NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

まとめ記事の書き方の5つのステップとコツを解説!アクセスアップを狙えるコンテンツ作りの方法とは?

約12分
 

こんにちは、のりあきです。

今回はまとめ記事の書き方を5つのステップとコツに分けて詳しく解説していき、アクセス数を増やすにはどうすれば良いのかを解説していきます。

まとめ記事を作っているけどイマイチ伸び悩んでいたり、そもそもまとめ記事が必要なのかや、どのように作れば良いのかといった部分をそこまで理解していない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事ではまとめ記事の役割から書き方、どんな部分に注意して書いていけばいいのかを詳しく解説しているので、アクセス数増やす参考にしてください。

そもそもまとめ記事の役割とはなんぞや?

まとめ記事の役割とは個別の記事をつなぐ橋渡し的な役割です。

一つのテーマに対して色々な読者の悩みを解説させようとすると膨大な情報量と文字数になってしまいますが、そうしたことを防ぐためにまとめ記事があります。

まとめ記事であれば一つの悩みに対して一つの記事を作り、また情報の難易度を分けることで多くの読者の悩みを解決することが可能です。

ほかにもAの悩みを解決したときにBの記事も紹介することでアクセス数を増やすこともでき、これを繰り返すことで一度のアクセスで読者を呼び込めます。

このように記事同士を繋げる橋渡しとしての役割を持つ重要な記事がまとめ記事です。

では次の見出しでは具体的にまとめ記事を作成して得られる具体的な効果について解説をしているのでご覧ください。 

まとめ記事を作成し得られる効果とは?

まとめ記事を作成して得られる具体的な効果は以下の5つです。

  • 読者にとってわかりやすい
  • 古い記事にも注目を集められる
  • 内部リンクの強化になる
  • 読者層・検索意図の幅が広がる
  • 滞在時間・回遊性がアップする

ここではそれぞれの効果に関して詳しく解説しているのでご覧ください。

まとめ記事で得られる効果1:読者にとってわかりやすい

まず一つめの効果はまとめ記事は読者にとって欲しい情報がわかりやすいという点です。

読者は自分自身で欲しい情報が書かれた記事を捜す必要がありますが、情報が多すぎて探す手間がかかってしまいます。

そこでまとめ記事でしっかりと情報を分けて紹介することで、読者がスムーズにわかりやすく知りたい情報が得られるという効果がまとめ記事にはあることを覚えておきましょう。

まとめ記事で得られる効果2:古い記事にも注目を集められる

まとめ記事でリンクを作っていくことで、古い記事にも注目集められます。

過去に書いた記事を読んで欲しいと思っていてもブログなどでは過去の記事を遡って読まれることは少ないです。

しかしまとめ記事で古い記事をリンクさせることで、過去に書いた記事が再び閲覧される機会が増えるので古い記事のPV数を稼ぐことができるようになります。

過去に書いた記事を殺さず活かせるのもまとめ記事のメリットです。 

まとめ記事で得られる効果3:内部リンクの強化になる

SEOの観点から見ても内部リンクの強化になるまとめ記事は効果があります。

まとめ記事は自分の記事同士を繋げることができるため、内部リンクの強化としてSEOにも効果があるので検索上位を狙うことが可能です。

Googleの検索エンジンの上位を狙うためにもまとめ記事は積極的に作っていきましょう。

まとめ記事で得られる効果4:読者層・検索意図の幅が広がる

まとめ記事は深堀りした内容から浅い内容まで、幅広い情報がある記事をまとめることで読者層と検索意図に幅を利かせることができます。

多くのユーザーを一つの記事で集めることは難しいですが、まとめ記事なら幅広い層を狙うことが可能です。

リンクさせる記事によってコアな層から浅い層までターゲットを変えることができるので、まとめ記事で積極的にターゲットの幅を広げていきましょう。

まとめ記事で得られる効果5:滞在時間・回遊性がアップする

まとめ記事にはユーザーの滞在時間と回遊性がアップする効果もあります。

一つの記事だけだと滞在時間は少ないですが、まとめ記事でうまく案内ができればユーザーの滞在時間が増えるだけでなく回遊性も高くなる効果が見込めるでしょう。

記事から記事へと次々に案内していけばそれだけ満足度も高くなるので、SEO的にも利点が高まります。

まとめ記事でユーザーの滞在時間と回遊性の両方を高めていきましょう。

ではここまでまとめ記事で得られる5つの効果について解説してきましたが、まとめ記事には非常に多くの効果が得られることが分かったと思います。

次の見出しではまとめ記事を具体的に書く方法をステップ別に解説しているので参考にしてみてください。 

まとめ記事の具体的な書き方をステップ別で解説

まとめ記事の具体的な書き方をステップ別に分けると以下のようになります。

  • キーワード選定
  • 個別記事の内容を決める
  • 記事のアウトライン・各見出しを作成する
  • 本文を書く
  • メンテナンスをする

ここではステップごとに書き方を詳しく解説しているのでそれぞれご覧ください。

まとめ記事の書き方1:キーワード選定

ステップ1はユーザーが記事にアクセスするまでのキーワードを選ぶことから始めていきます。

まずはどんな記事を作るのかを決めてキーワードを選んでいきますが、キーワードの選び方として小さなキーワードと細かすぎるキーワードは選ばないようにしましょう。

個別記事を書きやすくするためにも大きなキーワードを選ぶことがおすすめです。

まとめ記事の書き方2:個別記事の内容を決める

キーワード選定が終わったら次は個別記事の内容を決めていきましょう。

選んだキーワードから派生してどんな内容を書けるのかをサジェストキーワードを駆使して決めていけば決めやすくなります。

例えば「徳川将軍 一覧」と決めたのであればさらに

徳川将軍 初代将軍

徳川将軍 第2代将軍

徳川将軍 第3代将軍

という風に誘導できるようにして、尚且つ個別記事でもリンクを作ることができればさらに滞在時間が増えていくので意識していきましょう。

このように最初に決めたキーワードから木の枝のように広げていくことが大切です。

まとめ記事の書き方3:記事のアウトライン・各見出しを作成する

個別記事も決まったら記事のアウトライン作成と見出しを作成していく段階に移ります。

見出しを作るときには個別記事へ誘導できるように見出しを作っていくことがポイントです。

例えば先程の例を出すと

・徳川将軍 一覧

・徳川将軍を支えた武将

 

という風に作成していけば個別記事としても作りやすいですし、本文も書きやすくなります。

まとめ記事を作る上で見出しの作り方はとても大切なので、誘導を意識しながら作成していきましょう。

まとめ記事の書き方4:本文を書く

ではいよいよまとめ記事の本文を書く段階です。

本文はしっかりと書かなければ誘導をすることができずに終わってしまうので、まとめ記事だけでも知りたい情報を得られるようにしておく必要があります。

しっかりと本文を書いて個別記事も読みたいと思わせることができれば滞在時間も増えて回遊性も上がるので、まとめ記事だからといって本文をおろそかにしないようにしましょう。

まとめ記事の書き方5:メンテナンスをする

記事の公開後はメンテナンスをすることも覚えておきましょう。

記事数を整理したり新しい記事が増えたときに、新しい記事とリンクさせていなかったり古いリンク切れの記事がリンクされたままであれば100%効果を発揮することはできません。

そのため定期的にメンテナンスをしてなるべく記事同士を繋げられるようにしておくことがおすすめです。

ではここまでまとめ記事の書き方を5つのステップに分けて解説してきましたが、しっかりと作っていけば大きな効果を見込めるので是非挑戦してみてください。

続いての見出しではまとめ記事で気をつけたい書き方についても解説をしているのでご覧ください。

【あなたは大丈夫?】まとめ記事で気をつけたい書き方とは?

まとめ記事を作るときに気をつけたい書き方は以下の4つです。

  • ただの目次ページにならないようにする
  • 個別記事と同じくらい作り込むようにする
  • まとめ記事から先に考える
  • 不足している記事を足す

これら4つのポイントはまとめ記事を作成する上で重要な部分なのでそれぞれ詳しく解説していきます。

気をつけたい書き方1:ただの目次ページにならないようにする

まとめ記事でまず気をつけなければならないのは目次のページにならないようにすることです。

読者を呼び込む効果が高いまとめ記事ですが、まとめ記事自体の情報量が少なければただの見出しになってしまいます。

とくにSEOを考えたときに情報量が少なければそれだけ検索にも上がってこなくなってしまうので、注意が必要です。

誘導する際にもしっかりと情報を入れて目次にならないようにしっかりと作りこんでおきましょう。

気をつけたい書き方2:個別記事と同じくらい作り込むようにする

まとめ記事でも個別記事と同じようにしっかりと作りこむことが大切です。

単なるリンクを載せた記事で終わらせるのではなく、まとめ記事自体もユーザーを呼び込むための記事になります。

リンクだけを載せていてもそもそも読まれないと意味がないので、個別記事のようにしっかりと作り込んでユーザーが満足する内容にしていくことが大切です。

気をつけたい書き方3:まとめ記事から先に考える

うまくまとめ記事を作っていくには個別記事よりも先にまとめ記事を作ることを考えておくと良いでしょう。

まとめ記事を作る際にバラバラのテーマを持つ個別記事を繋げることは難しいですが、先にまとめ記事を考えておけばスムーズに繋ぐことができます。

先にまとめ記事の枠組みを作っておいて、そこから個別記事を書いていけばすぐにまとめ記事を作れるので逆算して作っていきましょう。

気をつけたい書き方4:不足している記事を足す

不足している記事があれば定期的に個別記事として作っていくこともポイントです。

一つのテーマでも読者が知りたい情報は全く違っているので、不足している記事を随時足していきましょう。

不足している情報を補える記事ができればさらにまとめ記事につけ足して読者を呼び込むことができるので、不足分は定期的に足していくことが大切です。

より良いまとめ記事を作ることが出来れば検索上位に繋がっていくので、定期的に記事を追加していくといいでしょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE