NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【読み込まれる】記事のリード文の書き方のコツをわかりやすく解説

約12分
 

こんにちは、のりあきです。

今回は記事のリード文を魅力的に書く3つのコツと、リード文がなぜ必要なのかを詳しく解説しています。

記事の本文にばかり目がいきがちでリード文をいい加減に書いてしまったり、どんな事を書けばいいのか分からずに困っているという悩みをお持ちではないでしょうか。

実はリード文は読者が真っ先に見る部分としてとても重要な役割です。

そこでこの記事ではリード文の必要性をわかりやすく解説し、リード文の書き方のポイントを押さえた上で3つのコツを解説しているので参考にして頂ければと思います。

リード文とはなんぞや?わかりやすく解説

リード文とは記事の冒頭にある文章のことで、挨拶や記事の情報を事前に説明する役割があります。

記事の冒頭に書くため読者の気持ちに寄り添って書く必要があり、ニーズに答えた記事であることを教えてあげるのがリード文です。

しかしリード文をいい加減に書いてしまうと読者はこの記事を読む価値はないと判断してしまうので、記事自体が読まれなくなってしまいます。

読者はリード文から記事全体の雰囲気や、自分の欲しい情報を見極めるのでリード文は記事を書く上でとても重要な存在です。

ではもっと具体的にリード文に力を入れるべき理由を解説しているので、次の見出しでご覧ください。

リード文に力を入れるべき3つの理由

リード文になぜ力を入れなければならないのかは次の3つの理由があります。

  • 記事を読むかどうか判断する場所だから
  • リード文で離脱されるとそれ以降は読まれない
  • 離脱によって記事の評価が下がる

これら3つの理由は非常に重要なので覚えていきましょう。 

リード文が重要な理由1:記事を読むかどうか判断する場所だから

リード文は読者があなたの記事を読むかどうかを判断する場所です。

読者は本文全てを見て記事が良いのか悪いのかを判断するわけではなく、リード文をまず最初に見て判断します。

そのためいくら本文をしっかりと書けていたとしてもリード文の時点でダメだと判断されると読まれることはないので非常に重要な部分です。

読者が最初に読むかどうかを判断する場所だからこそリード文は手抜きせずに書かなければなりません。 

リード文が重要な理由2:リード文で離脱されるとそれ以降は読まれない

リード文で離脱されてしまうとその記事が読まれることはありません。

読者の心を掴もうと本文を必死に書いてもリード文で離脱されると、その読者からは二度と読まれることはなく書いた意味がなくなってしまいます。

またブログなどを運営している場合に、一つの記事のリード文が悪ければほかの記事を読まれる機会も減っていくでしょう。

読者の離脱を防ぐにはリード文でしっかりと惹きつけることで離脱を防ぐことができます。 

リード文が重要な理由3:離脱によって記事の評価が下がる

リード文による離脱は記事の評価が下がります。

SEOの話になりますが、Googleの検索結果上位を狙う場合記事の「滞在時間」と「離脱率」の2つはとても重要で、この2つが短いと記事の品質が悪いと認識されます。

そのためリード文の時点で離脱されると全く評価されず、それ以降はどんどんと人目に付かなくなってしまうのです。

せっかく頑張って書いても誰にも読まれることが無ければ意味がないので、リード文にこだわって離脱を防がなければなりません。

ここまでリード文が重要な理由を3つ解説してきましたが、リード文は無視できないとても重要な部分で記事の命なのでしっかり書くことを意識してください。

リード文を書くこが大切なことは理解いただけたかと思いますが、実際に書くときに押さえるポイントがあるので次の見出しで解説していきます。 

リード文で抑えるべき4つのポイント

リード文を書くときに押さえておくポイントは以下の4つです。

  • 読者を引きつける疑問や共感
  • 悩みなどを自分事化させる
  • メリット・ベネフィット・概要説明
  • 権威性の提示

これら4つを意識しながら書くことでSEO対策にもなりますし、読者を惹きつけることができるリード文が書けるので参考にしてみてください。

リード文のポイント1:読者を引きつける疑問や共感

リード文には読者の疑問や共感を書いて惹きつけましょう。

冒頭の部分で読者に寄り添った文章を入れることで、この記事は「自分のために書かれたものだ」と思わせることができます。

例えば

「リード文は書くのが難しいですが、それが簡単に書ける方法があったら良いと思いませんか?(疑問)

 

私もリード文には悩まされてきたので正しい書き方には苦労しました。(共感)」

 

という風にです。

この疑問と共感の部分がリード文に含まれていなければ、読者はこの記事を読もうという気にならないので必ず入れるようにしましょう。

リード文のポイント2:悩みなどを自分事化させる

リード文では悩みを自分事化させることも大切です。

この自分事化というのは当事者意識を持たせるということで、読者に記事で書かれていることをまるで自分のことのように捉えてもらえばそれを解決しようと読者が躍起になるので記事が読まれます。

具体的にどうすればいいのかですが、以下の点を意識して書きましょう。

  • やる理由
  • 将来へのイメージ
  • 読者目線

の3つです。

今回だとリード文をなぜしっかりと書かなければいけないのかと、書けるようになればどうなるかを読者目線で書くということです。

これらのポイントを意識すれば記事の内容を自分のことのように貰えるので意識して貝瀬いきましょう。 

リード文のポイント3:メリット・ベネフィット・概要説明

リード文には記事読んで得られるメリットとベネフィット(利益や変化)を書いた概要の説明をしましょう。

読者は記事を読むことでどんなメリットがあるのか、自分にどう影響するのかが気になっているので、メリットやベネフィットを提示しておくことで読み進めてもらいやすくなります。

説明すると難しいかもしれませんが、一番に読者が知りたいことは結果とそれに伴う変化なので、「この記事を読めばこうなるのでこういうことを書いています!」という風にすれば大丈夫です。

だからこそリード文には先にメリットとベネフィットを提示しましょう。 

リード文のポイント4:権威性の提示

4つめのリード文のポイントは権威性の提示です。

権威性とはライターがどんな実績を持っていてどんな人かということで、これがあることで信頼して貰えるようになります。

例えばダイエットの記事を書いているときにリード文に「私はこのダイエットで1ヶ月-10kgを達成しました!」と書いていると、説得力が生まれるのではないでしょうか。

権威性を入れればSEO対策にもなりますし、読者への信頼性も増すので有効な手段です。

ではここまでリード文のポイントを解説してきましたが、リード文を魅力的に書くコツを解説しているのでそちらも参考にしてみてください。 

今すぐできる!リード文を魅力的に書く3つのコツ

今すぐにでも使えるリード文を魅力的に書く3つのコツは以下の通りです。

  • ターゲットの悩みや感情に寄り添う
  • 読むことで得られるメリットは具体的に伝える
  • 最後に書く

これら3つのポイントを意識すれば魅力的なリード文を書けるようになるので、それぞれ詳しく解説していきたいと思います。 

リード文を書くコツ1:ターゲットの悩みや感情に寄り添う

一つめのコツはターゲットの悩みや感情に寄り添う書き方をすることです。

ターゲットに寄り添って悩みや感情に訴えかけることで共感を得ることができるので、リード文の先にある本文が読まれやすくなります。

ここでポインとなるのは多くに訴えかけるよりも個人に寄り添うことで、表現を意識しましょう。

例えば

「リード文をうまく書きたいと思っている方も多いと思いますが、この記事ではそんなみなさんの悩みを解決できるようにリード文を書くコツを紹介しています。」

と書くよりも

「リード文をうまく書きたくて何度も試行錯誤しているけど、何度もクライアントから修正されて困っているのではないでしょうか。

そこでコツを掴めないといったお悩みを持ったあなたへ向けて、どうすればうまく書けるのかコツをまとめてみました。」

という風に悩みを細分化した上で書いていくようにしましょう。

上の例では皆さんのという表現でリード文を書けないということが漠然としていますよね。

しかし下の例では何度もクライアントから修正されていて困っているという風に悩みを細分化しています。

このように書けば一人の読者にぐっと近づくことができるので、こうした点を意識してみましょう。 

リード文を書くコツ2:読むことで得られるメリットは具体的に伝える

2つめのコツはリード文を読むことで得られるメリットを具体的に伝えることです。

ポイントの見出しでメリットや変化を伝えた方がいいとお伝えしましたが、具体的にどうなるのかを詳しく書いて読者が知りたいと思わせるようにしましょう。

例えば

「リード文を書けるようになります」

よりも

「リード文を書けるようになるだけでなく、記事のアクセス数がアップします」

 

と伝えられた方が具体的にメリットを読者に伝えられるようになります。

このように記事読むことで得られるメリットをより詳しく書くことを意識しましょう。 

リード文を書くコツ3:最後に書く

リード文を書くコツ3つめは最後に書くことを意識しましょう。

これまでリード文にはベネフィットの提示や読者に寄り添った内容するということを説明してきましたが、最後に書かなければより詳しい内容を理解した上で伝えることができません。

最初に書いてしまうとどうしても内容が薄くなってしまい、洗練された文章にならないので最初に書いてしまうことは避けた方が無難です。

本文をしっかりと書き上げたうえで改めてリード文に移り、どんな内容が書かれているのかを理解して書いていくことでリード文の仕上りは変わります。

このルールを守った上でリード文を書き上げてみましょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE