NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

アルバイトをするならWebライターをすべき!具体的な収入例や稼ぎ方を解説!

約14分
 

こんにちは、のりあきです。

今回はアルバイトをするのならWebライターをするべき理由の解説と、Webライターとしての収入例や稼ぎ方を解説したいと思います!

アルバイトをしているけど中々思うように稼げなかったり、良いバイトが無いか探している学生の方も多いのではないでしょうか?

どうせアルバイトをするのならWebライターになる方が断然稼げるようになります。

今回はWebライタ-のメリットの紹介と、稼ぎ方の紹介、そしてバイトよりもなぜ優れているのかを解説しているのでこれを機会に挑戦してみてください、 

Webライターの世界をわかりやすく解説

そもそもWebライターの仕事はどのようなものなのか、Webライターの世界を以下の3つに分けて解説していきます。

  • WebライターはWeb上の文章を書く仕事
  • Webライターの収入の目安とは
  • Webライターのアルバイトの仕事はかなり少ない

それぞれ詳しく解説していくのでどんな世界なのか見ていきましょう。

WebライターはWeb上の文章を書く仕事

WebライターとはWeb上になる記事などの文章を書く仕事です。

一口に文章と言ってもそのバリエーションはかなり豊富で、色々なテーマをもとに情報をまとめた記事からコラム、取材記事などさまざまな仕事があります。

また記事の構成や画像掲載なども行うこともあり、本文を書く以外にもライティングに関わる色々な仕事をする機会もあるのがWebライターです。

具体的にはクライアントから仕事を受け、自分でネットなどを用いてリサーチをして記事に取り掛かるという流れで仕事が進んでいきます。

このようにネット全般の記事を全て請け負うのがWebライターの仕事です。

Webライターの収入の目安とは

Webライターの収入は主に一文字あたりの文字単価制なので、書けば書くほど稼げる仕事です。

一般的に全く経験のないライターの場合は一文字あたり0.5円~1円程度で、ある程度経験を積んできたライターであれば1.5円から多い人で2、3円を稼ぐ方もいます。

例えば3,000文字の記事を文字単価1円で書くと3,000円なので、月に10万円以上稼ごうとすると34記事以上を書かなくてはなりません。

正直な部分を話すとスキルや実績のない最初の状態だとアルバイトの方が稼げますが、スキルを上げていけばいくらでも稼げる仕事です。

Webライターのアルバイトの仕事はかなり少ない

基本的にWebライターにはアルバイトの仕事はかなり少ないです。

そもそもWebライターの仕事は業務委託で請け負うもので、記事ごとに契約するか継続的にクライアントと契約を結ぶことになります。

探せばメディアを運営している会社などにバイトとして入り込むこともできますが、経験などが無い場合は難しいと考えた方がいいでしょう。

アルバイトこそ少ないものの業務委託さえできれば好きなときに働けるというのがWebライターの魅力でもあります。

ではここまでWebライターの世界について解説してきましたが、次の見出しでは具体的にWebライターとバイトの違いを解説しているのでご覧ください。

Webライターとバイトの3つの違い

Webライターとバイトの違いは主に3つです。

  • そもそも給料形態が異なる
  • Webライターは基本働き方は自由
  • Webライターは全て自己責任

これらはWebライターの魅力とも言える部分なので、それぞれ見ていきましょう。

アルバイトとの違い1:そもそも給料形態が異なる

先ほど軽く説明したようにアルバイトは時給か日給ですが、Webライターは出来高制です。

アルバイトでは一日に得られる金額は時給1,000円でも8時間で8,000円ですが、Webライターには上限はありません。

例えば文字単価が3円の場合3,000文字の記事に2時間かけても9,000円とバイトの8時間分の金額を稼ぐことができます。

バイトでどれだけ頑張っても時給が上がるのは10円20円の世界ですが、Webライターは頑張ったぶんだけ金額としてリターンがあるのが魅力です。

アルバイトとの違い2:Webライターは基本働き方は自由

アルバイトとの違い2つめはWebライターの働き方は基本的に自由だということです。

Webライターはパソコンさえあれば自宅以外にもカフェや色々な場所で仕事をすることができますが、アルバイトは決められた時間に出勤しなくてはなりません。

極端な話をするとアルバイトと違ってWebライターは記事をきちんと期限までに納品できれば問題なく、あとの時間は何をしていても良いのです。

しかし記事のクオリティや納期の早さなどは求められるので、しっかりと記事を書けることは大切です。

このようにアルバイトよりもWebライターは縛られない働き方ができます。

アルバイトとの違い3:Webライターは全て自己責任

アルバイトは全て職場が管理してくれて、何か問題が起きた場合は守ってくれる場合もあります。

しかしWebライターは全てが自己責任で、スケジュール管理から税金の支払いなど全てを自分で行わなければなりません。

とくにスケジュール管理などは自分でしっかりとしておかなければ納期を過ぎてしまったり、次から仕事が出来なくなってしまうので注意が必要です。

アルバイトのように全て会社任せというわけにはいかないので、Webライターになるのであれば自分で責任を持ちましょう。

このようにアルバイトとWebライターは全て異なっていることが分かります。

ではアルバイトの代わりにWebライターをするメリットはどのようなものがあるのかは次の見出しで解説していくのでご覧ください。 

アルバイトの代わりにWebライターをするメリットを解説

アルバイトの代わりにWebライターをするメリットは以下の6つです。

  1. 努力しただけ収入が上がる
  2. 資金0ですぐに始められる
  3. 時間が自由に使える
  4. 文章力が上がる
  5. 就職へのきっかけ・足掛かりになる
  6. フリーランスへの道も開ける

ここでこの6つのメリットを詳しく解説しているので見ていきましょう。 

Webライターのメリット1:努力しただけ収入が上がる

記事を書いただけ収入が上がり、努力すればするほど稼げるようになるのがWebライターのメリットです。

アルバイトではどれだけ努力したとしても収入があがることはほぼありませんし、給料が上がるまでに時間がかかってしまいます。

一方Webライターは記事を多く書ければそのぶんだけ収入が上がっていき、実績がついてくれば文字単価も上がるためより大きな金額を稼ぐことも可能です。

モチベーションの高い方であれば好きなだけ稼ぐことができていくのは大きなメリットだと言えるでしょう。 

Webライターのメリット2:資金0ですぐに始められる

Webライターは資金0ですぐに始められます。

この記事を読みながらWebライターについて勉強されている方もパソコンさえあれば今すぐにでも始めることが可能です。

Webライターに必要なものはパソコンとネット環境だけで、ほかに必要なものはありません。

例えパソコンが無くても作業効率は落ちますがスマホでも簡単に始めることもできます。

仕事自体もすぐにクラウドソーシングサイトを使えば探すことができますし、誰でもチャンスを掴めるのはWebライターの大きなメリットです。 

Webライターのメリット3:時間が自由に使える

Webライターのメリット3つめは時間が自由に使えることです。

仕事をしている時間以外は何をしていても自由で、旅行に行っても買い物に行っても何をしていても問題ありません。

またWebライターの仕事はパソコンさえあればどこでも出来るので、自分の自由な場所で仕事もできます。

働くときはガッツリ働いて、休むときは休むという風に自分のスケジュール管理次第でどうとでもできるので、自由に時間が使えることはWebライター特有の魅力です。 

Webライターのメリット4:文章力が上がる

Webライターには文章力が上がるというメリットもあります。

記事を書いていると正しい日本語を使うことや、どういう風に書けば読者に伝わるのかという点を気にしながら文章力を意識しなければなりません。

学生などの場合は論文を書くことも多いと思いますが、Webライターとして活動していけば培った文章力を活かすこともできます。

Webライターとして活動して正しい文章力を向上させていきましょう。

Webライターのメリット5:就職へのきっかけ・足掛かりになる

Webライターで培った実績やスキルは就職へのきっかけになることがあります。

ライターとして活動していれば記事を書く以外にもマーケティングや色々な知識に触れる機会も多いです。

そのためWeb業界へ進む際には経験が役立つこともあり、就職の大きな支えとなってくれるでしょう。

アルバイトでは実績にはなりませんが、Webライターはこういった点で大きなメリットがあるので、学生の方にもおすすめできる仕事です。 

Webライターのメリット6:フリーランスへの道も開ける

Webライターとして活動していく中でフリーランスへの道も開けます。

学生の方であればフリーランスとしていきなり活動することは中々難しい決断かもしれませんが、先に副業として活動しておけば実績もできるので踏み出しやすいでしょう。

就職ではなく起業を目指していたり、将来フリーランスとして活動していくことを視野に入れている方はWebライターとしての活動がおすすめです。

ではここまでWebライターのメリットを6つご紹介してきました。

次の見出しではWebライターの仕事の探し方を紹介していきますので、仕事探しの参考にしてみてください。

【アルバイトとは概念が違う】Webライターの仕事の見つけ方3選

Webライターの仕事の見つけ方はアルバイトとそもそも違っており、主に以下のように探します。

  • メディアに直接応募する
  • クラウドソーシングを使う
  • インターンに参加する

ここではそれぞれ探し方を詳しく解説しているのでご覧ください。

見つけ方1:メディアに直接応募する

一つめの方法はインターネット上にある色んなサイトへ直接応募する方法です。

サイト運営などを行っているメディアではWebライターが頻繁に募集されていることもあり、普通の求人と同じように応募することで採用されることもあります。

ただしメディアによってはある程度の実績が必要な場合もあるため、学生が応募する際には学生が運営しているサイトなどを選ぶと良いでしょう。 

見つけ方2:クラウドソーシングを使う

見つけ方の2つめはクラウドソーシングを使うことです。

クラウドソーシングとは仕事を募集している方と仕事を依頼したい企業や個人とを繋ぐサービスのことで、Webライターの仕事も頻繁に募集されています。

有名どころで言えばクラウドワークスやランサーズといったサイトがあり、全てネットのみで完結し、面接も不要なので仕事が探しやすいです。

仕事数も豊富で一番探しやすい方法なので、クラウドソーシングをメインとして使っていくことになる筈なので登録しておきましょう。 

見つけ方3:インターンに参加する

学生特有の仕事の探し方としてインターンに参加することもおすすめです。

Webメディアを運営している会社にインターンとして参加すればWebライターの仕事をすることもできますし、就職への足掛かりにもなります。

ライターを目指す方へ向けたインターンも多く募集されているので、学生の方はインターンも検討してみましょう。

ではここまで3つの仕事探しの方法を乙当てしてきましたが、次の見出しではバイトよりも稼ぐコツも特別にご紹介しているのでご覧ください、 

Webライターでバイトよりも稼ぐコツを解説

Webライターでバイトよりも稼ぐ3つのコツがあるのでここで詳しく解説したいと思います。

  • 得意分野を持つ
  • 処理能力・執筆速度を上げる
  • SEOの仕組を勉強する

ここではこれら3つのコツについて見ていきましょう。

バイトよりも稼ぐコツ1:得意分野を持つ

Webライターとしてバイトよりも稼ぐには得意分野を持つことです。

色々な記事を書くことの多いライターですが、どんなジャンルでもいいので一つ専門分野を見つけておくといいでしょう。

もしも今の自分に得意な分野がないのであれば書いているうちに書きやすいジャンルがあるはずなので、それを得意分野にしていくことがおすすめです。

得意な分野が一つあるだけで書きやすさが全く違うので、見つけてみてください。 

バイトよりも稼ぐコツ2:処理能力・執筆速度を上げる

稼ぐコツ2つめは処理能力と執筆速度をとにかく上げることです。

ライターが多く稼ぐには記事を何本も書く必要がありますが、執筆速度と処理能力の2つが上がればより稼げるようになっていきます。

主に執筆速度と処理能力を上げるには以下のようなことに取り組むといいでしょう。

  • ブラインドタッチ(頭で考えていることをそのまま打てるスピード)
  • リサーチ能力の向上
  • 集中力を向上させる
  • 構成を練り込む

これらのことができるようになればどんどんと記事を書けるようになっていくので、多く稼いでいくことが可能になります。 

バイトよりも稼ぐコツ3:SEOの仕組を勉強する

稼ぐコツの3つめはSEOの仕組みを勉強しましょう。

SEOの話をすると記事が何本も書けるので簡単に説明すると、記事をGoogleの検索上位に持ってくる方法です。

検索上位に記事を持ってくることができればそれだけ多くの読者の目に触れることになり、クライアントからも喜ばれることになります。

そうすれば記事の単価アップや、継続的な執筆依頼も来るようになるのでSEOの勉強は稼ぐために必須の知識です。

このように3つの知識を駆使してバイトよりも稼げるように活動していきましょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE