NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【身バレ防止】ライターがペンネームをつける際の注意すべきポイントとメリットデメリットを解説

約12分
 

こんにちは、のりあきです。

ライターが一度は考えるペンネームをつける際の注意すべきポイントとメリットデメリットに関して今回は詳しく解説していきます。

ペンネームをつけて仕事をしていこうか考えるものの、ペンネームは本当に必要あるのか?

またどんなメリットやデメリットがあるのか気になりますよね。

そこで今回はペンネームをつける際に注意すべきポイントとメリットデメリットを解説し、つけるときの注意すべきポイントも解説しているので最後までお付き合いください。

そもそもライターはペンネームを作るべき?

ペンネームをつけようか考えている方も多いと思いますが、ペンネームは必ずしも作らなくてはいけないというわけではありません。

どうしても本名を隠して活動したいのであればペンネームを付けるのも良いですし、ペンネームにこだわりがあるのであれば良いでしょう。

しかし本名で活動することで得られるメリットもありますし、それぞれ使い分けるのがベストです。

ペンネームは必ずしも必須ではないのでしっかりと考えた上で作りましょう。

ではまず次の見出しでライターがペンネームを作るメリットから解説していきますのでご覧ください。

ライターがペンネームを作る4つのメリット

ペンネームを作るとどんなメリットがあるのかは以下の通りです。

  • テーマに関わらず執筆できる
  • 覚えてもらいやすい名前をつける
  • 身バレを防げる
  • キャラになりきれる
  • ペンネーム自体がブランド化する

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

ペンネームを作るメリット1:テーマに関わらず執筆できる

ペンネームを作ればテーマに関わらず執筆できるというメリットがあります。

ライターにはアダルト系の案件もたまにあり、どうしても本名で出すのには抵抗がある場合もあるためペンネームはそういった時に便利です。

アダルト系を執筆することで別のライティングの案件に支障が出る場合もありますし、本名を避けたい場合にペンネームは役立ちます。

どんなジャンルでもペンネームが守ってくれるため、色々なジャンルに関わりたい方にはペンネームはおすすめです。

ペンネームを作るメリット2:覚えてもらいやすい名前をつけられる

本名がありきたりで特徴が無い場合にペンネームだと覚えてもらいやすいというメリットがあります。

ペンネームを使えば自分で自由に名前を決められるので語呂合わせのようにしたり、カッコいい名前にして覚えてもらいやすくなります。

ほかのライターと被らない個性的で覚えやすい名前にすれば覚えてもらいやすくなるというメリットもあるので、自由に名前を決められるのはペンネームの特権です。 

ペンネームを作るメリット3:身バレを防げる

ペンネームを使えば身バレを防ぐこともできます。

ライターとしての活動を身内や知り合いなどに知られたくない場合にペンネームなら活動を伏せた状態で活動できます。

ペンネームのみで顔を出さなければ、一切誰かにバレることはありませんしどんなテーマを執筆していても問題ありません。

ライターの活動を伏せて活動したい事情がある方はペンネームは大きなメリットです。

ペンネームを作るメリット4:キャラになりきれる

ペンネームを使ってキャラになりきるという使い道もあります。

本名だと発言などに気を遣わなければならず、主張を述べるときにどうしても抵抗が生まれますが、ペンネームがあれば気にする必要はありません。

また個性的なキャラクターにすることでオリジナリティを生み出すこともできるので、特徴が欲しい方にはおすすめです。

はっきりとした意見を発言できるライターになれば信頼度も増すのでキャラ付けが欲しい方には良いでしょう。

ペンネームを作るメリット5:ペンネーム自体がブランド化する

ペンネームのまま活動して売れていけばペンネーム自体をブランド化することも可能です。

活動の中でライターとして人気を集めていたり、特定の分野の執筆をメインに行っていたりして売れていけば、このジャンルはあの人に任せようという風にブランド化していきます。

ペンネーム自体をブランド化することが出来ればブログなどを運営している場合にもアクセス数などの面で影響も出ますし、売り込みをしやすくなることも。

本名でも出来なくは無いですが、ペンネームの方がブランド化しやすいのでおすすめです。

ここではペンネームのメリット4つをそれぞれご覧いただきましたが、次の見出しではデメリットについても解説しているのでご覧ください。

ライターがペンネームを作る2つのデメリット

ライターがペンネームを作るデメリットは以下の2点です。

  • 本名ではないので信頼性が低いと思われる
  • 身バレする可能性がある

デメリットもしっかり理解した上で付ける必要があるので見ていきましょう。

ペンネームを作るデメリット1:本名ではないので信頼性が低いと思われる

ペンネームをつけていることで記事自体に信ぴょう性がなく、信頼されにくいことがあります。

リサーチなどをしっかりと書いているのにも関わらずペンネームだというだけで適当に書いていると思われてしまうこともあるので注意が必要です。

しかししっかりとSEO対策などをしてライティングをしていけば信頼も獲得していけるので、そう思わせない執筆をしていけば問題ありません。

またジャンルによっては本名を推奨している場合もあるため、ペンネームでは仕事を受けられないこともあり、仕事の幅が狭くなってしまう可能性もあります。

ペンネームを作る際には信頼性の問題からこのようなデメリットがあることを覚えておきましょう。 

ペンネームを作るデメリット2:身バレする可能性がある

ペンネームの一番のデメリットは身バレする可能性があることだと言っても良いでしょう。

どうしても本名を隠して活動したい場合にペンネームを作って活動していても、本名はクライアントにバレる可能性があります。

ペンネームでバレないと思っていてもどこかしらで本名がバレる可能性があるので、ペンネーム=絶対にバレないということを覚えておきましょう。

ではこのように2つのデメリットを解説してきましたが、メリットとデメリットを比較した上でしっかりと考えてペンネームをつけるか決めることをおすすめします。

その上で次の見出しではペンネームをつけるときに注意すべきポイントを解説していきますのでご覧ください。 

ライターがペンネームをつけるときに注意すべきポイント

ライターがペンネームをつけるときに注意すべきポイントは以下の6つです。

  • 出したい雰囲気に合わせる
  • 公開できる名前にする
  • 覚えやすい名前にする
  • 人とかぶらない名前にする
  • SNSと統一する

この6つのポイントについて解説していきますのでご覧ください。

ペンネームをつけるポイント1:出したい雰囲気に合わせる

ペンネームをつけるときは自分が出したい雰囲気に合わせて作っていきましょう。

名前と雰囲気にギャップがあると違和感があり、信頼されにくくなってしまうので気をつけなければなりません。

例えば苗字と名前の組み合わせだったり、カタカナと名前を組み合わせたりと演出したい雰囲気に合わせて作る方法があります。

どんな雰囲気を出していきたいのか雰囲気に合わせて作っていきましょう。 

ペンネームをつけるポイント2:公開できる名前にする

ペンネームをつけるときには本当に公開できる名前かどうか考えた上で作りましょう。

いざペンネームを作ったら自分の書いた記事に名前が載り、web上で公開されてしまうためあまりにも変な名前にしてしまうと後悔しか残りません。

また自分のあだ名などをペンネームにしてしまうと身バレの可能性もあるため、安易に考えて公開できないような名前にしないようにしましょう。

せっかくペンネームをつけるのですから、よく考えて公開できる名前をつけることがおすすめです。

ペンネームをつけるポイント3:覚えやすい名前にする

ペンネームは覚えやすい名前にすることがポイントです。

難しい漢字や当て字などで読めないペンネームをつけてしまうと覚えにくく呼びにくいため、仕事に支障をきたす可能性も。

例えば響きが良かったり語呂合わせだったり、韻を踏んだような覚えやすい名前にすればクライアントや読者の頭にも残りやすくなります。

覚えやすいことで仕事を受けやすくなることもあるので、ただカッコいいという理由だけで付けることはおすすめしません。 

ペンネームをつけるポイント4:人とかぶらない名前にする

ペンネームをつけるときは人とかぶらない名前にすることも大切です。

覚えやすい簡単なペンネームをつけてみると以外と周りと被っていたりして、自分の実績が混同されたり分かりにくくなってしまうことがあります。

またいざ依頼がきてもペンネームが被っていると別の方にいってしまう可能性もあるため、簡単過ぎるものはおすすめできません。

ペンネームをつけるときは被らないものを選ぶようにしましょう。 

ペンネームをつけるポイント5:SNSと統一する

ペンネームをつけるときはSNSと統一することがおすすめです。

SNSとペンネームが違っていると、せっかくSNSでライターとして活動していたとしても認識されにくくなってしまいます。

名前を同じにしておけば何かを発信するときにスムーズですし、いちいちペンネームを伝える必要もないため便利です。

また名前を統一することで信頼性も増すので、SNS上の名前や同じくクラウドソーシングの名前も全て統一しておきましょう。

ペンネームをつけるポイント6:伝わりやすいものにする

ペンネームは伝わりやすいものにすることもポイントの一つです。

印象に残ろうと思って変な名前や長ったらしいものにしてしまうと、相手に伝わりにくく避けられる可能性が出てきます。

特に英語の名前などだと相手に伝わりにくいでしょう。

名前は仕事にダイレクトに影響するものなので、伝わりやすいものにすることが大切です。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE