NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

フリーランスが稼げない本当の原因と解決法に加えて案件の探し方まで徹底解説

約16分
 

こんにちは、のりあきです。

時間の使い方や働く場所などの面から魅力的な部分も多いフリーランスという生き方・働きかた。

しかし「稼げない」「安定した収入を得にくい」といった批判的な意見があることも事実です。

今回の記事では、

  • フリーランスで稼げない5つの原因
  • 月収100万以下のフリーランスがするべき解決策
  • 仕事がない期間に最低限すべき3つのこと
  • フリーランスの仕事の探しかた
  • 稼げていないフリーランスが注意する5つのこと

このような内容についてお届けします!

では早速みていきましょう!

フリーランスで稼げない5つの原因

ご存知の通り、フリーランスは会社に属せず自己責任で仕事を請け負う個人事業主のような状態です。

最低賃金や決まった月々の給料が保証されているわけでもありませんので、「稼げない、仕事がない」なんて状況に陥ることも。

ここで、どうして稼げないフリーランスになってしまうのか、主な原因をみてみましょう。

稼げない原因①:スキル不足

即戦力が求められるフリーランスは、大企業のような社名や商品名ではなく、自分自身のスキルそのものが看板として評価されて仕事に繋がります。

まずは「この人に依頼すれば確実な納期と品質で対応してもらえる」と信頼されるに値するだけのスキルは欠かせません。

また、スキルがあっても見えない状態であれば、クライアントにとってはスキルがないと同然です。

スキルが十分でない状態であれば、人材育成などのサポートも手厚い会社員としての勤務を続けた方が良いでしょう。

稼げない原因②:実績がない

初めの項目でも述べた通り、クライアントにとってのフリーランスを選考する判断軸はまずスキルと実績です。

「この人に頼んだらこれくらいのサービスを受けられる」と計画を立てられることが相手にとって大切です。

会社員の頃の仕事が、独立後も評価されてフリーランスとしての活動を後押ししてくれた事例も珍しくありません。まずは業界の方々から認められるような丁寧な仕事で実績を積むことを目指しましょう。

稼げない原因③:人脈がない

せっかく良いスキルと実績を持っていても、それを知られる機会が少なくては評価される機会も得られません。

仕事に繋がりそうな人脈・交友関係が狭すぎることも、フリーランスにとっては致命的な損失ではないでしょうか。

フリーランスにとっての人脈とは、必ずしも実際に顔を合わせた繋がりが必要というわけでもありません。

SNSなどが発達した昨今において、インターネット上の繋がりからプロジェクトが始まることも一般的となっています。

会社員でこれからフリーランスとしての独立を考えている場合は、独立後に仕事へ繋がりそうな交友関係があるか知人、関係者の顔を思い浮かべながら見込み顧客を探してみてください。

稼げない原因④:仕事を選びすぎている

実績や知名度の乏しい駆け出しのフリーランスは、仕事を選ぶ権限が低いことが現実です。

単価や労働時間が保証されていない場合が多いフリーランスにとって、持続可能な範囲での仕事を請け負う判断も必要ですが、一方で仕事を選びすぎてしまっても実績が全く積めないため、機会損失へ繋がります。

せっかく独立したのだから会社員時代よりも良い条件で仕事を受けたい気持ちもわかりますが、まずは実績となる仕事を条件が悪くとも対応して、ある程度のフリーランスとしてのキャリアを積んだ頃に仕事を選べるフェーズへと徐々に移行するスタイルを目指してみてはいかがでしょうか。

稼げない原因⑤:営業をしていない

フリーランスは自分自身のスキルと人柄が看板です。

会社員時代のように、会社のブランドや営業マンが仕事をとって来てくれることはありませんので、

実務はもちろんのこと、営業活動も自分自身で行う必要があります。

フリーランス、自営業が稼げないと言われる原因のトップといっても過言ではない、営業問題。

営業がいやで独立を目指す会社員のかたもおられるかもしれませんが、稼げるフリーランスはほとんどの場合、この営業活動のコツを心得ていることを認識しておきましょう。

月収100万以下のフリーランスがするべきこと【5つの解決策】

フリーランスが稼げない原因を知った次は、稼げるための解決策を探りましょう。

会社員と違って、自分の実績次第で月収をあげやすいこともフリーランスの魅力です。

100万円以下のフリーランスの場合は、まだまだ伸び代がたくさんあると思って、解決策を試してみてくださいね。

解決策①:スキルをつける

ここまででもなんどもご説明した通り、フリーランスの仕事は主にスキルが看板となってついて来ます。

即戦力が求められるため、スキルがなくては仕事を得ることすらできません。

また、会社員時代に確かなスキルを身につけていた場合であっても、時代によって求められるスキルは絶えず変化するものです。

自分自身で進んで勉強を重ね、常に新しいスキルを身につけることで、稼げるフリーランスへの道が始まります。

解決策②:ポートフォリオを作る

スキルを身につけたあとは、実績の一覧集となるポートフォリオを作りましょう。

WEBデザイナーであれば、自分が作ってみたWEBサイト一覧を作ってみても良いですね。

クライアントは、この人に頼んだらどんなイメージのサービスを受けられるか、品質をみて依頼するパートナーを選んでいます。

ポートフォリオをインターネット上で公開しておけば、ポートフォリオサイトを発信することで自分が営業活動のように動き回れない時でも、サイト自身が眠らない営業マンのように発信活動を続けてくれるのです。

いつでも実績一覧を紹介できるように、ポートフォリオを用意しましょう。

解決策③:勉強会や交流会に参加する

会社員時代と違って原則として自分一人で仕事をこなすフリーランスは、その業界での注目の話題や情報をキャッチアップする機会から離されてしまいます。

だからこそ、積極的に新しい情報を身につける勉強会や交流会へ参加しておきましょう。

また、異業種のかたも集まる交流会で人脈を広げておけば、お互いに仕事を発注しあうパートナーを探す機械にもなりますね。

前述の通り、勉強会や交流の場はオンライン上でも参加できる世の中になっています。

興味のある分野のオンラインサロンへ加入してみても良いですね。

月額数百円から加入できるオンラインサロンもあるので、調べてみましょう。

解決策④:とにかく仕事をこなしてみる

実績のない最初の間のフリーランスは、仕事は選べないと思っても良いでしょう。

これからの仕事のために「実績となる仕事を買っている」くらいに思って、わりに合わない仕事もとにかく受けて経験を積みましょう。

ただし、駆け出しの頃の仕事の単価を標準としないことが大切です。

ある程度、実績とスキルが貯まった時点で、単価の高い仕事へ移行することで、体力的にも精神的にも穏やかに仕事を続けやすい状態を作り上げることです。

このように将来的なビジョンを描きながら、最初の間はとにかく来た仕事をなんでもこなしてみては、いかがでしょうか。

解決策⑤:ブログやSNSで発信をする

ブログやSNSは、実績を拡散してクライアントと出会う格好の場です。

直接的な面識のないクライアントともSNSを通じて繋がって、ビジネスパートナーとしてプロジェクトを回しているフリーランスも珍しくありません。

フリーランスにとってのブログやSNSは実績を発信するための営業手段と理解しましょう。

そして、仕事に繋がるような発信を心がけましょう。

仕事がない期間に最低限すべき3つのこと

フリーランスとして独立した初めの間は、仕事がないこともしばしば。

反対に言えば、時間をたっぷり使える時間としてチャンスを掴む機会でもあるのです。

ここからは、仕事がない期間に最低限すべきことをご紹介します。

1.知識や技術をインプット

やはり、できた時間は自分自身の学習に投資することが後々に大きなリターンとなって返ってくるものです。

複数の仕事が回り出すと、うまくやりくりしなければ勉強の仕事を確保することも一苦労です。

勉強してさらに良い仕事を受けるための投資期間と思って、知識や技術をインプットしましょう。

ただし、情報をただ暗記するだけでは足りません。

WEBデザイナーであれば、参考となるWEBサイトをトレースしてみたり、

ライターを目指すのであれば、自分のブログでコラムを書き続けてみるなど、

その分野で仕事をしているかのようにアウトプットしながらインプットを重ねることでスキルを磨きましょう。

2.将来の目標を再確認

将来ビジョンをじっくりと設計できるのも、駆け出しで時間がある時の魅力です。

目標が定まれば、その方向を目指して走り出すのみですが、目指す場所が分からなければ、忙しい日々の中で迷子になってしまうかもしれません。

何を実現するためにフリーランスとしての仕事を始めるのか?

自分が仕事をする中で、必ず守りたい原則は何か。

どんなクライアントと出会って仕事をしていきたいか。

自分自身の心の声を聴きながら、これから目指す方向を言葉に記しておきましょう。

3.健康管理・自己管理

自分自身が責任者として仕事を受けて、実務も一人でこなすフリーランス。

心身の健康を損なってしまったら、それは収入がなくなることに直結します。

生活習慣が乱れている場合は、フリーランスとなった時点でまずは生活を立て直しましょう。

上司や同僚の目がないフリーランスは、自分を律する能力が欠かせません。

どんな目標を立てたら、自己管理して有意義な仕事を残せるのか試しながら、自分を律する習慣を身につけておきましょう。

【仕事が無いと言わせない】フリーランスの仕事の探し方4選

「実力主義のフリーランスは、簡単には仕事が見つからない」と言われるのは本当でしょうか?

ここからは、フリーランスの仕事の探しかたについて考えましょう。

フリーランスエージェントで探す

フリーランスという働きかたが浸透すると共に、フリーランスを対象とした紹介サイトも充実して来ています。

エージェントに登録しておけば、クライアントと繋いでもらえます。

エージェントを仲介した場合は手数料を取られることが一般的ですが、自分が営業活動をして仕事を探す代わりに仕事を見つけて来てくれること、また支払いなどの契約関係もエージェントを通じて保証される場合もあるので、いきなり個人で仕事を探すよりも確実性の高い契約を結べることが魅力的です。

独立したら、まずはエージェントサイトへ登録してみても良いでしょう。

クラウドソーシングで探す

社外でプロジェクトを依頼できる人材を探すクライアントは、クラウドソーシングサイトへ案件を登録しています。

クラウドソーシングサイトの特徴は、エージェントサイトよりも、より単発でそのプロジェクト限定での仕事を受ける場合が多いことです。

これから自分自身で契約をとっていきたいが、軌道に乗せるまでの期間としての仕事を探したいような場合は、クラウドソーシングサイトで仕事を探しましょう。

そして、クラウドソーシングで出会ったクライアントから継続的に依頼へ繋がる場合もあるので、基本的には単発の仕事といっても丁寧に今後へ繋げるような仕事を心がけましょう。

バイトや副業で生活費を稼ぐ

ここまでフリーランスとして稼ぐ選択肢をご紹介して来ましたが、軌道に乗るまでに確実な収入を得るためには、やはり時給でお金をもらえるバイトや副業が確実な事実は否めません。

せっかくなので、フリーランスとして独立したい分野でのバイトや副業で、勉強しながら最低限の生活費を稼ぐという始めかたもありますよね。

この場合は、ただ時間を切り売りするサラリーマン的思考から卒業して、フリーランスとして稼ぐことに繋がるようなバイト、副業を目指してみてくださいね。

知人に声をかける

意外と最初のお客様は知人・友人だったというパターンもフリーランスあるあるのようです。

名刺を作ってあげた、ピアノ教室のホームページを作ってあげたなど、すでに趣味や自営業を持っている知人にモニターとなってもらって、最初の仕事を受けてみても良いでしょう。

まずは自分がどんな仕事で独立を考えているか説明できる状態にした上で、知人・友人のかたにも声をかけてみてくださいね。

サービスが評価してもらえたら、口コミでさらに仕事を広げてもらえるチャンスにもなります!

今日から取り組む「稼げるフリーランス」への改善点3つ

フリーランスとして稼げない原因を確認したところで、最後に稼げるフリーランスとなる改善点3つをご紹介します。

まだ実践できていないものがあれば、今すぐに対応して、稼げるフリーランスへ行動してみてくださいね。

改善①:自己管理のためのアプリを入れる

人間誰しも、自分自身との約束を守ることは難しいものです。

「今日はいっか」「また明日やろう」と少し先延ばしすることの積み重ねが大きな損失につながるものです。

自分自身を律して自己管理するために、他の人の力を借りてみてはいかがでしょうか?

例えば、スマートフォンのアプリサイトで「目標達成」「自己管理」と検索すると、色々なアプリが出てきます。

「毎朝6時に起きる」など目標と通知時間を登録しておくと「今日の目標は達成できましたか?」と通知が来て、できた日にチェックを入れられるようなサービスが出ています。

このようなアプリで記録しながら目標達成を行っていくと「せっかくここまでできたから、明日も守ろう」とモチベーションへ繋がります。

また、カレンダーアプリに納期を入れて、それまでに仕事を終わらせるルールを設けても良いですね。

自分の頭の中だけで管理が難しい場合は、自己管理のためのアプリなどをうまく活用してみてはいかがでしょうか。

改善②:実績につながる仕事を選ぶ

駆け出しの頃は、とにかく目の前の仕事をこなして次の仕事へ繋げましょう。

ただし、なんでもやみくもにこなすのは注意が必要です。

  • 署名が残って、自分の実績として公表できる
  • その分野の仕事をすることで勉強へつながる
  • 継続的に案件をもらえそうなクライアントだから受ける

など、今後の実績や仕事につながるような仕事へ的を絞って仕事を受けると、より安定して稼げるフリーランスへの近道となることでしょう。

改善③:仕事環境を変える

仕事をしていてもついYoutubeをみてしまう、LINEの通知がなるたびに集中力が削がれる・・・

こんな風に気がそれてしまった時、上司のような監視者がいないとズルズル、ダラダラと怠惰に一日を過ごしてしまうリスクも大きいことが、一人で働くということです。

必要ない時はアプリの閲覧に制限をかけたり、時間制限を設けて情報をシャットアウトしても良いでしょう。

どうしても集中できないという人は、シェアオフィスを借りて人がいる環境で、生活と仕事空間を分けることもオススメです。

人の目があると頑張れるというタイプの方は、誰かが働く場所へ集まったり、他の人へ「私は今日ここまで仕事を完成させます!」と目標を共有して、評価しあえるような環境へ仕事場を変えてみてはいかがでしょうか?

これも、働く場所や時間を自分で自由に選べるフリーランスの魅力ですね!

ON THE MOVEで個人で稼げるスキルや術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE