NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【脱初心者】稼げないWebライターの特徴8選!案件獲得のコツも紹介!

約13分
 

こんにちは、のりあきです。

今回は初心者から抜け出すをテーマに稼げないWebライターの特徴8選の解説と、案件獲得のためのコツを5選紹介したいと思います。

Webライターを始めてみたものの収入が安定せずに稼げなかったり、案件を上手く獲得できないのは多くの初心者が抱える悩みです。

そこで今回は稼げないWebライターの特徴8選の解説と、稼ぐためのコツ5選とスキルを身につけるための学習方法を3選紹介しているのでご覧ください。

稼げないWebライターの特徴8選

稼げないWebライターには以下の特徴8つが当てはまります。

  1. ライティングスキル不足
  2. 継続案件の経験がない
  3. タイピングが遅い
  4. 自分本位の記事を書いている
  5. クライアントのマニュアルを読んでない
  6. 連絡がマメでない
  7. ミスが多い
  8. 納期を守れない

これらの事に当てはまるライターは稼げていないことが多いので、それぞれ詳しくご覧ください。

稼げないWebライターの特徴1:ライティングスキル不足

稼げないWebライターはそもそもライティング不足です。

Webライターは誰でもなれる仕事ではありますが、基本的なライティングスキルが伴っていなければ仕事にも影響が出るので稼ぐことはできません。

ライティングスキルには文章力以外にも日本語の使い方や、文章の組み立て方などのさまざまな細かいルールがあります。

一口にライティングスキルと言ってもさまざまなスキルがあるので、一つずつ身につけていきましょう。

稼げないと言っているライターの大半はそもそもライティングスキルが伴っていません。 

稼げないWebライターの特徴2:継続案件の経験がない

稼げないWebライターは継続案件の経験がありません。

ライティングの案件には継続して受けることができる継続案件というものがあり、稼げない理由の中に継続案件を受けられていないことも一つの理由として挙げられます。

募集されている中には単発の案件も多いですが、Webライターとして稼いでいくためには継続案件をいかに持てるかが重要です。

継続案件の方が安定して稼ぐことができますし、実績に応じて単価が上がることも多いので継続案件を狙っていきましょう。

稼げないWebライターの特徴3:タイピングが遅い

稼げないWebライターはタイピングが遅いことも理由の一つです。

Webライターはほとんどが文字単価制のため、いかに記事数を書けるのかが稼ぐためのポイントになります。

タイピング速度が速ければ記事の本数を稼ぐことができますが、遅ければそれだけ書ける記事数も下がってしまうので、タイピング速度は意外と重要です。

記事数を多くこなせるようになるためにも。タイピング速度を向上させていきましょう。

稼げないWebライターの特徴4:自分本位の記事を書いている

稼げないWebライターの特徴4つめは自分本位の記事を書いていることです。

ライティング案件で書く記事はブログではないので、自分本位の記事を書いていい訳ではありません。

自分本位ではなくいかに読者に喜ばれる記事を書くのかが大切で、以下のようなことをしていないか気をつけましょう。

  • 無理やり情報を詰め込んでいないか
  • クライアントからの要望を無視している
  • 自分の主観ばかりで客観的な記事が書けていない

このように自分本位の記事を書いているとクライアントからも避けられますし、読者から読まれる記事を作ることもできません。

記事を書くときには読者目線に立った上で、クライアントの要望を反映させていきましょう。 

稼げないWebライターの特徴5:クライアントのマニュアルを読んでない

稼げないWebライターの特徴5つめはクライアントのマニュアルを読んでいないことです。

クライアントからマニュアルを渡されてそのルールに従って記事を書く場面は意外と多く、マニュアルを読んでいない場合やルールに従えないのは話になりません。

せっかく仕事を受けられたとしてもマニュアルに書いてあることすら守らねば次回の仕事に繋がりませんし、マニュアルがあるということは要望を満たせないということです。

記事を執筆する上でクライアントからのマニュアルは絶対のルールなので、必ず従うようにしましょう。

稼げないWebライターの特徴6:連絡がマメでない

稼げないWebライターの理由の一つに連絡がマメでないということもあります。

Webライターはクライアントありきの仕事で、分からない部分や気になった点を質問できずにいては良い記事を作ることはできません。

またクライアントから連絡が来ても返信が遅ければ信用されませんし、信用されなければ案件に繋がることはないでしょう。

Webライターは自己責任なので、連絡はマメに取れることが大切です。 

稼げないWebライターの特徴7:ミスが多い

稼げないWebライターはミスが多いです。

記事におけるミスとは誤字脱字や、クライアントからの指摘が改善されないなどがあります。

自分で気をつければ改善できるものをそのままにしておくのはWebライター以前に社会人として通用することが無いので、同じミスは繰り返さないようにしましょう。 

稼げないWebライターの特徴8:納期を守れない

稼げないWebライターの中には納期を守れていない方も多いです。

Webライターの仕事には納期があるので守れなければ信用を失ってしまい、仕事自体が無くなってしまうこともあります。

納期を守れなければクライアントからの信用問題にも関わるほか、クラウドソーシングサイトなどを利用していれば悪い評価が付けられてしまうので次回の仕事にも影響するでしょう。

納期を守ることは当たり前で、納期以上に早く仕事が出来るようにしていくことが大切です。

ではここまで稼げないWebライターの特徴8選を紹介してきましたが、次の見出しでは稼げないWebライターが稼ぐためのコツを紹介しているのでご覧ください、

稼げないWebライターが稼ぐためのコツ5選

稼げないWebライターが稼ぐためのコツは以下の5つです。

  • 基本的なライティングスキルを習得
  • マニュアル・指摘はよく確認する
  • WordPressへの入稿ができる
  • SEO知識を身につける
  • 取材記事が書ける

それぞれ稼いでいくために必要なコツなので見ていきましょう。

Webライターが稼ぐコツ1:基本的なライティングスキルを習得

まず稼ぐには小手先のコツやテクニックよりも、基本的なライティングスキルを習得しましょう。

継続案件の獲得や、案件を引き受けるのにも基本的なライティングスキルがなければ始まりません。

主に 

  • 日本語の正しい使い方
  • 文章の型
  • 読者に寄り添った記事の書き方

など最低限これらのライティングスキルを身につけておかなければ稼ぐことができないので、基本的なライティングスキルを身につけるために学習していきましょう。 

Webライターが稼ぐコツ2:マニュアル・指摘はよく確認する

稼ぐにはクライアントからのマニュアルを守ることはもちろんのこと、クライアントからの指摘に従って記事を書けるようにしましょう。

マニュアルを守ることはは当たり前ですし、クライアントからの指摘を何度も繰り返していては稼いでいくことはできません。

クライアントからの指摘を何度も繰り返さないためにも、自分でパソコンのメモなどに書いておき、それを見ながら執筆するとミスもなくなります。

信用にも関わるので、マニュアルと指摘はよく確認しながら執筆することが稼ぐためには大切です。 

Webライターが稼ぐコツ3:WordPressへの入稿ができる

Webライターとして稼げるようになるにはWordPressの入稿もできるようになっておくと良いでしょう。

WordPressとはブログやHPを作るためのサービスのことで、クライアントもWordPressを使っていることが多いです。

使い方を知っているだけで仕事の幅が広がるだけでなく、ただ記事を書くライターよりも単価が上がります。

基本的な操作だけでも覚えておくと仕事の幅が広がるのでWordPressを覚えることはおすすめです。

Webライターが稼ぐコツ4:SEO知識を身につける

Webライターが稼ぐにはSEOの知識を身につけることも大切です。

SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化) の略語で、Googleなどの検索エンジンに記事を上位表示させることをいいます。

記事を書いてもこのSEOの知識が無ければ上位表示させることはできず、アクセス数も伸びません。

SEOの知識を持ちながら記事を書くことでクライアントから喜ばれるライターになることができるので、勉強しておきましょう。 

Webライターが稼ぐコツ5:取材記事が書ける

Webライターが稼ぐ最後のコツは取材記事を書けることです。

取材記事は通常のライティング案件よりも単価が高く、取材記事が書けるライターも少ないので取材ができると重宝されます。

難易度は高めですが取材ができるだけで仕事の幅は広がりますし、メディアなどに属したときに役立つでしょう。

取材ができるライターは稼げるので、覚えると稼げるようになります。

ではここまでWebライターが稼ぐコツ5つを紹介してきましたが、次の見出しではWebライターのスキルを身につけて稼ぐための学習方法も解説しているのでご覧ください。

Webライターのスキルを身につけ稼ぐための学習方法3選

Webライターのスキルを身につけて稼ぐ方法は以下の3つです。

  • 本・書籍
  • WebサイトやYouTube
  • オンライン講座

それぞれ稼ぐためのスキルを身につける方法として最適なので参考にしてみてください。 

Webライターの学習方法1:本・書籍

知識をつけるなら本を読んで取り入れていくことがおすすめです。

ライティングに関する本も色々と発行されているので、自分が現状で足りないと感じている部分を取り入れやすいでしょう。

おすすめは基本のライティングスキルを学べるものや、日本語を正しく使えるものを読むことでライティングスキルが上がっていきます。

自分に合った本を選んで知識をつけていきましょう。 

Webライターの学習方法2:WebサイトやYouTube

ライティングスキルを身につけるならWebサイトやYouTubeから学ぶこともおすすめです。

Webライティングに関するWebサイトやYouTubeの動画も多く、お金をかけずに自分の学びたい内容を学べます。

自分が何を学びたいのか分かっている場合は、その情報について色々な意見や情報を取り入れやすいですし、スキマ時間を利用して学べることもポイントです。

ただし自分がどんなことを学びたいのか分からない場合に検索するキーワードが分からないといったこともあるので、ライティング専門サイトを見つけてみましょう。

Webライターの学習方法3:オンライン講座

基礎からじっくり学びたいWebライターにおすすめしたいのがオンライン講座です。

ライティングを学べるオンライン講座は数多く、自分からスクールに通わなくていいので自宅に居ながら基礎からじっくりと学べます。

配信のみを行っているものから、動画で対面式になっているものまで色々なオンライン講座があるので、自分の好みで選んでみましょう。

学校に通うよりも費用が安いですし、添削をしてもらえるところもあるのでオンライン講座はおすすめです。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE