YouTubeアドセンス 動画説明欄から関連動画を攻略しよう!

 

動画解説

こんにちは、ノリアキです。

今回は説明欄を使って再生数とチャンネル登録率を上げる方法について

解説をしていきます。

説明欄をしっかりと理解していないチャンネルが多く

疎かになってしまいますが、しっかりとポイントを掴めば

集客アップに繋げることもできます。

 

説明欄のポイントは?

・動画のタイトルを入れましょう

動画のタイトルを入れることで検索表示されやすくなりますので、

説明欄にも入れておきましょう。

 

また、検索エンジンのGoogleのSEO対策にも繋がります。

 

・動画の内容を記載しましょう

説明欄の初めの3行は検索結果に表示されますので

動画の内容を説明しましょう。

 

タイトルキーワードを織り交ぜつつ簡単にで構いませんので

入れていきましょう。

 

チャンネル登録リンクを張り付けましょう

解説欄からチャンネル登録を促すのは非常に効果的です。

 

そして、人気のライバルチャンネルも必ず行っているはずですので

下記のように登録リンクを張り付けましょう。

チャンネル登録はこちらから

UCBf1Wy8ajPulx-c36fk3qEg

 

チャンネル登録はデフォルト設定にしておくと

その都度入れなくてもいいので非常に便利です。

YouTubeアップロードのデフォルト設定で動画作成時間を効率化しよう

2017.06.05

 

関連動画とURLを入れよう

次に動画タイトルと動画URLを入れましょう。

 

自身の動画で人気のある動画を2本と

今回作成した動画に近いジャンルライバルの動画1本

がオススメです。

 

自身の動画と近いジャンルのライバルの動画を入れることで

関連動画対策にもなります。

 

YouTuberの方みたいな余りにも人気のありすぎる方の動画を入れても

関連動画には乗りにくくあまり効果がないので

チャンネル登録者1万人くらいの同じジャンルのチャンネルが望ましいでしょう。

 

また、自身の動画を何本も入れてのは

スパム判定になる可能性がありますので

あくまでも3本くらいしておくことを覚えておいてください。

 

最後に

タイトルに書いてあるキーワードを二度使う事でYouTubeの検索結果や

Googleなのど検索エンジンの結果にも影響しますので

解説欄にはタイトルのキーワードを織り交ぜながら

作成していきましょう。

 

今回は以上になります。ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)