NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

【これで解決】クラウドワークスとランサーズはどちらを使えばいい?両社の特徴や違いを徹底比較

約15分
 

こんにちは、のりあきです。

在宅で仕事をする方も増えている中で、スキマ時間にも仕事を探せるクラウドワークスとランサーズのどちらを使えばいいのかを今回は徹底的に比較していきたいと思います。

クラウドワ-クスとランサーズは聞いたことあるけれど、実際にどちらにどんな特徴などがあるのか知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は公正中立な立場でしっかりと両社の比較を行っているので、実際に使っていく前にどちらがいいのか魅力などをご覧下さい。

クラウドワークスやランサーズとはなに?

最近はCMなどでも広告が増えて来たクラウドワークスやランサーズとは大手クラウドソーシングサイトのことです。

そもそもクラウドソーシングとは簡単に言えば業務委託のことで、2005年から提案された比較的新しい雇用形態のことを指しています。

主にフリーランスの方や副業でお金を稼ぎたい方が主にこの2サイトを利用して仕事を受注しており、掲載されている業務も多種多様なものが集まっているのが特徴です。

また近年ではコロナ禍の影響からも利用者が増加しており、在宅で気軽に仕事を受注できることからも人気が集まっています。

では次の見出しからはそんなクラウドワークスとランサーズの違いを徹底的に比較しているのでご覧下さい。

クラウドワークスとランサーズの違いを徹底比較

ここではクラウドワークスとランサーズの違いを5つのポイントに絞って比較しているので見ていきましょう。

両社の違い①:案件数の多さ

まず案件数の多さを比較すると、クラウドワークスとランサーズでは以下のように募集されている案件数に明らかな差がありました。(2020年12月08時点)

  • クラウドワークス:7,833件
  • ランサーズ:3591件

このように受注出来る仕事数に約2倍程度の差があり、単純な案件数だけで言えばクラウドワークスが上回っているのが現状です。

実際に案件を受注する際にも母数の多いクラウドワークスの方が受注しやすく、ランサーズでは少し安心獲得が厳しくなっています。

両社の違い②:案件の単価

次に比較するのは案件の単価で、業種などによっても違いが出るので比較が難しいですがIR情報などによれば以下のような数字が出ています。

会社名

クライアント発注単価

ワーカー受注平均単価

ランサーズ

年間19.6万円

公表なし

クラウドワークス

年間30.2万円

年間5.1万円

(2020年9月期決算説明書より抜粋)

ランサーズはワーカーの1年間の受注平均単価の公表がなく比較が出来ませんが、クライアントが発注している案件の単価はクラウドワークスよりもランサーズの方が低くなっています

しかし単価の低い案件についてはそこまで差があるわけではなく、高額な案件を狙うのであればランサーズの方が魅力的な案件は多いです。

両社の違い③:手数料

手数料の違いはクラウドワークスとランサーズのどちらも同じで、以下のような料金体系になっています。

報酬金額

クラウドワークス

ランサーズ

20万円以上

5%

5%

10万円~20万円以下

10%

10%

10万円以下

20%

20%

タスク形式

20%

 

報酬金額にかかる手数料はクラウドワークスとランサーズのどちらも手数料は同じですが、クラウドワークスの場合はタスク形式の報酬が20%と固定されているのが特徴です。

使う際に手数料自体に差がなく、報酬を受け取る際にどちらも振込手数料は変わらないので違いは特にありません。

両社の違い④:認定制度

両社にはそれぞれワーカーの認定制度があり、認定を受けるのにも以下の表のような違いがあります。

サイト名

クラウドワークス

ランサーズ

名称

プロクラウドワーカー

認定ランサー

納品完了率

90%以上(過去1年間)

90%以上(過去1年間)

評価

総合評価4.8以上

総合評価4.8以上

報酬実績

月200位以内(1年で1回以上)

上位20%以内(過去1年)

コミュニケーション

コミュニケーション評価4.8

メッセージ返信率80%以上

プロフィール

入力必須

入力必須

その他

スカウト数5回以上

ログイン1ヶ月以内

大まかとなる項目はそこまで違いはないですが、報酬実績の部分ではランサーズが上20%と基準は少し緩くなっています。

またクラウドワークスではスカウト回数がカウントされることからも、認定条件が厳しくなっているのが特徴です。

ちなみにクラウドワークスにはTOP認定制度というものもあり、更に月間1位を獲得した場合に認定される制度も備わっているなどの特徴があります。

少しランサーズの方が基準が緩くはなっていますが、どちらもアクティブに活動していれば基準を満たすのがそこまで厳しいわけではありませんので、利用する際には積極的に狙っていきたいポイントです。

両社の違い⑤:サポートの手厚さ

働く上で重要な福利厚生などのサポートは両社ともにしっかりと提供されており、安心して働ける環境が提供されています。

両社とも福利厚生として引っ越し割やベビーシッターサービスなども提供されており、旅行優待などの割引を受けることが出来るサービスが提供されているのが特徴です。

また働く上でややこしい確定申告などの経理関係についても両社ともにサービスを提供しています。

独自の路線としてはランサーズには融資サービスがあるのが特徴で、こうしたサービスはクラウドワークスには無い魅力です。

クラウドワークスではコワーキングスペースの利用やスキルアップのためのレッスンなどが豊富なのが特徴で、よりサービスに重きを置いているといえます。

しかし福利厚生のサービス数などから比較するとクラウドワークスの方がサポート面での待遇が厚いです。

では両社の違いもわかったところで、次の見出しではまずクラウドワークスの特徴を詳しく解説していきます。

クラウドワークスの特徴を解説

クラウドワークスの大きな特徴はなんといっても案件数の豊富さです。

案件数が多いということはそれだけ仕事を受ける事が出来る確率が上がり、初心者でまだ実績がなくても仕事を引き受けられる確率が上がるのはそれだけでメリットでしょう。

ただし悪質な案件が多いのも現状で、応募してみるとビジネスの勧誘などをしてくるクライアントも少なくありません

またアプリの使い勝手も良いので、外出先でも気軽に仕事検索できたりスムーズにクライアントと連絡出来るのはメリットです。

初心者の方でも気軽に応募していけるのがクラウドワークスの特徴だといえます。

ランサーズの特徴を解説

ランサーズの大きな特徴はランサーズストアで自分を商品に出来ることです。

このランサーズストアとはスキルなどを利用して1日で完了する商品を載せることで、そのスキルを欲しがっている方に買ってもらえるという仕組みになっています。

ストアに出品するのは得意なことであれば何でもいいので、得意なことで仕事が受けやすいのが魅力です。

「相談に乗る」といったものでも出品出来るのは、ただ仕事を受けるよりもやりがいがあって魅力になっています。

クライアントが募集している仕事とは別に自分からも動いていけるのはクラウドワークスにはないランサーズの大きな特徴です。

では両社の特徴もわかったところで、次の見出しではクラウドワークスとランサーズの評判を集めてみましたのでご覧下さい。

クラウドワークス・ランサーズの評判は?

ではここからはクラウドワークスとランサーズの両社の評判を集めてみましたので、良い評判と悪い評判の双方のリアルな声を見ていきましょう。

クラウドワークスの評判

このように3つの評判を見てみると、初心者の方でも案件を取れる方も結構多いのがクラウドワークスの特徴です。

ただし以下のような案件獲得が難しいという声もあり、ひたすら応募をかけていくことは必要になっていきます。

ランサーズの評判

ランサーズでも実績がなくても案件を獲得できている声があり、評判も良いものも多いです。

しかしその反面で実績がある人には中々追いつけないというような評判もあります。

両社共に案件獲得までに何通も応募するのは大切で、そうした行動を取る必要があるのは評判からも分かりますよね。

積極的に行動できればどちらを使っていても案件は獲得出来るので、とにかく行動が大切です。

ではそんな両社はどんな方に向いているのかのお話も次の見出しで触れていきたいと思います。

クラウドワークスとランサーズ、とりあえず両方登録がおすすめ

両社を利用していく上で一番おすすめの方法はどちらも登録して実績を作っていくことです。

どちらか一本にしか発注していないクライアントもありますし、幅広い実績を作ったり、確実に稼いでいくのであれば双方を利用することが大切になってきます。

また実際に使ってみて自分の肌に合うサイトもあると思うので、ここでは主に両社をおすすめ出来る方の特徴を解説しているのでご覧下さい。

クラウドワークスがおすすめな人

クラウドワークスがおすすめな方はスキルや実績のない完全未経験者の方です。

案件数も豊富なクラウドワークスではスキルを要求しない簡単な仕事内容も多く、スマホだけでも稼げる仕事が多く掲載されています。

これから始めていきたいと思っている初心者の方にはクラウドワークスの方がおすすめです。

ランサーズがおすすめな人

ランサーズがおすすめな方は実際にスキルのあってアクティブに行動出来る方です。

案件数が少なめのランサーズではスキルがなければ単価の少ない仕事が中心になるので、大きく稼ぐことは出来ません。

とくに全くの初心者の場合は案件を獲得するまでに時間と労力がかなりかかってしまいます

しかし突出したスキルがあれば単価が高い案件の獲得や継続案件も獲得出来るのでおすすめです。

もちろんランサーズで実績を作っていきたい初心者の方でもアクティブに低単価をこなしたり、ストアに出品していけば案件を貰えることもあるのでそういった方にも良いでしょう。

ON THE MOVEなら個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE