NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【必見】Webライターの勉強方法9選と4つの必須スキルとは?稼ぎ続けるためのレベルを上げる方法を紹介

約13分
 

こんにちは、のりあきです。

今回はWebライターの勉強方法9選の紹介と、勉強するべき4つのスキルを紹介したいと思います。

Webライターは敷居が低く誰でも始めやすい仕事ですが、稼いでいくためにはしっかりとスキルを身につけて学んでいかなければなりません。

そこでこの記事ではWebライターが稼ぎ続けるために必要な4つのスキルの紹介やおすすめしたい勉強方法9選を紹介しています。

これから先Webライターとして稼ぐために必要な内容になっているのでぜひ参考にしてみてください。

【結論】Webライターには勉強は必要

Webライターは初心者からスキルがなくても出来る仕事ですが、勉強は必要です。

プログラミングなどのように専門な知識が必須ではなく、文章を書ければ誰でもWebライターとして活動はできるものの、スキルがなければ生き残っていくことはできません。

webライターは誰でもなりやすい反面ライバルが非常に多く、ライバルと差別化を図るにはライティングスキルなどの勉強を続けていかなければ稼ぎ続けることは難しいでしょう。

だからこそ結論としてWebライターには勉強は必須です。

では次の見出しではWebライターが勉強すべき理由を詳しく解説していくのでご覧ください。 

Webライターが勉強すべき理由を解説

ここではWebライターが勉強すべき理由を以下の2点に分けて解説しています。

  • スキルをつけると仕事を受注しやすくなる
  • 文字単価が上がる

それぞれ詳しく解説しているので見ていきましょう。

勉強すべき理由1:スキルをつけると仕事を受注しやすくなる

まず一つめの理由としてスキルをつけることで仕事を受注しやすくなります。

クライアントの立場になって考えると分かりやすいですが、スキルが無いWebライターよりもしっかりと実績があって文章を書けるライターの方が好まれるのは当然です。

いつまでも勉強をしないままだと仕事を受けることは難しいですし、仕事を受けて稼いでいきたいならスキルをつけていくしかありません。

ライティングのスキルを向上させる以外にもSEOの知識を深めたり、WordPressを操作できるようになれば仕事の幅も広がるのでしっかりとスキルを付けていきましょう。

勉強すべき理由2:文字単価が上がる

勉強をすると文字単価が上がるというメリットもあることを覚えておきましょう。

ライティングのスキルのほかに専門的な分野のライティングをこなせるようになればそれだけ差別化を図ることができ、単価も上がっていきます。

しかし勉強をしていないと文字単価の低い案件しか受けることができないため収入を上げていくことはできません。

1記事あたりの効率も良くなるので勉強をしてスキルをつけて稼いでいきましょう。

ではここまで勉強をするべき理由を2つ解説してきましたが、次の見出しでは勉強すべき必須とも言えるスキルを紹介しているので参考にしてみてください。

Webライターが勉強すべき必須スキル

Webライターが勉強すべき必須スキルは以下の4つです。

  • ライティングスキル
  • PCスキル
  • 執筆分野の知識
  • コミュニケーションスキル

それぞれ何故必須なのか、どんなことを勉強すれば良いのかを解説しているのでご覧ください。

勉強すべきスキル1:ライティングスキル

必須スキルの一つめはライティングスキルです。

文章を書ければ良いと思われがちですが、Webライターの書く文章は特有の書き方というものが存在します。

具体的に必要なスキルとして

  • 基礎のライティングスキル
  • Web上でのライティングスキル
  • SEO(検索エンジン最適化)のためのスキル

の3つのスキルが必要です。

まず基礎的なライティングスキルは言うまでもないですが、Web上でのライティングには独自の書き方などがあるので覚えておく必要があります。

そしてSEOとはGoogleの検索エンジンの上位を狙うための書き方で、SEOの知識があるだけで多くのクライアントから喜ばれるので必須です。

これらは全部必須ですが、すぐに全部覚えるのは難しいので一つずつじっくりと取り組んでいきましょう。

勉強すべきスキル2:PCスキル

Webライターはパソコンを使うためPCスキルも必須です。

パソコンの基本的な操作やタイピング速度の向上以外にもツール操作を覚えておきましょう。

特に

  • Word
  • Googleドキュメント
  • WordPress

の3つのツールは頻繁に使うことになるので覚えておくことがおすすめです。

ただし通常のライティングではWordかGoogleドキュメントのどちらかを使うことになるので基本的にはこの2つさえ覚えておけばなんとかなります。

WordPressに関しては覚えておくことで収入アップになるので出来れば覚えておくことがおすすめです。

勉強すべきスキル3:執筆分野の知識

3つめのスキルは執筆分野の知識です。

手当たり次第に色々なジャンルの執筆をするのも知識が増えていいですが、自分の強みである分野の知識を深く理解しておくことをおすすめします。

またWebライターは自分が詳しくない専門外の記事も書くことになりますが、書くにはしっかりとしたリサーチも必要です。

特に単価が高いジャンルだと専門的な分野になっていくので。事前に入念に調べておきましょう。

勉強すべきスキル4:コミュニケーションスキル

最後に必要なスキルはコミュニケーションスキルです。

Webライターはクライアントと密接に関わるためコミュニケーションスキルは必ず必要になります。

記事に対してどんな要望があるのかを聞き出すほか、新規案件の獲得などコミュニケーションスキルが無ければやっていけないことも多いです。

書き始めてからも随所に気になることがあればクライアントに質問することもありますし、コミュニケーションスキルは絶対になくてはなりません。

ここでは勉強すべきスキル4つを紹介してきましたが。どのスキルも必須なのでぜひ身につけておきましょう。

次の見出しではそんなWebライターのスキルをつける勉強方法9選を紹介しているのでご覧ください。 

Webライターのスキルをつける勉強方法9選

Webライターのスキルをつける勉強方法は数多くあり、以下の9つの方法があります。

  1. スクール・講座
  2. 本・書籍
  3. Webサイト
  4. オンラインサロン
  5. 検索順位の高い執筆記事を読む
  6. ドラマ・映画などを見る
  7. 自分でブログを運営する
  8. 実践(記事の添削・フィードバック)から学ぶ
  9. 思い切って仕事をとってみる

それぞれの方法についてここで詳しく解説しているのでご覧ください。 

スキルをつける勉強方法1:スクール・講座

一つめの方法はスクールや講座を通して学ぶ方法で、参加することで基礎からじっくりと学んでいくことができます。

スクールでは知識以外にも習ったことを元に記事を実際に書いて添削してもらえるので、客観的に自分の記事はどこが悪いのかを知る事も可能です。

自分の書いた記事を評価してもらえる機会はほかにないので、とくに初心者の方であれば通ってみることをおすすめします。 

スキルをつける勉強方法2:本・書籍

2つめの方法は本から学んでいく方法です。

Webライター向けの本は数多く出版されており、基礎的なライティングスキルからSEOなど専門的な部分を必要に応じて学ぶことができます。

どんなスキルを得たいのか自分で考えて選んでいくことができるため、効率良くスキルをつけていくことが可能です。

スキルをつける勉強方法3:Webサイト

3つめの方法はWebサイト上でスキルをつけていく方法です。

Webライター向けの記事を見ていけばライティングスキルの知識やスキルをつけていくこともでき、いつでもどこでも学習することができます。

また無料でスキマ時間を活用して学べるというメリットもあるため非常におすすめです。

スキルをつける勉強方法4:オンラインサロン

オンラインサロンに参加するというのも一つの方法です。

ライター向けのオンラインサロンでは初心者向けから上級向けのものまでさまざまなものがあり、参加者同士で情報を共有することもできます。

参加しているのはほとんどがライターとしてやる気のある方ばかりですし、刺激にもなるのでオンラインサロンもおすすめです。

スキルをつける勉強方法5:検索順位の高い執筆記事を読む

検索エンジンの上位にある記事を読むのも勉強の一つです。

上位に表示されている記事はSEOがしっかりと考えられて書かれており、記事の内容や書き方まで全てが勉強になります。

また上位に来ている記事にはオリジナリティも含まれているのでそういった部分もエッセンスとして取り入れていけばレベルアップが可能です。

ただ記事の内容を見るだけでなく書き方や言い回しなどを詳しく注目して勉強していきましょう。 

スキルをつける勉強方法6:ドラマ・映画などを見る

スキルをつけるためにドラマや映画などを見ることも一つの方法です。

ライティングスキルに直結するわけではありませんが、ドラマや映画から起承転結を学んだり特定の分野の知識を広めることもできます。

自分で調べて知識を広げていくのが苦手な場合はぜひドラマなどから学んでいきましょう。 

スキルをつける勉強方法7:自分でブログを運営する

実践的な方法として自分でブログを運営してみることもスキルを付ける勉強になります。

ブログを運営していくうちに執筆に慣れるだけでなく、どのように書けば読者が喜ぶのかを勉強することができるのでおすすめです。

またブログ運営は実績にもなりますし、普段どんな内容の記事を書いているのかクライアントに伝える際に役立ちます。

WordPressでブログを運営すればライティングスキル以外の部分も鍛えられるのでぜひ挑戦してみましょう。

スキルをつける勉強方法8:実践(記事の添削・フィードバック)から学ぶ

自分で既にwebライターとしての仕事を受けているのであれば、クライアントからのフィードバックから学んでいく方法もあります。

フィードバックを受けたときに何がいけないのか、どうして修正する必要があるのかという部分を実践的に吸収していくことで少しずつレベルアップが可能です。

記事を書くときに貰ったフィードバックを意識して書いていけば書いているうちに身についていくので、メモなどにまとめておいて意識しながら執筆に臨んでいきましょう。

スキルをつける勉強方法9:思い切って仕事をとってみる

スキルを身につけるために思い切って仕事を取ってみることも一つの方法です。

全くライティングに関わったことがなくても思い切って仕事をしてみることで実践的に学んでいくことが出来ます。

また何かの記事を参考にしながら書いていくことで書き方を学ぶこともできますし、仕事を完遂する責任感から追い込まれて書けるようになるので一つの方法として良いでしょう。

しかしパクリではダメなので自分なりに書き直していくことが大切です。

ここまでスキルを身につける方法を9つ紹介してきましたが、どの方法もライティングスキルを身につける方法として使えるのでぜひ実践してみてください。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE