YouTubeアップロードのデフォルト設定で動画作成時間を効率化しよう

 

動画解説

こんにちはノリアキです。

今回はYouTubeチャンネルのデフォルトを設定して、

作業効率をアップさせる方法について解説をしていきます。

 

動画の投稿するたびにその都度設定をしていては非常に面倒になってしまいます。

 

そこで、動画投稿の事前準備としてデフォルト設定をやっておけば

それ以降はその設定したものを自動的に使うことができますので

作業効率化という面からもサクッとやってしまいましょう。

 

デフォルト設定の手順は?

1.【クリエイターツール】⇒【チャンネル】⇒【アップロードのデフォルト設定】

の順でクリックします。

bandicam 2017-06-05 00-27-01-208

 

2.デフォルト設定の各項目

赤枠で囲ったところを上から順に解説します。

bandicam 2017-06-05 00-33-06-245

・プライバシー

公開⇒動画を一般公開することができます。

非公開⇒自分で見ることができる設定

限定公開⇒動画のURLを知っている人にだけ限定で公開します。

 

・カテゴリー

自身のチャンネルのジャンルを選択できます。

基本的には一度設定したら変えることはありません。

 

・ライセンス

ここはそのままで構いません。

 

・タイトル

アップロードした動画のタイトルです。

 

タイトルは毎回違ったキーワードを

選定しますのでここは設定しません。

 

・説明

動画説明欄に毎度使うお決まりのものを入れておきましょう。

例えば、【チャンネル登録はこちら】とか【ブログはこちら】といったものです。

 

・タグ

タグも毎回入れておきたいものを設定しておくと非常に便利です。

オススメは自分のチャンネル名とチャンネルIDを入れておくと効果的です。

 

その他にも自身のチャンネルと関連性がありそうなもの入れておきましょう。

 

注意:タグは入れすぎるとスパム判定を受けてしまうので必要最低限にしてください。

4つくらいまでにしておきましょう。

 

・コメントと評価

コメントが多い動画は評価されやすくYouTubeから優遇されやすくなるので

許可にしておきましょう。

 

もし批判があまりにも酷い時はどうするか一度私と相談をしてください。

コメントを非許可にするのか、それとも動画自体を削除したほうがいいのか

検討していきましょう。

 

・収益の受け取り

ここはチェックマークを入れておきましょう。

 

・広告のフォーマット

表示する広告の種類の指定ができます。

3つともチェックマークを入れておきましょう。

 

・ミッドロールの挿入点

10分以上の動画は自分で好きな位置に広告を入れることができます。

 

例えば最初の広告動画の中盤くらいに広告を挟んで最後に広告を入れる

といった具合に一つの動画で3つの広告を入れたりできます。

 

収益が上がるチャンスにも繋がりますので

利用していきましょう。

 

以上がデフォルト設定で初めに設定をしておくべき

重要な場所になります。

 

動画投稿を始めるまでに完了させておきましょう。

 

 

今回は以上になります。ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)