YouTubeアドセンス 視聴回数を上げるタイトルの付け方を解説!

 

動画解説

こんにちはノリアキです。

YouTubeで動画を作成したときに

タイトルをどのようつけたらいいのかに悩む事はありませんか?

 

そこで今回は視聴回数を上げるためのタイトルのつけ方について解説をします。

 

YouTubeはタイトルですべては決まる

YouTubeはタイトル付けをしっかり行わないと

検索しても検索結果に表示されることはありません。

 

たとえ、動画の質がいまいちでもタイトル付けさえ押さえておけば

検索結果に表示させる事も出来てしまいますので。

 

タイトル付けは非常に重要となってきます。

 

タイトルのつけ方とルール

・メインキーワードは左端に持ってくること

重要なキーワードを左端に持ってくることで

検索表示がされやすくなります。

 

例えば、この記事のタイトルは

『YouTubeアドセンス』の文字を初めに持ってきていますよね。

 

これはYouTubeという言葉にキーワードとしての需要が高いため

検索されやすくするために一番初めにこのキーワードを持ってきました。

 

悪い例としてYouTubeを最後に持ってきてしまうと検索されにくい

タイトルになってしまうので、

重要な言葉は左端に持ってくることを意識してください。

 

・タイトルの文字数は40文字以内にする

動画タイトルが検索されて表示されるのは40文字までです。

 

なので40文字を超えるタイトルにしてしまうと途中でタイトルが

切れてしまうので40文字以内でタイトル付けをするように心がけましょう。

 

・説明欄やタグにもキーワードを盛り込みましょう

説明欄にタイトルを交えた簡単な説明をすることで

検索表示させやすくすることができます。

 

また、タグは自身のチャンネルタイトルをはじめ

その動画タイトルで重要だと思われる

左端のキーワードを入れていきいましょう。

 

・結論を言わないで濁す

タイトルは視聴者に興味や関心を持ってもらう事を意識してください。

 

結論を濁してあえて〇〇だったのように

伏字にしてみるのも非常にオススメです。

 

例えば、

『シャンプーの時に○○するだけでいつも以上に髪がつやつやになる』

といった感じです。

 

このようなタイトルをつけると

視聴者はとしては何を使っているのか気になりますよね?

 

このように視聴者を動画へ誘導していきましょう。

 

・疑問文で視聴者に尋ねる?

これも上記のタイトル付けと似ていますが

これは誰もが知っていること、当たり前のような事でも

実はこんな事実があった。

 

常識的な事に対しての意外性を強調したい時などに使うと非常に便利です。

 

例えば

顔にできたほくろって病気のサインなの知ってますか?

 

といった感じでこれ知ってますか?

 

視聴者に問いかける感じで使っていきましょう。

 

・視聴者の好奇心をあおる大げさな表現

タイトルは多少大げさにこの動画は凄いっとタイトルから思わせることができる

タイトル付けがいいでしょう。

 

・衝撃事実

・驚愕の結末が・・・

・予想外の展開に

といった感じで少し大げさかな感じるくらいが丁度いいですね。

 

しかし、あくまでも少しだけにしてください。

 

余りにも動画の内容とかけ離れたようなタイトル付けをしてしまったら

低評価の原因やコメントにも酷評が増えてしまいますので

気を付けてください。

 

タイトル付けでやってはいけない事

・メインキーワードが左端にきていない

これは上記でも解説しましが最も重要なキーワードは

必ず左端にしましょう。

 

・キーワードの羅列(文章になっていない)

ただ単にキーワードを並べるだけでなくしっかりと視聴者がタイトルを見て

動画の中身がわかるように心がけましょう。

 

時には、タイトルに入れるキーワードを削って見やすい文章していくといった

事も必要です。

 

・釣り動画

再生数を稼ぐために視聴者を騙すようなタイトルをつけると

低評価を受けてしまったり、時には動画削除のリスクも高まりますので

絶対にやめておきましょう。

 

最後に

タイトル付けの詳しい解説は動画解説を参考にして見て下さい。

 

初めはタイトルをつけるのに苦労をするかもしれませんが

慣れてくれば自分の中で決まったタイトルの形が出来上がってきますので

タイトル付けはしっかりとマスターしてしまいましょう。

 

今回は以上になります。ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)