NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【英語力を活かせる】翻訳の副業で稼ぐコツと仕事の探し方を紹介【2021年対応】

約13分
 

こんにちは、のりあきです。

英語力を活かして副業で稼いでいきたいあなたのために、稼ぎ方のコツと仕事の探し方を紹介していきます。

外国語を話せるけど本業では活かしきれず、どうにかこのスキルを活かしたいと感じてはいませんか?

この記事では翻訳を副業にする際のメリットとデメリットや、どんなジャンルの仕事があるのかの紹介だけでなく、すぐに使える稼ぐコツや仕事を探す方法まで解説しているので参考にして下さい!

翻訳を副業にする4つのメリットとは?

ここでは翻訳を副業にすることで得られる4つのメリットをそれぞれ解説していきますので、早速見ていきましょう。

翻訳のメリット①:自分の英語スキルが活かせる

翻訳を副業にすれば自分が持っている語学スキルを宝の持ち腐れにしません。

英語が好きで覚えても本業で使う機会がなく、ただ趣味の範囲にとどまっているのは非常にもったいないですよね。

副業にすればスキルを活かす機会も増えてお金も稼げるので、まさに一石二鳥です。

翻訳のメリット②:報酬単価が高い

翻訳の副業では他の副業と比べて単価が高いことも大きなメリットです。

英語は話せる方も多くはなって来ましたが、それでも需要は高いのが現状で、中国語などはさらに話せる方も少なく需要もあるので、単価が高いのが魅力です。

またほかの副業と比べても割の良い仕事が多く、稼ぎやすい副業である点もメリットになります。

翻訳のメリット③:初期投資が少ない

翻訳関係の仕事は初期投資にさほど資金が必要ではないので、気軽に始めやすいのもメリットです。

オンラインなどで翻訳をしたり通訳をするのであればパソコンとヘッドセットさえあれば良いですし、文章作業などではパソコンのみで特別なものを買う必要はありません。

もしも稼げなかったとしても初期投資でマイナスになることが無いのは大きなメリットです。

翻訳のメリット④:好きな場所・好きな時間に仕事ができる

翻訳を副業にするメリット4つめは好きな場所で好きな時に仕事ができることです。

これは業務にもよりますが、英文を書き起こす仕事などの場合はパソコンさえあればどこでも作業ができます。

せっかく副業をしたのにストレスが溜まってしまっては元も子もないので、場所や時間に囚われず仕事ができるのは大きなメリットです。

ではそんなメリットだらけの翻訳の副業ですが、次の見出しでは副業にした際に考えられるデメリットも解説していきます。

翻訳を副業にする2つのデリット

ここでは翻訳を副業にする際に知っておくべき2つのデメリットを詳しく解説していきます。

翻訳のデメリット①:ある程度の語学力が必要

翻訳を副業にする以上はある程度の語学力は必須です。

仕事にする以上は求められる語学スキルも高いもので、案件によっては専門的なビジネス英会話でなければ通用しない場合もあります。

また資格は必須ではないものの、判断の目安として以下のようなものを持っておくこともおすすめです。

  • TOEIC 800点以上
  • TOEFL 70点以上
  • 実務翻訳
  • 文芸翻訳

しかし翻訳の資格だけで判断されるわけではないので、これはあくまでも参考程度に考えてください。

翻訳のデメリット②:英語はライバルが多い

翻訳を副業にする場合のデメリット2つめは外国語の中でも英語はライバルが多い事です。

簡単な案件の場合は特に応募も殺到しやすく、それだけライバルが増えるのですぐに仕事にありつけない場合もあります。

そのためにも語学力を磨くだけでなく、対人スキルも習得しておくことがおすすめです、

ではメリットとデメリットが分かった所で、次の見出しでは翻訳にはどのような仕事があるのかジャンル別に紹介していきたいと思います。

【副業から独立もアリ】翻訳のジャンル5選

ここでは副業から独立も見込める翻訳のジャンル5選を紹介し、それぞれどんな仕事をするのかと、注意点も解説しているので参考にして下さい。

翻訳のジャンル①:出版系の翻訳

翻訳の中でも数も多いのがビジネス書や雑誌などを翻訳する出版系です。

出版系の翻訳ではビジネス書や小説といったさまざまな出版物を扱い、翻訳の際には作者のニュアンスなどを汲み取る必要があります。

本来伝えたい内容と意味が違ってはいけないので、翻訳する際には表現だけでなく全体の流れを読んだ上で理路整然とした文章を作る能力が必要です。

翻訳のジャンル②:メディア翻訳

メディア系の翻訳では映画やドラマなどの字幕や、海外番組などの翻訳を行います。

特に映画などの翻訳の場合はただ喋っている内容を翻訳すれば良いわけではなく、時代背景や設定までしっかりと理解した上で翻訳しなければなりません

ニュースでは現地の方の感覚を理解する必要もありますし、スラングなどもあるので単調な翻訳だけではなく、直訳で表せない意味を理解する必要が出てきます。

翻訳のジャンル③:ローカライズ翻訳

ローカライズ翻訳とはある国で作られた製品などを他国でも売れるように翻訳する作業の事です。

仕事内容はゲームやアプリの翻訳やソフトウェアの翻訳などで、ユーザーの使いやすさを考えるために翻訳する必要があります。

たとえば喫煙シーンのあるゲームの場合、キャラクターの年齢が未成年であればそれをキャンディーに変更するといった具合に規制や文化についても知っておかなければなりません。

翻訳する際にはローカライズする先の国や文化、どのような風習があるかなどを詳しく知っておくことが大切です。

翻訳のジャンル④:実務系の翻訳

実務系の翻訳では大きく分けて金融系、IT系、医療系の分野に分けられる翻訳で、特定の分野における文章などの翻訳を任されます。

内容も契約書や特許出願書などの細部までミスの許されないようなものから、マニュアルやレポートといったものまで幅広く、とても難易度の高い仕事です。

また外国語以外にも専門知識なども勉強していく必要があるため、理解できない分野などの場合はまず業界の事を知らなければならないので苦労することもあります。

翻訳のジャンル⑤:法務系の翻訳

法務系の翻訳作業では法律事務所などの文章を作成する際の翻訳作業などを行います。

法律関係の書類ではスペルミスや意味が違ってはならないので正確な翻訳ができるスキルが必要です。

また法律の専門的な知識も必要なので、非常に難易度の高い仕事だと言えます。

ではここまでジャンルをお伝えしてきましたが、次の見出しでは副業として効率よく稼ぐ3つのコツを紹介していくので、稼ぐ際の参考にご覧下さい。

副業の翻訳で効率よく稼ぐ3つのコツ

ここでは副業の翻訳で効率よく稼いでいくための3つのコツを紹介しているので、これから稼いでいきたい方は要チェックです。

翻訳で稼ぐコツ①:和訳案件から始める

効率良く稼いでいくにはまず和訳案件から始めることをおすすめします。

和訳案件であれば日本語から英語への翻訳なので、ニュアンスや表現で苦労することもなく、翻訳難易度は比較的低いです。

和訳案件であれば案件数も多いですし、翻訳を仕事として経験したことがない方は和訳からスタートする方が効率よく稼げるでしょう。

翻訳で稼ぐコツ②:自分の得意なジャンルを選ぶ

翻訳は得意なジャンルで勝負するのが一番効率も良いので、翻訳をする際には得意なジャンルの案件に応募することをおすすめします。

慣れないジャンルの場合は調べなければならないことも多く、特に専門分野の場合は難解な場合もあってリサーチに時間がかかるので効率が悪いです。

そこで得意ジャンルで勝負することでリサーチ時間を減らし、全体の作業時間を短縮して効率良く稼ぐことをおすすめします。

翻訳で稼ぐコツ③:同一ジャンルの仕事を連続で受ける

同一ジャンルの仕事を連続でいくつか受けることも効率良く稼ぐおすすめの方法です。

仕事を受ける際に同じジャンルで引き受ければ出てくるキーワードなどが似ていたり、範囲も被っている場合もあるので、作業を効率化できます。

効率良く稼いでいきたい場合は同一ジャンルをまとめて受けて、一気に作業してしまうことがおすすめです。

ではコツも分かった所で次の見出しではまず5万円を稼ぐことを目標に、仕事を探す方法を6つお伝えしていくのでご覧ください。

【まずは5万円を稼ぐ】副業で翻訳の仕事を探す6つの方法とは?

ここでは5万円を一つの目標に、副業で仕事を探す6つの方法をお伝えしていきます。

翻訳の仕事の探し方①:クラウドソーシング

翻訳の仕事を探す1つめの方法はクラウドソーシングを使うことをおすすめします。

このクラウドソーシングとは簡単にいえば仕事を探したい個人や企業が募集をし、それに仕事を探している方が応募して契約する業務委託サービスのことです。

国内大手のクラウドソーシングサイトはクラウドワークスやランサーズがあり、CMや広告を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

案件数も数千から数万件もあり、未経験者でも歓迎してくれる案件もあるので、まず手始めにクラウドソーシングを利用することをおすすめします。

翻訳の仕事の探し方②:クラウド翻訳サービス

仕事の探し方2つめはクラウド翻訳サービスを利用することで、ここでは翻訳に特化した案件を引き受けることが可能です。

このクラウド翻訳サービスはクラウドソーシングの翻訳特化型で、翻訳以外の仕事を依頼されることはほとんどありません。

翻訳だけをしたい場合は通常のクラウドソーシングよりも翻訳に特化しているのでおすすめです。

翻訳の仕事の探し方③:ココナラ・タイムチケット

自身のスキルを出品できるココナラやタイムチケットはサブで探す際におすすめの方法です。

ココナラなどでは自分で翻訳の値段を設定し、ユーザーを待つ形になるので自分で応募する必要のあるクラウドソーシング系とは少し仕組みが違います。

人気が出れば買い手も増えるので、クラウドソーシングなどで探しながら出品しておけば、ある程度の実績ができ始めた頃に顧客が増えていくメリットがあっておすすめです。

翻訳の仕事の探し方④:SNS

SNS上で募集している案件に自分から募集していくことも方法の一つです。

しかしユーザーを見極めなければ報酬の未払いなどの相応のリスクがある可能性もあるので注意が必要になります。

これもあくまでもサブの探し方の一つとして覚えておくと良いでしょう。

翻訳の仕事の探し方⑤:求人サイト

求人サイトから翻訳の仕事を探すのも一つの方法で、求人サイトであれば条件の高い仕事に応募も可能です。

しかし未経験者の場合は雇われにくいので、実績がない方の場合は採用されるのが難しい可能性もあります。

翻訳の仕事の探し方⑥:アメリアネットワークサービス

アメリアネットワークサービスは翻訳の仕事を探すための有料サービスで、ここにしかない案件を受けられます。

しかし入会金が5,500円(税込)、年会費は16,500円(税込)と割と高めの費用が必要になるので、副業程度で考えているのであれば敷居は高いです。

本気で挑戦してみたいと思う方にはアメリアは無料でスキルアップさせてくれる検定などもあるので、そういった方にはおすすめな方法だと言えます。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE