NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

動画編集の初心者が超効率良く勉強する3ステップとおすすめの学習コンテンツや教材を解説

約14分
 

こんにちは、のりあきです。

YouTubeをはじめ、情報を伝える手段として動画コンテンツの影響力が増す中で、動画編集のスキルへのニーズも高まっているところです。

そんな需要の高まっている動画編集のスキルですが、自分一人でも気軽に学習できる分野なのです。

なぜなら動画編集は、専門用語を暗記するよりも、とにかく手を動かすことで上達するスキルだからです。

実際に初心者からiphoneで動画を撮ってみて、独学で編集してYouTuberとして注目を集めているような人も出ています。

今回の記事では、動画編集のスキル習得のための基本的なプロセスについてまとめてみました。

動画編集は自分1人で勉強できるのか?

結論から述べると、十分に一人で習得できる分野のスキルです。

先進的な企業に就職したり、専門スクールに何年も通う必要はありません。

時間や時期を問わず、学びたいと思った時に自宅ですぐ学習を始められる点が動画編集の魅力の一つ。

オンライン学習の教材も充実しているこの頃、必要な情報は自宅で揃えることが可能です。

動画編集は幸い、実際に自分で手を動かしながら教材を確認することで、作業量に比例して編集スキルも向上する分野です。

学び方の形式にとらわれず、感覚的に作業へ慣れるまで編集の経験値を積み上げていきましょう。

動画編集で最初に勉強すべき主な内容

最初から難易度の高すぎる分野に手をつけてしまうと、分からなくて意欲を失ってしまうかもしれません・・・

最初は「カット」「テロップ」「BGM・効果音の挿入」この3つを習得してみてください。

この3つだけでも、簡単な動画を完成させられるようになりますよ!

カット

カットとは、動画の不要な部分をカットして、必要な部分だけを抽出し、見やすい長さに調節する編集作業です。

間延びしていたり、長回しで撮影した動画でも、カット編集を行えば、視聴者が飽きずに最後までみてもらえる動画へ手を加えることができますね。

ここで主にカットされる内容は、

  • 「あの~」「まぁ」などの口癖
  • 話の間延びしている部分
  • 登場人物が話していないシーン
  • 業務連絡など裏方の仕事が映ってしまっているシーン

ちなみに、不要な部分を効率よくピックアップするためには、音声の波形をヒントにするなどの方法がコツ。

このような効率的な作業方法も、学習と作業を重ねる中で習得できます。

テロップ

テロップは、動画の上からテキスト情報を重ねる作業です。

  • セリフの要約
  • 歌の歌詞
  • ボケやツッコミなどの要点

動画全体にテロップを入れることもあれば、このように重要な箇所だけにテロップを入れて動画にメリハリをつけることもできます。

慣れるまでは表示のタイミングを調整するなど手間のかかる作業ですが、使用するフォントの色や種類によっても動画の面白さを倍増させることができる変化を楽しめる作業です。

効果音・BGM挿入

テロップとして文字情報を入れることに続いて、BGMや効果音を入れる動画編集も基本スキルの一つ。

バックで流れている音楽のトーンでもチャンネルのイメージが変わるので、イメージに合った効果音やBGMを選ぶセンスも問われる分野ですね。

動画編集の効率的な勉強方法4つ紹介

無計画に勉強を始めると、間違った方法で覚えてしまって後から修正に時間が掛かるリスクも避けられません。

オススメの勉強方法を把握して、正しいスキルを効率的に学びましょう。

動画編集の勉強方法①:YouTubeの解説動画を参考にする

YouTubeの中で人気ユーチューバーが動画編集のコツについて配信しているので、参考にしたいユーチューバーを見つけて解説動画を参考にしてみましょう。

新しいスキルを学ぶときは、その道の第一線で活躍する人の実体験から学ぶのが効果的な学習方法の一つです。

その時々でのトレンドがリアルタイムで学べる効果があるでしょう。

動画編集の勉強方法②:オンライン学習サイトを利用する

基礎から正確に学びたい正確の方には、オンライン学習サイトもオススメです。

人気のオンラインスクールでは、業界のトップ講師が勢ぞろいしていて、課題添削や面談サポートに対応しています。

自分の学習レベルを確認しながら、その道の先人に直接アドバイスを受けて学べることが、オンライン学習サイトの魅力です。

スクールによって費用や学習できるレベル、対応時間などのプログラムが様々にありますので、比較しながら自分の目的に叶うサービスを選んでみてくださいね

動画編集の勉強方法③:教材や本に目を通す

学びたいある分野について重点的に時間を充てるなど、自分で学習プログラムを組みたい方には、教材や本を買って独学することをオススメします。

勉強用の教材を手元に用意しておけば書き込んだり付箋を貼ったり使い込むことができて、いずれ仕事で動画編集のスキルを生かす時にも、ふと基礎を意識し直すために何度も読み込むことができるのも、教材や本に目を通しながら学ぶことの魅力です。

動画編集の勉強方法④:動画編集のスクールを使う

やはり一人の空間で独学することに限界を感じる、向いていないと思う方は、教室へ通うことも方法の一つです。

動画編集の勉強におすすめの学習コンテンツ5選

ここからは具体的にリリースされている動画編集の学習コンテンツをご紹介します。

いくつか比較しながら、気になるコンテンツを抑えてみてくださいね。

動画編集の勉強おすすめコンテンツ①:Udemy

Udemyは、動画編集分野の中でもコースの多様さが世界最大規模と言われています。

ウェブやアプリから利用でき、学習期間の制限がないことも、大きな魅力ではないでしょうか。

社会人で働きながら学びたいというような方にもオススメのサービスです。

ただし講師の対応は原則としてQ&A掲示板でのコミュニケーションとなりますので、ある程度は自分でスケジュールを組んで勉強を進められる自信のある方向けのコンテンツとも言えますね。

動画編集の勉強おすすめコンテンツ②:Movie Hacks

数ある動画編集の中でも、YouTubeに特化した講座を行なっているのがMovie Hacksです。

講師は実際にYouTubeの動画編集を担当している福島寛人(生ハム帝国)さんで、実践までカリキュラムがきちんと整備されています。

  • 講師への質問が無制限
  • 受講期間は無制限で買い切り型

ということで、ある程度まとまった期間を確保できる方。

全くの独学では不安なので、途中で講師の方からのサポートを受けながら学習を進めたい方にオススメのサービスです。

動画編集の勉強おすすめコンテンツ③:Tech Academy

続いては、プログラミングやアプリ開発を中心としたオンラインスクールを展開するTech Academyです。

動画編集コースでは、実際にプロも使用しているビデオ編集ソフト「Premiere Pro」を使って短時間で実践的に学ぶことができます。

また現役プロがメンターとして週に2回程度、カウンセリングやチャット形式で質問対応してくれるため、自己学習だけでは不安な方にとっても安心のサポート体制です。

ただし期間が短い割には金額が高い点が懸念されるところ。ある程度のお金を費やしてでも短期間でスキルを習得したい方には、オススメのサービスです。

動画編集の勉強おすすめコンテンツ④:デジハリ・オンラインスクール

動画編集のみならず、CGやプログラミングなど芸術性の高い分野で求められるスキルを教えているのが、デジハリ・オンラインスクールです。

費用の中に専用ソフトであるAdobeCCの学生・教員版ライセンスが1年分含まれているため、講座終了後も期間まではソフトを使用できる点も嬉しいですよね。

懸念事項としては、受講期間3ヶ月間のうち、動画を視聴できる期間は最初の1ヶ月に限られるという点ではないでしょうか。

残りの2ヶ月間は課題添削サポート期間であるため、より実践的な作業が中心となります。

動画編集の勉強おすすめコンテンツ⑤:たのまな通信講座アカデミックストア

こちらも実際にAdobeCCを使った実践作業を通じて、動画編集を学べる通信講座です。

動画の視聴期間の後に課題トレーニング期間が設けられており、実践的ノウハウを定着させることができるでしょう。

ただし受講期間の延長や添削サービスの利用には追加料金が必要となります。

あらかじめ「これくらいまでならば追加費用で払っても良い」と予算を決めておいて、選択すると良いでしょう。

動画編集の勉強に必要な期間は約100〜150時間

動画編集技術の習得に掛かる時間は、一般的には100~150時間程度と言われています。

意外と少ないようにも感じるのではないでしょうか?

例えば平日は日々2時間を学習にあてられるとしたら、短くて50日程度。

さらに週末はプラス数時間の学習時間を確保しておけば、要領よく進んで1ヶ月半程度で一通り勉強できる内容と把握しておいて良いでしょう。

この程度の時間をかけることで、副業にもなる技術を習得できるのであれば、効率の良い時間の投資と思いませんか?

動画編集を勉強する流れを3のステップで解説

自分で動画編集を勉強することを検討されている方のために、その際の流れを3ステップで解説します。

Step1 動画編集をする目的を決める

学ぶべき内容を把握するためにも、動画編集を習得するための目的を決めましょう。

学習のインプットは、成果となるアウトプットありきで磨かれからです。

「友人の結婚式でムービーを流したい」

「自分の得意分野でYouTubeチャンネルを作りたい」

「転職で動画制作分野へ移ることを検討している」など、目的はなんでも構いません。

できれば「いつまでに成果物を作りたい」「この頃までに、この作業ができるようになりたい」と、目的と期限をセットで定めておきましょう。

すると、学習カリキュラムを逆算で設計できますよね。

Step2 編集知識のインプット

知識がないままソフトを扱おうとすると無駄に時間がかかってしまいます。

ある程度の基本的な知識は、本やオンラインサイト、YouTube動画などで把握しておきましょう。

Step3 実際に動画を作って仕事を受けてみる

知識を身につけた次は、手を動かすことに限ります。

自分の勉強だけが目的になるとペースも完成度ものんびりこなしてしまうかもしれません。

実際に受注して、仕事として動画制作に取り組んでみましょう。

クラウドソーシングサイトでは、プロジェクトを抱えた企業が安い単価で編集を行うフリーランスを募集しているため、最初の頃は勉強と思って応募してみましょう。

動画編集を効率良く勉強する3つのポイント

独学とは言え、学習の要点を抑えることで動画編集について効率よく勉強を進めましょう。

ここでは3つのポイントに絞ってご紹介します。

動画編集を勉強するときのポイント①:目標と計画を明確にする

何を勉強する場合においても、まずは目的を明確に定めましょう。

特に動画編集においても分野ごとに求められるスキルやそのレベルも様々です。

先に目的とするアウトプットを明確にした上で、どのようなスキルを重点的に磨くべきか目的と期限、そのための計画を立てましょう

動画編集を勉強するときのポイント②:暗記よりも手を動かす

繰り返しますが、動画編集の上達ポイントは作業量です。

専門用語を全て暗記するよりも手が覚えるまでソフトを使ってみて慣れる状態を作りましょう

慣れて作業への抵抗感がなくなった頃に、詳しい専門用語を調べる順番で十分間に合います。

動画編集を勉強するときのポイント③:自分に合った勉強方法を選ぶ

長く確実に続けるためには、生活スタイルや性格から、今のあなたに適した勉強法を選びましょう。

オンラインスクールでは無料体験や説明会を行っている場合もあるので、実際に講師の方とお話したりして、自分に合っていると判断できるスクールや教材を探してみてくださいね

ON THE MOVEで個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE