YouTubeで10万稼ぐまでの流れと全体像を解説

 

動画解説

こんにちはノリアキです。

今回はYouTubeで実際に10万円稼ぐための流れとその全体像について

解説をさせていただきます。

 

YouTubeで稼ぐためにはしっかりとしたノウハウも必要ですが、

どのようにして稼いでいくのか(全体像)が理解できていると

回り道をすることなく最短で稼いでいくことができます。

 

この記事ではその全体像が理解できるように作成しましたので

しっかりと覚えましょう。

 

稼ぐ流れは全て動画コンテンツを記事で解説させていただいていますので

参考にしながら必要な作業準備をしていってみてください。

 

 

YouTubeで稼ぐ流れは?

1.YouTubeチャンネルのの準備

2.チャンネルリサーチ

3.テキスト素材のリサーチ

4.動画編集アップロード

5.動画からデータを取って分析

6.チャンネルの反応を見極める

7.パワーチャンネル化させる

 

以上の7項目がYouTubeで10万稼ぐ流れとなります。

・YouTubeチャンネルの準備

・Googleアカウントの作成

・YouTubeチャンネルの作成

・アドセンスアカウントの作成

・動画編集ツールの準備

が必要になります。

 

動画編集ツールとサムネイル作成のために

・動画編集ソフト

・画像編集ソフト

この二つは用意しましょう。

 

チャンネルリサーチ

自分と近いノウハウや

ライバルのチャンネルをリサーチしていきましょう。

現在のYouTube市場でどのような動画が人気なのか?

というのを見極めることが非常に大事です。

 

そして、自分に作成できる動画なのかを見極めてください。

 

素材のリサーチ

次に動画の素材(ネタ)となるものを集めていきましょう。

テキストスクロールの動画では基本的に

動画の素材となるネタ元から仕入れて

それを動画にしていきます。

 

人気チャンネルも必ずネタ元になるサイトなどがあります。

 

ネタ元として使われる主なサイトやSNSは

・ニュースサイト

ネットのニュースサイトは話題のトレンドを

いち早く察知することができます。

 

Yahooニュースなど一通り目を通してみましょう。

 

最新の出来事ならニュースサイトが一番のトレンド素材元になります。

 

・2ちゃんまとめサイト

2チャンネルはトレンド以外にも様々な素材が飛び交っています。

 

マニアックな普段なら知る事もないような事から

話題豊富に盛り上がっています。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

・Yahooリアルタイム

Yahooリアルタイムは最新の話題をリアルタイムで発信しています。

 

ニュースと近いかもしれませんが、

ニュースよりもいち早くトレンド話題を手にすることができます。

 

・Twitter

このTwitterは人々の関心のあることは

どんどんと拡散されていきます。

 

拡散されていくという事は人々の興味のある出来事だという事なので

トレンドを察知することができます。

 

・テレビ

テレビ番組をそのまま動画にしてしまうのはやってはいけないことですが

テレビを見ることで最新の話題をキャッチする事ができますので、

話題性がないか?という事を意識してみましょう。

 

動画編集アップロードしてみよう

 

初めは様々なジャンルに挑戦してみよう

動画編集を初めて行う時は少し難しく感じてしまうかもしれません。

 

まずは、動画編集に慣れるといった意味も含めて

様々なジャンルのネタをアップしていきましょう。

 

動画編集に慣れてきたころには

どのように再生数が上がってくるのか分かってくると思いますので

自身の動画の伸びやすい傾向も掴んでいきましょう。

 

稼いでいる人の編集を真似してみる

人気のチャンネルの動画編集方法は細かなところまで拘っているはずです。

その様なライバルチャンネルの編集方法を真似してみましょう。

必ずスキルアップに繋がります。

 

1日1本の動画をアップロードしてみよう

YouTubeは毎日投稿しているチャンネルと

あまり投稿しないチャンネルでは

再生数や関連動画の優遇率にも大きくかかわってきてしまいます。

 

なので、YouTubeからアクティブに投稿しているチャンネルだと

認識してもらうためにも1日1本の投稿はしてきましょう。

 

初めの2か月は再生数は期待しない

最初の2か月くらいは再生数は上がりません。

これはどんなに頑張っても仕方がないことです。

 

しかしYouTubeはある時いきなり再生数が上がりだします。

 

私も最初の2か月目までは再生数は上がりませんでした。

ここで、YouTubeは稼げないと判断して辞めてしまう

人が多くいるのですが、絶対に再生数は上がっていきます。

 

投稿した本数が溜まっていけば再生数が上がったときに

相乗効果で今まで投稿してきた動画たちも

再生数が上がっていき収益につながっていきます。

 

再生数の上がることを信じて実践あるのみです。

 

動画からデータを分析しよう

視聴者維持率を再生時間

動画を投稿していくことで自分の投稿した動画のデータを読み取ることができます。

自分の投稿した動画がどのくらいの時間、

滞在してくれているのかの判断が付きます。

 

この、視聴者維持率から自分の動画のジャンルはどのくらいの需要なのか

判断していきましょう。

 

チャンネル登録率を見よう

チャンネル登録率を見ることで

自分のチャンネルがどのくらいの人数に対して、もしくはどのくらいの再生数に対して

チャンネル登録率があるのかが見えてきます。

 

総再生数÷チャンネル登録者人数=

これで、チャンネル登録率がわかります。

 

チャンネルの反応を見極める

チャンネルの反応見極めることで

このチャンネルが今後も伸びていくのか?

それとも新しいチャンネルを新規で作成するべきなのかが

見えてきます。

 

ここで重要なのが【チャンネル登録者】【再生時間】です。

 

これは、私の経験でですが再生時間は

3割をキープしているなら続けるべきでしょう。

 

3割をキープしているのであればその内

爆発的に再生数が伸びる煮込みはあると思ってください。

 

登録率はあまりにも悪いときは人気が出ずらいチャンネルかもしれません。

 

パワーチャンネル化させよう

月に数万円稼ぐ事のできたチャンネルは

一気に収益が上がる可能性を秘めています。

私の場合は7万稼いだチャンネルから

次の月に30万まで収益が増えました。

ここまできたらしっかりとチャンネルを育てていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)