NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

YouTube広告のtrueview広告の基礎知識と特徴を解説

約11分
 

こんにちは、のりあきです。

今回はYouTubeの動画広告であるTrueView広告の基礎知識と、どういった形式などがあるのかという特徴を解説していきたいと思います!

年々拡大している動画広告市場の中でもYouTubeは他のSNSなどと比べると圧倒的なシェア率を誇っており、YouTubeに広告を出す事で幅広い認知の拡大や新規ユーザー獲得などが可能です。

しかしきちんとした知識を持たなければ広告を出しても無駄になってしまう事になってしまいます。

そこで今回は代表的なフォーマット形式や、ターゲティングについてなどを詳しく解説していきたいと思いますのでご覧下さい!

【前提】YouTubeのtrueview広告とは

では本題に入っていく前にこのYouTubeの動画広告であるTrueView広告とはどのような広告なのかをご紹介したいと思います!

YouTubeの動画広告はTrueView広告と呼ばれ、YouTubeのサイト上や動画内などに掲載出来るものとなっています。

今やYouTubeの月間ユーザー数は世界で20億人、日本国内では6200万人にも上ると言われており国内だけでも総人口の半分が見ている計算です。

そんな市場規模は日々拡大の一途を辿っており、動画広告一つでビジネスを大きくしていく事も可能な時代になりました。

あなたもYouTubeで動画を見る際に色々な広告が流れているのを見た事があるかと思いますが、テレビなどのCMと違ってネット上で見られる広告はクリック一つでHPや商品サイトに誘導させる事も可能です。

つまり広告に掲載する商品やサービス、はたまた自分のチャンネルを視聴者の為のものだと思わせれば良いんです。

そんなYouTubeの動画を見る時に流れてくる広告やYouTubeのサイト上などで表示されている広告は「TrueView広告」と呼ばれており、現在では主に3つの広告フォーマットに分けられています。

フォーマットによってそれぞれの広告が発生するタイミングも料金が発生するタイミングも異なっているので上手く使いこなせば高い費用対効果を発揮する事が出来るようになっていくでしょう。

では高い費用対効果を発揮していくためにも、TrueView広告の基礎知識については次の見出しでご紹介したいと思います!

YouTubeのtrueview広告の基礎知識

TrueView広告とはYouTubeに表示される広告の総称ですが、その広告形式などによっても配置される場所は様々です。

フォーマットによっては動画の開始前、再生中、再生後や検索結果やトップページなど色々な場所に掲載する事が出来るんです!

広告を出す場所一つを取っても広告を出す上で商品やサービスを認知させたい意図なども違ってきますので、ただ広告を出せば良いという訳ではありません。

そこでまずここでは動画の掲載フォーマットについて解説していきたいと思いますので、画像を見ながらどんな部分に広告が掲載されるのかを見ていきましょう!

掲載フォーマット

TrueView広告において使用できる掲載場所は様々ありますので画像の左から一つずつどこに表示されるのかを解説していきたいと思います。

  1. 画像の一番左の広告の表示場所はYouTubeで動画を検索した時に表示されるものとなり、視聴者がクリックして始めて広告が表示されるのでユーザーを誘導し易い掲載場所と言えるでしょう。
  2. こちらは関連動画の上に広告が表示され、こちらもクリックする事で始めて広告が見られるものとなります。
  3. YouTubeのトップページに掲載される広告で、こちらもクリックして始めて広告動画を見る事が出来ます。
  4. こちらはYouTubeのサイト上ではなく、パートナーサイトで掲載される広告掲載場所ですが広告を掲載するのにサイトの審査を受ける必要があります。

画像の4つの場所に掲載される広告はそれぞれTrueViewインストリーム、ディスカバリー、バンパーの3つの形式となり、この形式によって掲載場所も費用発生の違いも出てきます。

では次の見出しではYouTubeのTrueview広告のそれぞれの形式の特徴についてまとめていますので見ていきましょう!

YouTubeのtrueview広告の特徴

TrueView広告の3つの形式ではそれぞれ広告を掲載出来る場所と費用が発生するまでのタイミングなども違っており、広告を出す上で必ず覚えておかなければならない知識ですので詳しく解説していきたいと思います!

インストリーム広告

画像にもある通りインストリーム広告の特徴は再生前に動画が流れるのが特徴の広告です。

YouTubeで動画を見る時に流れるこの広告を多くの方が見た事もあると思いますが、30秒以上視聴されなければ課金されず、動画が30秒以内の場合は最後まで視聴される事で課金される仕組みになっています。

裏を返せば30秒未満の広告の場合は最後まで再生されない限り課金されないので、費用を気にせず広告を打ち出すという事も可能です。

商品やサービスなどを多くのユーザーに広める認知拡大の際に有効です。

ディスカバリー広告

ディスカバリー広告は先程のインストリーム広告と違い、YouTubeのトップページや検索結果の一番上、関連動画の上部分に表示される広告です。

課金されるタイミングは30秒以上の視聴と費用発生で30秒未満の発生タイミングも同じですが、広告がクリックされる事で目に入るのでインストリーム広告よりも誘導し易い広告となります。

ユーザーが広告に興味を持った後に視聴される形式になるので、購買に繋がり易いのがこの形式です。

バンパー広告

バンパー広告とはスキップ不可の6秒以内の広告です。

Googleはこのバンパー広告を動画広告の俳句と呼んでおり、スマホで動画を見る事の多くなった時代のニーズに合わせた広告形式になっています。

このバンパー広告はスキップ不可の広告だからこそ、スキップされる可能性のあるインストリーム広告などと違って短い時間ながらも意図を伝えやすく認知拡大に適しています。

またバンパー広告は動画の再生前、再生中、再生後に掲載する事ができ、費用発生も1000回クリックされるたびに課金されていくインプレッション課金という仕組みになっています。

しかし6秒という短い時間の中でインパクトを与えるには広告にクリエイティブさが欠かせないともいえるので、広告をどう作っていくのかがポイントとなってくるでしょう。

では3つの広告の形式を押さえたところで広告のターゲットを決める設定についての解説を次の見出しで解説していきたいと思います!

ターゲティング設定

YouTubeのTrueView広告では非常に細かくターゲティングを決める事ができ、すべての広告フォーマットで細かい設定が可能です。

下の画像にもある通り細かい部分でのターゲティング設定を行えるので、設定の仕方によってはピンポイントでコアなターゲットを絞る事も可能です。

詳しくこのターゲティングの話をしていくと主にターゲティングは2つの項目に分かれており、オーディエンスとコンテンツターゲティングの2つに分類されています。

オーディエンスターゲティング

広告をみる人の情報を絞る事ができ、年齢や性別などの細かい部分で「広告をみる人」を絞れるのが特徴です。

視聴者が興味のあるカテゴリや傾向からターゲットを取る事が可能で、代表的なものは以下の通りです。

  1. ユーザー属性(年齢や性別、世帯収入などの他に最近子供が生まれたユーザーなどの細かい設定も可能。)
  2.  興味関心(キーワード指定や趣味などのトピックなどを選べるので、関心のあるユーザーをターゲットに出来たり、商品購入などを考えているユーザーに広告を表示させる事が出来る。)
  3. カスタムインステントオーディエンス(ユーザーがGoogleで検索したキーワードなどに基づく表示などが可能。)

などその他細かい設定が可能。

コンテンツターゲティング

コンテンツターゲティングとは特定のコンテンツを元に広告を配信する方法です。

明確なテーマなどがある場合に関連したサイトやターゲットとなるテーマを元にターゲットを絞る事が出来るものになっています。

代表的なものは以下の通りです。

  1. プレースメント(YouTubeチャンネルや動画などに表示設定が可能)
  2. キーワード(指定したキーワードに応じてユーザーが関心を持ちそうなサイトに広告を表示させる事が可能。)
  3. デバイス(パソコンやスマホにタブレット、テレビ画面を使う端末の中から表示させるデバイスを選ぶ事が出来る。)
  4. リマーケティング(動画視聴履歴やチャンネル登録などの行動に基づいた指定)

このようにYouTube広告のターゲティング設定を見て頂きましたが、ユーザーに合わせてターゲットを取る事で単なる認知拡大だけでなく購買意欲の促進などが行える事がお分かり頂けましたか?

しかしターゲットを取れる選択肢が多いので、細かい部分にまで目を光らせていかないといけません。

こうした部分も考えて広告を出す事が出来れば費用効果を最大現発揮する事が出来るようになりますので、広告を最大現活用していくためにもこうした点を踏まえてしっかりとターゲティング設定を行いましょう。

ON THE MOVEでコンテンツ力を上げる術を学べる

  • 豪華特典1:月収100万稼ぎだすノウハウ動画&記事90本超え
  • 豪華特典2:ハイクオリティ動画作成方法
  • 豪華特典3:ハイクオリティ動画外注化マニュアル

人数限定で上記3つ豪華特典を無料でプレゼント中!

受け取れる人数が埋まる前に、今すぐ手に入れる↓

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE