NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【初心者必見】記事構成の具体的な作り方と思考法を解説

約14分
 

こんにちは、のりあきです。

今回は初心者必見の記事構成の具体的な作り方と思考法について解説していきたいと思います。

記事構成を作る機会もあるwebライターですが、構成の作り方や重要性をしっかりと理解しておかなければ良い記事を作ることはできません。

しかし今回は初心者の方へ向けて記事構成の具体的な作り方を6ステップに分けて解説し、考え方やコツを紹介しているのでぜひ参考にしてください。

記事の構成とはなんぞや?

そもそも構成とは記事を書くために重要な指針となるものです。

記事の構成を作らないまま本文を書いていくと支離滅裂でまとまりのない文章になってしまうので、ここで構成の重要さについて解説をしていきます。

記事構成とは記事の設計図

記事の構成とは設計図ともいえる存在で、構成が無ければ記事は成り立ちません。

構成が無ければそもそもどんな記事を書くのか定まりませんし、適当に書き始めると文章として成立しなくなってしまいます。

主に構成は

  • タイトル
  • リード文
  • 大見出し
  • 小見出し
  • まとめ

という風に成り立っており、伝えたい内容をスムーズな流れで執筆していけるようになっているんです。

しかし構成が無ければタイトルと本文の内容が一致していなかったり、余談が多く結局伝えたいことが不明確になることもあります。

つまりライティングをする上で構成は記事を形作っていく重要な設計図です。

記事構成の重要性とは

構成は設計図とお伝えしましたが、構成は記事の設計図という以外にも重要な以下の役割があります。

  • 記事の全体像を作るため
  • 読者が知りたいと感じていることを明確にするため
  • ライターとして記事を書きやすくするため

まず構成は記事の全体像を作るために必要です。

次に構成をしっかりと作ることで読者がどんな情報が知りたくて記事を読んでいるのかを明確にすることができ、PV数を稼ぐことができます。

当然ライターとしてもただテーマを決めてそれについて書けと言われるよりも、構成があった方が圧倒的に書きやすいです。

このように読者だけでなくクライアントとライターの3者全員に非常に重要なものが構成です。 

記事の構成作りには入念に時間をかけるべし

記事の構成作りは時間をじっくりとかけて作っていかなければなりません。

執筆をする以上、どのターゲットへ向けて何を書きたいのかといったことがあると思いますが、あやふやな状態で書いても良い事は無いのは当然です。

そのためにもじっくりとリサーチをかけて、読者が欲しがっている情報とはどんなものなのかを知った上で構成を作っていかなければなりません。

構成をしっかり練るほど良い影響が出るので、じっくりと時間をかけて作成していきましょう。

ではここまで記事の構成について解説をしてきましたが、次の見出しでは具体的にどう作っていけば良いのかをご覧ください。

記事構成を作る6ステップ

ここでは記事構成を作るために必要な以下の6ステップについて詳しく解説していきます。

  • キーワード選定
  • ペルソナ・ターゲットを決める
  • 競合の記事を分析する
  • ユーザーの悩みを深堀りする。
  • アウトラインを作成
  • 見出しに書くべき内容を簡単にまとめておく

ひとつずつ重要なポイントになるのでそれぞれ見ていきましょう。 

記事構成の作り方1:キーワード選定

記事構成でまず取り掛かるのはキーワード選定で、ある程度ニーズのあるキーワードを選ぶ必要があります。

ではどうやってキーワードを選ぶのかですが、初心者の方の場合はGoogleトレンドというものを使うとキーワードを選びやすいと思います。

Googleトレンドではキーワードを打ちこむと、そのキーワードが頻繁に検索されている場合はグラフを見ることができるのでキーワード選びに最適です。

またグラフが出ない場合は人気のないキーワードなので、選ばない方が良いでしょう。

例としてキーワードを選定するときには「記事 構成 作成」という風に3つのキーワードでヒットするものを使っていくことがおすすめです、

実際にキーワードが決まったら実際にそのキーワードで検索してみて上位記事に勝てそうだと思ったら記事を作っていくといいでしょう。

ほかにも上級者向けではGoogleキーワードプランナーというツールもあるので、慣れてきたら使ってみてください。

記事構成の作り方2:ペルソナ・ターゲットを決める

ターゲットが決まったら次はペルソナとターゲットを決める段階です。

ペルソナとはターゲットよりも踏み込んだ人物像のことで、年齢や性別、職業以外にも住んでいる地域や普段どんな行動をしているのかということを仮想で決めていきます。

ではなぜこれが必要なのかですが、先ほどキーワードを選定しましたがそのキーワードを検索しているのは誰なのかという段階まで決めていかなければアクセスは伸びません。

決める方法はYahoo!知恵袋を使ってどんな人がそのキーワードを選んでいるのかを決め、そのペルソナへ向けて書いていく必要があります。

例えば「デート ご飯 割り勘」とYahoo!知恵袋で調べてみると、このような検索結果になりました。

このような結果を見ればターゲットの考え方などが分かり、女性側は本気で好かれていないのかという風にターゲット層が見えてくると思います。

じゃあ実際のところはどうなのかということを意見にまとめて記事にしていくという風にできるので、ペルソナ設定は非常に重要です。

記事構成の作り方3:競合の記事を分析する

次に競合の記事を分析することも大切です。

キーワードで実際に検索をしてみて競合の記事はどんな内容が書かれているのかや、どんな部分がGoogle検索の上位に入り込む理由になったのかを見ていきましょう。

 

記事としての参考にもなりますし、どこが読者の心を掴んでいるのかを知っておくことで自分の記事に役立てることができます。 

記事構成の作り方4:ユーザーの悩みを深堀りする

さらにユーザーの悩みを深堀りしていくことも忘れてはいけません。

 

ユーザーの悩みを理解した上で記事を作っていけば検索上位に組み込まれることもあるので、深堀りしていきましょう。

 

Yahoo!知恵袋やTwitterでキーワードを使って検索すればユーザーのリアルな声を聞く事ができるのでおすすめです。

 

またGoogleにキーワードを打ち込むと付随したキーワードも出てくるので、そのキーワードでどんなことを知りたがっているのかも見てみましょう。

 

なるべくユーザーの悩みに寄り添った記事を使っていく事を意識することが大切です。

記事構成の作り方5:見出しを起こしアウトラインを作成

ではいよいよ見出しを実際に作っていきましょう。

ここまで決めてきたペルソナやキーワードを駆使してユーザーの悩みを解決す見出しをつけていきます。

例えば先ほどの「デート ご飯 割り勘」をキーワードにするのであれば、以下のような見出しがです。

  • デートでご飯は割り勘にするのが基本?
  • 割り勘派の考え
  • 驕り派の考え

という風に読者の考えを汲んだ見出しを作っていきましょう。

記事構成の作り方6:各見出しに書くべき内容を簡単にまとめておく

見出しが決まったらいよいよ本文と言いたいところですが、まずはどんな内容にするのか見出しに応じて書いていくことがおすすめです。

どんな情報を載せるのかなどの簡単な内容をまとめておくと本文がとても書きやすくなるので、メモにでも書いておきましょう。

あとは本文を書き上げて執筆完了です。

ではここまで記事構成の作り方を解説してきましたが、ライターの方の場合構成を作れると仕事の幅も単価も上がっていくのでぜひ作れるようにしておくことがおすすめです。

次の見出しでは記事の構成を作る6つのコツも解説 しているのでご覧ください。

記事の構成を作る6つのコツ

記事の構成を作るコツは以下の6つを使いましょう。

  • 検索上位記事を参考にする
  • 自分の主張ばかりを詰め込むのはNG
  • 一つの見出しで伝えることは一つ
  • 読者のニーズが強い順に見出しを並べる
  • ピラミッド型の構造にする
  • 検索ニーズ以外への回答は削る

これらを知っておくと構成を作ることに便利なので詳しく解説していきます。

記事構成のコツ1:検索上位記事を参考にする

記事の構成を作るときはキーワードで健作して上位記事を参考にしていきましょう。

Googleの上位に記事が来るということは読者のニーズに答えた上でGoogleに喜ばれる記事を作れているということです。

そこで検索上位の記事を見て参考にして

  • 読者のどんな悩みを解決しているのか
  • 読者にとって必要な情報がどこまで盛り込まれているのか
  • 見出しやタイトルはどう書かれているか

などを見ていきましょう。

しかしここでコピーしてはNGなので、あくまでも参考程度に自分の言葉でしっかりと記事を書いていくことが大切です。 

記事構成のコツ2:自分の主張ばかりを詰め込むのはNG

記事には客観性と正確な情報が大切なので、自分の主張のみを飲み込むことはNGです。

Googleや読者が求めているのは主観的な意見ではなく問題解決の方法です。

自分のブログやSNSなら意見をいう事もありですが、ライターとしては必要のないことなのでどう問題解決が出来るのかを書ける構成を作りましょう。

記事構成のコツ3:一つの見出しで伝えることは一つ

一つの見出しで情報が多すぎるのもNGなので、一つの見出しに対して1つの問題を伝えるようにしましょう。

見出しにあれもこれもと詰め込み過ぎると読者が理解しにくくなってしまうため、一つの見出しで伝える内容は一つまでを意識してください。

情報が浅すぎず深すぎないことを意識することがポイントです。 

記事構成のコツ4:読者のニーズが強い順に見出しを並べる

Webライティングでは読者のニーズが強い順番に見出しを並べるのがコツです。

読者はページを開いた時に自分の欲しい情報が無いと思った瞬間に次のページやブラウザバックしてしまいます。

そのため最初に見出しに結論を書いて、順に理由を追っていくほうがいい見出しを作るためのコツです。 

記事構成のコツ5:ピラミッド型の構造にする

構成を作るときは論理的な文章を作るために主張を先に持ってきたピラミッド型の構造にしましょう。

先に主張を端的に述べることで文章が論理的になり、そこから結論を具体づける理由と例を書いていくことで読みやすい論理的な文章になります。

先ほどの例でいくと

  • 主張:デートのご飯代は割り勘の方がいい
  • 根拠1:金銭的に片方に負担がかからない
  • 根拠に付随する要素1:二人で負担し合えばほかのことに使える
  • 根拠2:カップルとして平等を保てる
  • 根拠に付随する要素2:喧嘩したときにお金で揉めることが無い

という風にあくまでも例ですがこのように組み立てていくことで論点的な文章が完成します。

そして最後にPREP法と呼ばれる

  • 結論
  • 理由
  • 具体例
  • 結論

という書き方をすればより論理的に本文を作っていけるので、ぜひこの方式をとっていきましょう。

ただしシチュエーションによってはこの限りではないので、使う場面をしっかりと選ぶことがポイントです。

記事構成のコツ6:検索ニーズ以外への回答は削る

記事の構成を作るとき検索ニーズに反した回答は削ることも一つのコツです。

検索ニーズにそれた話が多ければ本筋から脱線していくだけでなく、読者目線で見ても読む必要がないと判断されるので関係の話はしないようにしましょう。

この記事なら記事構成について知りたいはずなので、関係のないライティングのコツなどは不要なはずです。

読者に読んでもらうためにも検索ニーズ以外の回答はしないようにしましょう。

では次の見出しで記事構成を作るスキルをアップする方法を紹介しているのでご覧ください、  

記事構成をスキルアップする方法4選

記事構成のスキルをアップさせる方法は以下の4つです。

  • 参考書を読む
  • 講座を活用する
  • 上位記事の構成を分析する
  • 質よりも数をこなす

それぞれ詳しく解説しているので参考にしてください、

記事構成を学ぶ方法1:参考書を読む

記事構成を学ぶ方法一つめは参考書を読むことで、以下の参考書がおすすめです。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

読者のことを考えたノウハウが学べるのが本書です。

Webライティングに必要な伝えるために必要な文章の書き方をイラストを用いて解説しており、初心者の方にも頭に入ってきやすいでしょう。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

先程紹介したピラミッド理論を詳しくしりたい方におすすめなのが本書です。

分かりやすく論理的な文章を書く方法を学べる内容が詰まっており、ライティングに関わるのであれば一度は読んでおきたい内容になっています。

またライティング以外にも普段の会話などに活かすことができるのでおすすめです。

記事構成を学ぶ方法2:講座を活用する

記事構成を学ぶために講座を活用する方法もあります。

ライティングを教えている講座を受ければ必要なスキルを直接教わることができあすし、人からライティングを教わるという機会はとても貴重です。

基礎からライティングに必要なことが学べるので参加してみましょう。

記事構成を学ぶ方法3:上位記事の構成を分析する

記事構成を学ぶなら上位記事の構成を分析しましょう。

何度もお伝えしていますが、Googleの検索上位に来ている記事はすなわちGoogleから高評価を受けているということです。

非常に参考になる構成の作り方をしているので、徹底的に分析して自分の構成へと落としこめば良い記事ができますよ。

記事構成を学ぶ方法4:質よりも数をこなす

学ぶには自分で試行錯誤して数をこなすことも大切です。

必要な知識などをつけることも大切ですが、実際に構成を作って記事を書いていくことが何よりも練習になります。

何度も書いているうちにコツを掴んでくるので数をこなして経験を積んでいきましょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE