライターの相場ってどれくらい?

初心者のWebライターの相場は一概にどの程度ということは難しいですが、文字単価0.5円~1円程度です。

ライターの収入は1文字あたりの文字単価制が多く、初心者の場合は文字単価も低いため0.1円程度のものもあるなど、時給換算すればアルバイト以下になってしまう仕事もたくさんあります。

しかし実績がないうちはどうしても単価の低い案件になってしまうので、実績がある程度ついてくれば高い案件に挑戦していくといいでしょう。

それでも単価の低い案件はおすすめできないので、なるべく1円以下の案件を受けないようにしましょう。 

では次の見出しで初心者Webライターが稼げるようになるSTEPを紹介しているのでご覧ください。

初心者Webライターが稼げるようになるSTEPを解説

初心者のWebライターが稼げるようになるSTEPは以下の通りです。

  1. 基本的なWEBライティングスキルを身につける
  2. 実際に案件を受注して納品する
  3. 単価交渉or高い単価の案件を獲得する

それぞれのSTEPについて詳しく解説しているのでご覧ください。

STEP1:基本的なWEBライティングスキルを身につける

STEP1は基本的なWebライティングスキルを身につけることです。

どんな案件も基本的なWebライティングスキルがなければ成立せず、案件を受けることも難しいでしょう。

具体的には

  • PREP法を用いた書き方
  • 正しい日本語の使い方
  • 読者に寄り添った文章
  • リード文やまとめ文の書き方

など細かいルールが数多くあるので、本やオンライン講座などを用いて学んでいくことがおすすめです。

実践しながら学ぶのも良いですし、一度ガッツリ勉強の時間を確保するのも良いと思いますので、まずは基本的なWebライティングスキルを身につけましょう。

STEP2:実際に案件を受注して納品する

基本的なWebライティングスキルを一通り学んだら実際に案件を受注して納品しましょう。

案件の内容は主に以下の2つです。

  • 自分で構成を作って記事を作成する
  • 出来上がっている構成を貰って記事本文だけを書く

基本的にはこの2つのうちのどちらかになりますが、構成から作る方が単価は高いものの難易度が高くなります。

難易度的にも初心者のWebライターの場合は構成を貰って書く方が簡単なのでおすすめです。 

STEP3:単価交渉or高い単価の案件を獲得する

SETP3は単価交渉と高い案件の獲得です。

収入を上げるために既に受注している案件の単価交渉をしたり、さらに単価の高い案件を狙って案件を獲得していきましょう。

ただし単価を上げるにはライティングスキルの向上や専門的なスキルを身につけなければ難しいです。

また単価交渉ではクライアントとの信頼関係や継続案件でなければ難しいでしょう。

単価交渉や高い単価の案件を獲得できれば収入を上げることにも繋がりますので、交渉ができる営業力を高めたり実績を積んでいくことがおすすめです。

では初心者が稼げるようになるSTEPも分かったところで、次の見出しでは仕事を取る方法を解説していきます。

初心者がWebライターの仕事を取る方法を解説

初心者のWebライターが仕事を取る方法は以下の3通りです。

  • クラウドソーシング
  • SNS
  • オンラインサロンなどのコミュニティ

それぞれどうやって仕事を取れば良いのか詳しく解説していきますのでご覧ください。

Webライターの仕事を取る方法1:クラウドソーシング

まず一つめの方法はクラウドソーシングサイトを利用することです。

クラウドソーシングとは仕事を任せたい人と仕事を受けたい人の両方をマッチングするサービスのことで、ライティング案件も数多く募集されています。

企業から個人まで案件数が幅広く、初心者のWebライターでも仕事を受けやすいです。

有名クラウドソーシングサイトはランサーズとクラウドワークスの2つで、一度は聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

仕事をこなしていけばアカウントに実績が追加されていきますし、良い仕事をすれば評価もつくので初心者には実績作りにうってつけです。 

Webライターの仕事を取る方法2:SNS

仕事を取る2つめの方法はSNSです。

SNSではブログやメディア運営を行う個人や企業などが仕事を募集しており、仕事を探す手段にもなります。

直接コンタクトも取りやすいですが、SNSは仕事を探すメインとはならないのであくまでもサブとして考えておくことがおすすめです。

Webライターの仕事を取る方法3:オンラインサロンなどのコミュニティ

仕事を取る3つめはオンラインサロンなどのコミュニティから仕事を受ける方法です。

Webライター専門のオンラインサロンに参加すれば自分のレベルに応じて仕事を回してもらえる機会があります。

また仕事を受けられるだけでなく、ライティングに関する質問や意見交換ができるので初心者にもおすすめです。

オンラインサロンも色々とあるので、一度見てみると面白いかもしれませんよ。

では仕事の取り方も分かったところで、次の見出しでは初心者Webライターあ最低限身につけるべきスキルの紹介です。 

初心者Webライターが最低限身につけるべきスキル

初心者Webライターが最低限身につけるべきスキルとして以下の3つがおすすめです。

  • 文章執筆力
  • リサーチ力
  • 営業・提案力

これらは最低ラインなのでそれぞれご覧ください。

最低限身につけるべきスキル1:文章執筆力

文章執筆力は最低限身につけておきましょう。

最優先で身につけたいスキルは以下の3つです。

  • PREP法
  • リード文やまとめ文の書き方
  • 正しい日本語で文章を書けること

最低でもこれら3つの文章執筆力がなければ仕事にならないので、これら3つのスキルを優先して学びましょう。

これら3つのことができれば専門的な知識や読者に寄り添った文章の書き方などを徐々につけていくことがおすすめです。 

最低限身につけるべきスキル2:リサーチ力

最低限身につけるべきスキルの2つめはリサーチ力です。

ライターには文章を書く以外に、信頼性の高い文章を作るためにリサーチ力は欠かせません。

記事に書く内容が正しいのかネットで調べたり、読者がどんな情報を求めているのかを調べることもWebライターの仕事です。

文章以外にも構成を作るためにリサーチ力は欠かせないスキルなので、執筆力と一緒に身につけていきましょう。

最低限身につけるべきスキル3:営業・提案力

最低限身につけるべきスキル3つめは営業と提案力です。

Webライターは待っていても仕事はこないため、営業力をつけなければ仕事を取ることはできません。

ほかにも単価交渉のための提案力も必須で、これら2つが揃って始めて仕事の受注と単価交渉が可能になります。

例えばクライアントから案件を増やしてもらったり、自分から別のクライアントに実績を元に売り込んだりと交渉していってみましょう。

交渉材料を増やすためにも受注可能な本数を増やしたり、クライアントとの信頼を築いて仕事へと繋げていくことがおすすめです。

では次の見出しで初心者Webライターが収入をアップするために必要な9つのやるべきことを紹介しているのでご覧ください。 

初心者Webライターが収入をアップするための9つのやるべきこと

初心者Webライターが収入をアップするための9つのやるべきことは以下の通りです。

  1. 本を読む
  2. 執筆の効率を上げる
  3. 専門性を高める
  4. 対応ジャンルを広げる
  5. SEOの知識をつける
  6. ブログを作り運営する
  7. WordPressの知識をつける
  8. 営業力を高める
  9. 取材力を高める

収入をアップさせるにはこれら9つの方法がおすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。 

稼ぐためにやるべきこと1:本を読む

稼ぐためにやるべきこと1つめは本を読むことです。

ライティングスキルを身につけるためにライター向けの本を読めば自分の得たいスキルを学ぶことができます。

自分には何が足りないのかを知っておけばその内容が書かれている本を選ぶことで効率よく学んでいけますし、何度でも読み返すことも可能です。

稼ぐためにも本を読んでライティングスキルをつけましょう。

稼ぐためにやるべきこと2:執筆の効率を上げる

稼ぐためにやるべきこと2つめは執筆の効率を上げることです。

執筆の効率が上がればより多く記事を書けるので、速ければ速いほど多く稼ぐことができます。

効率を上げるには

  • タイピング速度の向上
  • 論理的思考の習得
  • 記事を書く分野の徹底リサーチ

の3つができると執筆速度が上がるので、より多く稼いでいけるでしょう。

これらのことができればより多く効率的に稼いでいくことも可能です。 

稼ぐためにやるべきこと3:専門性を高める

記事を書くために必要な知識の専門制を高めることも稼ぐ方法の一つです。

Webライティングでは誰でも書ける簡単な内容のものから専門的な知識が無ければ書くことが難しい案件まで、とても幅広くジャンルがあります。

難易度は高くなりますが専門的な内容になっていくほど単価も上がっていき、より稼いでいけるでしょう。

知識だけでなく資格もあると活かすこともできるので、稼ぐためには専門性を高めることがおすすめです。 

稼ぐためにやるべきこと4:対応ジャンルを広げる

対応ジャンルを広げることも稼ぐための方法です。

ライティングにはグルメや旅行など簡単なジャンルから、ビジネスなどの専門性で難しいジャンルまで様々なものがありますが、この対応ジャンルを広げていかなければ稼ぐことはできません。

また、記事を書いていくと自分に得意なジャンルが見えてくるものの、得意ジャンルだけでは仕事の幅が狭まってしまいます。

最初のうちは苦手なジャンルは書きにくいですが、本数をこなすうちにどんどん知識がついていくので書きやすくなっていくでしょう。

対応ジャンルが広がれば幅も広がって稼ぐこともできるので、対応ジャンルを広げていくことがおすすめです。 

稼ぐためにやるべきこと5:SEOの知識をつける

稼ぐためにやるべきこと5つめはSEOの知識をつけることです。

SEOとは検索エンジン最適化という意味で、記事を検索したときにページの上位に持ってこられるかどうかでアクセス数が変わります。

そのためSEOの知識があるライターをクライアントは求めているので、知識を付ければ単価アップも期待できるでしょう。

見出しの作り方やキーワードの入れ込み方など、SEOに関する知識はとても多いので難易度は高めですが稼ぐためには知識をつけることがおすすめです。 

稼ぐためにやるべきこと6:ブログを作り運営する

Webライターが稼ぐためにやること6つめはブログを作って運営することです。

ブログ運営では記事作成の勉強になるだけでなく、普段からどんな記事を書いているのかの実績にもなります。

ほかにもブログ運営では広告を入れ込むことでアクセス数次第では稼ぐこともでき、ライティング案件以外の稼ぎ口にもなることも。

ブログ運営はコストもそこまでかかるものでは無いですし、やっておいて損はありません。

稼ぐためにやるべきこと7:WordPressの知識をつける

稼ぐためにはWordPressの知識をつけることもおすすめします。

WordPressとはブログやホームページを作るためのツールのことで、クライアントが運営しているサイトなどもWordPressが多いです。

記事を書くだけでなくWordPressで装飾や入稿などができれば仕事の幅も広がって単価も上がります。

使いこなせるようにするためにも、自分のブログをWordPressで運営して知識をつけていくことがおすすめです。 

稼ぐためにやるべきこと8:営業力を高める

稼ぐためにやるべきこと8つめは営業力を高めることです。

営業力を高めると案件の獲得や単価交渉に活かすことができ、稼ぐことに繋がります。

アピールポイントを増やせばそれだけ交渉もしやすくなるので、ブログ運営や実績を増やしたりしていくと良いでしょう。

営業にはクライアントとの関係も大切なので、連絡をマメに取ったり仕事を早めに納品したり関係構築も大切です。 

稼ぐためにやるべきこと9:取材力を高める

稼ぐために取材力も身につけましょう。

取材のできるライターは少ないので、取材ができるようになるとライターとしての価値が一段階上がります。

ハードルは高いですが、取材ができるだけで専属のライターになれたりすることもあるので、ライバルと大きく差別化できるでしょう。

また専門性の高い分野で取材ができれば単価が更に上がります。

稼ぐためには取材力をつけることをおすすめします。

ではここまで稼ぐためにやること9つを紹介してきましたが、次の見出しでは経験を積んでスキルと価値を高めることについて解説していくのでご覧ください。 

初心者Webライターは経験を積んでスキルと価値を高めよう

ここまで初心者Webライターに向けて身につけるべきスキルや、稼ぐために必要なスキルの解説などをしてきましたが、初心者Webライターはとにかく経験を積むことがおすすめです。

Webライターとして最低限のスキルを身につけたら、とにかく実践を繰り返していくことで実績ができて価値が高まっていきます。

最初のうちは単価も低いですが価値が高まっていけば単価も上がっていきますし、どんどんライティングも楽しくなっていくでしょう。

経験を積んだ上で自分に足りないスキルは何なのかを改めて知っていき、更に勉強と実践を繰り返せばより価値が高まります。

初心者Webライターはとにかく経験を積んでスキルの向上と価値を高めていきましょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE