NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

YouTuberやクリエイターが企業案件を獲得する3つの方法を解説!気を付けるべき注意ポイントも紹介!

約13分
 

こんにちは、のりあきです。

自分の好きなことを発信して、さらに収入まで得られるなんて!

YouTubeを始める人にとって企業案件は、魅力的な仕事の一つですね。

しかし今や多くのYouTuberが活躍する中、誰でも企業案件を獲得できるとは限りません。

また、せっかく獲得した企業案件であっても、事前の取り決めが甘くて報酬がきちんと得られなかった……なんてトラブルも多発しているのが現実です。

今回の記事では、

  • そもそも企業案件とは何か?
  • 企業案件を獲得する方法
  • 企業案件を受ける際の注意点
  • 企業案件だけではないYouTubeの収益化について

このような内容についてご紹介します。

では早速みていきましょう!

YouTuberの企業案件とはなんぞや?

YouTuberにとって企業案件とは、企業とスポンサー契約を結び、その企業の商品サービスを紹介することで、スポンサー収益を受け取る仕組みのことを言います。

企業はこれまで、新聞やラジオ、テレビコマーシャル等、時代に応じて主要となるメディアにスポンサー料を支払うことで、広告を掲載してもらい、広い顧客に自社の商品サービスをPRしてきました。

このような広告の仕組みにおいて、最近ではテレビよりもYouTubeを見る世代も増えてきているので、ターゲットとする顧客層によってはYouTubeをメインに広告を出す企業が増えてきているということです。

食品、美容や化粧品グッズ、クレジットカード、レジャー施設、キャンプグッズメーカーなど、広告主となる企業は様々に挙げられます。

このような企業案件の相場は、チャンネル登録者数×1.5円と言われています。

単価は低いようにも見えますが、登録者数100万人のYouTuberの場合には、150万円程度の報酬が得られるということです。

では、YouTubeでチャンネルを持っている人であれば、誰でも企業案件に名乗りを上げることができるのでしょうか?

YouTuberが企業案件を獲得するためには?

ここからは、YouTuberはどのような方法で企業案件を取ることができるのか、解説します。

企業案件の獲得方法①:登録者数を伸ばす

まず大原則としてYouTuber自身が「自分のチャンネルの登録者数を伸ばす」ということが欠かせません。

テレビコマーシャルの場合においても、著名な芸能人、ファンの多い芸能人ほど沢山のコマーシャルを抱えていますよね。

YouTubeも一つのメディアであるので、登録者数が多い=広告が閲覧される回数が多くなるため、より企業の商品サービスが見込み顧客の目に触れる機会が増えて、購入に繋がる確率も上がります。

この仕組みに基づいて、企業はチャンネル登録者数が多いYouTuberへ依頼を送るので、まずは企業から「このYouTuberに宣伝してもらえば、広告を見てもらえるチャンスが上がりそう」と認めてもらうことが欠かせません。

企業案件の獲得方法②:ジャンルを絞ってチャンネル運営を意識する

ここまでの流れでは、YouTubeの広告についてテレビコマーシャルを例に比較してきました。

多くの人の目に触れる有名人(YouTuber)に依頼が集まるという点では、テレビコマーシャルもYouTubeもよく似た傾向があると言えるでしょう。

一方で、テレビとYouTubeの大きく異なる点の一つに、

  • テレビ番組は、おしなべて広い人に見られる可能性が高い
  • YouTube動画は、わざわざ検索した特定のファンに見られる可能性が高い

という特徴が挙げられるのではないでしょうか。

YouTubeはテレビ番組のように、特定の時間に画面をつけていたら自動的に番組が流れ続けるということがありません。

視聴者が見たい動画、チャンネルを検索してヒットしないと、情報にたどり着かないのです。

ということは、あるYouTubeチャンネルをフォローして動画を見ている人は、その分野のマニアであったり、そのYouTuberを支持する固定ファンであると言えるでしょう。

キャンプ、レジャー関連のチャンネルで登録者を持っているYouTuberには、この分野が好きなファンがついていることになります。

すると、アウトドアグッズのメーカーは、このようにアウトドア関連が好きなフォロワーを持っているチャンネルに広告を出した方が、自社の商品を購入してもらえる確率が上がります。

よって、ジャンルを絞ってチャンネルを運営していくことで、そのジャンル特有のファンがつき、この分野で商品サービスを提供している企業からのスポンサー案件が依頼される確率を高めることができますね。

企業案件の獲得方法③:発言や発信内容に注意する

ここでYouTuberが企業案件の獲得を狙う際に注意しておきたいことは、日頃から投稿する動画での発言や発信内容に配慮することです。

企業は自社のイメージを怖さない発信者(この場合ではYouTuber)に商品サービスの紹介を依頼します。

過激すぎる発言や企画によって公序良俗に反する内容や、またはそれを促す発言を行うYouTuberへ企業案件の依頼が来ることは、まず難しいということが分かるのではないでしょうか。

例えばYouTuberとしての第一人者でもあるヒカキンさんは、特に小・中学生を中心とした子供世代から強い支持を集めています。

よって、子供達の親、周りの大人がヒカキンさんの動画を安心して見せられるように、放映する内容や言葉遣いにしっかりと注意を払って動画を制作していると話しておられます。

企業案件の獲得を目指す場合には、その商品サービスを提供する企業にとってマイナスなイメージの内容、発言を行なっていないか、注意して動画の制作、投稿を続けてまいりましょう。

要点

YouTuberにおける企業案件の獲得には、

  1. フォロワーを増やす
  2. 特定の分野を強く支持するフォロワーを増やすために、ジャンルを絞って発信する
  3. 発言や発信内容について気をつける

この3つがポイントであると分かりましたね。

過激な内容で視聴者の注目を集めるのは、YouTube業界において度々用いられる手法でもありますが、この手法を選んだ場合のデメリットは企業案件に繋がりにくい点ばかりではありません。

広告がつかなかったり、さらにはアカウントが削除する場合もございます。

チャンネルが得意な分野を見出し、その分野において有益な情報を発信すること、内容の面白い企画を立てることで、長くフォロワーが増えていくような発信を目指しましょう。

さて、フォロワーが増えて注目を集めたことで、企業から企業案件の問合せが来るようになりました。

ここでYouTuberが注意することは何でしょうか?

YouTuberが企業案件を受ける際の注意点

一部芸能人が運営しているチャンネルは除き、YouTuberとは一般的に個人事業主(フリーランス)のような働き方をしている場合が中心となることでしょう。

つまり、仕事をマネジメントする管理者を通さずに案件を受注することになるため、納期、金額、内容の確認もYouTuber自身が十分に確認と交渉を行う必要がありますよね。

企業案件を受注する際には、どのような内容を確認の上で契約するべきか把握しましょう。

企業案件の注意点①:依頼元や依頼主を事前に確認

YouTubeに限らず、フリーランスの方が企業と仕事を行なった場合、成果物を受け取ったにも関わらず、企業は未払いのまま案件から去ってしまったトラブルが多発しているのです。

せっかく作った動画のネタは取られてしまい、さらに報酬も得られずタダ働きとなってしまっては困りますよね……。

また、企業案件のスポンサーとなる企業の商品サービスが良俗公序に反する内容だった場合においては、それを紹介してしまったYouTuberにも責任が発生する可能性も生じてしまいます。

  • どのような業務内容の企業なのかホームページをみて調べる
  • SNS、口コミサイトなどで評判を調べる
  • 売上情報について把握する

このように、プロジェクトを契約する企業について、事前に調べましょう。

国税庁が運営しているサイトでも、法人の名前、所在地、法人番号を調べることが可能です。

このような公共性が広い場所においても法人情報をきちんと公開している企業かどうかを調べてみても良いですね。

企業案件の注意点②:動画内容の事前共有

企業案件の提供を受ける相手が安心できる企業とわかった場合には、動画制作に向けて作業を進めましょう。

この際に重要となることは、どのような動画を作って完了としたいのか「動画内容のすり合わせを行う」ということです。

  • いつ(どんな時期に)
  • 誰に(どのような視聴者へ)
  • 何を(どんな商品サービスのPRポイントを)
  • どのように(どのような動画の内容で)

このような内容に加えて、禁止ワード、動画の公開日、必ず伝えたいキーワード等もあれば事前に把握しておきましょう。

上記のように、動画を制作する目的を企業の担当者としっかりとすり合わせた上で、ニーズを満たす動画作りに臨みましょう。

動画の完成形をいきなり納品するよりも、構成段階から確認を取り合った方が「せっかく頑張って完成させたのに、OKがもらえなかった!」なんてトラブルも阻止できますね。

企業案件の注意点③:報酬の受け取り方を事前確認

他にも企業案件に関連するトラブルで多発することが「報酬の支払い」についてです。

  • 「せっかく納品したのに、報酬が支払われないまま逃げられた!」
  • 「支払うと言ったものの、いつになったら入金されるのか分からない…… 」
  • 「納品と報酬の受け取りも終わったのに、いつまで経っても動画の追加修正を依頼される」

このようなトラブルを回避するためにも、

  • チャンネルで動画を投稿する前に報酬を受け取る
  • 何月何日までに入金なのか事前にとり決める
  • 納品後、修正は何回程度(どれくらいの期間)まで対応できるか最初に伝えておく

このように、お金のトラブルへ発展しないためにも、事前に取り決めを交わした上で、メールや契約書など文面を双方の手元に残しておきましょう。

企業案件だけでなくYouTuberとして稼ぐなら広告収入も意識すべき

今回は、YouTuberの企業案件についてご紹介いたしました。

しかし、YouTuberが動画をマネタイズする方法は、企業案件だけではありません。

皆さんご存知の広告収入も意識して、コツコツと動画を作りましょう。

広告収入は初めのうちは 再生回数×0.1円 と言われており、企業案件に比べると突然まとまった収益を得ることは難しいかもしれません。

一方で、企業案件は必ずしも依頼がやってくるとは限らないものですが、

広告収入は、広告をつけておけば動画が再生されれば必ず発生するものです。

  • より多くの人に閲覧される動画
  • 同じファンであっても繰り返し再生される動画
  • 動画のコンテンツ数を増やして、複数の動画が再生される状態

このように、YouTuber自身が作った動画が総合的にみて沢山再生される状態を整えれば、ちりつも理論で広告収入も増やすことが可能です。

 

ON THE MOVEでコンテンツ力を上げる術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

最後に、企業案件・広告収入どちらも共通して言えることは、YouTubeをきっかけに収益を得るためには、コツコツと面白い動画を投稿し続ける習慣が大切ということですね。

継続することで、ファンを作って高収益なYouTuberを目指しましょう!

 

 

 

 

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE