NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【2021年最新】webライターの始め方まとめ!4つのステップでわかりやすく解説!

約14分
 

こんにちは、のりあきです。

今回は2021年最新のWebライターの始め方を4つのステップでわかりやすく解説していきます。

未経験者でも誰でもすぐに始められる副業として人気の高いWebライティングの仕事ですが、始めるのにはどうすれば良いのか具体的な方法が分からない方も多いのではないでしょうか。

そこでここではWebライターとして仕事を始めるにはどのようにすればいいのか、仕事の探し方や注意点など全てを網羅しているので、これから始めていく方は参考にして下さい。

Webライターの活動を始める4つのステップとは?

Webライターとして活動を始めるには以下の4ステップを踏んでいきましょう。

  1. Webライティングのスキルを付ける
  2. ポートフォリオ用のブログをつくる
  3. クラウドソーシングサイトに登録する
  4. 案件を検索&お応募する

活動していくにはこれら4ステップを意識していくことが大切なので、それぞれ詳しく解説したいと思います。

ステップ1:WEBライティングのスキルをつける

ステップ1はWebライティングのスキルをつけて文章の書き方を覚えていきましょう。

小説と違ってWebライティングは読者が欲しい情報だけを読み取ることが多いです。

そのため綺麗な文章を作ることも大切ですが、読者に読みやすく伝わりやすい言葉を使っていかなければなりません。

また文章一つを取ってもターゲットやジャンルによっても書き方が違うので、クライアントからどんな文章にするのか聞き出すコミュニケーションスキルも付けておくといいでしょう。

ステップ2:ポートフォリオ用のブログをつくる

Webライターとして活動するのであれば自分のポートフォリオ用のブログをつくることも大切です。

これまでにどのような文章を書いてきたのか、自分の強みをアピールするにはポートフォリオをクライアントに提出することが必要になります。

しかし初心者の方はポートフォリオを作ることができませんが、ブログを作っておけばどんな文章を作成するのか見せられるので作っておきましょう。

ステップ3:クラウドソーシングサイトに登録する

ステップ3はいよいよ仕事を探すためにクラウドソーシングサイトに登録をしましょう。

クラウドソーシングとはオンラインで仕事を受けたい人と依頼したい人がマッチングするサービスのことで、ライティング案件も非常に多く募集されています。

大手クラウドソーシングサイトであるクラウドワークスとランサーズの両方に登録しておくことがおすすめです。

初心者の方でもできる案件も非常に多くありますし、仕事数も豊富で探しやすいので是非登録しておきましょう。 

ステップ4:案件を検索&応募する

クラウドソーシングサイトに登録したらいよいよ案件を検索して応募しましょう。

初心者の方の場合はまずはクラウドソーシングサイトでの実績を作っていくほうが仕事を受けやすいため、プロジェクト案件に募集しながらタスク案件をこなしていくことがおすすめです。

タスク案件とはアンケート入力などのライティングに繋がらないものですが、仕事に取り組んでいるという印象を与えるために10件ほどこなしておくと良いでしょう。

プロジェクト案件は応募して選ばれなければなりませんが、報酬も高いので積極的に応募しておくことがおすすめです。

ここではこのように4つのステップごとに解説してきましたが、初心者の方であればこの手順を踏んでいくと良いでしょう。

では次の見出しではWebライターに必要なものを解説しているので、これからライターデビューされる方は参考にして下さい。

Webライターを始めるために必要なものを解説

Webライターを始めるために必要なものはとてもシンプルで以下の2つです。

  1. パソコン
  2. ネット環境

ライティングをするだけであればこの2つさえあればすぐに取り組むことができ、パソコンも記事を書くだけなので高スペックなものは必要ありません。

デスクトップではなくノートパソコンを用意しておけばカフェやコワーキングスペースなどでも仕事ができるのでおすすめです。

初期費用が最低限で済むことがWebライターのメリットの一つであるといえます。

次の見出しでWebライターを始めるために必要なスキルについても詳しく解説していくのでご覧ください。

Webライターを始めるために必要なスキル

Webライターを始めるために必要なスキルは以下の3つです。

  • ライティングスキル
  • PCスキル
  • コミュニケーションスキル

それぞれ詳しく解説をしているので見ていきましょう。

必要なスキル1:ライティングスキル

まずは当然ですがライティングスキルを磨いていくことが大切です。

Webライティングに必要なライティングスキルは以下の通りで、大学で書く論文などと違って文章の書き方が異なります。

  • 基本的な文章力
  • Webユーザーへ向けた書き方
  • SEOライティングの知識

まず基本的な文章とは日本語がおかしくない文章を書けるようにしておきましょう。

次に先ほども少し触れたとおり、Webユーザーは自分に必要な部分だけを抽出して見たり、面白くないと思えばすぐにページから移動します。

そこで漢字をどのくらい使うのかや改行などを意識して書いていくことが大切です。

そして最後にSEOとはGoogleで検索したときにページが上位に来るかどうかを調整することで、そのために文章の書き方を意識して書く必要があります。

これら3つのライティングスキルをしっかりと意識しながら書いていけるように身につけていきましょう。 

必要なスキル2:PCスキル

Webライターの商売道具はPCですが、最低限のパソコン操作スキルとツールを扱えるスキルを身につけていきましょう。

ライティングツールは主に以下の3つを使うので、全てを使えておくと幅が広がります。

  • Word
  • Googleドキュメント
  • Word Press(ワードプレス)

クライアントによってはWordのみだったり、Word Pressに記事を上げることを求められたりするので操作を覚えておくといいでしょう。

必要なスキル3:コミュニケーションスキル

最後に必要なスキル3つめはコミュニケーションスキルです。

ライターは記事を書ければいいと思われがちですが、クライアントと関りを持つためコミュニケーションスキルは必須となります。

クライアントの要望を聞き出したり、どんな対応をしているかで案件獲得にも関わるのでコミュニケーションスキルは必ず身に付けておきましょう。

では3つの必要なスキルを理解したところで、次の見出しではWebライターはどのように勉強していけばいいのかを紹介していくのでご覧ください。 

Webライターを始めるための勉強方法

Webライターを始めるために必要な勉強方法は以下のようなものがあります。

  • スクールや講座
  • 書籍
  • Webサイト

それぞれ解説しているのでご覧ください。

勉強方法1:スクールや講座

しっかりと基礎から学んでいきたいのであればスクールや講座に通いましょう。

スクールや講座では基本的なライティングスキルを学べるだけでなく、記事の良し悪しを講師の方が添削してくれるので執筆のレベルを上げることができます。

費用はかかるものの初期投資と思えばスキルを向上させられるのでおすすめです。

勉強方法2:書籍など

ライティングは書籍からも学べます。

本を読むことで人の文章の書き方を学ぶことが出来ますし、自分に必要なスキルに応じてスキルを学べるのでおすすめです。

基本的なライティングスキルからSEOスキルまでさまざまなものがあるので、書籍も積極的に利用していきましょう。

勉強方法3:Webサイト

次にこの記事のようにWebサイトからスキルや知識を学んでいく方法もあります。

実際にWebでどのように書かれているのかを意識しながら見ていけば知識にもなりますし、必要なスキルを得やすいのでおすすめです。

Webの記事を片っ端から文章を読むこともライティングスキルを上げる事に繋がるので読んでいきましょう。

このように勉強方法も理解できたところで、次の見出しではwebライターが仕事を取るにはどうすればいいのかも解説しているのでご覧ください。

Webライターを始めるための仕事の取り方

Webライターが仕事を取るには以下の4つの方法があります。

  1. Webサイト
  2. スクールの仕事紹介
  3. 知り合いから受注
  4. 直接営業

それぞれ4つの方法について詳しく解説をしているのでご覧ください。

仕事のとり方1:Webサイト

仕事をとるにはWebサイトがおすすめです。

クラウドソーシングサイト以外にもライター募集がかけられている事も多く、ライターを募集しているサイトがあれば応募してみると良いでしょう。

ただし通常のサイトなどでは実績がある程度無ければ採用されることが厳しい場合もあるので、ポートフォリオの作成などをしっかりと作ることがおすすめです。

仕事のとり方2:スクールの仕事紹介

次にスクールによっては仕事を紹介している所もあるので利用することもおすすめです。

スクールなどでは卒業後に案件を紹介してくれることもあり、仕事を受けられるチャンスを得られます。

しかし絶対に仕事が取れるというわけではないので、あくまでも仕事を受けることが出来れば良い程度のもので考えておくといいでしょう。 

仕事のとり方3:知り合いから受注

Webサイト運営などを行っている知人から仕事を受注することも一つの方法です。

会社の同僚や友人などであれば仕事を受けやすいですし、リアルの交友以外にもネットで知り合った知り合いから受注する手もあります。

思わぬ仕事を受けることができるかも知れないので、交友関係を広げていきましょう。

仕事のとり方4:直接営業

自分から直接営業をかけて仕事を取るという方法もあります。

採用していなくてもライターを募集していることもあり、自分で売り込んでいくと仕事を獲得できることもあるので売り込んでみましょう。

営業であれば自分の好きなサイトを選ぶこともできますし、熱意があれば仕事を貰える可能性もあるので好みのサイトがあれば問い合わせてみることもおすすめです。

ここまで仕事の取り方を4つ紹介してきましたが。次の見出しからはWebライターを始めてから稼げるまでの期間を解説しているのでご覧ください。

Webライターを始めてから稼げるまでに期間は?

Wenライターを始めてから稼げるまでの期間は人それぞれです。

収入を得るためには記事をひたすら書いていくしかなく、そのためにも案件をひたすら獲得していかなければなりません。

ライターは主に1文字あたりで単価が決まりますが、未経験の場合は1文字1円という案件もざらにあるので、月5万円であれば3,000文字の記事で15,6件必要です。

しかしライターは競合も多く初心者の方が案件を獲得するのは難しいので、早く多く稼ぎたいのであればなるべく多くの案件に応募することと、ライティングスキルを向上させていって単価を上げておきましょう。

では続いての見出しでWebライターを始めるときのコツと注意点を解説しているので、必ずご覧ください。

Webライターを始めるときのコツと注意点を解説

Webライターを始めるときのコツと注意点は以下の通りです。

  • 会社が副業禁止ではないかまず確認する
  • 慣れるまでは得意分野で執筆する
  • 目の前の単価の低い案件をしっかりこなす

ここではそれぞれ解説をしているのでご覧ください。

注意点1:会社が副業禁止ではないかまず確認する

副業として始める際には会社の規則で副業が禁止されていないかの確認をしましょう。

公務員や会社によっては副業が禁止で、もしも発覚した場合に処分や注意を受ける可能性があります。

また副業が許可されていても申請が必要な場合や、20万円以上稼いだ場合に確定申告が必須となるのでこちらも忘れないようにしておきましょう。 

注意点2:慣れるまでは得意分野で執筆する

Webライティングではさまざまなジャンルの記事があるので、最初の頃は自分が詳しい分野を執筆することがおすすめです。

得意分野であれば執筆速度も速くなりますしボリュームのある内容を書くことができるので、初心者の方でも書きやすいでしょう。

またライティングにはリサーチも必要になりますが、得意分野であればその時間もカットできるのでどんどんと仕事をこなせます。

初心者の方であればまずは得意分野から仕事を広げていくことがおすすめです。

注意点3:目の前の単価の低い案件をしっかりこなす

高単価の案件を狙う姿勢も大切ですが、目の前の単価の低い案件をしっかりとこなすことも心がけましょう。

初心者の方で実績がない場合は低い案件からのスタートになりますが、実績を積んでいけば単価もおのずと上がっていきます。

また高単価の案件を獲得するときに低い案件を数多くこなしていると実績にもなるのでおすすめです。

しかしあまりにも単価が低い案件ばかりだと稼ぐことが出来ないので、実績が出来てくれば徐々に単価を上げていくと良いでしょう。

ちなみに目安として1文字単価1円以下の仕事は効率が悪いので、意識して受注することがおすすめです。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE