ムービーメーカー 静止画に動きをつけるテクニックを使ってみよう

 

動画解説

 

こんにちはノリアキです。

今回はムービーメーカーを使って画像に動きをつけるテクニックについて

解説をさせていただきたいと思います。

 

テキストスクロールの動画は素材となる画像を使って動画編集をしていきます。

 

しかし、画像は静止画なので動かない画像を見ていても視聴者の方に飽きられてしまう

といったデメリットがあります。

 

この、デメリットを払拭する為に動画に動きをつけてみましょう。

 

動画に動きをつけよう

ムービーメーカで画像に動きえおつけるのは簡単です。

メニューの【アニメーション】【移動および拡大】の中から好みのものを選択できます。

私のお勧めは下記の画像の動きをつけるのがオススメです。

bandicam 2017-05-30 21-26-25-683

 

画像に動きをつけたときとつけない時とでは動画のクオリティーに雲泥の差が出ますので

必ず行うようにしてください。

 

動きをつけるバリエーションもたくさんありますので

自分好みのを使ってみるのもいいと思います。

 

また、私の場合は素材として使った画像には全て動きをつけるようにしています。

 

それは、静止画のままでは視聴者は離れて行ってしまうからです。

ですので、積極的に使っていきましょう。

 

今回の動画は以上になります。ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)