NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

WEBライターが読みやすい文章を書く11個のコツとは?やってはいけない事例も紹介

約13分
 

こんにちは、のりあきです。

今回はWebライターが読みやすい文章を書く11個のコツをやってはいけない事例も含めて紹介しているのでご覧ください。

Webライターにとって読みやすい文章を書くことはとても大切ですが、具体的にどのようなポイントを意識して書けばいいのか気になっている方も多いと思います。

そこで今回はどうすれば読みやすい文章になるのか11個のコツを解説しているので、やってはいけない事例を見ながらぜひ参考にして下さい。

読者の事を思うなら文章の読みやすさは必須

読者の事を思うのであれば文章の読みやすさは必須になります。

Webライターが書く文章はストーリーを読ませるための小説や、研究した結果を伝えるための論文ではなく読者が知りたい情報を伝える文章です。

そのため無理に難しい単語や専門用語を使わない方がいい場合も多く、読みやすさを重視することが大切になります。

読者に読んでもらうためにも文章の読みやすさを意識して書いていきましょう。

では次の見出しからは読みやすい文章を書くための11個のコツを解説しているので、ご覧ください。

【ライター必見】読みやすい文章を書く11個のとコツとは?

ここではライターの方必見の読みやすい文章を書く以下の11個のコツについて解説をしています。

  • スリムな文章を意識する
  •  指示語・接続詞を減らす
  •  箇条書きを使用する
  •  表や図解を活用する
  •  読者がわかりやすい言葉で書く
  • PREP法を意識する
  • 具体的な数字で説明する
  • 難しい漢字を使わない
  • 同じ文末・単語を連続させない
  • 適度な装飾を入れる
  • 見出しの下に画像を入れる

どの内容も全て文章を書くのであれば重要なコツなので、これから文章を書くときにはぜひ参考にして下さい。

読みやすい文章を書くコツ1:スリムな文章を意識する

まず一つ目のコツは1つの文章をできるだけスリムにすることです。

一つの文章が長ければそれだけ読みにくくなってしまうため、内容が頭に入りやすいように文章を少なくしていきましょう。

文字数は一般的に長くても80文字以下が目安と言われているので、なるべく80文字以下にできるように調節することがおすすめです。

また冗長表現と呼ばれる無駄で長い文章を避けるために「~することができる」を「~できる」に置き換えたり、一つの文章に複数の情報を入れすぎないことも意識すると良いでしょう。

文章をスリムにすれば読みやすい文章がすぐに作れるのでぜひ実践してみてください。

読みやすい文章を書くコツ:2指示語・接続詞を減らす

こそあど言葉と呼ばれる指示語や、「そこで」「したがって」といった接続詞を減らすこともコツの一つです。

「あれ」「それ」といった指示語が多いと文章がややこしくなったり、接続詞が続くと文章が長くなってしまいます。

分かりやすい文章を作るためにも指示語や接続詞はなるべく減らしていくことを意識しましょう。

読みやすい文章を書くコツ3:箇条書きを使用する

読みやすい文章を書くコツ3つめは、複数の単語が出てくる場合は箇条書きを使用することです。

箇条書きを利用することで読みやすくなるだけではなく、パッと見たときに目につきやすくなります。

例えば以下の例のようにするといいでしょう。

【NG例】

徳川13代将軍は家康、秀忠、家光、家綱。綱吉と続いていく。

【OK例】

徳川13代将軍は

・家康

・秀忠

・家光

・家綱

・綱吉

 

と続いていく。

 

このように箇条書きを使用すると読みやすさがぐっと上がるので、複数の単語が出てくる場合は使用していきましょう。

読みやすい文章を書くコツ4:表や図解を活用する

箇条書きのほかに票や図解を活用することもおすすめです。

何かのサービスについて説明するときに文章ではどうしても分かりにくくなりますが、図解や表を使えばすぐに説明できます。

読者のことを考えるのであれば図解や表を使うことも意識しておけば、記事全体で見たときに分かりやすくなるのでおすすめです。 

読みやすい文章を書くコツ5:読者がわかりやすい言葉で書く

読みやすい文章を書くには専門用語を使わずに、読者がわかりやすい言葉で書くこともコツです。

専門用語を使うと硬い文章になってしまい、読むのに疲れてしまったり複雑になりすぎてページから読者が去る可能性が高くなってしまいます。

子供でも分かる文章を書くことを意識して、専門用語がある場合は意味を注釈で説明しましょう。

読みやすい文章を書くコツ6:PREP法を意識する

読みやすい文章を書くコツとしてPREP法を意識してみましょう。

PREP法とは文章の型のことで、結論をシンプルに伝えることで理解を得るための書き方です。

  • 結論(先に結論を伝える)
  • 理由(背景やメリット・デメリットを伝える)
  • 具体例(具体例を出して根拠を伝える)
  • 結論(最後にもう一度結論を伝えて理解を得る)

このPREP法を使って文章を作っていくことでシンプルに内容を伝えられるだけでなく、わかりやすく読みやすくなります。

ほかにもQUEST法やAIDMA法などもありますが、PREP法を使うことがシンプルでおすすめです。

読みやすい文章を書くコツ7:具体的な数字で説明する

文章を書くときには具体的な数字を入れることも意識していきましょう。

文字ばかりではなく数字を入れると信ぴょう性が増したり、想像しやすくなるのでおすすめです。

例えば

  • 【NG例】A社の商品シェアはB社と比べて秀でている。
  • 【OK例】A社の商品シェアはB社と比べて30%も上回っている。

というように説明されると数字が入っている方が具体的に想像しやすくなります。

しっかりとリサーチをして数字を入れ、文章に現実味を持たせることが一つのコツです。

読みやすい文章を書くコツ8:難しい漢字を使わない

読みやすい文章を書くには難しい感じを使わないことも大切です。

文章を書いていると漢字を使うことになりますが。難しすぎる漢字は読めない人が出てくる可能性もあるので避けたほうが良いでしょう。

また簡単な漢字でも 

  • 置く(おく)
  • 持つ(もつ)
  • 分ける(わける)
  • 事(こと)

という風に漢字で書くかひらがなで書くかの違いも文章の読みやすさが出る部分なので、意識していくこともコツになります。

読みやすい文章を書くコツ9:同じ文末・単語を連続させない

読みやすい文章を書くコツとして同じ文末や単語を連続させないこともコツの一つです。

文末には基本的に「です・ます」を使うことが多いですが、連続して同じ単語になると文章がただの箇条書きのようになります。

また文章を言い切らない体言止めもありますが、使いすぎると分かりにくくなるので使うときには適切なに使っていくと良いでしょう。

読みやすい文章を書くコツ10:適度な装飾を入れる

文章にマーカーを入れたり、フォントを変えたり装飾することも読みやすい文章を書くコツです。

重要な単語などにマーカーを引けば注意を集めやすく、読者に知ってほしいポイントを伝えやすくなります。

ただしライティングの案件によっては不要な場合もあったり、使いすぎると逆に読みにくくなるので注意が必要です。

装飾は読みやすい文章を書くコツとは少し違いますが、読みやすさを考えるのであれば覚えておきましょう。

読みやすい文章を書くコツ11:見出しの下に画像を入れる

画像選定が必要な場合は見出しの下に画像を入れることもポイントです。

文章ばかりだとどうしても読みにくくなってしまいますが、画像を入れれば記事全体の雰囲気を作ることができます。

ただしネットの画像といえども著作権がある場合もあるので、画像を使う際には著作権フリーの画像を選ぶことが大切です。

ではここまで読みやすい文章を書く11個のコツについて解説してきましたが、これらは全てライティングをする上で欠かせないものになるので覚えておきましょう。

次の見出しでは読みやすい文章を書くためにおすすめの勉強法についても解説しているので、そちらもご覧ください。

読みやすい文章を書くためにおすすめな3つの勉強方法とは?

読みやすい文章を書くためにおすすめな3つの勉強方法は以下の通りです。

  • さまざまな文章に触れる
  • 本を読む
  • 講座を受ける

それぞれどのように勉強すれば良いのか詳しく解説しているのでご覧ください。

読みやすい文章を書くための勉強法1:さまざまな文章に触れる

一つめの勉強方法は媒体問わずさまざまな文章に触れることが大切です。

どんな文章でも勉強できるポイントがあるので、自分が読みやすいと感じるものから読みにくいと思うものまで色々な文章に触れていきましょう。

例えば 

  • ブログ
  • ニュース記事
  • コラム
  • SNS

という風に普段から文章を意識して読んでいくことで、自分が書く文章に繋がっていくので積極的に文章に触れていくことがおすすめです。

読みやすい文章を書くための勉強法2:本を読む

読みやすい文章を書くための勉強方法2つめは本を読むことです。

本を読む際にはwebライター向けの本を読むことがポイントで、ほかに雑誌の見出しなども勉強になるでしょう。

例としておすすめの本は以下の3つです。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

SEOを学ぶならこの一冊がおすすめで、文章だけでなく漫画のキャラクターが吹き出しで会話しているので楽しみながら勉強できます。

Webライターが知っておかなければならないSEOの知識はこの一冊で学べるので、読んでおいて損はない一冊です。

文章力の基本

ライティングに必要な文章力を向上させるなら文章力の基本もおすすめです。

例文を見ながら読みやすい文章を書くにはどうすれば良いのかを学べるので、ライティングスキルに不安な方も、現在ライターとして活動している方にもおすすめできます。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

海外でライティングを教える筆者が考案したピラミッド原則という考え方を学べるのが本書です。

英語の訳文のため少し理解しにくい部分はあるもののビジネスライティングを学ぶのなら一度読んでおきたい内容になっています。

ここで取り上げた以外にも多くの本を読んでライティングスキルを高めていきましょう。

読みやすい文章を書くための勉強法3:講座を受ける

3つめの勉強方法はライティングの講座を受けることです。

講座ではライティングの知識やスキルをじっかりと身につけられるので、全く知識がない状態でも講座を卒業するまでに基本的なスキルを得ることができます。

また講師の方に自分が書いた文章を添削してもらったり、何がダメなのかを知ることができるので客観的に学ぶことが可能です。

しっかりとスキルを身に付けておいて絶対に損は無いので、自分に足りないものが多いと感じるのであれば講座を受けることをおすすめします。

 

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE