NORIAKI OFFICIAL SITE

YouTubeとWebビジネスで脱サラして自由人になったノリアキのブログ

スペックの低いMacBookAirでも動画編集ができる?購入前に考慮すべき5点を解説!

約8分
 

 

こんにちは、ノリアキです。

今回はスペックの低いMacBookAirでも動画編集ができる?購入前に考慮すべき5点を解説!というテーマで解説していきます。

 

MacBook Airなどのエントリーモデルのパソコンでも動画編集は快適にできます。

 

カット編集やテロップ入れなどの編集の基本作業ならば、ストレスなく行えるでしょう。

 

実際に、MacBook Airの11インチモデルでもストレスなく動画編集ができました。

 

今回は、MacBook Airで快適に動画編集ができる理由を紹介します。

動画編集はスペックの低いMacBookAirでも可能?

先に結論からいうとMacBook Airでも快適に動画編集することができます。

 

動画編集の基本でもある「カット・テロップ・BGM」などでしたら、ストレスなく編集作業に集中できます.

 

また少しのアニメーション程度であれば、問題なく編集に取り入れることもできます。

 

しかし、重たいエフェクトなどをかけてしまうとプレビュー画面が少し書くついてしまう場合があるので注意しましょう。

 

この章では動画編集はMacBook Airデモできるのか解説してきましたが、喜夫つけたいことも機になりますよね!

 

動画編集に使う際に気をつけたいことを次の章で詳しく解説しています!

 

では見ていきましょう!

動画編集をMacBookAirで行う際に気をつけたいこと

MacBook Airで動画編集を行う際はプロセッサ性能に注意しましょう。

 

プロセッサ性能はパソコンの心臓といわれており、作業の快適さに直結するからです。

 

プログラミングや長時間編集などを日常的に利用したい場合は、処理性能に大きく差が出ます。

 

しかし、基本の動画編集をするのならばMacBook Airでも快適に作業することができます。

 

MacBook AirとMacBook Proとでは同じIntel core i5であっても、Airはデュアルコア1.6Ghzのプロセッサ、Proではクアッドコア2.3GHzのプロセッサを搭載しています。

 

この2つの性能差は1万スコア以上開いてしまいます。

 

この章では動画編集で使う際に気をつけたいことを解説してきましたが、MacBook Proとの違いも気になりますよね。

 

ProとAirどちらが良いか悩んでいる人を解決するために次の章で詳しく解説しています!

 

では見ていきましょう!

動画編集はMacBookAirよりMacBookProが最適?

動画編集を行う際は、MacBook AirよりMacBookProの方が快適に作業ができます。

 

動画編集は自然と重たい作業が多くなるのでCPUもRAMも高性能なものを積んでいるMac Book Proのほうが動画編集に向いています。

 

現在アルバイトでお金を貯めている人には少し手が届きにくいと思います。

 

趣味レベルでは買いにくく、これから稼ごうと思っている人は初期投資はできるだけ小さく始めることとをおすすめします。

 

将来CG合成の編集や長時間の編集をしないのであればMacBook Airでも十分動画編集ができます。

 

この章ではMacBook AirとMacBook Proの違いについて解説してきましたが、考慮すべきポイントを知りたい人もいるのではないでしょうか?

 

動画編集で使用する際押さえておきたいポイントを次の章で詳しく解説しています!

 

では見ていきましょう!

動画編集をMacBookAirでするなら考慮すべき5点

MacBook Airで動画編集する前に気をつけなければいけないことを紹介します。

 

MacBook Airでも快適に動画編集はできますが、先に知識として入れて置いた方が良いこともあります。

  • 安いなりの恩恵を受けることを覚えておく

  • 重い処理を行っている時は基本的に何もできない

  • SSDとHDDの容量を圧迫している

  • HD動画の編集は問題ない

  • エントリーモデルでは気分転換が必要

安いなりの恩恵を受ける事を覚えておく

そこまで複雑なグラフィックや3Dアニメーションを作ることがなかったり、動画変換や書き出しは夜通しでも良いのであればMacBook Airでも問題ありません。

 

ドキュメント作成やネット閲覧などであればそれほど大差は出てこないのですが、動画編集をしている時や書き出しをしている時はスペックの高いProのほうが早く処理できるようになります。

 

プロのクリエイターはAPPLE社のノートパソコンを持っている人が多いので、憧れを持つことも多いかと思います。

 

さまざまなブランドから販売されているWindowsPCと違い、プロ向けのMacBook Proやモバイル重視のMacBook、比較的安価に買えるMacBoook Airの3種類しかありません。

 

価格も大きく開いており、その差は作業をしているとはっきりとわかるくらい差が出てきます。

処理を待つことができるのであればエントリーモデルでも良いというこ十になります。

重い作業をする場合は、基本的にはほかの作業が何もできなくなってしまいます。

②重い処理を行っている時は基本的に何もできない

「Adobe Premiere Pro」で動画を書き出しながら、YouTubeで音楽を聴いて、ブラウザで絵コンテの写真を探したり、Wordで次の動画の企画書を作るなど、マルチタスクを行いたい場合は、MacBook Airなどのエントリーモデルのスペックの場合少々厳しいことを頭に入れて置かなければいけません。

 

たとえば「Adobe Premiere Pro」などのクリエイティブアプリはRAMの80パーセント~90パーセントを使用するので、MacBook AirなどのRAMの80%から90%が4GBのスペックだとほかのアプリと同時に使用するとPCがフリーズすることがあります。

 

しかし、現在販売されているMacBook AirはデフォルトでRAMが8GBを積んでいるので、「Adobe Premiere Pro」の必要システム構成をクリアしています。

 

ですが、マルチタスクを行うと若干パソコンが重く感じることがあります。

③SDDとHDDの容量は圧迫する

MacBook Airで動画編集をする場合、SSDやHDDの容量を圧迫することは頭に入れなければいけません。

 

有名動画編集ソフト「Final Cut Pro X」や「Adobe Premiere Pro」「Adobe After Effects」などを使用する場合、アプリケーションをインストールするだけで容量がなくなってしまう場合があります。

 

またアプリケーション自体のキャッシュがパソコン本体に保存されることがほとんどなので、知らないうちに空き容量がなくなってしまいます。

 

なので、常に空き容量をきにしながら作業しなければいけません。

 

128GBのMacBook Airでも編集作業はできますが、定期的にファイルやキャッシュの整理を行う必要があるので、それなりの知識と対策が必要となってきます。

 

もし、ストレスなく編集作業に集中したいなら、最低でも256GBのモデルを選択するのがおすすめです。

④HD動画の編集には問題ない

基本的にMacBook AirでもHAD動画の編集は快適に行うことができます、

 

フルHD画質であれば問題なく編集できるので、同じファイル名で4Kの素材をHD画質に変換しないといけません。

 

デジタル一眼レフやIphoneなどのスマートフォンなどのオプションでも4K画質が出てきており、高画質もどんどん身近になってきました。

 

4K動画を編集する場合、最低でもRAMが16GBのRAMが積んであるPCで作業するのが理想的です。

 

BGMなどを入れるなどの作業を終わらせた後、色補正を完了させて書き出す必要があります。

 

色補正も4K素材の状態で編集すると、レスポンスも遅くなるなどイライラしてしまうかもしれません。

⑤エントリーモデルでは気分転換が必要

MacBook Airなどの安価なエントリーモデルで動画編集の作業は処理時間がかかったりフリーズすることもありますが、技術的に無理ではありません。

 

イライラしないように最初から広い心を持ったり、待つことになれて作業をしなければいけません。

 

動画の書き出し中などは何もできないので、コーヒーを飲むなどをしながら休憩したり、別のことを考えるなど何か工夫しながら、上手に時間を有効活用しないといけません。

動画編集をこれから始める方へ

これから 新しくパソコンを購入使用と考えている方は、ほかにも考慮する点もありますが、MacBook Airは安くて軽いのでサブPCとしては十分な機種です。

 

パソコンを買ったら数年間のパートナーになると思うので、しっかりと調べて今回の記事を参考にしてみたりして後悔のないパソコン選びをしましょう。

まとめ

MacBook Airで動画編集をする場合、重いアニメーションや4Kなどの高画質などを編集する場合は少しパソコンが重く感じます。

しかし、HAD画質の動画やテロップ挿入・カット作業・BGM挿入など動画編集の基本はストレスなく快適にできます。

書き出しや動画変換中はほかの作業ができないので、コーヒーを飲むなど気分転換になるものを準備してみるのも良いでしょう。

 

=========================================

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。
価値のある情報をどんどん提供していきますので
今後もよろしくお願いします。

Lineの友達追加してくれた方限定で。

僕がパソコン音痴のサラリーマンがたった7ヶ月で 月収1200万円を達成した
具体的なノウハウ、知識をお伝えしています。

こちらがLine限定の内容の一部になります。
・テキストスクロールを脱却する資産型YouTubeノウハウ
・2018年対応の審査基準突破ジャンルの公開
・読者限定初心者の為の最短実績構築メンバー募集
・YouTube新基準や最新情報をリアルタイムで公開
・誰がやっても絶対に1万円稼げる原価0の物販ノウハウ
・知識0から月収100万、月収1000万為の知識とマインド伝授
・ブログではお伝えしていない裏情報も完全暴露

これらの内容はLineの内容のほんの一部であり表では公開できないような
有料級の内容をLine限定で配信していますのでぜひ登録をしてみてください。


更にメルマガ読者限定で「On The Movie」という動画90本以上をまとめた
僕が初心者の時に最短でYouTubeで0から稼ぎだした内容を
包み隠さずお伝えしていますので秘匿性のある価値の高い内容です。


Line登録はこちらからお願いします。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE