NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

Web制作フリーランスの仕事内容は?必要なスキルと収入・仕事の取り方まで解説

約12分
 

こんにちは、のりあきです。

今回はフリーランスのWeb制作の仕事内容と収入の解説、そしてWeb制作ではどのようなスキルが必要なのかを解説しています。

インフラの基盤を支えるWebサイトなどを制作するのに欠かせないWeb制作の仕事ですが、フリーランスとして独立を目指している方も多いのではないでしょうか

そこで今回はフリーランスでのWeb制作の仕事内容だけでなく必要なスキルの解説や、メリットデメリットの他に仕事獲得のポイントまで解説しているので参考にして下さい。

Web制作のフリーランスの4つの仕事内容と収入について解説

ここではフリーランスとして働く場合にWeb制作の仕事内容と、案件の収入はどのくらい得られるのかを解説しています。

今回は代表的な4つのWeb制作の仕事内容を解説しているので参考にしてみて下さい。

Web制作の仕事内容①:Webサイトの制作

Web制作の仕事で最も基本となる仕事内容がホームページなどのWebサイト制作です。

フリーランスの場合は企業からの依頼だけでなく個人からの依頼もとても多くなっています。

また内容もテンプレートを使った簡素なものからデザインやコーディングのみの案件など幅広い種類の案件が応募されているのが特徴です。

そんなWebサイトの受注相場は10万円~30万円程度で、テンプレートなどを使ったものの場合は10万円以下の単価が多くなっています。

Web制作の仕事内容②:LPやセールスレターの制作

Web制作の仕事にはLPやセールスレターの制作もあり、キャンペーンサイトなどに使う1ページ分を作成するような内容です。

相場はクライアント側がどこまでこだわるかによっても変動し、テンプレートを使うような簡素なものであれば2万円~5万円程度の相場で、デザインなどにこだわる場合は10万円以上で受注できる場合もあります。

Web制作の仕事内容③:WordPressの導入・カスタマイズ

WordPress導入や既に作成されたサイトのカスタマイズもWeb制作の仕事内容の一つです。

仕事内容としてはWordPressのインストールや基本設定のほかにデザインのカスタマイズなどの依頼もあり、これらの作業内容によっても単価が変動します。

最低限のサイトを一括で請け負うのであれば料金の相場は10万円程度で、インストールのみなどの軽い作業内容であれば1万円程度が相場です。

Web制作の仕事内容④:Webサイトの不具合修正

Webサイトに問題が起きた場合の不具合修正もWeb制作の仕事内容の一つで、修正案件も頻繁に募集されています。

修正の相場はクラウドソーシングサイトなどで調べても1案件で5000円程度です。

では次の見出しからはフリーランスとして活動するために必要なスキルを紹介しているので参考にしてください。

Web制作のフリーランスに必要なスキル3選

ここではフリーランスとしてWeb制作で活動していく際に必要な代表的なスキルを3つ解説しているのでご覧下さい。

Web制作に必要なスキル①:プログラミングスキル

Web制作ではプログラミングスキルは必須で、プログラミングが出来なければ仕事が出来ません。

覚えておくべき代表的な言語はHTMLやCSS、JavaScriptのほかにサーバー側で処理を実行させるためのPHPやデータベース言語のSQLなどが必要になってきます。

しかし作りたいサイトなどによっても必要な言語は違ってくるので、ここにあるような言語を必ず全て覚えなければならないという訳ではありません。

プログラミング言語を習得する際は自身がどのような案件に関っていきたいのかということを意識して選んでいくのがおすすめです。

Web制作に必要なスキル②:コミュニケーション能力

フリーランスのWeb制作の仕事ではクライアントとやり取りをして要望を聞いた上で制作を行っていくので、コミュニケーション能力は欠かせません。

しっかりと打ち合わせを行わなければWeb制作ではまったく違うものが出来上がることもあるのでコミュニケーション能力は非常に重要になってきます。

いくらスキルが良くてもコミュニケーション能力が低いと次から依頼されないということにもなるのでとても大切なスキルです。

Web制作に必要なスキル③:営業力・交渉力

Web制作でフリーランスとして活動するのであれば営業力や交渉力は必須のスキルです。

フリーランスの場合はどうしても自身で仕事を取る必要があり、営業力がなければ収入が途絶えてしまうので営業力は欠かせません。

また交渉力は単価の交渉やどの程度の納期にするのかといった部分で使うことがあるのでこちらも合わせて持っておきたいスキルです。

業務的なスキルも非常に重要ではあるものの、営業力や交渉力も鍛えていくことをおすすめします。

では次の見出しからはWeb制作のフリーランスとして活動していく際のメリットを解説しているのでご覧下さい。

Web制作のフリーランスのメリット2選

フリーランスとしてWeb制作で活動するには2つのメリットがあるので、ここでその2つのメリットを詳しく解説しています。

Web制作のメリット①:時間や場所にとらわれない

フリーランスで活動する場合の最大のメリットといえばやはり時間や場所にとらわれないということです。

特にWeb制作の場合はパソコンさえあれば場所や時間に関係なく作業できるので、自宅だけでなくカフェや自由な場所で仕事を行うことが出来ます。

また働き方をうまく調整すればプライベートの時間を増やせるのもフリーランスならではの魅力で、働き方を調整すれば好きなタイミングで旅行することも可能です。

Web制作のメリット②:案件の選択肢や種類が豊富

Web制作でフリーランスとして活動する2つめのメリットは案件数と業種が豊富にあることです。

一口にWeb制作と言っても様々な業種があり、仕事内容の項目で解説した代表的な業種以外にも企画やデザインなどの数多くの仕事がWeb制作の仕事として募集されています。

またスキルを身に付けたばかりの初心者の方でも簡単な案件から実績を作っていくことが出来るのもWeb制作の魅力です。

では大きな2つのメリットがわかったところで次の見出しではフリーランスのデメリットも解説しています。

Web制作のフリーランスのデメリット

Web制作でフリーランスとして活動するデメリットの一つは収入が安定しにくいことです。

スキルを習得し始めたばかりの駆け出しの場合は単価の低い案件しか受けることが出来ず、収入が不安定になりがちなのである程度の実績や継続案件を得られるまでに苦労することも多くなります

またWeb制作の世界では一つのスキルを極めればいい訳ではなく、一つの案件の中でも様々な知識やスキルを活かしていかなくてはなりません。

ただWebサイトなどを作れば終わりではなく、アクセスしてきたユーザー目線でサイトを作ったり、LP制作などであればマーケティング知識も要求されることもあるのがWeb制作の仕事のデメリットです。

ではフリーランスに転身したあとにしっかりと仕事を取るにはどうすればいいのかは次の見出しで解説しているので、案件獲得の参考にご覧下さい。

Web制作のフリーランスの仕事の取り方5選

フリーランスのWeb制作として活動していく中で仕事を取る方法5つをここで詳しく解説しています。

Web制作の仕事の取り方①:知人からの紹介

フリーランスとして仕事を取るのに知人からの紹介や、知人にサイト制作などを提案するという方法があります。

特に個人で仕事をしている人間には声をかけると仕事を受けられる可能性も高く、ホームページが欲しい人は意外と多いです。

しかし1度きりという可能性や知人が少ない場合はこの方法を取ることが出来ないので、知人が多い方におすすめの方法だといえます。

Web制作の仕事の取り方②:Web(サイト・ブログ・SNS)からの問い合わせ

自身が作成したSNSやブログなどから問い合わせが来て案件が獲得できるのも仕事獲得方法の一つです。

自己アピールに全てがかかっているとも言えるこの方法ですが、SNS上でアピールしていくまでに時間がかかるのはデメリットでもあります。

しかしある程度の実績などが出来てくればこの方法は認知度の獲得にも繋がるので、とてもメリットがあるのでおすすめです。

こうしたアピールをしていく為にもポートフォリオの作成や、コツコツと信頼を勝ち取っていく必要があります。

Web制作の仕事の取り方③:クラウドソーシングやエージェントを利用する

最近では最もポピュラーになった案件の獲得方法がクラウドソーシングサイトやフリーランス専門のエージェントを利用する方法です。

クラウドソーシングとは仕事を受けたい人と発注したい人をマッチングさせるサービスのことで、近年ではこの方法が人気を集めています。

このクラウドソーシングの会社はクラウドワークスやランサーズなどの大手サイトがあり、数千件以上もの案件が募集されているのが魅力的です。

またエージェントは担当者がスキルなどに合わせて案件を見つけ出してくれるので、営業力に自信がない方にもおすすめだといえます。

しかし案件の単価が低いものも多いので、単価が高い案件を引き受けたい場合はそれなりに実績を築いていく必要がでてくるので注意が必要です。

Web制作の仕事の取り方④:起業家・経営者との交流

起業家や経営者の方々と交流を深めて仕事を取るのも仕事の取り方の一つで、コミュニティに参加するのもおすすめです。

起業家などが開催しているコミュニティなどではアクティブに活動していきたい方も多く参加しているので、裏を返せばそこを営業の場にすることも出来ます

また起業家同士の繋がりもあるので、交流を深めていく中で新しいクライアントに出会える可能性があるのも魅力です。

しかし依頼の中で信用出来る人間なのかを見極める必要はあるので注意しましょう。

Web制作の仕事の取り方⑤:オンラインサロン・スクール・講座の仕事紹介を活用

オンラインサロンやスクールの案件紹介制度を利用して仕事を取るのも一つの方法としておすすめです。

Web制作で必要なスキルを学習できるオンラインサロンやスクールでは案件紹介制度を設けている所もあります。

また講師との関りを持つことで案件紹介の機会を得られる可能性もあるかもしれません。

この方法であれば自身のスキルを向上させられるだけでなく案件も獲得できるのでおすすめです。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE