NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

Webライターの収入の相場はどれくらい?年収と単価上げるコツもあわせて紹介

約14分
 

こんにちは、のりあきです。

この記事ではWebライターの収入の相場についの解説と年収と単価を上げるコツについて解説していきたいと思います。

自分の書いた記事で収入を得たいと思ってライターになったものの、思ったよりも稼げずに苦戦している方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はWebライターの収入事例の紹介や報酬単価を決める要因の解説、年収を決めるポイントのほか収入アップのためのコツなどを紹介していきます。

Webライターとしての収入に伸び悩んでいる方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

ぶっちゃけWebライターの平均年収・収入額はいくらくらい?

Webライターの平均年収は給料ナビによると450万円で、はたらいくでは259万円となっています。

平均年収を各サイトで調べたところ、会社員としてライターをしている場合の平均年収は高めですがフリーライターなどの場合は低くなる傾向にあるようです。

会社に属さない場合はライターの収入は基本的に単価制になるので、収入を意識する際にには単価で見る方がいいでしょう。

では次の見出しでWebライターが収入を得る仕組みを解説しているのでご覧ください。

Webライターが収入を得る仕組みを解説

ここではWebライターが収入を得る仕組みを以下の3つに分けて解説していきます。

  • Webライターの雇用形態
  • Webライターの報酬・単価の形態
  • Webライターが収入を得るまでの流れ

それぞれ詳しく解説をしていますのでご覧ください。

Webライターの雇用形態

Webライターの雇用形態は主に2つに分けられます。

  • 正社員・派遣社員・アルバイト
  • フリーランス・副業

正社員や派遣社員としてライターの仕事をする場合はライティングの他にも校正や編集をすることもあり、ただ記事を書くだけというよりもディレクションも含んでいる場合が多いです。

単純に記事を書くだけであればフリーランスや副業としての方が多く、記事を書く事で収入を得ていく形になります。

Webライターの報酬・単価の形態

Webライターの報酬は以下のどれかで決まります。

  • 時給制
  • 記事単価制
  • 文字単価制

時給制は会社に属している場合で、フリーで働く場合には時給制はほぼないと言っていいでしょう。

記事単価とは1つの記事で幾らという風に支払われる仕組みで、文字単価制では1文字あたり〇円という風に支払われます。

最も多いのは文字単価制ですが、クライアントによっては1文字あたり1円に満たない場合もあるので受注する際にはしっかりと確認しておくことが大切です。

Webライターが収入を得るまでの流れ

Webライターが収入を得る流れは記事の本文を書いて納品後に編集が終わった段階です。

クライアントから依頼された記事数を書き上げて全ての修正とチェックが終わった段階で報酬が支払われます。

報酬の支払いは翌月末に支払われる場合や、終わった段階で振り込まれるなどクライアントによっても違うので契約する際に確認しておきましょう。

Webライターが報酬を得るにはこのような3つの仕組になっていますが、契約形態や報酬の仕組みなどクライアントによって全く異なるのでしっかりと確認しておくことがポイントです。

では実際に収入の実例を次の見出しで紹介しているので、そちらも参考にご覧ください。

Webライターの収入の実例

ここでは以下の3つに分けて収入の実例を出しています。

  • 副業Webライターの収入の例
  • 専業・フリーランスWebライターの収入の例
  • 初心者・未経験Webライターの収入の例

それぞれどのような収入になっているのか詳しく見ていきましょう。

副業Webライターの収入の例

副業でWebライターを行っている方の場合5万円~10万円を稼ぐ方が多く、平日の空いた時間や週末が主な稼働時間となり以下の通りになります。

【収入例】

・月5万4千円

【単価】

・1文字1.5円

・1記事3000文字

【本数】

・週3本

・一か月12本

文字単価が1.5円の場合、3000文字のものでも週に3本書けば月に5万4千円を稼ぐことが可能です。

最初のうちはリサーチや書き方などに時間がかかりますが、慣れてくれば特に負担なくこなせます。

10万円を稼ごうと思うと文字単価と本数をもう少し上げていく必要がありますが、執筆速度が上がってくればクリアできない金額ではありません。

専業・フリーランスWebライターの収入の例

専業・フリーランスのWebライターの場合は副業の方と比べて稼働時間を自由に取れるため本数を上げれば以下のように稼ぐことができます。

【収入例】

・月19万8000円

【単価】

・1文字1.5円

・1記事3000文字

【本数】

・週11本

・一か月44本

 

一見すると44本も書き上げると多いような気がしますが、専業の方であればそこまで難しい本数ではありません。

ここでは文字単価が1.5円ですが、専門性のある内容の場合は2円や3円といった風に単価も上がっていくので本数を上げなくても稼げるようになっていきます。

また本文の作成以外にもWordpressでの入稿や装飾などライティングに付随する業務をこなせるようになればそれだけ単価も変わっていくので、積極的に覚えていくと良いでしょう。

初心者・未経験Webライターの収入の例

初心者の方や未経験のWebライターの場合は収入がどうしても少なくなってしまいます。

未経験者の方が受けられる案件では1文字単価も1円以下になることもざらにあるので、実績が出来るまではどうしても稼げないのが現状です。

例えば1文字あたり0.1円とすると3000文字書いても300円にしかならず、アルバイトの方が稼げてしまいます。

しかし実績を積んでいけば文字単価も上げることができますし、1記事あたりの効率も上がっていくので最初のうちはライティングスキルを身につけながらとにかく書いていくことが大切です。

では次の見出しではWebライターの報酬単価を決める要素とはどのようなものがあるのかの解説をしていきたいと思います。

Webライターの報酬単価を決める要素を解説

Webライターの報酬単価を決める要素には以下のようなものがあります。

  • スキル
  • 権威性
  • 執筆ジャンル
  • クライアントの規模・予算

これらは報酬と密接に関係しているものなので、それぞれ詳しく解説しているのでご覧ください。

単価を決める要素1:スキル

単価を決める要素の一つめは当たり前ですがライティングスキルです。

ライティングスキルはただ文章を書けるという以外にもSEOというGoogleの検索上位を狙うための書き方があり、これらを意識して書けなければなりません。

スキルに応じて単価も変動し、SEOを意識したライティングが出来るようになってくれば文字単価が1円以上になっていきます。

そこから更に専門的な分野から文章にオリジナリティを持たせることができればもっと単価が上がっていくので、報酬を上げたいのであれば大前提としてスキルを上げることが先決です。

単価を決める要素2:権威性

単価を決める要素の2つめは権威性です。

権威性とは専門的な分野を持っているという意味で、専門的な資格以外にも実績なども権威性にあたります。

例えば素人が法律の知識を書くよりも弁護士資格を持つ人が書いている方が信ぴょう性もあって信頼されるように、権威性はとても重要な要素です。

ほかにもブログのPVが7桁という実績を持っていればその方法を教えて欲しいという風に記事の依頼が来ることもありますし、権威性一つで報酬は跳ね上がります。

そのため資格や実績などで権威性になるようなものを持っている場合はしっかりとアピールしていきましょう。 

単価を決める要素3:執筆ジャンル

執筆ジャンルも単価を決めている要素の一つです。

専門的なジャンルは報酬も上がり、逆に誰にでも書けるようなジャンルは報酬も下がっていきます。

例として

【報酬が低い】

  • グルメ
  • 恋愛
  • 旅行

【報酬が高い】

  • 金融
  • ビジネス
  • 資格

 という風に専門性が高くなればそれだけ報酬も上がるので、その分野の見聞を広めていくことがおすすめです。 

単価を決める要素4:クライアントの規模・予算

クライアントの規模や予算によっても単価が決まることを忘れてはいけません。

個人のクライアントの場合は報酬にそこまで予算を割けない場合もあるため報酬はどうしても低くなり、逆に企業であれば単価も上がります。

同じジャンルで文字数が同じものでも個人と企業では報酬が違う場合もあるので、受注する際にはその点もチェックすると良いでしょう。

このようにWebライターの単価を決める4つの要素を解説してきましたが、次の見出しでは収入や年収が決まる4つのポイントも解説しているのでご覧ください。

Webライターの収入・年収が決まる4つのポイントとは?

Webライターの収入・年収が決まるポイントは以下の4つです。

  • 単価
  • 案件数・記事数
  • 稼働時間
  • 執筆速度

それぞれ詳しく解説をしていくのでご覧ください。

収入のポイント1:単価

同じ文字数を書くのでも単価の違いによって報酬は段違いに変わっていきます。

Webライターとして活動していくのであれば単価の違いは年収に大きく響くので、なるべく高単価のライティングをこなしていかなければなりません。

そのためにも報酬単価を決める要因の部分でも解説したように権威性を意識したり、SEOの知識を身につけたりとライティングの勉強に取り組んでいきましょう。 

収入のポイント2:案件数・記事数

案件数と記事数も収入関わる大きなポイントです。

単発の案件ばかりだと毎回案件を獲得していかなければならない為に収入も不安定になってしまいます。

しかし継続的に依頼を貰えるクライアントを見つければおのずと記事数も増えて収入も安定していくため、継続して案件を獲得できるかどうかは重要です。

収入を上げるためにもクライアントとの信頼を築いて案件数を増やしていきましょう。

収入のポイント3:稼働時間

ライティングにどれだけ稼働時間を取れるかも収入を決めるポイントです。

Webライターは案件数が増えてくればそれだけ稼働時間を確保する必要がありますが、個人には限界があるため稼働時間がどれだけ確保できるかを考えていかなければなりません。

専業と副業では確保できる時間にも違いがあるほか、考える仕事なので精神状態にも左右されます。

一定のレベルに到達すればあとはどれだけ稼働時間を確保できるかで収入が決まるので、なるべく稼働時間を取れるように日々の生活をコントロールすることが大切です。

収入のポイント4:執筆速度

執筆速度も収入を決める大きな要因の一つです。

いくら単価の高い案件を受注できても執筆速度が遅ければそれだけ稼ぐことはできず、収入も下がってしまいます。

しかし執筆速度が速ければそれだけ稼いでいくことが出来るため執筆速度は非常に重要なポイントです。

執筆速度を上げるには

  • タイピング速度
  • リサーチがしっかりと出来ているか
  • 時間管理

 といった部分で決まっていきます。

集中力が途切れる場合は25分ごとに休息を撮るポモドーロテクニックなどを駆使して執筆速度を上げていくことを意識していきましょう。

ここまで4つの収入が決まるポイントを紹介してきましたが、どれも収入に関わる大切な部分なので意識してライティングに臨んでいくことがおすすめです。

次の見出しには収入を上げるコツについても解説しているのでぜひ参考にご覧ください。

Webライターが収入・年収を上げるコツはこれ!

ここではWebライターが収入・年収を上げるコツ4つを解説しています。

  • スキル・実績をあげる
  • 単価の高いジャンルを狙う
  • 執筆以外の業務範囲を広げる
  • 営業活動を怠らない

それぞれのコツをしっかりと解説しているので年収アップに繋げていきましょう!

収入・年収を上げるコツ1:スキル・実績をあげる

まず一番大切なのはスキルと実績をあげることです。

収入を上げるのであればライティングスキルの向上と実績作りは欠かさず行っていかなければなりません。

スキルが上がればそれだけ単価も上がりますし、実績が伴ってくればクライアントから仕事を任される機会も増えていきます。

収入を上げるには近道せずにじっくりとスキルと実績をこまめに作っていきましょう。

収入・年収を上げるコツ2:単価の高いジャンルを狙う

収入を上げていくには誰でもできるジャンルより専門性のある単価の高いジャンルを狙うことがおすすめです。

専門性のある分野は知識が無いと最初は難しいですが、何度も書いてリサーチを繰り返していくうちに自然と詳しくなっていきます。

単価が高ければそれだけ収入も上がっていくので単価の低い案件はなるべく狙わずに高い案件を狙うことがおすすめです。 

収入・年収を上げるコツ3:執筆以外の業務範囲を広げる

ライティング以外の仕事を受けてみるのも報酬を上げる方法です。

ライターには執筆以外にも構成の作成やWordPressを利用した入稿といった業務もあります。

これらのことが出来れば執筆の報酬にプラスして収入を得られますし、仕事の幅も広がるのでチャレンジしていきましょう。 

収入・年収を上げるコツ4:営業活動を怠らない

収入を上げるには常に営業活動をしていくことも必要です。

継続案件があってもその案件が切れてしまっては収入も途絶えてしまうので、常に複数の案件をかかえている方が保険にもなります。

また実績を作った上で今よりも高い報酬が出る案件へとシフトチェンジしていくことで低い案件を手放すことも可能です。

常に慢心せずに営業活動を行っていきましょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE