YouTubeグーグルアドセンスを複数所持するための裏技大公開!

 

動画解説

 

こんにちはノリアキです。

 

今回はグーグルアドセンスを複数所持するための方法について

解説をさせていただきます。

 

健全にYouTubeを実践していても

もしかしたら停止をされてしまう事もあるかもしれません。

 

違法動画の投稿などをしていなければまず停止はないと思いますが

Googleから稼がせていただいている以上は

もしもに備えてリスクヘッジはしておいた方がいいでしょう。

 

Googleアドセンスは一人につき取得できる数は一つと決まっています。

なので、複数取得は自己責任でお願いします。

 

YouTubeにおけるリスクは?

・YouTubeアカウントの突然の停止

2016年11月ごろからチャンネル誤BAN祭りと言われている

チャンネル一斉停止が起こり

健全に運営をしているチャンネルも停止をされるなどYouTube側もかなり大胆な

削除を行ったということでとても話題になりました。

 

復活したチャンネルもありましたが、少し表現がグロテスクな画像や

水着のまとめ動画などは復活しなかったとの報告をうけています。

 

私もチャンネルが停止してしまい異議申し立ての結果、

チャンネル復活はしましたが、

いつ何が起こっても対応できる知識が必要になってきます。

 

リスクヘッジするためには?

・チャンネルの複数所持

一つのチャンネルにだけに依存してしまうのは非常にリスクが高いことです。

複数チャンネルを所持しておけば、

ペナルティーが2つ付いてしまい、リーチになってしまっても

他のチャンネルで収益を維持することが可能です。

 

・アドセンスの複数所持

YouTubeチャンネルが停止をされてしまいますと、

再度新しいチャンネルを作成することは利用規約上できません。

 

停止をされたチャンネルと紐づけていたアドセンスにも傷がついてしまいますので

非常にリスクが高いです。

 

YouTubeチャンネルは作成することはできるのですが、

一か月くらいでチャンネルが停止をされてしまう可能性もあります。

 

そのため、新しいチャンネルを作成するにはIPアドレスを変えたりと

若干、敷居が高くなってしまいますので

新しいアドセンスを取得してしまってからYouTubeチャンネルを作成したほうが

あと後問題なくYouTubeに取り組んでいくことができますので

このアドセンスの再取得を私はオススメしています。

 

アドセンス複数所持の方法

bandicam 2017-06-02 00-02-51-331

初めにアドセンスを取得するのは

・個人名+住所+個人口座Aこれで取得をすると思います。

自分の名前、自分の住所、自分名義の銀行口座です。

 

二つ目にアドセンスを取得するのであれば、

・個人名+住所(別の住所)+個人口座Bこれで取得することが可能です。

これは、あなたの名前と一つ目に取得した口座ではない別の口座を使うことと、

別の住所これで取得が可能です

 

例えば彼女の住所を借りたり友人の住所などにしておけば

住所変更などもなくアドセンスの審査は通過できます。

 

三つめが

・個人名+実家の住所+個人口座C

これは上記二つの使用した口座とは別の三つ目の口座にする事がポイントになります。

この方法でもアドセンス取得できますので、アドセンスからの手紙が来るとだけ

伝えておきましょう。

 

アドセンス複数取得の注意点(必読)

アドセンスを取得する際の申し込みは必ずIPアドレスを変えてください。

 

IPアドレスとはパソコンの住所のようなものです。

 

あなたが今この記事を読んでいるパソコンも

IPアドレスも固定されています。

 

一つ目のアドセンスの申し込みを自宅で行ったのであれば、

二つ目の申し込みは、別の場所、

例えば、「漫画喫茶」を使って申し込みをするなど

別のIPアドレスの場所で行う必要があります。

 

・電話番号を登録しないでアドセンス審査をする

アドセンスの審査には電話番号の登録が必要な場合があります。

 

これは同じ電話番号から登録をしてしまうと

同一人物だと特定をされてしまうからです。

 

もし、電話番号の登録が必須の場合は一つ目に使用した電話番号ではなく、

例えば知人や家族の電話番号で申請をしましょう。

 

上記のIPアドレスと電話番号変更

これは必ず忘れないようにアドセンス申請を行ってください。

 

最後に

YouTubeを始めたばかりの時はリスクヘッジをそこまで意識しないで強気で

チャンネルを育てていくほうがいいと思いますが、

10万円を安定して稼いでくれるチャンネルができたときは

そのチャンネルを守ることも意識していかなければなりません。

 

リスクヘッジはYouTubeを行う上では大変重要なことですので

もしアドセンスが停止されてしまってもすぐに対応ができるように

今回はこの動画を記事を作成させていただきました。

 

忘れないで欲しいのは、アドセンスの所持は一人一つだということです。

自己責任でお願いします。

 

今回はこの辺で。ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)