NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【2021年版】Webライターが持っておくべき資格7選!ライティングスキルを上げる方法も解説!

約13分
 

こんにちは、のりあきです。

今回はWebライターが持っておくべき資格7選の紹介と、Webライターとしてスキルや価値を上げていく方法を解説していきます。

誰でも始められるWebライターですが、実際のところ資格を持っておくべきなのか気になる方も多いのではないでしょうか?

実は資格があるのとないのとではWebライターとして大きく差が出るんです。

そこで今回はWebライターが持っておくべき資格7選の紹介とライティングスキルとWebライターとしての価値を上げる方法を紹介しているので最後までお付き合いください。

そもそもライターになるには資格は必要なのか?

先に結論を伝えるとライターになるために資格などは一切必要ありませんが、あった方がいいという事実もあります。

極端な話をするとパソコンで文字さえ打つ事ができれば誰でもライターになることができ、国家資格などがなくてもすぐにでも始めることが可能です。

しかし信頼性の話をするのであれば無いよりはあった方がいいですし、資格があることで仕事の受けやすさなども変わってくるのであった方が良いでしょう。

ライターになるために資格は必須というわけではありませんが、可能性を広げるためにも習得できるのであれば取ってしまうことがおすすめです

では次の見出しでライターが資格を持つ3つのメリットを解説しているので見ていきましょう。

ライターが資格を持つ3つのメリット

ライターが資格を持つと具体的にどんなメリットがあるのかは以下の通りです。

  • 他のライターと差別化できる
  • クライアントからの信頼を得やすい
  • スキルがつく

このように3つのメリットがあるのでそれぞれ詳しく解説していきます。

資格を持つメリット1:他のライターと差別化できる

資格があることで他のライターと差別化を図ることができます。

ライターは敷居が低いため誰でもなることができるのでライバルが非常に多く、生き残るためには他のライターと差別化をしていかなければ生き残ることは難しいです。

しかし資格が一つでもあれば持っていないライターよりも信頼される機会も増え、チャンスに恵まれる機会が増えます。

クライアント側としてもよく分からないライターを雇うよりも、資格を持っているライターを雇いたいと思うので差別化を図れる点がメリットです。

資格を持つメリット2:クライアントからの信頼を得やすい

資格を持てばクライアントからの信頼を得やすいというメリットもあります。

例え実績がない未経験者でも資格を持っていればこの人になら任せても問題がないという風に思われやすくなり、仕事を受けられる機会が増えることも。

仕事を受ける前の段階で信頼してもらえれば、良い仕事にありつける可能性も広がるのでとてもおすすめです。 

資格を持つメリット3:スキルがつく

資格を持つことで自分にスキルがつくというメリットもあります。

しっかりと勉強して試験に臨まなければ資格を獲得することが難しく、資格を取るまでの過程でスキルが身につくので自分の力になることは間違いありません。

しかも独学で知識に抜けがある状態で学ぶよりも基礎からしっかりと学ぶことができるので、大きくレベルアップできるでしょう。

スキルをつけていくために資格を取ることは非常におすすめです。

ここまで資格を持つメリットを3つ紹介してきましたが、どんな資格を取ればいいのかは次の見出しで紹介していますのでご覧ください。 

ライターが持っていると有利になる資格7選

ライターが持っていると有利になる資格は以下の7つです。

  1. Webライティング技能検定
  2. Webライティング能力検定
  3. 日本語検定
  4. ビジネス著作権検定
  5. ライターの資格5:Webリテラシー試験
  6. ライターの資格6:文章読解・作成能力検定
  7. ライターの資格7:WEBライター検定

ここではどんな資格で何故おすすめなのかを解説しているのでご覧ください。

ライターの資格1:WEBライティング技能検定

Webライティング技能検定とはクラウドソーシング上でライティングを行うために必要なライティングスキルとマナーを学ぶことができる資格です。

ライターはクラウドソーシング上でライティングの仕事を得る機会も多いため、Webライティング技能検定を習得しておくことで有利に働きます。

資格として難易度も簡単なため、クラウドソーシングを利用することの多いライターの方は取っておきたい資格の一つです。

・Webライティング技能検定

・費用:32,000円(税込) 

ライターの資格2:Webライティング能力検定

Webライティング能力検定とはライティングスキルのほかSEOの知識や倫理の問題、日本語といった幅広い内容を学べます。

2012年からある資格で、2021年2月時点では2000人以上が受検している人気の資格です。

ライティングスキルを学べるのはもちろん資格習得者にはライター紹介依頼があったりと仕事にも繋がります。

資格は1級~3級まであり、点数に応じて発行されるのでぜひ挑戦してみてください。

・Webライティング技能検定

・費用:13,500円(学生は6,750円)

ライターの資格3:日本語検定

日本語検定は日本語を正しく使えるようにするための資格です。

習得してもライティングスキルが向上するわけではありませんが、日本語で正しい文章を書くために必要なスキルを得られます。

変な日本語を文章に書いてしまわないためにも日本語検定は受けておいて損はありません。

・日本語検定

・費用:1級 6,300円、2級 5,300円、3級 3,800円、4級 2,500円、5・6・7級 1,800円

ライターの資格4:ビジネス著作権検定

ビジネス著作権検定とは著作権を理解し、ビジネスに活かしていくためのスキルです。

記事にも著作権はあり知的財産となるので著作権を侵害しないために知識をつけておかなければなりません。

ビジネスにおける著作権を理解しておくことでライターとしての信用度も増すためぜひ取っておきたい資格の一つです。

・ビジネス著作権検定

・費用:初級5,100円、上級8,000円

ライターの資格5:Webリテラシー試験

Webリテラシー試験とはWebに関わる仕事に必要なコミュニケーションスキルを主とした知識を学ぶことができる資格です。

デザイナーやWebディレクター、プロデューサーといった立場の知識を学び、Webに関する基礎的な知識からリテラシーを学ぶことができます。

ライターから更にディレクション方面へと進んでいきたい方は取っておくと良いでしょう。

・Webリテラシー試験

・費用:10,000円(税抜) 

ライターの資格6:文章読解・作成能力検定

文章読解・作成能力検定(通称:文章検)は文章でのコミュニケーションを取るために必要なスキルを学べる資格です。

ライターは読者に記事を通してさまざまなことを伝えるのが仕事ですが文章検ではそのために必要なスキルが学べます。

文章能力の向上と相手に伝えるためのスキルが身につくのでライターにはまさにうってつけの資格としておすすめです。

・文章読解・作成能力検定

費用:2級4,000円、準2級/3級3,000円、4級2,000円

ライターの資格7:WEBライター検定

Webライター検定はクラウドソーシングの大手であるクラウドワークスが行っているWebライターのための検定です。

ライティングスキルを向上させるための検定として3級~1級まであり、3級では基礎知識を、2級では実務、1級ではマーケティングをふまえたライティングスキルを学べます。

合格することでクラウドワークスのプロフィールに検定の合格証が表示されるので、利用しているのであれば習得することがおすすめです。

 

・Webライター検定

・費用:3級無料、2級10,000円、1級25,000円

 ここまでライターが取得しておいた方がいい資格や検定を7つ紹介してきましたが、持っておくことで有利になるので一つでも習得しておきましょう。

次の見出しではほかの資格はあった方が良いのかの話もしているのでここにない資格を持っている方などはぜひ参考にしてください。

 Webライターは専門資格も活かせる

ここで紹介した資格以外にもWebライターには専門資格も活かせます。

ライティングスキルに関わる資格を持つことも良いですが、さまざまな分野の専門的な資格があれば記事の説得力が増すため非常に便利です。

とくに士業などの難関な国家資格がある場合は資格を活かした記事の依頼が舞い込むこともあるため単価アップも期待できます。

またSEOの観点から言うと資格持ちのライターが執筆をすると権威性というものが出るため記事が上位にいきやすくなるため、クライアントからも喜ばれるでしょう。

ライティングに関わらず資格は習得しておいて損はありません。

では続いての見出しで資格なしでライターとしての価値を上げる方法も解説しているのでご覧ください。

資格を取らずライターとしての価値を上げる方法を解説

ここでは資格を取らずにライターとしての価値を上げる以下の方法を解説していきます。

  • ライティングスキルをつける
  • ライターとしての実績を作る
  • 専門知識をつける
  • クライアントに貢献する

それぞれくわしく解説していくのでご覧ください。 

価値を上げる方法1:ライティングスキルをつける

資格の有無に関わらずライティングスキルをつけて価値を上げていきましょう。

Webライターに大切なのは資格の有無よりもしっかりとした文章を書けるかどうかです。

文章として日本語がおかしくなかったり、読者目線に立って伝わる文章を書けているかなどのライティングスキルを意識してつけていけばレベルアップに繋がります。

こうしたスキルは資格を取らなくても独学で学んでいけるので、積極的につけられるようにしていきましょう。

価値を上げる方法2:ライターとしての実績を作る

価値を上げるにはライターとしての実績をひたすら作っていくことです。

ライターはライバルが多いからこそ、仕事を受注するためには実績が欠かせません。

最初は単価の低い案件でも何度もライティングをこなしていくうちに実績になり、ある程度の実績があれば単価の高い案件を獲得していくこともできます。

ライターとしての価値を上げるにはひたすら実績を作っていきましょう。

価値を上げる方法3:専門知識をつける

ライター以外の専門知識をつけることも価値を上げる方法の一つです。

色々な分野の執筆をすることもありますが、自分がとくに得意な分野の専門的な知識を付けておけば他のライターには無い価値を作ることができます。

専門的な知識があればその分踏み込んだ執筆ができますし、専門的な知識であるほど単価も高くなるので自分の得意を伸ばしていきましょう。

価値を上げる方法4:クライアントに貢献する

クライアントに貢献することもライターとしての価値を上げる方法です。

ライターはクライアントとの関係が密接なため、積極的にクライアントに貢献すると重宝されやすくなります。

例えば納期よりも早く納品したり、できる限り高いクオリティの執筆をするなどを心がけましょう。

クライアントに貢献していれば継続的に案件を任されることもあるので、一つの仕事を丁寧にこなしていくことがおすすめです。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE